オールミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AllMusicから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
オールミュージック
AllMusic Text Logo.svg
URL allmusic.com
言語 英語
運営者 オール・メディア・ネットワーク
設立者 マイケル・アールワイン
営利性 営利
登録 不要
開始 1991年
現在の状態 オンライン

オールミュージック (allmusic) とは、オール・メディア・ネットワーク (All Media Network) が運営する、音楽に関するメタデータのデータベースサイト。2005年All Music Guideオール・ミュージック・ガイド)から allmusicオールミュージック)へサイト名を変更した[1]。きわめて有名な音楽情報サイトだが、ジャンルや該当アルバムに誤りが多いことも広く知られている。

概要[編集]

1991年に大衆文化アーキビストマイケル・アールワインによって設立され、音楽ファンのためのガイドブックを出版した。このガイドブックは翌年も出版された[2]。 All Music Guide のサイトは World Wide Web が普及する以前から Gopher サイトとして運営されていた。

1995年から2005年の初頭までは Alliance Entertainment Corporation の傘下にあった。 All Media Guide の所有権は Yucaipa Companies にあったが、2007年11月6日マクロヴィジョンAll Media Guide を買収したと発表した。

詳細[編集]

オールミュージックは、ジャンル、該当アルバムに誤りやフェイクが多いことを再三指摘されてきた。誤りの例をあげれば、ドナルド・フェイゲンをイージー・リスニングに分類していることがあげられる[3]。ソフト・ロックの該当アルバムに、フランク・シナトラやバーブラ・ストライザンドをあげた、などがある。これらの記述はまだ、ましな方で、よりひどい誤りにはスティーヴィー・ワンダーの音楽を「ロックンロール」と記述している記事が存在する[4]。オールミュージックよりも、文章が少ないことから、discogsの方が信用できるとの見方も多い。問題は、若いファンはこれらを真に受ける恐れがあり、またWikipedia英語版や日本語版を通じて、フェイク・ニュース拡散する可能性があるという点にある。Wikipedia英語版も、クワイエット・ストーム[5]の曲リストに、オージェイズやアル・グリーンが記載されていたり、日本語版もオールミュージックに記載のないジャンルを出典付きで掲載されていたなどの例がある。オールミュージックであれ、Wikipedia英語版、日本語版であれ、閲覧する際には常に懐疑的な姿勢でのぞむことが肝要と言える。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ en:Talk:allmusic#AMG / All Music Guide / Allmusic
  2. ^ All Music Guide: Best CDs, Albums and Tapes. Backbeat Books. (1992-12). ISBN 087930264X 
  3. ^ ドナルド・フェイゲン AllMusic 2021年1月7日閲覧
  4. ^ スティーヴィー・ワンダー 2021年12月8日閲覧
  5. ^ 1975年以降の曲が対象になるジャンル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]