1994年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1994年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1994年9月4日 - 1994年12月26日
プレイオフ
開幕日 1994年12月31日
AFC優勝 サンディエゴ・チャージャーズ
NFC優勝 サンフランシスコ・49ers
第29回スーパーボウル
開催日 1995年1月29日
開催都市 フロリダ州マイアミ
スタジアム ジョー・ロビー・スタジアム
チャンピオン サンフランシスコ・49ers
プロボウル
開催日 1995年2月5日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1993 1995 > 

1994年のNFL1994年9月4日NFL75回目のレギュラーシーズンが開幕し、1995年1月29日フロリダ州マイアミで開催された第29回スーパーボウルを経て、2月5日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • 2ポイントコンバージョンが認められるようになった。
  • キックオフが35ヤードラインから30ヤードラインに変更になった。
  • 守備の選手がニュートラルゾーンに侵入し、攻撃の選手が反応した場合、ニュートラルゾーン・インフラクションの反則が適用されるようになった。
  • フィールドゴール失敗の場合、相手チームは20ヤードラインか、ボールをキックした位置の内、自陣のゴールラインに対して遠い方から攻撃を始めることになった。
  • フィールドゴールやエクストラポイントの際に、守備側チームが腰より下の位置のブロックをすることが禁じられた。

ドラフト[編集]

この年のドラフトより、指名が7巡までに減らされた[1]。全体1位ではシンシナティ・ベンガルズダン・ウィルキンソンを指名した。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) マイアミ・ドルフィンズ 10 6 0 .625 389 327
(5) ニューイングランド・ペイトリオッツ 10 6 0 .625 351 312
インディアナポリス・コルツ 8 8 0 .500 307 320
バッファロー・ビルズ 7 9 0 .438 340 356
ニューヨーク・ジェッツ 6 10 0 .375 264 320
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ピッツバーグ・スティーラーズ 12 4 0 .750 316 234
(4) クリーブランド・ブラウンズ 11 5 0 .688 340 204
シンシナティ・ベンガルズ 3 13 0 .188 276 406
ヒューストン・オイラーズ 2 14 0 .125 226 352
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) サンディエゴ・チャージャーズ 11 5 0 .688 381 306
(6) カンザスシティ・チーフス 9 7 0 .563 319 298
ロサンゼルス・レイダーズ 9 7 0 .563 303 327
デンバー・ブロンコス 7 9 0 .438 347 396
シアトル・シーホークス 6 10 0 .375 287 323
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ダラス・カウボーイズ 12 4 0 .750 414 248
ニューヨーク・ジャイアンツ 9 7 0 .563 279 305
アリゾナ・カージナルス 8 8 0 .500 235 267
フィラデルフィア・イーグルス 7 9 0 .438 308 308
ワシントン・レッドスキンズ 3 13 0 .188 320 412
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ミネソタ・バイキングス 10 6 0 .625 356 314
(4) グリーンベイ・パッカーズ 9 7 0 .563 382 287
(5) デトロイト・ライオンズ 9 7 0 .563 357 342
(6) シカゴ・ベアーズ 9 7 0 .563 271 307
タンパベイ・バッカニアーズ 6 10 0 .375 251 351
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 13 3 0 .813 505 296
ニューオーリンズ・セインツ 7 9 0 .438 348 407
アトランタ・ファルコンズ 7 9 0 .438 317 385
ロサンゼルス・ラムズ 4 12 0 .250 286 365



プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
12月31日
ジョー・ロビー・スタジアム
  1月8日
ジャック・マーフィー・スタジアム
         
 6  チーフス  17
 3  ドルフィンズ  21
 3  ドルフィンズ  27     1月15日
スリー・リバース・スタジアム
 2  チャージャーズ  22  
AFC
1月1日
クリーブランド・スタジアム
 2  チャージャーズ  17
1月7日
スリー・リバース・スタジアム
   1  スティーラーズ  13  
 5  ペイトリオッツ  13 AFC チャンピオンシップ
 4  ブラウンズ  9
 4  ブラウンズ  20   1月29日
ジョー・ロビー・スタジアム
 1  スティーラーズ  29  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
12月31日
ランボー・フィールド
 A2  チャージャーズ  26
1月8日
テキサス・スタジアム
   N1  49ers  49
 5  ライオンズ  12 第29回スーパーボウル
 4  パッカーズ  9
 4  パッカーズ  16     1月15日
キャンドルスティック・パーク
 2  カウボーイズ  35  
NFC
1月1日
HHHメトロドーム
 2  カウボーイズ  28
1月7日
キャンドルスティック・パーク
   1  49ers  38  
 6  ベアーズ  35 NFC チャンピオンシップ
 6  ベアーズ  15
 3  バイキングス  18  
 1  49ers  44  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[2]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP スティーブ・ヤング QB サンフランシスコ・49ers
MVP スティーブ・ヤング QB サンフランシスコ・49ers
最優秀攻撃選手 バリー・サンダース RB デトロイト・ライオンズ
最優秀守備選手 ディオン・サンダース CB サンフランシスコ・49ers
最優秀コーチ ビル・パーセルズ HC ニューイングランド・ペイトリオッツ
最優秀新人攻撃選手 マーシャル・フォーク RB インディアナポリス・コルツ
最優秀新人守備選手 ティム・ボーエンズ DT マイアミ・ドルフィンズ
カムバック賞 ダン・マリーノ QB マイアミ・ドルフィンズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NFLドラフトで チームが 優秀選手に注目”. NFL JAPAN (2000年3月30日). 2012年7月19日閲覧。
  2. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる