NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NFLドラフト(NFL Draft)は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が開催する、新人選手獲得のために行われるドラフト会議である。

概要[編集]

NFLでは、他のプロスポーツと同様に、戦力均衡のため毎シーズンオフにドラフト会議を実施している。1936年の開始以降、チーム数やドラフトのラウンド数(巡目)など、一部が改訂されてきたものの、基本的な運用方法は変わっていない。MLBなどと異なり、指名権がトレード対象となることが特徴的である。現在、ドラフトは7巡制となっている。初期の頃は、人からの言い伝えやメディア、その他初歩的な能力の証拠に基づいて選手を評価し、指名していた。1940年代以降は、専任のスカウトを雇ったチームがドラフトで成功していき、他のチームも順次スカウトを雇う流れとなっていった。

NFLドラフトの開催場所は、ドラフト自体の人気の高まりとともに、より多くのファンを受け入れるため、年々変化していった。現在は、テレビのゴールデンタイムに放送されている。リーグ初期の1930年代半ばから1960年代半ばにかけて、NFLフランチャイズのある様々な都市で開催されていたが、1965年からはニューヨークに落ち着き、2014年までの50年間、ニューヨークで開催されていた。以降は様々な都市で開催されている。

歴史[編集]

指名選手を読み上げるNFLコミッショナーのロジャー・グッデル(2010年)

NFLの戦力均衡策として考案され、1936年に第1回ドラフト会議が開催された。以降米国内外プロリーグで同様のドラフトが行われるようになった。

1965年から2014年まではニューヨークで4月下旬に行われた。長らくマディソン・スクエア・ガーデンで行われたが、2006年からはラジオシティ・ミュージックホールに会場を移した。2015年以降は様々な都市で行われており、2018年はAT&Tスタジアム、2019年はナッシュビル特設会場で行われた。2020年は、2019新型コロナウイルスの感染拡大により開催地のラスベガスが事実上封鎖されることとなったことから、一般向けのイベントを中止しオンラインで開催された[1]

1983年のドラフトでは、ジョン・エルウェイトッド・ブラックリッジ英語版ジム・ケリートニー・イースン英語版ケン・オブライエンダン・マリーノらが指名された。この年のドラフトが現在史上最高のQBドラフト組と評されている[2]

1994年より7巡までの指名となった[3]

2009年までは2日間に分けて、初日に1~3ラウンド、2日目に4~7ラウンドの指名が行われていたが、2010年以降は期間が3日間になった。

フォーマット[編集]

初日に1巡目、2日目に2~3巡目、3日目に4~7巡目の指名が行われる。

各巡目ごとに、指名するチームに10分間の制限時間を与え、その間に指名する選手を決定する。

NFLドラフトで指名される選手は原則として大学を卒業した選手であるが、特例として「アーリーエントリー」という「高校卒業後、3フットボールシーズンが過ぎればドラフトにエントリーしても良い」という制度がある。

ドラフトされ入団した選手は非公開の公式に基づき、指名順により決定される年俸で4年契約を結び、5年目の契約はチームが選べるオプションとなる。

指名順位[編集]

前シーズンの成績下位球団から順番に選手を指名する完全ウェーバー方式が基本となっている。奇数巡目では、まずプレーオフに進出できなかった球団に対し、レギュラーシーズンの成績が悪かった順に優先指名権が与えられ、その後は、プレーオフで早く負けた順、そして最後にスーパーボウル優勝球団となる。プレーオフの同じラウンドで負けたチーム間では、プレーオフ進出と同様のタイブレークが適用され、成績の悪い順に優先指名権が与えられる。偶数巡目では、その逆の順番で指名が行われる。

ただし、指名権はしばしばチーム間でトレードされて移動する。将来の、まだ順位の定まらない指名権もトレード対象となる。選手を含むトレードの一部となることもある。上位指名権を複数の下位指名権に交換することはトレードダウン、その逆はトレードアップと呼ばれる。一つの指名権が複数のチームを渡り歩くことも、一つのチームが同じラウンドで複数の指名権を得ることもしばしばある。また、Non-exclusiveフランチャイズ・タグをつけた選手やRestricted フリーエージェントの選手を失った球団には代償として指名権が譲渡される。

ドラフト会議中の前述の10分間の指名時間内に、それまでの指名結果を受けて、指名権のトレードが行われることもある。各球団にはこれらの交渉を実施するためのウォールームという控室が与えられ、トレード交渉はそれぞれの部屋に詰めた球団の編成責任者同士で主に電話もしくは電子メールによって行われる。

