コール・ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コール・ポーター
Coleporter.jpg
基本情報
出生名 Cole Albert Porter
別名 Cole Porter
生誕 1891年6月9日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州
死没 (1964-10-15) 1964年10月15日(73歳没)
学歴 イェール大学ハーバード大学
ジャンル ミュージカル映画音楽
職業 作曲家

コール・ポーターCole Porter1891年6月9日 - 1964年10月15日)は、アメリカ合衆国作曲家作詞家。本名コール・アルバート・ポーター(Cole Albert Porter)。機知に富んだ都会的な詞で知られ、ミュージカル映画音楽の分野で多くのスタンダード・ナンバーを残した。ミュージカル『キス・ミー・ケイト』は特に人気が高く、日本でも宝塚歌劇団でしばしば上演される。

来歴[編集]

インディアナ州生まれ。6歳でヴァイオリンを、8歳でピアノを習う。イェール大学在学中に大学公式応援歌『ブルドッグ』を作曲する。『ブルドッグ』はラグビータッチダウンが成功した時に歌われる[1]。卒業後、ハーバード大学に入学するが、最終的に音楽家としての道を選ぶ。

1915年ブロードウェイ・ミュージカル『Hands Up』に楽曲提供し、本格的に作曲家として活動を開始する。しかし、翌年手がけた『まずアメリカを見よ』が、2週間で打ち切られるという挫折を経験し、その後パリに渡る。1918年、リンダ・リー・トーマスと出会う。コールは自分が同性愛者であることを告白するが、リンダは結婚に応じた[注釈 1]。ヨーロッパでも作曲活動を続け、1923年にはバレエ曲「Within The Quota」を作曲した。しかし、依然として成功に恵まれず、1920年代後半に帰国した。

コール・ポーターと
エド・サリヴァン
(1952年)

1930年、ミュージカル『ザ・ニューヨーカーズ』(en:The New Yorkers)に「ラブ・フォー・セール」等の楽曲を提供した。この時も成功には至らず、逆に歌詞の内容が物議を醸しラジオ放送禁止となるが、「ラブ・フォー・セール」は後年スタンダード・ナンバーとなった。そして、1932年にはミュージカル『陽気な離婚(Gay Divorce)』が大ヒットする。ここでフレッド・アステアが歌った「夜も昼も」は、コールの代表曲の一つと目される。1936年には映画『踊るアメリカ艦隊』に「イージー・トゥ・ラヴ」等を提供し、映画音楽の分野にも進出した。

1948年、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』が大ヒットし、トニー賞を受賞した。1958年には落馬による負傷が元で右足に潰瘍ができ、手術を繰り返した末に切断して義足を付ける。その後も多くの曲を作るが、1964年腎不全のためカリフォルニア州サンタモニカで亡くなる。

代表作[編集]

ミュージカル[編集]

コール・ポーター作品による映画[編集]

伝記映画[編集]

バレエ作品[編集]

1923年、ジェラルド・マーフィーと共同で「Landed」という短いバレエ作品を作曲した。パリで1920年に創設されたバレエ団「バレエ・スエドワ」のために書かれた16分あまりのこの作品は、後に「Within the Quota」に改題され、アメリカ移民が映画スターになるまでを風刺的に描いている。シャルル・ケクランによりオーケストレーションされ、ダリウス・ミヨー世界の創造と同夜に初演された。ジョージ・ガーシュウィンラプソディ・イン・ブルーに先立つこと4カ月前の、もっとも初期のシンフォニックジャズの一つである。1923年10月にシャンゼリゼ劇場で行われた初演は、フランス、アメリカの双方の観客から好意的に受け入れられた[注釈 2]

翌月、成功裡に終わったニューヨーク公演を皮切りに「バレエ・スエドワ」は、全米で69回公演を行った。1年後の1925年、「バレエ・スエドワ」が解散すると曲のスコアは失われたが、残された原稿をもとに1966年から1990年にかけてミヨーらによって復元された。

トリビュート・アルバム[編集]

コールの楽曲はジャズの素材として好まれ、多数のトリビュート・アルバムがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年に制作されたコールの伝記映画『五線譜のラブレター』で描かれている。
  2. ^ The British classical music journal The Musical Times commented, "There was plenty of excitement of a certain kind – at least for the more excitable spectators".[3]

出典[編集]

  1. ^ Yale Fight Songs | Yale Bands”. bands.yalecollege.yale.edu. 2021年1月22日閲覧。
  2. ^ ベスト 2017
  3. ^ "Paris", The Musical Times, December 1923, p. 874

参考資料[編集]

  • (2017年) フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ『ヴェリー・ベスト・オブ・フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンズ』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. ワーナーミュージック・ジャパン (WCR26211).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]