ウォルドルフ=アストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォルドルフ=アストリア
The Waldorf-Astoria

St Bartholomews and The Waldorf Astoria Hotel.jpg

ホテル概要
正式名称 The Waldorf-Astoria
運営 ヒルトン
所有者 安邦保険集団
前身 「ウォルドルフ・ホテル」、「アストリア・ホテル」
階数 - 43階階
部屋数 1380室
開業 1893年(ウォルドルフ・ホテル)
最寄駅 51st Station
最寄IC FDR Drive Exit 9
所在地 〒10022-6897
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 301 Park Avenue, New York, N.Y.
位置 北緯40度45分24秒 西経73度58分27秒 / 北緯40.7566度 西経73.9741度 / 40.7566; -73.9741座標: 北緯40度45分24秒 西経73度58分27秒 / 北緯40.7566度 西経73.9741度 / 40.7566; -73.9741
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ウォルドルフ=アストリア(The Waldorf-Astoria)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンミッドタウンにある高級ホテル。また、ヒルトン・ホテル・ファミリーにおける最上級ホテルブランド。49丁目と50丁目の間のパーク・アベニュー301号に所在する。

概要[編集]

アメリカを代表するホテル[編集]

ウォルドルフ=アストリアにてニューヨーク州知事(当時)のネルソン・ロックフェラー(中央左)とソビエト連邦ニキータ・フルシチョフ書記長(中央右)、1959年

オープン当初から、ニューヨークのみならずアメリカを代表する高級ホテルとして内外に知られ、ニューヨーク市を訪れる歴代アメリカ大統領[1][2]国王などの元首クラスの賓客が数多く宿泊してきたホテルとしても知られている[3]冷戦時代にアメリカと対立したソ連ニキータ・フルシチョフ[1]キューバフィデル・カストロ[4]パレスチナ自治政府ヤセル・アラファト[5]も訪れ、国連やニューヨークにやってきた各国政府の首脳会談や大企業のカンファレンスなどが頻繁に行われるマンハッタンを代表するランドマークのひとつとなっている。なお、アメリカを公式訪問した日本昭和天皇や歴代首相も宿泊している。政治家王族セレブリティだけでなく、アラブの石油王やバブル崩壊前の日本の裕福なビジネスマンなど海外の富豪も好んで宿泊し[6]1954年から2年ごとに上流階級が集まるインターナショナル・デビュタント・ボール英語版は世界で最も権威があるデビュタントボールとされ[7][8]、富と権力と名声の象徴であった[9][10]

アメリカ同時多発テロ事件の翌年の2002年には、同事件で「主要な目標となったニューヨークを支援する」という目的で初めてニューヨークで開催された世界経済フォーラムによる「ダボス会議」が行われた。

多彩な「住人」[編集]

古くは第31代米大統領のハーバート・フーヴァーと第34代米大統領のドワイト・アイゼンハワー[11]ダグラス・マッカーサー元帥[1]ラッキー・ルチアーノフランク・コステロらニューヨークのマフィア最高幹部[12]、セレブのエリザベス・テイラーやヒルトン一族[13]なども自邸として使用していたこともある。

ウォルドルフ=アストリアにてジョン・F・ケネディ米大統領、ウタント国連事務総長、アドレー・スティーブンソン米国連大使(1962年)

42階のスイートルームは国際連合本部ビルニューヨークに建設され始めた1947年からアメリカ合衆国国際連合大使の公邸として借り上げられ[14][15]1960年に新しい公邸としてニューヨークのサットン・プレイスが米国政府に寄贈されるも当時の米国連大使アドレー・スティーブンソンは拒否したため、1972年にサットン・プレイスは国連に寄贈されて国際連合事務総長の公邸となった[16][17][18][19]。後の第41代大統領であるジョージ・H・W・ブッシュなど歴代米国連大使の自邸でもあったが[20][16][21][22][23]、後述する2014年の中華人民共和国の企業による買収とそれに伴う改修を受け、政府の機密が漏れることを防ぐことを理由に廃止された[24]