大規模な指名権トレードの例として、1999年には、当時ニューオーリンズ・セインツのヘッドコーチだったマイク・ディトカの意向で、テキサス大学のリッキー・ウィリアムズを全米5位指名するために、セインツが同順位の指名権を持っていたワシントン・レッドスキンズに対して、同年の全ドラフト指名権と翌年の1位と3位の指名権をトレードで放出する事例があった。[4]

2022年ドラフトの例では、このような権利譲渡の結果、補償ドラフトを含む全262人の指名のうち半分以上の148人が譲渡された指名順によるものであった。

補償ドラフト (Compensatory Draft)[編集]

フリーエージェントで選手を失った球団に対し、Compensatoryドラフト(補償ドラフト)の指名権が与えられる。指名権は失った選手の平均年俸やプレー時間などから自動的に計算されて3ラウンド目の後から7ラウンド目の後まで合計で32回の指名が行われる。この計算式は公開されていない。1チームは最大で4つまでの指名権が与えられる。この補償ドラフト権利もまた、トレードの対象となる。

その他のドラフト順追加及びはく奪[編集]

"ルーニー・ルール" - マイノリティ雇用による恩恵[編集]

2021年ドラフトより、人種間の平等を推進する通称"ルーニー・ルール"の拡張として、コーチ及びフロントのマイノリティのスタッフが、他チームのGMあるいはHCになった場合、元のチームは2年にわたり、3ラウンド目の補償ドラフトの後に使用できる指名権を一つずつ与えられる。2人のスタッフが同様に他チームのGMあるいはHCになった場合は、3年にわたり指名権を一つずつ与えられる。この指名権もまたトレード対象となる。

2021年ドラフトにおいて、スタッフだったブラッド・ホルムズがデトロイト・ライオンズのGMに就任したロサンゼルス・ラムズは2年にわたり指名権を与えられ[5]、スタッフだったロバート・サレーがニューヨーク・ジェッツのHCに就任し、同様にマーティン・メイヒューがワシントン・フットボールチームのGMに就任したサンフランシスコ・49ersは3年にわたり指名権を与えられることになった[6][7]。その他ボルティモア・レイヴンズニューオーリンズ・セインツ(ただし2021年はデンバー・ブロンコスにトレードされた)も2年にわたる指名権を得た。

規則違反によるはく奪[編集]

コミッショナーは、種々の規則違反に対してドラフトの権利を一部取り上げることができる。2021年ドラフトに際しては、ニューイングランド・ペイトリオッツが3ラウンド目を[8]ミネソタ・バイキングスが7ラウンド目を失った[9]

追加ドラフト (Supplemental Draft)[編集]

1977年から始まった制度である。4月時点で何らかの事情でNFLドラフトにエントリーしていなかった選手が対象のドラフトであり、必要に応じて行われる。レギュラーシーズンで6勝以下だったチーム、それよりは成績が良かったがプレーオフに出られなかったチーム、プレーオフに出たチームの3グループに分かれて行われる。各チームは、翌年のドラフト権を賭けて選手を指名することができ、1人の選手に対し最も上位のドラフト権を賭けたチームが権利を獲得するが、賭けた翌年の指名権を失う。権利を得られなかったチームは翌年の指名権に影響がない。

1985年にはバーニー・コーザーが希望するチームであるクリーブランド・ブラウンズに入団するためにレギュラードラフトにはエントリーせずにこの制度を利用した。コーザーの獲得にはニューヨーク・ジャイアンツミネソタ・バイキングスが興味を示していた。

1987年にはシアトル・シーホークスが1巡でブライアン・ボズワースを指名、当時の新人最高額の契約を結んだが期待はずれに終わった。またフィラデルフィア・イーグルスが4巡でクリス・カーターを指名している[10]

1989年にはダラス・カウボーイズがその年就任したジミー・ジョンソンの教え子であるスティーブ・ウォルシュを指名した。またデンバー・ブロンコスが1巡でボビー・ハンフリーを指名、彼はその年1,000ヤードラッシャーとなり、チームは第24回スーパーボウルへ出場した[10]

2009年にはワシントン・レッドスキンズジェレミー・ジャーモンを3巡目で指名した[11]

2011年にはNCAA規定違反によりオハイオ州立大学でのプレーが不可能となったテレル・プライアーが3巡目でオークランド・レイダースに指名された[12]

2012年にはクリーブランド・ブラウンズが2巡でベイラー大学などでプレーしたジョシュ・ゴードンを指名した[13]

