deadmau5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デッドマウス
deadmau5

Deadmau5 - Rock in Rio Madrid 2012 - 02.jpg

2012年マドリードで開催されたロック・イン・リオ (Rock in Rioにて
基本情報
出生名 ジョエル・トーマス・ジマーマン
Joel Thomas Zimmerman
別名 Halcyon441
Karma K
testpilot
生誕 (1981-01-05) 1981年1月5日(41歳)
オンタリオ州ナイアガラフォールズ
出身地 カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
ジャンル プログレッシブ・ハウス[1]
エレクトロ・ハウス[2]
電子音楽
職業 プロデューサーミュージシャン
活動期間 2005年 -
レーベル ウルトラレコード (Ultra Records
mau5trap
ミニストリー・オブ・サウンド
ソングバード
Play
WeWillDoo
ヴァージン・レコード (Virgin Records
共同作業者 クリス・レイク (Chris Lake
Steve Duda
カスケイド
Feed Me英語版
Moguai英語版
en:Melleny Brown
en:Billy Newton-Davis
en:Wolfgang Gartner
スクリレックス
サイプレス・ヒル
ジェラルド・ウェイ
SOFI
Chris James
公式サイト deadmau5.com
日本語版 emimusic.jp/intl/deadmau5/
著名使用楽器
en:Nord Lead2x
モーグ・シンセサイザーLittle Phatty
Voyager RME
Ableton英語版
Ableton Live
FL Studio
en:Allen & HeathXone 4D
en:Lemur Input Device
en:Monome256
Reaktor
Cubase
en:Korg Kaossilator
Steinberg Nuendo英語版
Native Instruments
Smithson Martin Emulator
en:Dave Smith InstrumentsProphet '08

deadmau5(デッドマウス、発音は "dead mouse")ことジョエル・トーマス・ジマーマン(Joel Thomas Zimmerman、1981年1月5日 - )[3]は、カナダ電子音楽プロデューサー、DJ、ミュージシャンである。主にプログレッシブ・ハウス・ミュージックを制作しているが、Testpilotという別名でテクノを含む他のジャンルの電子音楽の制作やDJも行っている。Zimmermanは、これまでにグラミー賞に6回ノミネートされている。

彼はRob Swire、Wolfgang Gartner、Sofia Toufa、KaskadeなどのDJやプロデューサーとも共演している。また、BSOD(Better Sounding On Drugs)というグループ名でSteve Dudaとコラボレーションしたり、Duda、Tommy Lee、DJ AeroとともにWTF?というグループに参加したこともある。2007年には、自身のレコードレーベル「Mau5trap」を設立している。Deadmau5は現在、世界で最も高い報酬を得ている電子音楽プロデューサーの一人[4]であり、MarshmelloDaft Punkに似た覆面音楽アーティストである。彼の作品は、Tiëstoの「In Search of Sunrise 6」などのコンピレーションアルバムに収録されている。また、アーミン・ヴァン・ビューレンのラジオ番組「A State of Trance」でも紹介されている。

2000年には、ZimmermanとDerek CaesarがDred and Karmaというグループ名で、「I Don't Want No Other」というタイトルの初期の12インチシングルをヴァイナルで制作した[5]。2006年には「Deadmau5 Circa 1998-2002」というコンピレーションアルバムをHalcyon441という別名で自主制作した[6]。2005年にスタジオ・デビュー・アルバム「Get Scraped」を、2006年には「Vexillology」をリリース。2008年に発売された「Random Album Title」は、カナダとイギリスでゴールド認定を受けた。このアルバムには、代表的な作品である「Faxing Berlin」、「Not Exactly」、中程度のチャートヒットとなった「I Remember」(Kaskadeとの共作)などが収録されている。2009年には、4枚目のスタジオアルバム「For Lack of a Better Name」がリリースされ、ロブ・スワイアとのコラボレーション曲「Ghosts 'n' Stuff」、「Hi Friend」、絶賛された「Strobe」などが収録され、高い評価を受けた。2010年末にリリースされた5枚目のスタジオアルバム「4×4=12」には、シングル「Some Chords」、「Animal Rights」、「Sofi Needs a Ladder」、「Raise Your Weapon」が収録されている。