「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」[編集]

2005年1月からは同チェーンの最上級クラスのホテルが「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」と呼ばれるようになった。なお、ヒルトンホテルズの中で買収され、自社所有ホテルとなった中でヒルトンの名前が入らないホテルは、ウォルドルフ=アストリア以外にはシカゴの名門ホテルの「ドレイク・ホテル」しか存在しなかった。

現在「ウォルドルフ=アストリア」を冠したホテルとしては、ニューヨークのウォルドルフ=アストリアと同タワーのほか、ウォルドルフ=アストリア・オーランド(フロリダ州オーランド)、ウォルドルフ=アストリア・パークシティ(ユタ州パークシティ)、ウォルドルフ=アストリア・ビバリーヒルズ(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)、ウォルドルフ=アストリア・バンコク(タイ王国バンコク)、ウォルドルフ=アストリア・ベルリン(ドイツベルリン)、ウォルドルフ=アストリア・上海(上海クラブビル)などがある。

歴史[編集]

開業[編集]

開業時の建物
1915年当時のウォルドルフホテルとアストリアホテル
本館のエントランス外観

「ウォルドルフ」とは、アメリカ最初の億万長者であるアスター家初代当主のジョン・ジェイコブ・アスターの出身地、ドイツのヴァルドルフに由来する。1893年にアスター家の4代目ウィリアム・ウォルドルフ・アスターが建設した13階建ての「ウォルドルフ・ホテル」と、その隣に従兄弟のジョン・ジェイコブ・アスター4世1897年に建てた17階建ての「アストリア・ホテル」がその起源である。

ウィリアムは、叔母でありジョン・ジェイコブ4世の母であるニューヨーク社交界の大物・キャロライン・ウェブスター・シャーマーホーン・アスター(Caroline Webster Schermerhorn Astor)と折り合いが悪く、5番街にあったキャロラインの邸宅(現在のエンパイアステートビルディングの場所)を日陰にするために高層ホテル「ウォルドルフ・ホテル」を建てた。その経営には、フィラデルフィアで豪華ホテルのベルビュー(Bellevue)を経営するジョージ・ボルト(George Boldt)が招かれた。ウォルドルフ・ホテルはたちまちニューヨークの社交界の花形の舞台となった。

家を日陰にされたキャロラインとその息子ジョン・ジェイコブ・アスター4世は、ホテルを拡大しようとしていたボルトの勧めもあり、確執の相手だったウィリアムの隣地を売り払ってアップタウンに移転し、跡地にウォルドルフ・ホテルより4階高い「アストリア・ホテル」を建設した。このホテルもボルトが経営した。ピーコック・アレーという小路を挟んで建つ両ホテルは、ボルトの経営により一体となり、ウォルドルフ・アストリアは世界最大級のホテルとなった。

移転[編集]

当初は現在のエンパイアステートビルディングのある場所に立っていたが、同ビルが建設されるために1929年に取り壊され、世界大恐慌下の1931年に現在のパーク・アヴェニューに再建されて再オープンした。ソビエト連邦ホテル・ウクライナに超されるまで世界一背の高いホテルだった[25]

建物の内外のデザインの随所に、当時流行の先端であったアール・デコ様式が取り入れられており、その為にアメリカの歴史的建築物に指定されている。またオープン時、ウォルドルフ=アストリア楽団にザビア・クガートが招かれている。

ヒルトン傘下へ[編集]

このホテルを買収することを夢見ていた大手ホテルチェーンのヒルトンホテルズ創始者コンラッド・ヒルトン1949年にウォルドルフ=アストリアを手に入れた。その後はニューヨークのみならずアメリカを代表する高級ホテルとして君臨し、現在は、ヒルトンホテルズの旗艦ホテルとなっている。

