パリス・ヒルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パリス・ヒルトン
Paris Hilton
Paris Hilton 2012.jpg
2012年
プロフィール
生年月日 1981年2月17日
現年齢 36歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
血液型 不明
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 173 cm / 52 kg
BMI 17.4
靴のサイズ 28 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

パリス・ホイットニー・ヒルトンParis Whitney Hilton1981年2月17日 - )はアメリカ合衆国実業家ソーシャライトテレビ番組メディアパーソナリティモデル女優歌手DJである。彼女はヒルトンホテルの創設者コンラッド・ヒルトンの孫娘である。ニューヨーク市で生まれ、カリフォルニア州ビバリーヒルズで育ったヒルトンは、ニューヨークに本拠を置くモデルエージェンシートランプ・モデル・マネージメント英語版契約を結び、10代のときにモデルとしてその経歴を開始した。彼女の私生活は噂が立ってエンターテインメントニュースとダブロイドの特集をもたらし、ヒルトンは2001年に「ニューヨークを代表するイット・ガール英語版」と宣言された[1]2003年、ヒルトンとかつての恋人リック・ソロモン英語版とのセックス・テープ英語版がリークされ、後に「ワン・ナイト・イン・パリス」という題名で発売された。リアリティ番組シリーズシンプル・ライフ」の封切の3週間前のことであった。彼女は彼女の長年の友人であるニコール・リッチーと共に出演し、セックス・テープはメディアで話題となった。

2004年、ヒルトンはニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト英語版になった著書「コンフェッション・オブ・アン・エイレス英語版」を発表。その後、ホラー映画蝋人形の館」に出演。2005年ワーナー・ブラザース・レコードと契約し、スコット・ストーチ英語版、トム・ウォーリー、J・R・ローテム英語版ドクター・ルーク英語版フェルナンド・ギャリベイ英語版カーラ・ディオガルディ英語版がポップアルバムに登場。

ヒルトンのデビューシングル「スターズ・アー・ブラインド英語版」は、2006年6月に全世界で発売され、スコットランドでの首位獲得を始め[2]、世界中で即座にヒットした。アメリカでは、2006年に最もヒットしたデビューシングルの1つになった。デジタル販売の好調によりBillboard Hot 100で最高18位を記録し[3]、125以上のラジオ局で放送された[4]。2006年8月22日に世界的に発売された自分の名前を冠したアルバム「パリス英語版」は、Billboard 200で最高6位を記録し、世界中で60万枚を売り上げた[5]

ヒルトンはその後、リアリティ番組界に戻った。2008年に「MTV My New BFF〜パリス・ヒルトンのベストフレンドを探せ!〜」、2009年にそのスピンオフParis Hilton's British Best Friend」「Paris Hilton's Dubai BFF」、2011年オキシジェン英語版シリーズ「The World According to Paris」。彼女のその他の演技の経歴には、「パリス・ヒルトン in HOLLYWOOD☆SCANDAL英語版」「プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国英語版」(2006年)、「The Hottie and the Nottie」(2008年)、「REPO! レポ」(2008年)、ソフィア・コッポラの「ブリングリング」がある。2012年、ヒルトンはDJとしての経歴を発表し、サンパウロのポップ・ミュージック・フェスティバルでデビューした。彼女のパフォーマンスは批判されたが、世界中でクラブレジデンスを抱える有名DJの1人となった。同年、リル・ウェインバードマンのレーベルキャッシュ・マネー・レコードとレコード契約を結び、音楽界の戻った[6]

批評家や崇拝者たちはヒルトンは「有名であることで有名英語版」だと述べている[7]。それはセレブタントと呼ばれており、才能や仕事ではなく、豊かな富や生活様式で知られる有名人のことである。

彼女はメディアでの名声を香水とファッションブランドに引き出した。彼女の香水は15億ドルを稼ぎ出した。現在、3つのパリス・ヒルトン・アパート複合施設と、44のパリス・ヒルトン・ショップが世界中にあり、香水、ハンドバッグ、時計、靴などの製品を扱っている。ヒルトンは製品の販売により年間1000万ドル以上を稼いでいる。香水製品だけでも、ハリウッドの女優エリザベス・テイラーのそれに次ぐ2番目の売り上げを記録しており、25億ドル以上の収入がもたらされている[8][9][10]。2005年の時点で、クラブやイベントに出演して役30万ドルを稼いだ[11]

人生と経歴[編集]

Paris hilton universal photo.jpg

1981年 - 2002年:生い立ちと経歴[編集]

ヒルトンはニューヨーク市で生まれた。彼女の母キャシー・ヒルトン(旧称キャサリン・エリザベス・バンジーノ)[12][13]は、ソーシャライトかつ元女優である。父リチャード・ハワード "リック" ヒルトンは、実業家である。ヒルトンは4人兄弟の最年長である。妹にニコライ・オリビア "ニッキー・ヒルトン"1983年生まれ)、弟にバロン・ニコラス・ヒルトン2世(1989年生まれ)、コンラッド・ヒューズ・ヒルトン3世(1994年生まれ)。彼女の父方の曽祖父はヒルトンホテルの創設者コンラッド・ヒルトン。ヒルトンはノルウェードイツイタリアイギリスアイルランドスコットランドに由来を持つ[14][15][16][17]。彼女は若年期に頻繁に移住し、マンハッタンビバリーヒルズハンプトンズウォルドルフ=アストリアのスイートルームに住んでいた。子供の頃、彼女はイヴァンカ・トランプニコール・リッチーキム・カーダシアンなどの他のソーシャライトと友達だった。

ロサンゼルスで育ったヒルトンは、1995年小学校を卒業後バックリー・スクール英語版聖パウロ使徒教会付属学校英語版に通った[18]。彼女は高校1年生(1995年 - 1996年)をパーム・バレー・スクール英語版で過ごした。1996年、ヒルトンとその家族は東海岸を去った[19]。16歳の時に、感情的に悩まされている10代の若者のためのプロボ・キャニオン・スクール英語版に通った[20][21]。その後、コネチカット州カンタベリー・スクール英語版に転入し、1998年から1992年2月にかけてアイスホッケーチームに参加[22]。1992年2月、ヒルトンは学校規則に違反して同校から追放され、数か月後にドワイト学校に通い、後に中退。彼女はGEDを取得している[23][24]

ヒルトンは、もともとチャリティイベントで子供モデルとしてその経歴を始めた。19歳のとき、ドナルド・トランプのモデルエージェンシー、Tマネージメントと契約を結んだ[25]。ヒルトンは「モデルになりたい」と語っていたが、トランプは彼のエージェントに彼女を欲しがり、また彼女は仕事を「愛していた」[25]。モデル活動中、彼女のパーティ生活はエンターテインメントニュースで毎日特集された。「ヴァニティ・フェア」のシスコ・アドラー(ヒルトンの出演映画「Sweetie Pie」のプロデューサー)は、「L.A.パーティーシーンに吸い込まれ、少し早く成長した若いパーティ・ガール」と呼んだ[26]2001年、ヒルトンはソーシャライトとして評判を高めた。彼女は「ニューヨークを代表するイット・ガール」と呼ばれ、その名声は「ニューヨークのダブロイドを超えて」始まっていった[25]。その間に彼女は「ズーランダー」にカメオ出演し、イギリスの「タトラー英語版」、イタリアの「ジョイア」、アメリカの「ヴァニティ・フェア」「FHM」など、いくつかの雑誌の表紙に登場した[27] 。ヒルトンはヴィンセント・ギャロの「Honey Bunny」のミュージック・ビデオにも出演した[28][29]2002年ビデオスルーナイン・ライブス英語版」で主役を演じた。Beyondhollywood.comによると、「キャストでのヒルトンの存在は、映画の主なマーケットポイントであり、彼女はボックスアートの前部と中心であり、キャスト唯一の目立つ名前であることがはっきりと分かる」。同ウェブサイトは彼女の演じたキャラクターは、基本的には彼女自身であることに気付いた。「ヒルトンは何を演じたのか?-ある日、3つの大陸で買い物をする陳腐なアメリカ人のソーシャライト。このスクリプトはヒルトンの現実的な社会的地位にいくつかのジャブを入れるのに十分すぎるほど賢明であり、彼女の1日はみすぼらしいボロに包まれていると述べている」[30]。その年、ヒルトンはファッションモデルのジェイソン・ショーと交際を開始したが、2003年に破局した[31]

2003年 - 2005年:「シンプル・ライフ」とブレイク[編集]

ヒルトンのブレイクは、2003年に友人ニコール・リッチーと共に出演したフォックスリアリティ番組シリーズ「シンプル・ライフ」により起こった。このシリーズは、ヒルトンのセックステープの発売直後の2003年12月2日に放送が開始された[32]。「シンプル・ライフ」は高評価を受けた。その最初のエピソードは1300万人が視聴し、フォックスのアダルト18 - 49の評価を79%増加させた[33]。彼女は画面上でダム・ブロンド英語版の人物として知られるようになった。シリーズ終了後、彼女は番組ではキャラクターを演じていたと複数回発言している[34][35]。2003年、歌手ニック・カーターと交際を始め、翌年まで続いた[36]

ソーシャライトは2004年にライフスタイル・ブランド英語版を導入し、日本のサマンサ・タバサの財布をデザインした。ヒルトンがデザインしたジュエリーラインはAmazon.comで販売されていたが[37]、彼女は「美しく、非常に高品質で、しかも誰にでも手ごろな価格のラインを作りたい」と語った[38]。この宝飾品は「ヒルトンの個人的なスタイル ―フェミニンで、色っぽく魅力的-でハート、スター、クロスをモチーフにしている」[39]。カラー写真と相続人としての生活に関するアドバイスが綴られている[40]。この本はニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リストの7位に入った[41]。自伝の中の彼女の言葉「どこへ行くにもかわいらしく着飾りなさい。人生は短過ぎてすべてを着られないんだから(Dress cute wherever you go; life is too short to blend in)」は、2009年9月にオックスフォード引用辞典英語版に追加された[42]。彼女はParlux Fragrancesの香水ラインの作成に携わるようになった。元々小規模な発売の予定だったが、需要が高まったことで2004年12月までに在庫を増やした。その導入に続いてヒルトンブランドの香水を中心に、Parluxの売上高が47%増加した[43]。この成功の後、Parluxは彼女の名前で男性向け香水を含む商品を発売した[44] 。ヒルトンは2005年に2作目の著書「Your Heiress Diary」を発表[45]。その年、彼女は別の香水ジャスト・ミーを発表。

ヒルトンは2005年2月にNBSの「サタデー・ナイト・ライブ」にゲスト出演し、キーンと共演した[46]。彼女はホラー映画「蝋人形の館」に出演[47]トライベッカ映画祭で上映されたこの映画は、2005年5月に公開された[48][49]。彼女の演技は賛否両論の評価を受けた[50]。「ヴュー・ロンドン」のマシュー・ターナーは、ヒルトンは「あなたが期待するよりも優れている」と述べた[51]MTVは彼女のことを「実際にはかなり良い」と評価したが[52]、テレビガイドは「才能なし」と呼んだ[53] 。ヒルトンはこの映画の演技でティーン・チョイス・アワードの絶叫賞[54]第26回ゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞を受賞[55]

