ロジャー・グッデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第43回スーパーボウルにおけるグッデル

ロジャー・グッデル(Roger S. Goodell、1959年2月19日 - )はNFL(ナショナルフットボールリーグ)のコミッショナー。父親はニューヨーク州選出上院議員のチャールズ・グッデル共和党)。

経歴[編集]

ニューヨーク州ジェームズタウンで生まれた。1971年に一家は同州ブロンクスビルに引っ越した。地元の高校に進学した彼はアメリカンフットボールバスケットボール野球を行い高校3年次にはその全てでキャプテンを務めた。ペンシルベニア州ワシントン・アンド・ジェファーソン・カレッジでは経済学を専攻した。1981年にNFLへの就職を目指してニューヨークのNFL本部に手紙を送り続けたが返事は来ず、それでもあきらめずに彼は1982年にインターンとしてNFLに入った。

2006年8月、NFLのオーナー会議で4人の候補者の中から選ばれてポール・タグリアブーの後任として翌9月に就任した。2010年のオーナー会議での投票で2015年まで契約が延長された[1]。その後2012年1月、2018年シーズンまで任期が延長された[2]


コミッショナー就任後の政策[編集]

  • ベトナム戦争に反対派としてリチャード・ニクソン大統領と激しく対決した父親の影響を受け「正しいと信じることを発言することを恐れず、それを行動に移すことの大切さを教えられた」という。リーグ関係者の行動規範の強化に最初に取り掛かり「NFLで働くことは権利ではなく特権だ」と発言、2007年に新しい行動規範を発表、パックマン・ジョーンズクリス・ヘンリータンク・ジョンソンマイケル・ヴィックダンテ・ストールワースプラキシコ・バレスら逮捕された選手たちにそれまでよりも厳しい出場停止を科し、逮捕されなかったもののベン・ロスリスバーガーにも2010年開幕から6試合(その後4試合に軽減された[3])の出場停止を決定した[4][5]
  • 2009年には世界金融危機の影響から自身の年俸を大幅にカットすることを発表した[6]
  • 難航している労使交渉について選手会側のデモーリス・スミスが2011年シーズンのロックアウトによりシーズンが開催されないおそれを述べていることについてはそうは思わないと表明している[7]
  • まだプレーしていない選手が活躍できなかった場合、NFLドラフトで指名された新人選手に巨額のお金が渡り浪費となることについて制限を加えようと考えている[8]
  • シーズン18試合制への移行にも意欲的といわれる[9][10]
  • NFLヨーロッパの廃止[11]ロンドン[12]トロントメキシコシティでの公式戦の実施などを決断した。
  • プロボウルスーパーボウルの1週間前に実施[13](これまではスーパーボウルの翌週に行われていた。スーパーボウルに出場するチームの選手は出場が免除されるが代わりの選手が出場することに批判もある。)
  • プレーオフにおけるオーバータイムルールの変更(先にFGを決めてもサドンデスとはならなくなった。)
  • レギュラーシーズンの試合増(16試合から18試合)を行いたいと考えている。彼の考えではプレシーズンゲームを4試合から2試合に減らす考え[14]
  • スパイゲート問題の証拠テープを前触れもなく処分し、周りの相談を得ることもなくペイトリオッツへの処分内容を決めた
  • 第44回スーパーボウルウィークの恒例記者会見でアメリカンボウルが熱狂的であったことなどをあげて将来的に日本や中国など極東マーケットを重要であると考えていると述べた[15]
  • 選手の脳震盪の問題にも取り組んでおり[16]ユース年代への脳震盪について厳格な法律を策定していない44州の知事に対してワシントン州のライステッド法同様の適用をするよう文書を送った[17]
  • 2011年に失効して新たな合意を模索中の労使協定でヒト成長ホルモンに関する薬物検査導入に意欲を燃やしている[18]
  • 2012年シーズンからオフィシャルの一部を常勤として雇用することを検討している[19]

人物[編集]

2009年7月、当時シアトル・シーホークスヘッドコーチだったジム・L・モーラワシントン州最高峰のレーニア山(標高4,392m)にチャリティー登山を行い登頂に成功した[20]

2010年12月にはスポーツ・ビジネス・ジャーナルより「スポーツ・ビジネスにおける最も影響力のある50人」の第1位に選ばれた[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ グッデル・コミッショナー、2015年まで契約延長”. NFL JAPAN (2010年2月13日). 2010年6月20日閲覧。
  2. ^ グッデル・コミッショナー、2018年シーズンまで任期延長”. NFL JAPAN (2012年1月26日). 2012年1月26日閲覧。
  3. ^ ““ビッグベン”、出場停止処分が4試合に軽減”. NFL JAPAN.COM. (2010年9月4日). http://www.nfljapan.com/headlines/15857.html 2013年12月30日閲覧。 
  4. ^ 暴行騒動の“ビックベン”、6試合の出場停止処分に”. NFL JAPAN (2010年4月22日). 2010年6月20日閲覧。
  5. ^ コミッショナーの実績に垣間見る父親の存在”. NFL JAPAN (2010年6月3日). 2010年6月20日閲覧。
  6. ^ NFLコミッショナーのグッデル氏、自身の年俸を最大25%カット”. NFL JAPAN (2009年2月14日). 2010年6月20日閲覧。
  7. ^ コミッショナー、「収益分配の割合減少も選手給与はアップ」”. NFL JAPAN (2010年2月9日). 2010年6月20日閲覧。
  8. ^ コミッショナー、新人契約の制限化を希望”. NFL JAPAN (2010年4月26日). 2010年6月20日閲覧。
  9. ^ 2011年からはシーズン18試合? コミッショナーが意欲”. NFL JAPAN (2009年3月26日). 2010年6月20日閲覧。
  10. ^ 2011年からはシーズン18試合? コミッショナーが意欲”. NFL JAPAN (2009年3月26日). 2010年6月20日閲覧。
  11. ^ 日本人プレイヤーに朗報? NFLが新リーグ構想”. NFL JAPAN (2009年3月26日). 2010年6月20日閲覧。
  12. ^ コミッショナー、2010年イギリス2試合開催の可能性示唆”. NFL JAPAN (2009年5月13日). 2010年6月20日閲覧。
  13. ^ コミッショナー、今年変更のプロボウル日程継続の意向”. NFL JAPAN (2010年2月1日). 2010年6月20日閲覧。
  14. ^ コミッショナー、試合数増加の判断に慎重”. NFL JAPAN (2009年5月20日). 2010年6月20日閲覧。
  15. ^ コミッショナー、恒例の記者会見に登場”. NFL JAPAN (2010年2月6日). 2010年6月20日閲覧。
  16. ^ より健康重視、NFLが脳振とうに関するガイドライン変更へ”. NFL JAPAN (2009年12月3日). 2010年6月20日閲覧。
  17. ^ NFL、行政へ脳振とうに関する法律制定を要請”. NFL JAPAN (2010年5月24日). 2010年6月20日閲覧。
  18. ^ HGH検査に選手たちから賛否両論”. NFL JAPAN (2011年4月7日). 2011年4月10日閲覧。
  19. ^ コミッショナー、来季から一部審判の常勤雇用を検討”. NFL JAPAN (2012年1月16日). 2012年1月21日閲覧。
  20. ^ コミッショナーとモーラHC、標高4000メートル登頂成功!”. NFL JAPAN (2009年7月9日). 2010年6月20日閲覧。
  21. ^ 渡辺史敏 (2011年1月4日). “コミッショナーが“最も影響力のある人物”に選ばれた理由【前編】”. NFL JAPAN. 2011年1月22日閲覧。