2005年1月からは、ヒルトンホテルズの最上級クラスのホテルが「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」と呼ばれるようになった。2007年には母体のヒルトンホテルズが投資ファンド運用会社ブラックストーン・グループに買収されたことにより、ウォルドルフ=アストリアも同グループの所有となったが、2013年に再び売りに出された[25]

中華人民共和国企業による買収[編集]

2014年10月、中華人民共和国の保険会社鄧小平一族と繋がりを持つ政商呉小暉英語版が経営する安邦保険集団英語版(2018年2月の呉小暉への訴追から中国共産党政府が完全に管理する事実上の国営企業となった[26])によって、100年間ヒルトンが運営に携わる条件の下、およそ19億5000万ドル(約2100億円)というホテルの売却ではアメリカ史上最高額で買収された[27]。アメリカのメディアは1989年10月に当時バブル景気だった日本三菱地所ロックフェラー・センターをおよそ8億4600万ドル(約1200億円[28][29][30])で買収した衝撃と比較した[10][31]

買収により大規模な改修を行なう予定であるが、その際に同国の諜報機関によって盗聴器が仕掛けられる可能性などが取りざたされ、アメリカ合衆国国務省2015年以降は防諜を理由に利用しないことを発表した[32]2016年3月時点でも米国連大使の公邸だったが[33]2017年1月に米国連大使となったニッキー・ヘイリーが同じニューヨークの50 United Nations Plaza英語版を借り上げたことが報じられた[34][35]

建物[編集]

本館・タワーズ[編集]

ロビー
本館のエントランス内部

47階建ての「ウォルドルフ=アストリア」(本館)と、違う出入口を持つ25階建ての「ウォルドルフ・タワーズ」の2つのホテルから構成されている。

2007年度より「ウォルドルフ・タワーズ」も含めて、「ウォルドルフ=アストリア」とともにヒルトンホテルの「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」に組み入れられている。

レストラン[編集]

  • ピーコック・アレー(Peacock Alley)
  • ブル&ベアー(Bull and Bear Steakhouse & Bar)
  • 稲ぎく(2009年11月29日に閉店)
  • オスカーズ(Oscar's American Brasserie)

鉄道引き込み線[編集]

グランド・セントラル駅からの引き込み線が地下につながっており、フランクリン・ルーズベルト大統領やアドレー・スティーブンソン国連大使などアメリカ政府の要人のみ利用できる秘密の地下鉄がかつて存在していた[36]

著名な居住者[編集]

ウォルドルフ=アストリアに居住するダグラス・マッカーサー(左)を訪ねた吉田茂(1954年

映画[編集]