2005年から10月までギリシャの海運業者パリス・ラティスと交際[56]。「シンプル・ライフ」はヒルトンとリッチーの紛争後、2005年の3シーズン後にフォックスでの放送が終了。ヒルトンは「ニコールと私がもはや友人ではないというのは大きな秘密ではない。ニコールは自分が何をしたか知っているし、それが私がこれまでに言いたかったことだ」と発言している[57]。リッチーがヒルトンのセックステープを友人グループに見せたのが、彼らの軋轢の原因だと憶測されている[58]。2人は2006年10月に和解した[59]

2006年 - 2007年:アルバム「パリス」、映画と逮捕[編集]

「シンプル・ライフ」が2005年にフォックスで放送が終了した後、他のテレビ局(NBCThe WBVH1MTV)が、番組の新しいシーズンの権利を得ることに関心があると報道された[60]。2005年11月28日E!が第4シーズンののプロデュースを発表し、最初の3シーズンを再放送する権利を得たことを発表した。新しいシーズンの撮影は2006年2月27日に始まった[61] 。第4シーズンの初回は130万人の視聴者を獲得し、高い評価を受けた[62] 。ヒルトンは、2006年8月22日にデビューアルバム「パリス英語版」を発表した。このアルバムはBillboard 200で最高6位を記録し、世界中で60万枚を売り上げた[63]。その最初のシングル「スターズ・アー・ブラインド英語版」は、アメリカの125以上のラジオ局で放送された[64]。この曲は世界的な人気を獲得し[65]、17か国でトップ10に入った[66]ガーディアンはヒルトンが「気を散らし、疲れていた」と評したが[67]AllMusicは「ブリトニー・スピアーズジェシカ・シンプソンが発表したものより楽しい」とコメントした[68]。アルバムは賛否両論の評価を受けた[69]

2006年9月、飲酒運転逮捕された。彼女の逮捕は「シンプル・ライフ」の第5シーズンを複雑にした。ヒルトンの運転免許証は2006年11月に停止された。そして、彼女はあおり運転に関して何の告訴もしなかった[70]。彼女には36か月の保護観察と罰金約1500ドルの判決が下された[71]。DVDスルー映画「パリス・ヒルトン in HOLLYWOOD☆SCANDAL英語版」は2006年後半に発表された。2006年12月、主演作品「プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国英語版」が限定公開された。2008年8月、ワールドワイド・エンターテインメント・グループはマイアミ地方裁判所に対して訴えを起こした。彼女が映画の為に「合理的な宣伝」を行わず、契約上の合意を履行しなかったと主張した。彼女は映画の仕事の為に、100万ドルを受け取ったと伝えられている。

ヒルトンは、2007年1月10日、ヘアー・テック・インターナショナルと提携してドリームキャッチャーを開始[72]。同年1月22日、ヒルトンが倉庫の保管料の支払いを怠った為、競売にかけられ、落札されたものがウェブサイトParisExposed.comに掲載された[73]。ウェブサイトには、わずか40時間で120万人の訪問者がいた[74] 。その内容の中には、医薬品、日記、写真、契約、ラブレター、ジョー・フランシスが撮影した「ガールズ・ゴーン・ワイルド」のビデオが含まれていた[75]。ヒルトンはウェブサイトの閉鎖を求めた.[76]

2007年1月、免停中に運転をしないという合意に署名[77]。翌月、夜間の無灯火走行で運転。ロサンゼルス市弁護士事務所の検察官は、これらの違反行為と裁判所命令のアルコール教育プログラムに参加しなかったことから、彼女が保護観察違反したと訴えた[78] 。5月4日、ヒルトンは裁判官マイケル・T・サウアーによって懲役45日を言い渡された。彼女はアーノルド・シュワルツェネッガー州知事に恩赦を求めるオンライン嘆願書(ジョシュア・モラレスが5月5日に作成)によって、この判決を上訴する予定だった[79][80]。この判決を維持するための反対訴訟が提起された。ヒルトンは弁護士を変え、計画を中止した[81]

彼女は6月5日までに刑務所に収監される必要があった[82]。6月3日、MTVムービー・アワードに出席後、Century Regional Detention Facility(カリフォルニア州リンウッドの女性刑務所)に入った。6月7日、ロサンゼルス郡保安官のリー・バッカは健康上の理由によりヒルトンの刑を自宅軟禁に切り替えた[83]。翌朝、裁判官マイケル・サウアーは裁判所への再出廷を命じた。サウアーは元の45日間の刑を執行するために彼女を刑務所に戻した。彼女はその決定を聞いたとき「こんなこと間違っている!」と叫んだ[84][85]。ヒルトンは医療棟で精神的な治療を受けた後、6月13日に再び収監された[86]

出所から2日後の2007年6月28日、「ラリー・キング・ライブ」に出演。インタビューでは牧師マーティ・アンジェロからの影響を明かし、アンジェロの自叙伝「Once Life Matters: A New Beginning」を紹介[87]。また、彼女はADHDのためアンフェタミンを幼少期から服用していることを明かした[88]。「シンプル・ライフ」は、2007年7月に第5シーズンで終了。

2008年 - 2009年:演技と「My New BFF」[編集]

愛犬家であるヒルトンは、犬のアパレルライン「リトル・リリー」を制作し、売上を動物救助にあてた[89]。2008年4月、テレビドラマ「マイネーム・イズ・アール」のエピソード「俺のパラレルワールド」に出演[90]。2008年8月6日、アダム・マッケイによるオンラインビデオ「Paris Hilton Responds to McCain Ad」を動画投稿サイトFunny or Dieに投稿[91]。それはヒルトンが主演のパロディ広告で、2008年のジョン・マケイン大統領選キャンペーンのテレビキャンペーン広告「セレブ」に応じて制作された[92][93]。「セレブ」はヒルトンやブリトニー・スピアーズのような有名人とバラク・オバマを比較し、彼がエネルギー政策をリードし批判する準備が出来ているかどうかを問う内容である[92][94][95]。ヒルトンはパロディ広告でヒョウ柄の水着を着て、マケインに対して皮肉を連発する[96]。このパロディ広告ビデオは2日間で700万回の再生回数を記録し、世界中で報道された[97]。10月、彼女はFunny or Dieに2作目のパロディビデオ「Paris Hilton Gets Presidential with Martin Sheen」を投稿。ヒルトンはマーティー・シーンと共演。シーンの息子で俳優のチャーリー・シーンもカメオ出演している[98]。ヒルトンが緑のイブニングドレスを着て濃いメイクをし、「ザ・ホワイトハウス」での役を演じるマーティ・シーンと政治的な問題について話し合う内容である[99]

2008年、トロント国際映画祭で、ドキュメンタリー「Paris, Not France」が上映された[100]。2009年7月、映画はMTVで放送された[101][102]。2008年9月30日、新しいリアリティ番組「MTV My New BFF〜パリス・ヒルトンのベストフレンドを探せ!〜」の放送が開始された。その日、KIIS-FMライアン・シークレストの番組に出演し、自身が歌う番組の主題歌「My BFF」を紹介した[103][104]。番組はヒットした[105]。ヒルトンの次のプロジェクトは、ゴシック・ロックミュージカルREPO! レポ」への出演だった[106]。彼女は美容整形手術中毒の娘アンバー・スウィートを演じた。Horror.comは、「ヒルトンの最高の役柄であるだけでなく、真剣さを持っている」と評価したが[107]Jam! Movies は「女優として絶望する」と酷評した[108]。彼女は同映画の演技で、ゴールデンラズベリー賞 最低助演女優賞の候補となった[109]。2008年のコミコン・インターナショナルで上映されたこの映画は、2008年11月7日にアメリカとカナダで限定公開された[110]。「REPO! レポ」は、8つの劇場で合計51,600ドルの興行収入を上げた[111][112]。その頃、ヒルトンは女性向け香水の第5作目を発表[113]。また、年の初めに交際を開始したグッド・シャーロットのギタリストベンジー・マッデンと破局した[114][115][116][117]

「My New BFF」のアメリカ版の成功の結果、スピンオフが制作された[118]。そのイギリス版「Paris Hilton's British Best Friend」が2009年1月29日にITV2で放送が開始された[119][120]。シリーズは成功を収めた。最初のエピソードは428,000人が視聴し[121]、最終回は605,000人が視聴した[122]。アメリカ版の第2シーズンは、2009年6月2日から放送が開始された。2009年7月3日、イギリス版の準優勝者カト・マッケンジーが死亡した[123]。ヒルトンは、2011年にドバイ版「Paris Hilton's Dubai BFF」の撮影を開始[124]。テレビドラマ「スーパーナチュラル」の第5シーズンの第5話に出演[125][126]。2009年7月、女性向け香水の第6作目「サイレン」を発表[127]。ヒルトンは2009年に、「香水のアカデミー賞」と称されるその年最も優れた香水に与えられるフィフィ賞英語版の女性有名人年間賞を受賞した[128][129]。2009年10月、サングラスラインに進出し、2010年3月から店頭販売が開始された[130]。翌月、シャンプー、コンディショナー、ヘアビタミンを含むヘア&ビューティー製品ラインに進出した[131]。その年、「The Hills」スターのダグ・ラインハートと交際を始めたが[132] 、彼がキャリアの為に自分を利用していることに気が付き、2010年4月に破局した[133]

2010年 - 2012年:法律問題、リアリティ番組界への復帰、DJとしての経歴[編集]

2010年2月、ヒルトンは、ブラジルビールDevassa Bem Louraの広告キャンペーンに参加。スローガンは英語で「very blonde bitch」と訳されることが多かった[134]。キャンペーンの一環として、彼女はリオのカーニバル醸造所のフロートに乗った[135]。7月2日、ヒルトンは2010 FIFAワールドカップブラジルオランダの会場でマリファナを吸ったとして非難された。彼女は地元の警察によってネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアムの外で拘束されたが、後に釈放された。彼女の担当広報は、事件は完全な誤解であり、一緒にいた他の人物が所持していたマリファナだったと確認できたと発表した[136][137]。その2週間後、フランスフィガリ=シュド・コルス空港で大麻所持の疑いで拘束された。事情聴取を受けただけで、釈放された[138]

8月10日、マリリン・モンローに影響された10作目の香水ティーズを発表[139]。9月、ラスベガスでコカイン所有の疑いで逮捕され、彼女の恋人カイ・ウェイツもコカインの影響下で車を運転したとして逮捕された[140][141]。ヒルトンは当初、コカインが入っていたハンドバッグは自分のものではないと主張した[142]。2010年9月17日、2件の軽犯罪を犯したとして起訴された。罪を認め1年間の禁固刑を避ける為に、司法取引に応じた。代わりに1年間の保護観察、200時間の社会奉仕、2,000ドルの罰金、虐待治療プログラムが言い渡された[143][144]。2010年9月21日、妹ニッキーと共に日本に向かったヒルトンは、前日、薬物所持罪の有罪判決を受けた影響で、成田空港の入国審査に引っかかった。日本は通常、麻薬犯罪で有罪判決を受けた旅行者の入国を拒否している[145][146]。空港職員はヒルトンに「何時間も」質問し、ヒルトンはニッキーと空港のホテルで一晩拘留された[145]。9月22日、日本当局はヒルトンの入国を拒否し、彼女はアメリカに帰った。インドネシアとマレーシアで行われるはずだったプロモーションもキャンセルになった[146]。ヒルトンは9月27日にHBで放送されたドキュメンタリー「ティーンエイジ・パパラッチ英語版」に出演[147]