2013年、2014年、2016年、2017年、2020年、2021年には指名される選手はいなかった。

エクスパンジョン・ドラフト (Expansion Draft)[編集]

新チームが追加された年に行われ、新チームが他のチームから選手を得るドラフトである。

ルールの詳細はその年ごとに定められる。2002年にヒューストン・テキサンズが誕生した時の例では、各チームが5人の選択され得る選手のリストを提出し、その中からヒューストンは全体で30人、あるいは年俸総額がその年のサラリーキャップの38%である27.2百万ドルに達するまで指名が可能であった。同一チームから2選手が選択された場合、当該チームはそれ以上の選択を拒否することができた。結果として、ヒューストンは19人の選手を選択した。

NFLドラフト一覧[編集]

年度 日程 巡数 指名数 会場 開催都市 1位指名選手
1 1936 1936年2月8日 9 81 ザ・リッツ・カールトン フィラデルフィア ジェイ・バーワンガー英語版
2 1937 1936年12月12日 10 100 ホテル・リンカーン英語版 ニューヨーク サム・フランシス英語版
3 1938 1937年12月12日 12 110 ホテル・シェルマン シカゴ コーベット・デービス英語版
4 1939 1938年12月9日 22 200 ニューヨーカーホテル英語版 ニューヨーク カイ・オルドリッチ英語版
5 1940 1939年12月9日 22 200 シュローダーホテル英語版 ミルウォーキー ジョージ・カフェゴ英語版
6 1941 1940年12月10日 22 204 ウィラードホテル ワシントンD.C. トム・ハーモン英語版
7 1942 1941年12月22日 22 200 パルマーハウスホテル英語版 シカゴ ビル・ダドリー英語版
8 1943 1943年4月8日 32 300 パルマーハウスホテル シカゴ フランク・シンクウィッチ英語版
9 1944 1943年4月19日 32 330 ワーウィックホテル英語版 フィラデルフィア アンジェロ・バーテリ英語版
10 1945 1945年4月8日 32 330 コモドールホテル英語版 ニューヨーク チャーリー・トリッピ英語版
11 1946 1946年1月14日 32 300 コモドールホテル ニューヨーク フランク・ダンスウィック英語版
12 1947 1946年12月16日 32 300 コモドールホテル ニューヨーク ボブ・フェニモア英語版
13 1948 1947年12月19日 32 300 フォートピットホテル ピッツバーグ ハリー・ギルマー英語版
14 1949 1948年12月21日 25 251 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル英語版 ニューヨーク チャック・ベドナリク英語版
15 1950 1950年1月20日-21日 30 391 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル フィラデルフィア レオン・ハート英語版
16 1951 1951年1月18日-19日 30 362 ブラックストーンホテル英語版 フィラデルフィア カイル・ローテ英語版
17 1952 1952年1月17日 30 360 ホテル・ペンシルベニア英語版 ニューヨーク ビル・ウェイド英語版
18 1953 1953年1月22日 30 360 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル フィラデルフィア ハリー・バブコック英語版
19 1954 1954年1月28日 30 360 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル フィラデルフィア ボビー・ギャレット英語版
20 1955 1955年1月27日-28日 30 360 ワーウィック・ホテル英語版 ニューヨーク ジョージ・ショー
21 1956 1955年11月28日 30 360 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル フィラデルフィア ゲイリー・グリック英語版
1956年1月17日-18日 アンバサダーホテル ロサンゼルス
22 1957 1956年11月26日 30 360 ワーウィック・ホテル フィラデルフィア ポール・ホーナング英語版
1956年1月31日 ベレビュー・ストラトフォード・ホテル
23 1958 1957年12月2日 30 360 ワーウィック・ホテル フィラデルフィア キング・ヒル英語版
1958年1月28日
24 1959 1958年12月1日 30 360 ワーウィック・ホテル フィラデルフィア ランディ・ダンカン英語版
1956年1月21日
25 1960 1959年11月30日 20 240 ワーウィック・ホテル フィラデルフィア ビリー・キャノン英語版
26 1961 1960年11月30日 20 280 ワーウィック・ホテル フィラデルフィア トミー・メイソン英語版
27 1962 1961年12月4日 20 280 シェラトン・ホテル&タワーズ シカゴ アーニー・デービス
28 1963 1962年12月3日 20 280 シェラトン・ホテル&タワーズ シカゴ テリー・ベイカー英語版
29 1964 1963年12月2日 20 280 シェラトン・ホテル&タワーズ シカゴ デーブ・パークス英語版
30 1965 1964年11月28日 20 280 サミット・ホテル ニューヨーク タッカー・フレデリクソン英語版
31 1966 1965年11月27日 20 305 サミット・ホテル ニューヨーク トミー・ノービス英語版
32 1967 1967年3月14日-15日 17 445 ゴッサム・ホテル英語版 ニューヨーク ババ・スミス
33 1968 1968年1月30日-31日 17 462 ベルモントプラザ・ホテル ニューヨーク ロン・ヤリー英語版
34 1969 1969年1月28日-29日 17 442 ベルモントプラザ・ホテル ニューヨーク O・J・シンプソン
35 1970 1970年1月27日-28日 17 442 ベルモントプラザ・ホテル ニューヨーク テリー・ブラッドショー
36 1971 1971年1月28日-29日 17 442 ベルモントプラザ・ホテル ニューヨーク ジム・プランケット
37 1972 1972年2月1日-2日 17 442 エセックスハウス ニューヨーク ウォルト・パツルスキ英語版
38 1973 1973年1月30日-31日 17 442 アメリカーナ・ホテル英語版 ニューヨーク ジョン・マトゥザック
39 1974 1974年1月29日-30日 17 442 アメリカーナ・ホテル ニューヨーク トゥー・トール・ジョーンズ英語版
40 1975 1975年1月28日-29日 17 442 ヒルトン・アット・ロックフェラー・センター英語版 ニューヨーク スティーブ・バートコウスキー英語版
41 1976 1976年4月8日-9日 17 487 ルーズベルト・ホテル英語版 ニューヨーク リーロイ・セルモン
42 1977 1977年5月3日-4日 12 335 ルーズベルト・ホテル ニューヨーク リッキー・ベル英語版
43 1978 1978年5月2日-3日 12 334 ルーズベルト・ホテル ニューヨーク アール・キャンベル
44 1979 1979年5月3日-4日 12 330 ウォルドルフ=アストリア ニューヨーク トム・カズノー英語版
45 1980 1980年4月29日-30日 12 333 ニューヨーク・シェラトン・ホテル英語版 ニューヨーク ビリー・シムズ英語版
46 1981 1981年4月28日-29日 12 332 ニューヨーク・シェラトン・ホテル ニューヨーク ジョージ・ロジャース英語版
47 1982 1982年4月27日-28日 12 334 ニューヨーク・シェラトン・ホテル ニューヨーク ケネス・シムズ
48 1983 1983年4月26日-27日 12 335 ニューヨーク・シェラトン・ホテル ニューヨーク ジョン・エルウェイ
