コール・ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コール・ポーター
Coleporter.jpg
基本情報
出生名 Cole Albert Porter
別名 Cole Porter
生誕 1891年6月9日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州
死没 (1964-10-15) 1964年10月15日(73歳没)
学歴 イェール大学ハーバード大学
ジャンル ミュージカル映画音楽
職業 作曲家

コール・ポーターCole Porter1891年6月9日 - 1964年10月15日)は、アメリカ合衆国作曲家作詞家。本名コール・アルバート・ポーター(Cole Albert Porter)。ミュージカル映画音楽の分野で、多くのスタンダード・ナンバーを残した。

来歴[編集]

インディアナ州生まれ。6歳でヴァイオリンを、8歳でピアノを習う。イェール大学卒業後、ハーバード大学に入学するが、最終的に音楽家としての道を選ぶ。

1915年ブロードウェイ・ミュージカル『Hands Up』に楽曲提供し、本格的に作曲家として活動を開始する。しかし、翌年手がけた『まずアメリカを見よ』が、2週間で打ち切られるという挫折を経験し、その後パリに渡る。1918年、リンダ・リー・トーマスと出会う。コールは自分が同性愛者であることを告白するが、リンダが結婚に応じたという逸話があり、2004年に制作されたコールの伝記映画『五線譜のラブレター』(アーウィン・ウィンクラー監督)でも描かれている。ヨーロッパでも作曲活動を続け、1923年にはバレエ曲「Within The Quota」を作曲した。しかし、依然として成功に恵まれず、1920年代後半に帰国した。

1930年、ミュージカル『ザ・ニューヨーカーズ英語版』に「ラブ・フォー・セール」等の楽曲を提供した。この時も成功には至らず、逆に歌詞の内容が物議を醸しラジオ放送禁止となるが、「ラブ・フォー・セール」は後年スタンダード・ナンバーとなった。そして、1932年にはミュージカル『陽気な離婚(Gay Divorce)』が大ヒットする。ここでフレッド・アステアが歌った「夜も昼も」は、コールの代表曲の一つと目される。1936年には映画『踊るアメリカ艦隊』に「イージー・トゥ・ラヴ」等を提供し、映画音楽の分野にも進出した。

1948年、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』が大ヒットし、トニー賞を受賞した。1958年には怪我が元で右足に潰瘍ができ、手術を繰り返した末に切断して義足を付ける。その後も多くの曲を作るが、1964年腎不全のためカリフォルニア州サンタモニカで亡くなる。

代表作[編集]

右は代表的なナンバー。

ミュージカル[編集]

  • 1930年:ザ・ニューヨーカーズ(The New Yorkers) - 「ラヴ・フォー・セール」
  • 1932年:陽気な離婚Gay Divorce) - 「ナイト・アンド・デイ」
  • 1934年:エニシング・ゴーズAnything Goes) - 「エニシング・ゴーズ」「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」
  • 1935年:ジュビリー(Jubilee) - 「ビギン・ザ・ビギン
  • 1938年:リーヴ・イット・トゥ・ミー(Leave It To Me) - 「ゲット・アウト・オブ・タウン」「マイ・ハート・ビロングス・トゥ・ダディ」
  • 1943年:メキシカン・ヘイライド(Mexican Hayride) - 「アイ・ラヴ・ユー」
  • 1948年:キス・ミー・ケイトKiss Me, Kate) - 「ソー・イン・ラヴ
  • 1953年:カン・カンCan-Can) - 「アイ・ラヴ・パリ」
  • 1954年:絹の靴下Silk Stockings) - 「オール・オブ・ユー

映画[編集]

影響[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]