ABCのテレビ映画「ゼウス プードル救出大作戦!」にベラ役で声優として出演することを発表[148]。この映画は2010年11月28日に放送された[149]。視聴者は261万人に達した[150]。2010年12月、ヒルトンはオートバイチームを立ち上げた[151][152]。スパイン人ドライバー、マーベリック・ビニャーレスが最終レースで優勝し、翌年の11月に行われた125cc世界選手権で3位になった[153]。2011年、彼女はブラジル・ファッションウィークで2度目のランウェイモデルとして登場(初回は2010年初め)[154]。2月にパリサウスビーチフロリダ東京都などの都市に影響された香水ライン「パスポートコレクション」を発表[155]。翌月、メキシコに靴のコレクションを導入した[156][157][158]。その頃、iPhoneiPod touchで利用できるモバイルアプリケーションを発表した[159]

2011年5月12日、フィリピンに3つ目の店舗を開いた。ダバオに開かれたそれは、靴、イヤリング、財布、ベルト、帽子、香水などを扱う[160]。6月1日、オキシジェン英語版の「The World According to Paris」でリアリティ番組界に戻った[161]。彼女の日常生活を追ったこの番組は[162]、40万9千人の視聴者を獲得した[163]。しかし、それは成功とはいえなかった。むしろ、ヒルトンの人気が衰えているという確信に繋がった[164]ニューヨークタイムズは、「マーケティングと自己宣伝の実績のある魅力的な女性だが、リアリティ番組の主人公としては、iPad時代のウォークマンFaceBook時代のFriendster、あるいは文脈で言えば、トリプルプロセスの世界でのシングルプロセスの金髪」であり、また、彼女は「現在、元気なボーイフレンドがたくさんいるように見える。パパラッチはまだ彼女の写真を撮っている。しかし、彼女の全盛期を楽しんでいた視聴者を、どのように取り戻すことができあるかは分からない-たとえ彼女の初演をFacebook上でライブストリーミングしたとしても。」と指摘した[165]。ヒルトンは恋人であるラスベガスのナイトクラブのオーナー、サイ・ウェイツと出演したが[166]、2人は6月に破局した[167]。彼女は「バラエティ誌」に「10億ドルの起業家」として取り上げられ、その表紙を飾った[168][169]。ヒルトンは、2011年8月18日にフィリピンで4番目の店舗を開いた[170][171][171][172]。9月には、イスタンブールに靴のラインを導入した[173][174]。パリス・ヒルトンの店はインドにもオープンし、更に8店舗のオープンの計画を発表した[175]。2011年10月にウクライナ・ファッションウィークでアンドレ・タンのモデルと務めた。

ヒルトンは2012年初めに、上海にサングラスの新しいラインを導入した[176]。この導入を「大きな成功」と呼んだ[177]。彼女は、ブラジルのポップ・ミュージック・フェスティバルでDJとしてデビューし[178][179]、彼女のシングル「ライス・ナイト(アフロジャックプロデュース)」を発表した。彼女のビデオがYouTubeに投稿されるとdeadmau5[180]サマンサ・ロンソン[181]、アフロジャック[182]からは否定的な評価を受けたが、DJポエット[183]やファンとフェスティバルの観客からは称賛された[184]。彼女のパフォーマンス後、彼女はTwitterで流行の話題となった[185]。「ラスト・ナイト」は後にピットブルに与えられ、ピットブルはリードシンガーとしてハヴァナ・ブラウン英語版を迎えて歌った。それは、彼の2012年のアルバム「グローバル・ウォーミング英語版」に収録された。ヒルトンの履物ラインは、2012年の国際ライセンス賞の有名人年間賞の候補となった[186]。彼女は15番目の香水「ダズル」を発表[187][188][189][190]。2012年8月24日から25日にかけてマリブ・ビーチで撮影された韓国の歌手キム・ジャンフンのミュージック・ビデオに出演[191]ジェシカ・アルバスカーレット・ヨハンソンを含む何人かのハリウッドスターが候補になっていたが、韓国で行われた調査の結果、最も韓国で知名度が高かったヒルトンが起用された[192]。2012年10月にこのビデオが公開されたが、この出演の為に彼女に100万ドルが支払われたと報道されている[193][194][195]

2012年9月20日、ヒルトンが同性愛者に対して軽蔑的な発言をする音声がインターネット上に流出[196][197][198]。その日、反発が起こると、彼女は彼女が「同性愛者コミュニティの巨大な支持者」であり、同性愛者を「私が知っている最も強く最も勇敢な人々」と呼び、GLAADを通じて謝罪を表明した[199][200]。彼女の発言により、ロゴTV英語版は彼女のドキュメンタリー「パリス・ヒルトン・インク」の放送を取りやめた[201][202][203]。その月、ヒルトンはスペインのモデル、リヴァー・ヴィーペリとの交際を開始[204]。11月初旬にメッカに店舗をオープン。メッカは「イスラム教徒の世界で最も神聖な都市」と考えられており、その上サウジアラビアは保守的な国であるため、彼女の個人的な生活に関する論争がTwitterで巻き起こった[205][206][207]。12月上旬、インド・ファッション・ウィークでシェーン・アンド・ファルグニ・ピーコックのモデルと務め[208][209][210]、DJとしても出演した[211]。DJデビューした時と同様、彼女のパフォーマンスはYouTubeに投稿され批判が起こったが、聴衆は彼女のパフォーマンスを楽しんだ.[212][213]

2013年 - 現在:音楽やその他プロジェクトへの復帰[編集]

2013年1月、ヒルトンは「パラダイス・ホテル英語版」デンマーク版の4つのエピソードに出演。この出演に対して彼女には30万ドルが支払われたと報道されている[214] 。叔母カイル・リチャーズキム・リチャーズが主演する「The Real Housewives of Beverly Hills」(ドラマ「デスパレートな妻たち」風のリアリティ番組)の2つのエピソードに出演[215]。4月、ヒルトンはコロンビアボゴタにパリス・ヒルトン・ストアの44店舗目をオープンさせた[216][217]。5月、リル・ウェインクリスティーナ・ミリアンニッキー・ミナージュと共演したリッチ・ギャングの曲「タップアウト英語版」のミュージック・ビデオが公開された[218] 。同月、ヒルトンがキャッシュ・マネー・レコードと契約し[219][220]レッドワンスヌープ・ドッグフロー・ライダーを客演に迎えた曲を含むセカンドアルバムを発表する予定であると報じられた[221]。彼女は「ローリング・ストーン」に語った。「私は非常に多くの才能ある素晴らしい人たちと一緒にアルバムを作っている。もっと多くの音楽を共有するのを待ちきれない」[221]。ヒルトン、リンジー・ローハンオーランド・ブルームなどの有名人の家から金品を盗んだ10代の悪名高い窃盗グループを題材にしたソフィア・コッポラの映画「ブリングリング」にカメオ出演した[222]。映画出演に加えて、彼女は撮影の為に2週間、コッポラに家を貸した[223][224]ハリウッド・リポーターとのインタビューでコッポラは、コッポラがヒルトンの誕生日パーティに行った際に彼女の家を気に入ったと語った[225]。「これは映画のなかに入れなければならないと思った。それはとても独創的で、再現するのは難しいだろう。パリス・ワールドのような家」[226]

8月中にヒルトンはイビザのナイトクラブアムネシア英語版で毎週開催される「Foam and Diamonds」パーティのDJを務めた[227][228] 。批評家や観客からの肯定的な反応は、2014年までの契約更新に繋がった[229][230]。10月に、リル・ウェインが客演した2枚目のアルバムからの曲「グッド・タイム英語版」を発表[231]ビルボードのダンス/エレクトロニックソングチャートで初登場18位[232]。2枚目のシングル「カム・アライブ英語版」は2014年7月に発売された[233]。2015年4月、「シンプル・ライフ」にも登場した愛犬ティンカーベルが14歳で死亡したと報告した[234]。5月には、2枚目のアルバムからの3枚目のシングル「ハイ・オフ・マイ・ラブ英語版」が発売された。同曲はビルボードのダンスクラブソングチャートで最高3位を記録。2016年1月、DJポエットとのコラボレーション曲「クレイジー」がオンライン上に流出した[235]

パブリックイメージ[編集]

Young blonde woman with blue eyes
2006年のヒルトン。この時、彼女は頻繁にメディアの注目を集めていた。

彼女の私生活を取り上げたエンターテインメントニュース[236]、「ワン・ナイト・イン・パリス」(「シンプル・ライフ」の第1シーズンの放送開始前に流出したセックス・テープ)で悪名高い[237]。いくつかのエンターテインメント著述家は、ヒルトンの一晩での成功はセックス・テープによるものだと考えている[238]エンターテインメント・ウィークリーによると、「パリス・ヒルトン、リック・サイモンのテープは、その初演が発表されて以来、シンプル・ライフが数か月で受けたより多くの印刷物とテレビの報道を1週間で受けた。私たちはメディアの中でパリスマニアになった」[239]。ヒルトンは注目を集め、パパラッチと彼女との関係を始め、私生活と法的問題は世界中のゴシップサイトとダブロイドメディアの標的となった。批評家はヒルトンが有名であることで有名英語版になっていると示唆しており[7]、彼女はセレブタントの一例とみなされている。

FHM」の世界で最もセクシーな女性100人英語版に2004年(59位)、2005年(23位)、2006年(34位)、2012年(35位)に選出されている[240][241][242]。「マクシム」のHot 100には、2005年(20位)と2006年(53位)に選出された[243][244]AP通信AOLが実施した世論調査では、2006年の「お手本にしたくない有名人ランキング」でブリトニー・スピアーズに次ぐ2位に選ばれている[245]デイリーニューズロイド・グローブ英語版はゴシップコラムで彼女を扱うことを禁止し、AP通信は2007年2月に彼女に1週間言及しない試みを行った[246]。同年5月、「ハーパーズ バザー」でダイアナ妃マリリン・モンローのように自分自身を「10年ごとに現れる象徴的な金髪」と呼んだことを否定した[247]。彼女は2007年にギネス世界記録により「世界で最も過大評価されている有名人」と認定された[248][249]

2009年には、ヒルトンとダブロイドとの静かな関係が、エンターテインメント著述家からの人気を失っていることを示唆した。CNNは「なぜパリス・ヒルトンは姿を消したのか」という記事を書いた。雑誌「ゴッサム英語版」と「ハンプトンズ英語版」の編集長サマンサ・ヤンクスは、「第一段階は一見どこからともなく上昇。それは、メディアの狂乱、いたずら、パーティ、音楽、可愛い子ちゃんのような地位、そして、もちろんファッションレーベルで起こった。第二段階は彼女は姿を消す」と述べた[250]。ヒルトンのニュースがなくなったのは、彼女に関心のない新世代のタブロイド消費者に対する明らかな反応だった[250]。この疑惑は2011年6月のリアリティ番組「The World According to Paris」の低い評価、「グッド・モーニング・アメリカ」とのインタビューで人気低迷に関する質問をされた際に、途中退席したことで強化された[251][252]