49 1984 1984年5月1日-2日 12 336 オムニ・パーク・セントラル・ホテル英語版 ニューヨーク アービン・フライヤー英語版
50 1985 1985年4月30日-5月1日 12 336 オムニ・パーク・セントラル・ホテル ニューヨーク ブルース・スミス
51 1986 1986年4月29日-30日 12 333 ニューヨーク・マリオット・マーキス英語版 ニューヨーク ボー・ジャクソン
52 1987 1987年4月28日-29日 12 335 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク ビニー・テスタバーディ英語版
53 1988 1988年4月24日-25日 12 333 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク オードリー・ブルース英語版
54 1989 1989年4月23日-24日 12 335 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク トロイ・エイクマン
55 1990 1990年4月22日-23日 12 332 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク ジェフ・ジョージ英語版
56 1991 1991年4月21日-22日 12 334 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク ラッセル・メリーランド
57 1992 1992年4月26日-27日 12 336 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク スティーブ・エントマン英語版
58 1993 1993年4月25日-26日 8 224 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク ドリュー・ブレッドソー
59 1994 1994年4月24日-25日 7 222 ニューヨーク・マリオット・マーキス ニューヨーク ダン・ウィルキンソン英語版
60 1995 1995年4月22日-23日 7 249 パラマウント・シアター・アット・マディソン・スクエア・ガーデン ニューヨーク キジャナ・カーター英語版
61 1996 1996年4月20日-21日 7 254 パラマウント・シアター・アット・マディソン・スクエア・ガーデン ニューヨーク キーショーン・ジョンソン英語版
62 1997 1997年4月19日-20日 7 240 パラマウント・シアター・アット・マディソン・スクエア・ガーデン ニューヨーク オーランド・ペース
63 1998 1998年4月18日-19日 7 241 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク ペイトン・マニング
64 1999 1999年4月17日-18日 7 253 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク ティム・カウチ英語版
65 2000 2000年4月15日-16日 7 254 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク コートニー・ブラウン英語版
66 2001 2001年4月21日-22日 7 246 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク マイケル・ヴィック
67 2002 2002年4月20日-21日 7 261 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク デビッド・カー
68 2003 2003年4月26日-27日 7 262 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク カーソン・パーマー英語版
69 2004 2004年4月24日-25日 7 255 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター ニューヨーク イーライ・マニング
70 2005 2005年4月23日-24日 7 255 ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センター ニューヨーク アレックス・スミス
71 2006 2006年4月29日-30日 7 255 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク マリオ・ウィリアムス英語版
72 2007 2007年4月28日-29日 7 255 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク ジャマーカス・ラッセル英語版
73 2008 2008年4月26日-27日 7 252 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク ジェイク・ロング英語版
74 2009 2009年4月25日-26日 7 256 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク マシュー・スタッフォード
75 2010 2010年4月22日-24日 7 255 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク サム・ブラッドフォード
76 2011 2011年4月28日-30日 7 254 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク キャム・ニュートン
77 2012 2012年4月26日-28日 7 253 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク アンドリュー・ラック
78 2013 2013年4月25日-27日 7 254 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク エリック・フィッシャー
79 2014 2014年5月8日-10日 7 256 ラジオシティ・ミュージックホール ニューヨーク ジャデベオン・クラウニー
80 2015 2015年4月30日-5月2日 7 256 オーディトリアム・シアター英語版 シカゴ ジェイミス・ウィンストン
81 2016 2016年4月28日-30日 7 253 オーディトリアム・シアター シカゴ ジャレッド・ゴフ
82 2017 2017年4月27日-29日 7 253 フィラデルフィア美術館 フィラデルフィア マイルズ・ギャレット
83 2018 2018年4月26日-28日 7 256 AT&Tスタジアム アーリントン ベイカー・メイフィールド
84 2019 2019年4月25日-27日 7 254 ロウワー・ブロードウェイ(ドラフト・メインステージ) ナッシュビル カイラー・マレー
85 2020 2020年4月23日-25日 7 255 ビデオ会議[注釈 1] ジョー・バロウ
86 2021 2021年4月29日-5月1日 7 259 ノースコースト・ハーバー英語版 クリーブランド トレバー・ローレンス
87 2022 2022年4月28日-30日 7 262 アレジアント・スタジアム パラダイス トラヴォン・ウォーカー英語版
88 2023 2023年4月27日-29日 7 260 アローヘッド・スタジアム カンザスシティ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初はラスベガスシーザーズ・パレスで開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行により、NFLではすべてのライブ活動を中止したため、NFLドラフトは各指名候補選手が自宅からのビデオ会議で参加することになった。