2012年、Zimmermanはシングル「The Veldt」と「Professional Griefers」(Gerard Wayをフィーチャー)をリリースし、商業的成功を収めた。これらのシングルは、彼の6枚目のスタジオアルバム「Album Title Goes Here」に収録されている。長年所属していたUltra Recordsを離れた後、Zimmermanは2014年にAstralwerksとVirgin EMIから7枚目のスタジオアルバム『While(1<2)』をリリースした。このアルバムは、「Avaritia」、「Seeya」、「Infra Turbo Pigcart Racer」、「Phantoms Can't Hang」の4枚のシングルによってリリースされた。しばらく活動を休止していたジマーマンの8枚目のスタジオアルバム『W:/2016Album/』を2016年末にリリースし、シングル「Snowcone」と「Let Go」を発表した。その後、2019年のアクション映画『Polar』のスコアを作曲し、同年にシングル「Satrn」「Coasted」「Fall」をリリースした。2020年には、9枚目のアルバムに先駆けて「Pomegranate」「Bridged by a Lightwave」をリリース。

経歴[編集]

deadmau5のロゴマーク
mau5headを取ったとき

ジマーマンは1981年1月5日、カナダオンタリオ州のナイアガラフォールズ[7]に生まれた。1990年代中頃から、チップチューンデモシーンに影響されて音楽を作り始めた。

2009年にはダンス音楽配信サイトであるBeatportで3万件ものダウンロード記録を出した[8]

2010年に開催されたグラミー賞ではdeadmau5がリミックスした「The Longest Road」でダンス部門よりノミネートされた。

2012年にも「Raise Your Weapon」、「4x4=12」、「Rope」でグラミー賞にノミネートされ、エレクトロニック・ダンス・ミュージックのアーティストとして初めて生放送された。

また同年7月にはローリング・ストーン表紙に起用された。

名前の由来・スタイル[編集]

赤色黒色を始めとするネズミの被り物をしながらDJをするジマーマンだが、名前由来については、とある日にジマーマンのパソコンの中にネズミの死体を発見し、ジマーマンはインターネットチャットで「やばい!俺のパソコンでネズミが死んでるぜ!」と書き込み、テンションが上がったジマーマン は使用していたハンドルネームを改名しようと思いつくが名前の文字制限が8文字までで「dead mouse」と入力できないことから、最後に数字の5を入れ込んで「deadmau5」に改名したことが名前の由来である[9]

また、ネズミの被り物はカナダの映画会社特注マスクの制作を依頼したもので、「mau5head」と呼ばれている[9]

人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

その他のアルバム[編集]

  • deadmau5 Circa 1998-2002(2006年)
  • A Little Oblique(2006年)
  • Project 56(2008年)
  • At Play(2008年)
  • It Sounds Like(2009年)
  • At Play Vol. 2(2009年)
  • At Play Vol. 3(2010年)
  • Meowingtons Hax Tour Trax(2011年)
  • At Play Vol. 4(2012年)
  • At Play Vol. 5(2014年)
  • stuff i used to do.(2017年)
  • Mau5ville: Level 1(2018年)

国内盤[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ NEW MUSIC: deadmau5's "Professional Griefers"”. Vibe (2012年8月17日). 2012年9月29日閲覧。
  2. ^ Deadmau5: “I’m Pretty Miserable Right Now” - Music News, Reviews, Interviews and Culture”. Music Feeds (2012年8月5日). 2012年9月29日閲覧。
  3. ^ Stanley, Laura (9 July 2015). "Deadmau5". The Canadian Encyclopedia. 2019年1月2日閲覧
  4. ^ Zack O'Malley Greenburg. “Deadmau5 ($11.5 million) – In Photos: The World's Highest-Paid DJs”. Forbes. 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  5. ^ Hooper (2015年1月14日). “Unearthing First Ever Deadmau5 Tracks Pressed on Vinyl at Play de Record”. Daily Beat Media. 2019年11月8日閲覧。
  6. ^ Listen to "Hiatus Fantasy" – The longest deadmau5 song ever released”. Dancing Astronaut. 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月14日閲覧。
  7. ^ Birtles, Bryan (December 29, 2010), “Deadmau5”, Vue Weekly (793), http://www.vueweekly.com/music/story/deadmau5/ 2011年5月3日閲覧。 
  8. ^ DEADMAU5 Live in New York @ Terminal 5 Nov. 25 2009”. Aderra Media Technologies (2009年11月25日). 2012年9月29日閲覧。
  9. ^ a b デッドマウス、そのネーミングとネズミ・マスクを被る理由とは? - ロッキング・オン, 2012年9月29日閲覧。
  10. ^ デッドマウス、マドンナを「ファンキーなバアさん」と呼び、DJ同業者を痛烈批判! - Aoi music., 2012年9月29日閲覧
  11. ^ デッドマウス、ファンが送ってきたヴォーカルトラックを採用 - Aoi music., 2012年9月29日閲覧。
  12. ^ a b みんなが夢(ム)チューー!EDMで注目のネズミDJ/プロデューサー「デッドマウス」の新作リリース! - BIGLOBEニュース, 2012年9月28日閲覧。