2011年、「メンズ・ヘルス英語版」の「最もホットな100人の女性」に選出されたが[253]イプソス英語版の調査によると、彼女はアメリカで最も人気のない有名人である(回答者の60%が好ましくないと回答)[254]。2012年、「フォーブス」の「露出しすぎな有名人」リストで5位に入った。この雑誌によると、ヒルトンは「長い間雑誌の表紙にいなかった別のスターだが、彼女はいつでもどこでも偏在していて、彼女はまだ過度に露出しているように見える」[255][256]。2013年5月2日放送の「ウェンディ・ウィリアムズ・ショー英語版」に出演し、ヒルトンはニュースからの彼女の不在について説明した。そして、彼女が「トラブルから離れて」成長したと語った[257]。「ブリングリング」の原作者ナンシー・ジョー・セールズ英語版は、ヒルトンが「小さなカムバックを楽しんでいる」と語った".[258]カンヌ国際映画祭のプレミアの直後、キャッシュ・マネー・レコードとの彼女の話は、世界中のTwitterで話題となった[259]。また、メディア・アウトレットは2013年をヒルトンの「ポップカルチャー・ルネッサンス」年と評した。キャッシュ・マネー・レコードの共同創立者であるバードマンは、「話題になっているということは、彼女の人気の強さを示している」と語った[260]

ヒルトンは、ロサンゼルス小児病院英語版の「ファースト・ファミリー」に記載された。これは、彼女が病院に10万ドル以上を寄付したことを意味する[261]。2008年に、彼女の名誉を称えて病院の部屋に彼女の名前が付けられた[262]

キャッチフレーズ「それってイケてる」[編集]

彼女の口癖でキャッチフレーズの「それってイケてる(That's hot)」は、ヒルトンの商標である[263]。キャッチフレーズは、衣服、電子機器、アルコール飲料などの商品の商標として登録されている[263]。ヒルトンはカールス・ジュニアのスパイシーバーガーを宣伝した2005年のテレビコマーシャル「パリス・カー・ウォッシュ」に出演した。テレビのスポットには、黒い画面に「The spicy BBQ burger / That's hot.」という宣伝文句が表示される[264]

2007年9月6日、ヒルトンはホールマーク・カード英語版を相手取り、グリーティングカードに肖像を無断使用し、「That's hot」をキャッチフレーズにしたとして差止訴訟を起こした。そのカードは「パリスのウエートレス初日」という題名で、ヒルトンの顔写真が使われている。ヒルトンの弁護士ブレント・ブレイクリーは侵害の被害はグリーティングカードの利益に基づいていると述べた。ホールマーク・カードはフェアユースの下で保護されたパロディとしてカードを利用したと述べた[265]。控訴裁判所は、この判例を審査し、「ホールマークの棄却申し立てを却下した」。ヒルトンとホールマーク・カードは後に法廷外で和解した[266]

大衆文化での描写[編集]

テレビドラマ「スイート・ライフ」の登場人物ロンドン・ティプトン英語版(父はホテルオーナー)、「NYボンビー・ガール」のキャロライン・チャニングのモデルはヒルトンである[267]

World of Warcraft」の大規模多人数同時参加型オンラインRPGでは、2007年1月15日の「The Burning Crusade」の発売以来、「ソーシャライト」と名付けられたヒルトンをモデルにしたキャラクターが登場している。キャラクターは2015年4月現在、ゲームに残っている[268]

出演[編集]

映画[編集]

受賞とノミネート、記録など[編集]

女優業[編集]

作品名 結果 カテゴリ
蝋人形の館
(2005)
2006年 MTVムービー・アワード ノミネート 恐怖演技賞
第26回ゴールデンラズベリー賞 受賞 最低助演女優賞
ノミネート 最もうんざりしたダブロイドネタ賞
ティーン・チョイス・アワード 受賞 Choice Movie Scream Scene
ノミネート Choice Movie Breakout Performance - Female
The Hottie and The Nottie
(2008)
第29回ゴールデンラズベリー賞 受賞 最低主演女優賞
REPO! レポ
(2008)
最低助演女優賞
蝋人形の館
(2005)
第30回ゴールデンラズベリー賞 受賞 2000年代最低女優賞
The Hottie and The Nottie
(2008)
REPO! レポ
(2008)

その他[編集]

受賞
2008年 Harvard Lampoon
ウーマン・オブ・ザ・イヤー

記録[編集]