出典[編集]

  1. ^ NFLドラフトは予定通り開催、一般向けイベントは中止”. AFP (2020年3月17日). 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ ビッグベン、「2004年ドラフトQB組が史上最高になる」”. NFL JAPAN (2011年11月2日). 2012年11月4日閲覧。
  3. ^ NFLドラフトで チームが 優秀選手に注目”. NFL JAPAN (2000年3月30日). 2012年7月19日閲覧。
  4. ^ NFLドラフトにおいて球団が保有していた全指名権をトレードで譲渡したのはこの1例だけである。
  5. ^ Rams just earned two extra draft picks thanks to a new NFL rule and the Saints could be next”. CBS Sports. 2021年1月15日閲覧。
  6. ^ Where 49ers' draft picks stand after Jets hire Saleh”. NBC Sports. 2021年1月17日閲覧。
  7. ^ Report: Martin Mayhew will be Washington GM”. Niners Wire. 2021年1月24日閲覧。
  8. ^ Reiss, Mike (2020年6月28日). “New England Patriots fined $1.1 million, lose draft pick in film crew fallout”. ESPN. 2020年12月29日閲覧。
  9. ^ Craig, Mark (2021年3月19日). “Vikings lose seventh-round draft pick for salary-cap violation”. 2021年3月19日閲覧。
  10. ^ a b 印象に残る補足ドラフト指名トップ5”. NFL JAPAN (2012年7月4日). 2012年7月14日閲覧。
  11. ^ 補足ドラフトは1人、「第2のチャンス」を得たDEジャーモン”. NFL JAPAN (2009年7月17日). 2011年8月28日閲覧。
  12. ^ 補足ドラフト、注目QBプライアーはレイダース指名”. NFL JAPAN (2011年8月23日). 2011年8月28日閲覧。
  13. ^ ブラウンズ、補足ドラフトで注目WRゴードンを指名”. NFL JAPAN (2012年7月13日). 2012年7月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]