アメリカを代表する高級ホテルとして、また、マンハッタンのランドマークとして有名なことから、数多くの映画の舞台ともなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Mayerowitz, Scott (September 22, 2009). "Behind the Scenes at the Waldorf Astoria's Posh Presidential Suite". ABC News.
  2. ^ Morehouse III, Ward (1991). The Waldorf Astoria: America's Gilded Dream. Xlibris, Corp. ISBN 978-1413465044. p. 148.
  3. ^ Morehouse III 1991, p. 106.
  4. ^ Morehouse III 1991, p. 168.
  5. ^ Morehouse III 1991, pp. 185–6.
  6. ^ Morehouse III, Ward (1991). The Waldorf Astoria: America's Gilded Dream. p. 147. Xlibris, Corp. ISBN 978-1413465044.
  7. ^ Foderaro, Lisa. "Glamour Still Rules, but With Fewer Debutantes". NY Times. 2008
  8. ^ Bobley, Georgia. "The Top 5 Debutante Balls Of The World". Guest of a Guest. 2012
  9. ^ Mink, Randy (September 1, 2002). "The Waldorf-Astoria: the great gray dowager of Park Avenue personifies New York City at its best. (Resort Of The Month)". Travel America.
  10. ^ a b 権力・金・スターが集まる「ニューヨークの王宮」 中国企業に売却” (2014年10月8日). 2019年9月13日閲覧。
  11. ^ a b Christopher Klein (October 7, 2014). "Iconic Waldorf Astoria Hotel Changes Hands". History.
  12. ^ a b c The Last Testament of Lucky Luciano, Martin A. Gosch and Richard Hammer (1975). Chapter 14
  13. ^ a b "Hilton sells Waldorf Astoria hotel in New York for $2bn". The Guardian. October 6, 2014.
  14. ^ Richardson, Bruce (2006). The Great Tea Rooms of America. Benjamin Press. p. 113. ISBN 0966347862
  15. ^ Wiedman, Reeves (October 2, 2015). "Midtown Shuffle". The New Yorker.
  16. ^ a b Knoller, Mark (June 5, 2013). "New U.N. ambassador's perk: A NYC penthouse". CBS News.
  17. ^ Lynch, Colum (December 8, 2006). "U.N. to Renovate Secretary General's Residence". Washington Post.
  18. ^ Spark, Penny (2005). Elsie De Wolfe: The Birth of Modern Interior Decoration. Acanthus Press. pp. 346–348. ISBN 0926494279.
  19. ^ Flippin, Alexis Lipsitz (January 25, 2011). Frommer's New York City with Kids. John Wiley & Sons. ISBN 978-1-118-01949-8 – via Google Books.
  20. ^ The Bush Family's New York City Hangouts”. New York Magazine (2004年8月24日). 2019年10月16日閲覧。
  21. ^ "UN Ambassador Forgoes Waldorf Suite". Victoria Advocate. August 29, 1999.
  22. ^ Kettle, Martin (August 29, 1999). "Suite at the Waldorf for Holbrooke aide". The Guardian.
  23. ^ "George Bush Ran All the Way". Life. November 5, 1971.
  24. ^ "US Diplomats leave the New York Waldorf-Astoria". Hospitality Business News. June 18, 2015.
  25. ^ a b Old New York: The Waldorf Astoria New YorkCommercial Observer, Nov. 4, 2014
  26. ^ 中国、聖域なき金融健全化 安邦保険を管理下に” (2018年2月23日). 2018年2月28日閲覧。
  27. ^ ウォルドーフ・アストリア、最大1100室をマンションに改装へ” (2016年6月28日). 2019年9月13日閲覧。
  28. ^ Cole, Robert J. (1989年10月31日). “Japanese Buy New York Cachet With Deal for Rockefeller Center”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1989/10/31/business/japanese-buy-new-york-cachet-with-deal-for-rockefeller-center.html 2019年9月20日閲覧。 
  29. ^ “三菱地所(株)『丸の内百年のあゆみ : 三菱地所社史. 資料・年表・索引』(1993.03)”. 渋谷社史. (1989年10月31日). https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=11710&query=&class=&d=all&page=178 2019年9月20日閲覧。 
  30. ^ “三井不動産がニューヨーク最大級ビル建設、報じられない巨額損失リスク…三菱地所の悪夢”. ビジネスジャーナル. (2017年9月27日). https://biz-journal.jp/2017/09/post_20731.html 2019年9月20日閲覧。 
  31. ^ Unpacking a Chinese Company’s U.S. Hotel Buying Spree” (2016年3月15日). 2019年9月13日閲覧。
  32. ^ "US Diplomats leave the New York Waldorf-Astoria". Hospitality Business News. June 18, 2015.
  33. ^ "Anbang ups bid for Starwood, making Marriott merger less likely". Baltimore Sun. March 28, 2016.
  34. ^ "Luxury Sales Spike as Buyers Rush to Avoid Higher Mansion Taxes". NY Times. July 8, 2019.
  35. ^ "New York Deed". New York City Department of Finance. May 27, 2019.
  36. ^ 超重要人物しか使えない秘密の地下鉄” (2011年11月15日). 2019年4月4日閲覧。
  37. ^ Spoto, Donald (1993). Marilyn Monroe: The Biography. Rowman & Littlefield. ISBN 978-0-8154-1183-3. p.337
  38. ^ Biography of a Gangster”. Essortment.com. 2012年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]