関連項目[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Paris Hilton Biodata”. Biography.com. 2012年8月10日閲覧。
  2. ^ Chart dated August 8 2006”. officialchartscompany.com (2006年8月8日). 2006年8月8日閲覧。
  3. ^ Clover Hope, "Furtado Earns Second No. 1 Of The Week", Billboard.com, June 29, 2006.
  4. ^ UTC (2006年6月26日). “Paris Hilton's "Stars Are Blind" Has Been Added to More Than 125 Pop Stations Nationwide”. TeenMusic.com. 2013年1月30日閲覧。
  5. ^ Paris Hilton's Music”. Parishiltonsite.net. 2012年9月5日閲覧。
  6. ^ “Paris Hilton earns up to $1 million per DJ set”. theguardian.com (theguardian). (2014年10月23日). https://www.theguardian.com/music/2014/oct/23/paris-hilton-earns-up-to-1m-single-dj-set 2014年10月23日閲覧。 
  7. ^ a b The Paris Hilton Rule: Famous For Being Famous”. Scoreboard Media Group. 2012年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  8. ^ Celebrities best selling fragrances in the perfume industry”. Kafkaequeblog.com. Kafkaequeblog (2015年10月2日). 2013年11月13日閲覧。
  9. ^ “SURPRISE? Paris Hilton Earns Over $10M A Year From 17 Different Product Lines”. Articles.businessinsider.com. オリジナル2012年10月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121020044952/http://articles.businessinsider.com/2011-06-01/entertainment/30076238_1_piers-morgan-paris-hilton-product-lines 2012年7月31日閲覧。 
  10. ^ “Paris Hilton on sex tape: 'I'll never be able to erase it'”. CNN. (2006年2月15日). オリジナル2012年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121009020555/http://articles.cnn.com/2011-05-31/entertainment/piers.morgan.paris.hilton_1_hotel-heiress-paris-hilton-rick-salomon/2?_s=PM%3ASHOWBIZ 2012年7月31日閲覧。 
  11. ^ “Paris Hilton, Forbes Top Celebrities”. Forbes.com. http://www.forbes.com/lists/2005/53/U3HH.html 2013年6月19日閲覧。 
  12. ^ Piazza, Jo (2006年11月7日). “A FIELD GUIDE TO THE HILTONS: Chronicling the history of the hideously hyped inn crowd”. NY Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/archives/nydn-features/field-guide-hiltons-chronicling-history-hideously-hyped-inn-crowd-article-1.583788?pgno=1 2013年11月13日閲覧。 
  13. ^ House of Hilton by Jerry Oppenheimer.
  14. ^ Ancestry of Paris Hilton”. 2014年9月13日閲覧。
  15. ^ Video of Hilton declaring her ethnicity”. Youtube (2007年6月29日). 2012年9月5日閲覧。
  16. ^ “Providence LAURENCE K. AVANZINO”. Providence Journal. (1997年2月20日). http://pqasb.pqarchiver.com/projo/access/31911812.html?dids=31911812:31911812&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Feb+20%2C+1997&author=&pub=The+Providence+Journal&desc=Providence+LAURENCE+K.+AVANZINO&pqatl=google 
  17. ^ “Narragansett ELIZABETH J. AVANZINO”. The Providence Journal. (1999年3月12日). http://pqasb.pqarchiver.com/projo/access/39692575.html?dids=39692575:39692575&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Mar+12%2C+1999&author=&pub=The+Providence+Journal&desc=Narragansett+ELIZABETH+J.+AVANZINO&pqatl=google 
  18. ^ “School yearbook pictures of celebrities”. The Daily Telegraph (London, UK). (2011年8月24日). http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/celebritynews/8720360/School-yearbook-pictures-of-celebrities.html 
  19. ^ Paris Hilton Biography”. Biography.com. A&E Television Network (2011年). 2011年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月2日閲覧。
  20. ^ “The Real News – Paris Hilton: I need a disguise”. Chicago Flame. (2003年12月7日). オリジナル2011年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110708143717/http://www.chicagoflame.com/2.9141/the-real-news-1.1299436 2011年4月2日閲覧。 
  21. ^ “Paris Hilton's teen lover threatens to expose their love letters”. Thiandian News. (2007年11月15日). http://www.thaindian.com/newsportal/entertainment/paris-hiltons-teen-lover-threatens-to-expose-their-love-letters_1005218.html 2011年4月2日閲覧。 
  22. ^ Paris Hilton was high-school hockey 'sensation'”. Wnd.com (2007年6月14日). 2012年5月24日閲覧。
  23. ^ Barry, Evonne (2006年12月30日). “A million reasons to be Paris”. The Daily Telegraph (Australia). オリジナル2007年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070305075822/http://www.news.com.au/story/0%2C23599%2C20990279-5007146%2C00.html 2007年2月1日閲覧。 
  24. ^ “Paris Hilton Biography”. Fox News. (2007年6月28日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,195187,00.html?sPage=fnc/entertainment/celebrity/hilton 2008年7月4日閲覧。 
  25. ^ a b c Porter, Charlie (2001年2月16日). “New York style: 'Is this article going to trash me?': Heiress, star of the social columns and now a top model.. Charlie Porter meets Paris Hilton”. The Guardian (London): p. Guardian Features, p. 8 
  26. ^ Sales, Nancy Jo (2012年3月21日). “Nancy Jo Sales on Paris and Nicky Hilton”. Vanity Fair. 2013年1月30日閲覧。
  27. ^ Paris Hilton - Fashion Model”. Fashionmodeldirectory.com. 2013年1月30日閲覧。
  28. ^ Old Vincent Gallo Short Film Featuring Paris Hilton”. Oh No They Didn't (2004年12月26日). 2013年6月16日閲覧。
  29. ^ Honey Bunny-Vincent Gallo (Music Video)”. Metacafe.com (2011年8月9日). 2013年6月16日閲覧。
  30. ^ Nine Lives (2002) Movie Review”. Beyondhollywood.com. 2012年4月29日閲覧。
  31. ^ Parvizi, Lauren (2010年4月30日). “Paris Hilton confirms she and ex Jason Shaw are 'very close'”. Blog.sfgate.com. http://blog.sfgate.com/dailydish/2010/04/30/paris-hilton-confirms-she-and-ex-jason-shaw-are-very-close 2013年1月30日閲覧。 
  32. ^ “'Simple Life' Establishes Hilton's Star”. People. http://www.people.com/people/article/0,26334,627219,00.html 2012年4月6日閲覧。 
  33. ^ Silverman, Stephen M. (2004年3月15日). “Hilton and Richie Expand Their Horizons – The Simple Life, Nicole Richie, Paris Hilton”. People. 2012年5月24日閲覧。
  34. ^ “Paris Hilton insists she's not stupid”. Now magazine. http://www.nowmagazine.co.uk/celebrity-news/people/299518/paris-hilton-insists-she-s-not-stupid/1 2012年5月18日閲覧。 [リンク切れ]
  35. ^ “Paris Hilton Plays My Favorite Scene: 'Who Was It? Ben Stiller or Matt Damon?'”. Movieline.com. http://movieline.com/2011/01/14/paris-hilton-plays-movielines-my-favorite-scene/ 2012年5月18日閲覧。 
  36. ^ “Paris Hilton and Nick Carter break up”. USAToday.com. (2004年7月26日). http://usatoday30.usatoday.com/life/people/2004-07-26-parisnick-breakup_x.htm 2013年1月30日閲覧。 
  37. ^ Paris Hilton creates jewelry line”. TODAY.com. 2014年9月13日閲覧。
  38. ^ “Paris Hilton Launches Her Own Jewelry Line”. People.com. http://www.people.com/people/article/0,,691014,00.html 2012年3月16日閲覧。 
  39. ^ “Paris Dreams of Simple Life in New Book”. People. http://www.people.com/people/article/0,,688906,00.htm 2012年3月16日閲覧。 
  40. ^ “Paris Dreams of Simple Life in New Book”. People. http://www.people.com/people/article/0,,688906,00.html 2012年4月6日閲覧。 
  41. ^ “Hardcover Nonfiction”. New York Times. (2004年9月26日). https://www.nytimes.com/2004/09/26/books/bestseller/0926besthardnonfiction.html 2012年4月6日閲覧。 
  42. ^ Goldsmith, Belinda (2009年9月11日). “Paris Hilton's wisdom immortalized in book of quotes”. Reuters. http://www.reuters.com/article/artsNews/idUSTRE58A13N20090911 2009年9月13日閲覧。 
  43. ^ Form 10-Q for Parlux Fragrances, Inc.”. 2014年9月13日閲覧。
  44. ^ Celebrity fragrance watch: Paris Hilton & Andy Roddick Archived October 26, 2006, at the Wayback Machine. Nowsmellthis.com
  45. ^ Your Heiress Diary: Confess It All to Me. ISBN 0743287142. 
  46. ^ Silverman, Stephen M. (2005年2月2日). “Paris Hilton Booked to Host SNL – Paris Hilton”. People. 2012年5月24日閲覧。
  47. ^ “Jen, Sarah and Paris to Hit Cineplex”. People. http://www.people.com/people/article/0,,627841,00.html 2012年4月8日閲覧。 
  48. ^ “Tribeca film fest lineup”. Daily News (New York). (2005年3月9日). http://articles.nydailynews.com/2005-03-09/entertainment/18296417_1_tribeca-film-festival-movies-star 2012年4月8日閲覧。 
  49. ^ Paris Hilton Turns Up The Heat On House Of Wax”. TeenHollywood.com (2005年4月6日). 2012年9月5日閲覧。
  50. ^ House of Wax reviews”. Metacritic.com. 2012年4月8日閲覧。
  51. ^ Turner, Matthew. “House of Wax Film Review”. ViewLondon. 2011年11月27日閲覧。
  52. ^ 'House Of Wax,' 'Kingdom Of Heaven': Scary Smart, By Kurt Loder”. MTV. 2012年3月16日閲覧。
  53. ^ House of Wax Review”. TV Guide. 2012年7月27日閲覧。
  54. ^ Teen Choice Awards 2005 nominees and winners[リンク切れ]. Fox.com
  55. ^ 2005 Golden Raspberry Award Nominees and Winners”. 2014年9月13日閲覧。
  56. ^ 'Simple Life' star Paris Hilton breaks off engagement to Paris Latsis”. Reality TV World. 2013年1月30日閲覧。
  57. ^ Paris Speaks Out About Split With Nicole”. People (2005年4月21日). 2008年8月3日閲覧。
  58. ^ 'Simple Life' star Paris Hilton confirms that "Nicole and I are no longer friends"”. Reality TV World (2005年4月21日). 2012年9月5日閲覧。
  59. ^ Alexander, Bryan. “Paris Hilton and Nicole Richie: Friends Again? – Nicole Richie, Paris Hilton”. People. 2012年9月5日閲覧。
  60. ^ Fox drops 'The Simple Life 4,' NBC and The WB reportedly interested”. Realitytvworld.com (2005年10月13日). 2013年9月13日閲覧。
  61. ^ Fox's canceled 'The Simple Life 4' reality show lands at E! Network”. Realitytvworld.com (2005年11月28日). 2013年9月13日閲覧。
  62. ^ Simple Life 4 debut quadruples E!'s average ratings + reality blurred”. Realityblurred.com (2006年6月7日). 2013年1月30日閲覧。
  63. ^ Paris Hilton's Music”. Parishiltonsite.net. 2012年9月5日閲覧。
  64. ^ UTC (2006年6月26日). “Paris Hilton's "Stars Are Blind" Has Been Added to More Than 125 Pop Stations Nationwide”. TeenMusic.com. 2013年1月30日閲覧。
  65. ^ Paris Hilton's Debut Single is a Hit”. TeenMusic.com (2006年6月12日). 2012年9月5日閲覧。
  66. ^ Fearne And”. 2009年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  67. ^ Petridis, Alexis (2006年8月10日). “CD: Paris Hilton, Paris Hilton”. The Guardian (London, UK). https://www.theguardian.com/music/2006/aug/11/popandrock.shopping8 
  68. ^ Discography – Paris Hilton – Paris CD/DVD”. 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  69. ^ Reviews for Paris”. Metacritic.com. 2012年3月16日閲覧。
  70. ^ “Paris Hilton's Misdemeanor DUI Charges”. FindLaw. (2006年9月21日). http://news.findlaw.com/cnn/docs/ent/cahilton92606cmp.html 2007年5月4日閲覧。 
  71. ^ Paris Hilton pleads no contest to DUI charge”. MSNBC. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  72. ^ DreamCatchers by Paris Hilton”. Web.archive.org (2007年4月10日). 2007年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月3日閲覧。
  73. ^ Smith, Emily (2007年5月10日). “Paris Hiltons new sex tape”. The Sun (London, UK). http://www.thesun.co.uk/article/0,,4-2007040270,00.html 
  74. ^ Thomas, Karen. (January 30, 2007) Paris Hilton website exposed. Usatoday.com; retrieved December 27, 2010.
  75. ^ Paris Hilton videos exposed online Archived September 30, 2008, at the Wayback Machine., Vnunet.com; retrieved December 27, 2010.
  76. ^ “Site barred from releasing Hilton data”. USA Today. Associated Press. (2007年2月3日). http://www.usatoday.com/tech/news/2007-02-05-paris-website_x.htm 2007年2月9日閲覧。 
  77. ^ “Paris Hilton checks into Los Angeles County jail”. Associated Press. (2007年6月4日). オリジナル2007年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070606085112/http://www.cnn.com/2007/SHOWBIZ/TV/06/04/paris.hilton.ap/index.html 
  78. ^ “Prosecutors' Motion To Revoke Paris Hilton's Probation”. FindLaw. (2007年4月30日). http://news.findlaw.com/hdocs/docs/ent/cahilton43007mot.html 2007年5月4日閲覧。 
  79. ^ “Hilton backs online pardon appeal”. BBC News. (2007年5月9日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/6637855.stm 2010年1月3日閲覧。 
  80. ^ Paris Hilton Asks For Schwarzenegger Pardon”. People Magazine (2007年5月8日). 2007年5月20日閲覧。
  81. ^ Jeremiah Marquez (2007年5月17日). “Hilton Drops Probation-Violation Appeal”. USA Today. Associated Press. http://www.usatoday.com/life/television/2007-05-16-2294854685_x.htm 
  82. ^ Associated Press. Paris Hilton sentenced to 45 days in jail Archived May 9, 2007, at the Wayback Machine.. CNN. May 5, 2007.
  83. ^ “Los Angeles County Sheriff's Department Press Conference”. Fox News. (2007年6月7日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,278885,00.html 2014年9月13日閲覧。 
  84. ^ Paris Hilton going back to jail”. 2007年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  85. ^ Hilton Starts, Ends Week Behind Bars”. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  86. ^ News Hamster Archived January 10, 2009, at the Wayback Machine.. News.hamsterpower.org (June 9, 2007). Retrieved on December 27, 2010.
  87. ^ “Interview With Paris Hilton”. CNN. (2007年6月28日). http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0706/27/lkl.01.html 
  88. ^ J. Douglas Bremner (February 28, 2008). Before You Take That Pill: Why the Drug Industry May Be Bad for Your Health. Penguin. pp. 383–. ISBN 978-1-58333-295-5. https://books.google.com/books?id=XSCqADQL8wEC&pg=PA383 2011年12月18日閲覧。. 
  89. ^ Gould, Mignon A. Paris Talks Togs — People's and Pet's Archived March 26, 2009, at the Wayback Machine.. 'Yes Magazine/The Arizona Republic'. February 8, 2008.
  90. ^ Surette, Tim (2008年4月3日). “Cast updates: Her Name is Paris”. TV.com. オリジナル2008年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080306070811/http://www.tv.com/story/10960.html 
  91. ^ “Paris Hilton Responds to McCain Celeb Commercial”. ABC News. http://abcnews.go.com/blogs/politics/2008/08/paris-hilton-re/ 2012年7月27日閲覧。 
  92. ^ a b “Paris Hilton Responds To John McCain Ad With Her Own Campaign Video”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1592229/paris-hilton-responds-mccain-ad-with-her-own-clip.jhtml 2012年7月17日閲覧。 
  93. ^ “VIDEO: Paris Hilton Responds to McCain Ad”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20217116,00.html 2012年7月27日閲覧。 
  94. ^ “Paris Hilton's Cold Reaction to John McCain Commercial”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20216117,00.html 2012年7月27日閲覧。 
  95. ^ “McCain ad compares Obama to Britney Spears, Paris Hilton”. CNN. (2008年7月25日). オリジナル2012年1月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120129084802/http://articles.cnn.com/2008-07-30/politics/mccain.ad_1_new-campaign-ad-barack-obama-mccain-campaign?_s=PM%3APOLITICS 2012年7月17日閲覧。 
  96. ^ Fitzgerald, Jay (2008年8月7日). “Paris Hilton electrifies campaign”. Boston Herald. http://www.bostonherald.com/news/national/politics/2008/view.bg?articleid=1111580&srvc=rss 2008年8月20日閲覧。 
  97. ^ Cornwell, Rupert (2008年8月7日). “Paris for President – and she's gunning for McCain”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/news/world/americas/paris-for-president-ndash-and-shes-gunning-for-mccain-887111.html 2012年7月27日閲覧。 
  98. ^ “VIDEO: Paris Hilton Gets (Fake) Presidential Advice – From Martin Sheen”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20231900,00.html 2012年7月27日閲覧。 
  99. ^ Tedmanson, Sophie (2008年10月9日). “Paris Hilton is joined by Martin Sheen for her fake US presidential campaign”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/us_and_americas/article4910791.ece 
  100. ^ “Paris Hilton lights up Toronto film festival”. Reuters. (2008年9月10日). http://in.reuters.com/article/2008/09/10/us-toronto-hilton-idINN1040315820080910 2012年5月19日閲覧。 
  101. ^ Paris, Not France”. Perez Hilton. 2012年5月19日閲覧。
  102. ^ “Paris Hilton, MTV offer a look at her life in 'Paris, Not France'”. Orlandosentinel.com. オリジナル2012年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121123153054/http://blogs.orlandosentinel.com/entertainment_tv_tvblog/2009/07/paris-hilton-mtv-offer-a-look-at-her-life-in-paris-not-france.html 2012年5月19日閲覧。 
  103. ^ Miller, Korin (2008年9月30日). “Check out Paris Hilton's new single, 'My BFF'”. Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/gossip/2008/09/30/2008-09-30_check_out_paris_hiltons_new_single_my_bf.html 
  104. ^ Hilton, Paris (September 30, 2008). Radio interviewMP3 (15.5 MB) on KIIS-FM by host Ryan Seacrest. Retrieved October 3, 2008.
  105. ^ Fitzgerald, Toni (2008年10月22日). “So-hot Paris, and hot all over again”. Media Life Magazine. 2008年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月24日閲覧。
  106. ^ Nudd, Tim (2007年7月30日). “Paris Hilton Singing a New Tune: Opera”. People. 2012年9月5日閲覧。
  107. ^ Repo! The Genetic Opera”. Horror.com. 2012年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月10日閲覧。
  108. ^ [1]
  109. ^ 2009 Razzi Award Nominees”. voices.yahoo.com (2009年2月20日). 2014年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  110. ^ Repo! The Genetic Opera Trailer, News, Videos, and Reviews”. ComingSoon.net. 2014年4月3日閲覧。
  111. ^ 'Repo! The Genetic Opera' Brings In Good Box Office For Debut Weekend”. Movies.broadwayworld.com (2008年11月10日). 2013年6月19日閲覧。
  112. ^ Repo Actually Does Well!”. PerezHilton.com (2008年11月10日). 2013年6月19日閲覧。
  113. ^ Fairy Dust by Paris Hilton Fragrance”. Clevelandleader.com. 2012年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月19日閲覧。
  114. ^ Lansing, Kimberly. (November 19, 2008) Paris Hilton and Benji Madden Split Up – Breakups, Benji Madden, Paris Hilton. People.com. Retrieved on December 27, 2010.
  115. ^ Paris Hilton and Benji Madden split”. ninemsn (2008年11月20日). 2009年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月20日閲覧。
  116. ^ Paris Hilton to wed Benji Madden Archived May 13, 2008, at the Wayback Machine., news.com.au; retrieved May 12, 2008.
  117. ^ “Hilton feels 'secure' with Madden”. upi.com. (2008年3月15日). http://www.upi.com/Entertainment_News/2008/03/15/Hilton_feels_secure_with_Madden/UPI-28821205594293/ 2008年3月23日閲覧。 
  118. ^ Leigh Holmwood (2008年8月20日). “Paris Hilton's first UK show leads ITV2 autumn lineup”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2008/aug/20/itv.television 2012年9月5日閲覧。 
  119. ^ “Paris 'finds the paps scary'”. BBC News. (2008年10月21日). http://news.bbc.co.uk/newsbeat/hi/entertainment/newsid_7681000/7681560.stm 2012年9月5日閲覧。 
  120. ^ “Paris wants a new best friend”. London: The Sun. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/tv/article1584040.ece 2012年3月24日閲覧。 
  121. ^ Paris Hilton's British Best Friend improves its ratings”. Parishiltonsite.net. 2012年5月24日閲覧。
  122. ^ Finale of Paris Hilton's British Best Friend beats all previous ratings”. Parishiltonsite.net. 2012年5月24日閲覧。
  123. ^ “Paris TV pal dies aged 25”. The Sun (London). (2009年7月6日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/tv/2518348/Paris-TV-pal-dies-aged-25.html 
  124. ^ Schneider, Michael (2009年6月1日). “Paris Hilton pursues Mideast 'BFF'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118004397.html?categoryid=19&cs=1 
  125. ^ Paris Hilton To Guest Star On Cws Supernatural”. E! Online (2009年8月5日). 2012年12月1日閲覧。
  126. ^ Joyce Eng (2009年8月7日). “Paris Hilton to Haunt Supernatural”. TVGuide.com. http://www.tvguide.com/News/Paris-Hilton-Guest-1008773.aspx 2009年8月7日閲覧。 
  127. ^ Paris Hilton To Launch "Siren" Scent”. The Insider. 2009年8月25日閲覧。[リンク切れ]
  128. ^ The 2009 FiFi Awards Winners Announced”. WWD.com (2009年5月27日). 2013年1月30日閲覧。
  129. ^ Paris Hilton Has Won The Best Celebrity Fragrance At The Fragrance Foundation FIFI Awards”. Metrolyrics.com. 2013年1月30日閲覧。
  130. ^ Paris Hilton promos sunglasses line in Las Vegas”. Lasvegassun.com. 2013年1月30日閲覧。
  131. ^ Paris Hilton Talks Her New Beauty and Hair Line”. Crushable (2009年11月19日). 2013年1月30日閲覧。
  132. ^ Paris Calls Doug Reinhardt 'My Sexy Boy'”. PEOPLE.com. 2014年9月13日閲覧。
  133. ^ Paris Hilton and Doug Reinhardt split”. Metro. 2014年9月13日閲覧。
  134. ^ Schincariol anuncia Paris Hilton como garota propaganda da nova cerveja Devassa”. O Globo (2010年2月10日). 2014年9月13日閲覧。
  135. ^ Pela primeira vez no carnaval do Rio, Paris Hilton deve comemorar o aniversário na cidade”. Carnaval. 2014年9月13日閲覧。
  136. ^ “Paris Hilton marijuana charges dropped in South Africa”. USA Today. (2010年7月2日). http://www.usatoday.com/life/people/2010-07-02-paris-hilton-south-africa-marijuana_N.htm 2014年9月13日閲覧。 
  137. ^ report Paris Hilton arrested at World Cup stadium: report, timeslive.co.za, July 2, 2010.
  138. ^ Hilton held for carrying cannabis”. RFI. 2014年9月13日閲覧。
  139. ^ Paris Hilton 'Tease' Perfume Launch an Ode to Marilyn Monroe – StyleList”. Stylelist. 2014年9月13日閲覧。
  140. ^ Paris Hilton Arrested On Cocaine Charge”. Sky News. 2010年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  141. ^ ABC News. “'Vapor Trail' Leads to Paris Hilton's Vegas Arrest – ABC News”. ABC News. 2014年9月13日閲覧。
  142. ^ Samson, Pete (2010年8月30日). “Paris: Drug handbag is far too cheap for me”. London: The Sun. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/3116219/Paris-Hilton-charged-with-possessing-cocaine-in-Las-Vegas.html 2010年9月18日閲覧。 
  143. ^ “DA: Paris Hilton to avoid felony in Vegas arrest”. Associated Press. (2010年9月17日). https://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5h_ZLksW1mXYYlB0JXdgD3Px_H3fAD9IA37GG0 2010年9月18日閲覧。 
  144. ^ Updated, Last (2010年9月18日). “No jail time for Paris Hilton”. London: The Sun. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/3143574/No-jail-time-for-Paris-Hilton.html 2010年9月18日閲覧。 
  145. ^ a b “Paris Hilton Detained at Airport in Japan”. Fox News. (2010年9月21日). http://www.foxnews.com/entertainment/2010/09/21/paris-hilton-stopped-immigration-japan-airport-report-says/?test=latestnews 
  146. ^ a b Paris Hilton Stopped From Entering Japan By Immigration Officials After Drug Conviction In US - Showbiz News-Sky News”. Sky News. 2010年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。
  147. ^ Teenage Paparazzo”. Rotten Tomatoes. 2013年1月30日閲覧。
  148. ^ Mario Lopez Shares 5 Reasons to Watch The Dog Who Saved Christmas Vacation – Today's News: Our Take”. TVGuide.com (2010年11月27日). 2012年9月5日閲覧。
  149. ^ “Paris Hilton Going to the Dogs This Christmas”. E! Online. http://www.eonline.com/news/paris_hilton_going_dogs_this_christmas/210788?utm_source=eonline&utm_medium=rssfeeds&utm_campaign=imdb_topstories 2011年11月27日閲覧。 
  150. ^ Sunday Cable Ratings: Boardwalk Empire Dips; Soul Train Awards, Real Housewives, Dexter, Top Gear & More”. By the numbers. 2012年4月26日閲覧。
  151. ^ “Paris Hilton Launches Own Motorcycle Racing Team”. Cbsnews.com. (2010年12月20日). オリジナル2012年4月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120410145937/http://www.cbsnews.com/8301-31749_162-20026222-10391698.html 2012年4月26日閲覧。 
  152. ^ AOL. “Paris Hilton Launches Motorcycle Racing Team”. PopEater. 2014年9月13日閲覧。
  153. ^ Paris Hilton expands her empire with her own winning MotoGP racing team”. Hello! (2011年11月7日). 2012年8月10日閲覧。
  154. ^ Bull, Sarah (2010年6月11日). “Sao Paulo Fashion Week: Paris Hilton flirts her way down the catwalk as she closes the show - Mail Online”. Mail Online (London). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1285826/Sao-Paulo-Fashion-Week-Paris-Hilton-flirts-way-catwalk-closes-show.html 2014年9月13日閲覧。 
  155. ^ Robin. “Paris Hilton Passport Tokyo, Paris and South Beach ~ new fragrances :: Now Smell This”. 2014年9月13日閲覧。
  156. ^ “Paris Hilton talks shoes, career: 'There is nothing else to do'”. Usatoday30.usatoday.com. (2011年3月30日). http://usatoday30.usatoday.com/money/media/2011-03-30-paris-hilton-shoes-career.htm 2013年1月30日閲覧。 
  157. ^ Paris Hilton at the launch of her new line of shoes 'Paris Hilton The Shoe Collection' in Mexico City”. Mtv.com. 2013年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月30日閲覧。
  158. ^ Paris Hilton Pimps New Shoe Line...and Takes Potshots at Kim Kardashian!”. E! Online (2011年3月30日). 2013年1月30日閲覧。
  159. ^ Get the New Paris Hilton App!”. ExtraTV.com (2011年2月21日). 2013年1月30日閲覧。
  160. ^ Paris Hilton shop opens in Davao”. ABS-CBN News. 2013年6月16日閲覧。
  161. ^ “Paris Hilton's TV comeback unplugged after disastrous appearance on "The View"”. NYPOST.com. (2011年6月4日). http://www.nypost.com/p/pagesix/walters_grilling_burns_paris_SQ3XjJMLlpNyfW9kGWELYO 2013年1月30日閲覧。 
  162. ^ Serjeant, Jill (2010年10月1日). “Paris Hilton to show her real life in new TV show”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSTRE6905L920101001 
  163. ^ Canada (2011年6月8日). “Video: Paris Hilton defends reality show bomb”. Globe and Mail (Toronto). http://www.theglobeandmail.com/news/arts/video/video-paris-hilton-defends-reality-show-bomb/article2051615/ 2012年5月24日閲覧。 
  164. ^ Raymond, Kitty. “Paris Hilton's star appears to be fading | Kitty Raymond | Scoop! | San Francisco Examiner”. Sfexaminer.com. 2012年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月1日閲覧。
  165. ^ Stanley, Alessandra (2011年5月31日). “In a Bentley, Trying to Catch the Spotlight Again”. The New York Times. http://tv.nytimes.com/2011/06/01/arts/television/paris-hilton-in-the-world-according-to-paris.html 2012年5月10日閲覧。 
  166. ^ Paris Hilton: Cy Waits 'inspires me to be the best I can be'”. 2014年9月13日閲覧。
  167. ^ Paris Hilton Confirms Cy Waits Split”. The Hollywood Gossip. 2014年9月13日閲覧。
  168. ^ Variety: Paris Hilton – Billion Dollar Entrepreneur Archived August 2, 2011, at the Wayback Machine., ParisHilton.com, June 28, 2011; retrieved October 28, 2011.
  169. ^ Paris Hilton: From Celebutante to Billion Dollar Mogul”. ABC News (2011年7月20日). 2012年9月5日閲覧。
  170. ^ Opening 3rd Store In The Philippines Archived September 3, 2011, at the Wayback Machine.. Paris Hilton (May 9, 2011). Retrieved on October 28, 2011.
  171. ^ a b “Paris Hilton opens new handbag store in Manila”. Yahoo! News Philippines. Associated Press. (2011年8月18日). http://ph.news.yahoo.com/paris-hilton-opens-handbag-store-manila-131113639.html 2013年6月16日閲覧。 
  172. ^ Paris Hilton to open 4th boutique in the Philippines”. ABS-CBN News. 2013年9月2日閲覧。
  173. ^ JustLuxe (2011年9月27日). “Paris Hilton Launches Her Shoe Line in Istanbul”. Shine.yahoo.com. 2013年6月16日閲覧。
  174. ^ Paris Hilton Gives Press Conference In Istanbul - Explains That Business 'Runs In My Blood'”. Celeb Dirty Laundry (2011年9月23日). 2013年6月16日閲覧。
  175. ^ Paris Hilton Opens Luxury Store In India” (2011年9月26日). 2014年9月13日閲覧。
  176. ^ Paris Hilton Launches Stylish Sunglass Line in...”. Celebs.gather.com. 2012年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月24日閲覧。
  177. ^ “Paris Hilton + Kathy Hilton Chat With Us About Clothes and Going to Taco Bell”. Papermag.com. http://www.papermag.com/2012/03/kathy_and_paris_hilton_chat_wi.php 2012年3月19日閲覧。 
  178. ^ “Paris Hilton to Make DJ Debut at Pop Music Festival”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/news/488506/paris-hilton-to-make-dj-debut-at-pop-music-festival 2012年5月19日閲覧。 
  179. ^ “Paris Hilton pulls out all the stops for New Year's Eve DJ set in plunging figure-hugging dress”. London: Dailymail.co.uk. (2014年1月1日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2532112/Paris-Hilton-pulls-stops-New-Years-Eve-DJ-set-plunging-figure-hugging-dress.html 2014年4月3日閲覧。 
  180. ^ Deadmau5 Calls Paris Hilton's DJing Apocalyptic!”. PerezHilton.com (2012年6月28日). 2012年8月10日閲覧。
  181. ^ Johnson, Zach (2012年7月10日). “Samantha Ronson Slams Paris Hilton's New DJ Career”. UsMagazine.com. 2012年8月10日閲覧。
  182. ^ Oh No They Didn't! – Afrojack Comments on BPM about Paris Hilton's DJ Skills..NOT GOOD”. Ohnotheydidnt.livejournal.com (2012年6月29日). 2012年8月10日閲覧。
  183. ^ DJ Poet Predicts Katy Perry & Fergie Will Ditch Mic For Turntable – Katy Perry”. Hollyscoop.com (2012年7月23日). 2012年8月10日閲覧。
  184. ^ Paris Hilton Makes DJ Debut in Brazil”. Splashnewsonline.com (2012年6月26日). 2012年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  185. ^ Paris Hilton makes DJ debut in Brazil”. Digital Spy (2012年6月25日). 2013年6月16日閲覧。
  186. ^ Paris Hilton Shoe Line Up For Fashion Award”. Contactmusic. 2012年8月10日閲覧。
  187. ^ “Paris Hilton has sold $1.5 billion worth of perfume; 'Dazzle' will be her fifteenth fragrance”. New York: Articles.nydailynews.com. http://articles.nydailynews.com/2012-05-25/news/31854158_1_perfume-hot-ticket-boutiques 2013年6月16日閲覧。 
  188. ^ Paris Hilton to launch 15th fragrance Dazzle this summer”. Digital Spy (2012年5月25日). 2013年6月16日閲覧。
  189. ^ Krupnick, Ellie (2012年5月25日). “Paris Hilton Perfume Empire Gets New Fragrance, 'Dazzle'”. Huffingtonpost.com. http://www.huffingtonpost.com/2012/05/25/paris-hilton-perfume-dazzle-fragrance_n_1545083.html 2013年6月16日閲覧。 
  190. ^ Dazzle Perfume”. Celeb Dirty Laundry (2012年5月27日). 2013年6月16日閲覧。
  191. ^ Paris Hilton Is Going K-Pop!”. PerezHilton.com (2012年8月23日). 2012年9月8日閲覧。
  192. ^ Paris coins it in Korea”. Independent Online (2012年8月31日). 2012年9月8日閲覧。
  193. ^ Paris Hilton – Paris Hilton Paid 1M For Korean Pop Video”. contactmusic.com (2012年8月31日). 2012年9月8日閲覧。
  194. ^ Paris Hilton paid $1 million for Korean pop video appearance”. Digital Spy (2012年8月31日). 2013年6月16日閲覧。
  195. ^ Smart, Gordon (2012年8月31日). “Paris Hilton's appeal still burns strong – in Korea”. Showbiz (London). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/4513738/Paris-Hilton-earns-1million-for-two-day-job-wearing-swimsuit-in-Korean-music-video.html 2012年9月8日閲覧。 
  196. ^ Paris Hilton: Gays 'Disgusting', Most 'Probably Have AIDS'”. Abcnews.go.com (2012年9月20日). 2012年12月1日閲覧。
  197. ^ Jade Watkins (2012年9月21日). “Paris Hilton's 'homophobic rant': 'Most gay men probably have AIDS'”. London, UK: Dailymail.co.uk. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2206101/Paris-Hiltons-homophobic-rant-Most-gay-men-probably-AIDS.html 2013年6月16日閲覧。 
  198. ^ “Paris Hilton apologizes for calling gay men 'disgusting'”. Edition.cnn.com. (2012年9月21日). http://edition.cnn.com/2012/09/21/showbiz/paris-hilton-gays/index.html 2013年6月16日閲覧。 
  199. ^ Abbey, Jennifer (2012年9月21日). “Paris Hilton Apologizes: 'Gay People Are the Strongest'”. Abcnews.go.com. 2013年6月16日閲覧。
  200. ^ D'Zurilla, Christie (2012年9月21日). “Paris Hilton apologizes for anti-gay sex and AIDS comments”. Articles.latimes.com. http://articles.latimes.com/2012/sep/21/entertainment/la-et-mg-paris-hilton-apologizes-gay-comments-20120921 2013年6月16日閲覧。 
  201. ^ Paris Hilton Documentary Shelved By Gay Channel Following Celebutantes Homophobic Tirade”. E! Online (2012年9月25日). 2012年12月1日閲覧。
  202. ^ Dish, Daily (2012年9月26日). “Logo axes Paris Hilton show after AIDS comments backlash”. Blog.sfgate.com. http://blog.sfgate.com/dailydish/2012/09/26/logo-axes-paris-hilton-show-after-aids-comments-backlash 2013年6月16日閲覧。 
  203. ^ Abramovitch, Seth (2012年9月25日). “Logo Drops Paris Hilton From Schedule in Wake of Offensive Comments”. Hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/logo-drops-paris-hilton-schedule-373980 2013年6月16日閲覧。 
  204. ^ Garland, Ian (2012年10月11日). “Paris Hilton cuddles up to new boyfriend River Viiperi in intimate photos”. London, UK: The Sun. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/4584010/paris-hilton-bikini-holiday-pictures-river-viiperi.html 2013年6月19日閲覧。 
  205. ^ “Paris Hilton whips up a storm in holy Mecca”. Edition.cnn.com. (2012年11月22日). http://edition.cnn.com/2012/11/20/world/meast/paris-hilton-store-mecca 2012年12月1日閲覧。 
  206. ^ “Paris Hilton upsets Islamic community by opening handbag shop in Mecca”. Independent.ie. (2012年12月3日). http://www.independent.ie/lifestyle/independent-woman/fashion/paris-hilton-upsets-islamic-community-by-opening-handbag-shop-in-mecca-3300906.html 2012年12月1日閲覧。 
  207. ^ Paris Hilton in Mecca but not for a holy pilgrimage”. Sfexaminer.com. 2012年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月1日閲覧。
  208. ^ ApunKaChoice (2012年12月3日). “Pics: Paris Hilton walks the ramp at India Resort Fashion Week”. ApunKaChoice.com. 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月19日閲覧。
  209. ^ Indian fashion is stylish and elegant: Paris Hilton”. Indian Express (2012年12月1日). 2013年6月19日閲覧。
  210. ^ “Paris Hilton, Bollywood celebs at fashion week in Goa - Times Of India”. Articles.timesofindia.indiatimes.com. (2012年11月29日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-12-05/bollywood/35595366_1_paris-hilton-bollywood-celebs-riddhi-siddhi 2013年6月19日閲覧。 
  211. ^ Paris Hilton to DJ in Goa for India Resort Fashion Week on Saturday”. English.samaylive.com (2012年12月1日). 2013年6月19日閲覧。
  212. ^ Paris Hilton rocks India Resort Fashion Week Gangnam Style”. Hindustan Times (2012年12月3日). 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月19日閲覧。
  213. ^ Leading News Resource of Pakistan”. Daily Times (2012年12月3日). 2013年6月19日閲覧。[リンク切れ]
  214. ^ “Paris Hilton earns £190k to appear on X-rated Danish TV show”. The Sun. (2013年1月17日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/4749629/Paris-Hilton-earns-190k-for-appearance-on-X-rated-Danish-TV-show.html 2013年6月19日閲覧。 
  215. ^ McEwen, Lauren (2013年1月22日). “'Real Housewives of Beverly Hills' recap, Paris Hilton and other ghosts”. The Baltimore Sun. オリジナル2016年1月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160120135058/http://articles.baltimoresun.com/2013-01-22/entertainment/bal-real-housewives-of-beverly-hills-recap-paris-hilton-and-other-ghosts-20130122_1_brandi-yolanda-kyle-and-mauricio 2016年1月14日閲覧。 
  216. ^ “Paris Hilton, And Her Handbags, Adored In Colombia”. Fox News Latino. (2013年4月30日). http://latino.foxnews.com/latino/entertainment/2013/04/30/paris-hilton-and-her-handbags-adored-in-colombia 2013年6月19日閲覧。 
  217. ^ Capo (2013年4月25日). “Paris Hilton Opens New Store In Colombia, Assures She Is Not A Spoiled Brat”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2013/04/25/paris-hilton-colombia-spoiled_n_3156670.html 2013年6月19日閲覧。 
  218. ^ Paris Hilton shoots music video with Nicki Minaj, Lil Wayne”. Digital Spy (2013年3月15日). 2013年6月19日閲覧。
  219. ^ Paris Hilton to Release Second Album on Cash Money, Feature Lil Wayne”. Billboard (2013年5月22日). 2013年5月23日閲覧。
  220. ^ Vena, Jocelyn (2013年5月22日). “Paris Hilton Joins Lil Wayne's Cash Money Family?”. MTV. 2013年5月23日閲覧。
  221. ^ a b Hyman, Dan. “Paris Hilton Parties With Lil Wayne in 'Good Time'”. Rolling Stone. 2014年4月23日閲覧。
  222. ^ Paris Hilton 'to cameo as herself in Emma Watson's The Bling Ring'”. Digital Spy (2012年3月29日). 2012年9月5日閲覧。
  223. ^ “Coppola: Filming in Paris Hilton's house was 'wild'”. Usatoday.com. (2013年6月14日). http://www.usatoday.com/story/life/people/2013/06/14/paris-hilton-bling-ring/2415747 2013年9月2日閲覧。 
  224. ^ Schillaci, Sophie (2013年6月14日). “'Bling Ring': Paris Hilton Tells Cast, 'Don't Burn My House Down'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/bling-ring-paris-hilton-tells-569203 2013年9月2日閲覧。 
  225. ^ Ginsberg, Merle; Baum, Gary (2013年5月16日). “Why 'Bling Ring' Victim Paris Hilton Let Sofia Coppola Film in Her House”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/why-bling-ring-victim-paris-522380 2013年9月2日閲覧。 
  226. ^ Buchanan, Kyle (2013年5月17日). “Cannes: Paris Hilton Cried While Watching The Bling Ring”. Vulture.com. 2013年6月8日閲覧。
  227. ^ Amnesia Ibiza: the best global club of Ibiza”. Amnesia.es (2013年8月29日). 2013年9月13日閲覧。
  228. ^ Paris Hilton To Perform As Resident DJ At Amnesia Ibiza's Foam Party”. Billboard. 2013年9月13日閲覧。
  229. ^ Paris Hilton DJs in Ibiza at Amnesia - Johnny Lee - 3am & Mirror Online”. Mirror.co.uk (2013年8月3日). 2013年9月13日閲覧。
  230. ^ Paris Hilton Inks Major DJ Contract”. Vibe (2013年8月29日). 2013年9月13日閲覧。
  231. ^ Paris Hilton shoots new music video: 'It's amazing' - Music News”. Digital Spy (2013年7月26日). 2013年9月13日閲覧。
  232. ^ Diplo, Paris Hilton, Lady Gaga Debut On Dance Charts”. Billboard. 2014年4月3日閲覧。
  233. ^ Goodman, Jessica (2014年7月15日). “Paris Hilton's 'Come Alive' Music Video Is An Absurd Fairytale Rave”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2014/07/15/paris-hilton-come-alive-music-video_n_5589255.html 2014年8月2日閲覧。 
  234. ^ Good, Dan (2015年4月22日). “Rest in Peace Tinkerbell, Paris Hilton's Starlet Dog”. ABC News (ABC). http://abcnews.go.com/Entertainment/rest-peace-tinkerbell-paris-hiltons-starlet-dog/story?id=30491650 2015年4月22日閲覧。 
  235. ^ Daw, Robbie (2016年1月13日). “Paris Hilton’s "Crazy": Listen To The Housey Collaboration With DJ Poet”. SpinMedia. 2016年1月14日閲覧。
  236. ^ “The man who 'made' Paris Hilton - CNN.com”. Edition.cnn.com. (2011年11月2日). http://edition.cnn.com/2011/11/02/showbiz/celebrity-news-gossip/jason-moore-on-paris-hilton/index.html 2013年9月2日閲覧。 
  237. ^ FOX's 'The Simple Life' premiere draws 13 million viewers and the night's highest Adults 18-49 rating”. Reality TV World. 2013年9月2日閲覧。
  238. ^ Why is Paris Hilton Famous? The Secret to Success as a Celebrity Heiress - Yahoo! Voices”. voices.yahoo.com (2009年1月1日). 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月2日閲覧。
  239. ^ “The Simple Life Review”. Entertainment Weekly. (2003年12月4日). http://www.ew.com/ew/article/0,,535692,00.html 2012年5月18日閲覧。 
  240. ^ Paris Hilton | Heir We Go | Girls We Love”. FHM.com. 2014年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月3日閲覧。
  241. ^ FHM Sexiest Women In The World 2012 — See Who Tops The List”. Hollywood Life (2012年5月2日). 2013年9月2日閲覧。
  242. ^ FHM's 100 Sexiest Women In The World 2012: The full list! | Girls”. FHM.com. 2012年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月2日閲覧。
  243. ^ 2005 Hot 100”. Maxim (2005年5月1日). 2013年9月2日閲覧。
  244. ^ The 2006 Hot 100 List”. Maxim. 2013年9月2日閲覧。
  245. ^ “Spears and Hilton Named Worst Role Models”. The Daily Dish. (2006年12月29日). http://www.sfgate.com/cgi-bin/blogs/sfgate/detail?blogid=7&entry_id=12182 2007年6月10日閲覧。 
  246. ^ Jocelyn Noveck (2007年3月1日). “Even ignoring Paris Hilton makes news”. USA Today. Associated Press. http://www.usatoday.com/life/television/2007-03-01-919715477_x.htm 2007年5月5日閲覧。 
  247. ^ “We'll Always Have Paris”. The Times (London). http://women.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/women/celebrity/article684740.ece 2014年4月3日閲覧。  (要購読契約)
  248. ^ Maher, Kevin. "The Paris-bashing should stop here." The Times (London). March 20, 2008, p. 16. Retrieved May 13, 2008. "Guinness World Records has her as the World's Most Overrated Celebrity."
  249. ^ Gumbel, Andrew. "Paris Hilton is granted a shorter sentence — if she behaves herself." The Independent (London, UK). May 18, 2007, p. 1; retrieved May 13, 2008. "She is set to appear in this year's Guinness World Records as the world's 'most overrated celebrity'."
  250. ^ a b “Why has Paris Hilton disappeared? – CNN”. CNN. (2009年12月5日). オリジナル2012年1月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120122221126/http://articles.cnn.com/2009-12-05/entertainment/paris.hilton.celeb_1_paris-hilton-simple-life-partying?_s=PM%3ASHOWBIZ 2012年8月10日閲覧。 
  251. ^ “Paris Hilton Storms Out of 'Good Morning America' Interview Over Questions About Her Fame”. Fox News. (2011年7月20日). http://www.foxnews.com/entertainment/2011/07/20/paris-hilton-storms-out-good-morning-america-interview-over-questions-about-her/ 2012年8月10日閲覧。 
  252. ^ Schwartz, Alison (2011年7月20日). “Paris Hilton Walks Out of Interview with ABC News – Scandals & Feuds, Good Morning America, Paris Hilton”. People. 2012年8月10日閲覧。
  253. ^ The 100 Hottest Women of All-Time”. Men's Health (2011年). 2012年1月3日閲覧。
  254. ^ Betty White Is America's Favorite and Most Trusted Personality, and the Most Prone to Driving Brand Purchase”. ipsos.com (2011年8月18日). 2011年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月21日閲覧。
  255. ^ “America, say hello to your overexposed celebs”. CNN. (2012年3月29日). http://marquee.blogs.cnn.com/2012/03/29/america-say-hello-to-your-overexposed-celebs/ 2012年5月19日閲覧。 
  256. ^ Pomerantz, Dorothy. “Paris Hilton - In Photos: The Most Overexposed Celebrities”. Forbes. http://www.forbes.com/pictures/mfl45jhei/paris-hilton 2013年9月2日閲覧。 
  257. ^ Oldenburg, Ann (2013年5月4日). “Paris Hilton is 'so in love'”. Usatoday.com. http://www.usatoday.com/story/life/people/2013/05/04/paris-hilton-so-in-love-wendy-marriage/2135833 2013年9月2日閲覧。 
  258. ^ The Nancy Jo Sales interview: A talk with the author of 'The Bling Ring'”. Zulkey.com (2013年6月7日). 2013年9月2日閲覧。
  259. ^ Paris Hilton music deal news sends Twitter into meltdown”. Ok.co.uk (2013年5月23日). 2013年9月2日閲覧。
  260. ^ Kennedy, Gerrick D. (2013年5月22日). “Paris Hilton plots music comeback with Cash Money Records”. Articles.latimes.com. http://articles.latimes.com/2013/may/22/entertainment/la-et-ms-paris-hilton-music-comeback-cash-money-records-20130522 2013年9月2日閲覧。 
  261. ^ First Families”. 2016年1月1日閲覧。
  262. ^ Bianca Carniero, Make-up free Paris Hilton shows off her charitable side as she spends time with patients at children's hospital, The Daily Mail,
  263. ^ a b Rasulić, Katarina (2015). “What's Hot and What's Not in English and Serbian”. In Maria Koptjevskaja-Tamm. The Linguistics of Temperature. Amsterdam, Netherlands: John Benjamins Publishing Company. p. 290. ISBN 978-90-272-0688-6. ISSN 0167-7373. LCCN 2014035097. https://books.google.com/books?id=_PyADQAAQBAJ&lpg=PA290&dq=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20signature&pg=PA290#v=onepage&q=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20signature&f=false 2017年1月16日閲覧。. 
  264. ^ Berman, Margo; Robyn Blakeman (2009). “Where Campaigns and Brands Go Off Course”. The Brains Behind Great Ad Campaigns. Lanham, Maryland: Rowman & Littlefield Publishers. p. 147. ISBN 978-0-7425-5550-1. LCCN 2008055414. https://books.google.com/books?id=vV_jXfalhtEC&lpg=PA147&dq=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20signature&pg=PA147#v=onepage&q=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20signature&f=false 2017年1月16日閲覧。. 
  265. ^ Paris Hilton Sues Over Hallmark Card”. The Smoking Gun (2007年9月7日). 2008年12月12日閲覧。
  266. ^ Carter, T.; Juliet Lushbough Dee; Harvey L. Zuckman (2014). Mass Communication Law in a Nutshell (7th ed.). St. Paul, Minnesota: West Publishing Co.. ISBN 978-0-314-28063-3. https://books.google.com/books?id=sVDaCgAAQBAJ&lpg=PT126&dq=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20hallmark%20cards&pg=PT127#v=onepage&q=%22Paris%20Hilton%22%20%22that's%20hot%22%20hallmark%20cards&f=false 2017年2月9日閲覧。. 
  267. ^ http://www.pluggedin.com/tv/0-9/2brokegirls.aspx
  268. ^ Haris Pilton, accessed April 29, 2015

外部リンク[編集]