ニッキー・ヘイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニッキー・ヘイリー
Nikki Haley
Nikki Haley official photo.jpg
生年月日 (1972-01-20) 1972年1月20日(46歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サウスカロライナ州バンバーグ
出身校 クレムゾン大学
所属政党 共和党
配偶者 マイケル・ヘイリー

在任期間 2017年1月27日 - 現職
大統領 ドナルド・トランプ

当選回数 2回
在任期間 2011年1月12日 - 2017年1月24日

選挙区 サウスカロライナ州第87区
当選回数 3回
在任期間 2005年1月11日 - 2011年1月11日
テンプレートを表示

ニムラータ・ニッキー・ランダワ・ヘイリー英語: Nimrata Nikki Randhawa Haley, 1972年1月20日 - )は、アメリカ合衆国政治家。現在、同国の国際連合大使。2018年10月9日、年末に国連大使を辞任すると発表された。インド系アメリカ人で、所属政党は共和党

サウスカロライナ州下院議員を経て、2010年中間選挙でサウスカロライナ州知事選に共和党指名候補として立候補。同年11月の本選挙で当選を果たし、2011年1月に同じ共和党のマーク・サンフォードから知事職を引き継ぎ第116代サウスカロライナ州知事となった。サウスカロライナ州史上初の女性知事・人種マイノリティ出身知事である。また、任期中は全米50州で最年少の知事でもあった。

信仰する宗教メソジストの中でも保守派で、サウスカロライナ州兵の夫マイケルとの間に2人の子供がいる。中絶に強く反対する保守強硬派として知られている[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

サウスカロライナ州バンバーグ出身。父母はインドパンジャブ州出身のシク教徒で、アメリカ合衆国サウスカロライナ州への移住後にニッキーが誕生した。クレムゾン大学卒業後、1996年にサウスカロライナ州の州兵であるマイケル・ヘイリーと結婚する。夫の姓を名乗ると同時に、シーク教からメソジストに改宗を果たしている。

サウスカロライナ州下院議員[編集]

実母の会社などで勤務した後の2004年、地元・サウスカロライナ州の下院議員選挙に共和党から出馬、決選投票で現職議員を破り当選を果たす。

サウスカロライナ州知事[編集]

ニッキー・ヘイリー(2010年4月)

2009年5月、2010年に実施されるサウスカロライナ州知事選挙への出馬を表明。当初は泡沫候補と目されていたが、2010年に入り、前アラスカ州知事サラ・ペイリン[2]や、前マサチューセッツ州知事ミット・ロムニーらがヘイリー支持を表明すると支持が急追し、同年5月には共和党内で支持率トップに躍り出た[3]

6月8日に実施された共和党の党員選挙でヘイリーは48%を得票して2位以下を大きく引き離したものの、過半数に達しなかったことから、2週間後に実施される決選投票への進出が決まった[4]。不倫相手を名乗る2人の男性が登場するなど、不倫疑惑が持ち上がってメディアを騒がせたが、ティーパーティーや保守派の支持は揺らがず、6月22日、最終的には決選投票で共和党の指名を獲得した。共和党の指名後は終始優位に選挙戦を展開し、11月2日の知事選で民主党候補のヴィンセント・シェヒーンらを下してサウスカロライナ州知事に当選した。

2013年4月、2014年に実施される州知事選に再選を期して出馬することを表明。共和党内での予備選挙を勝ち抜いた後、11月4日の本選で再選された。

2015年6月17日に発生したチャールストン教会銃乱射事件英語版の実行犯が犯行当時に車のナンバープレートに南部連合の旗をつけていたことから、州議会議事堂に掲げられていた南部連合旗を撤去する決定を行う。これには全米からの支持が寄せられた[5]

2016年アメリカ合衆国大統領選挙ではテッド・クルーズを支持[6]。2016年11月23日、ドナルド・トランプ次期大統領によりヘイリーはアメリカ合衆国国際連合大使に指名され、2017年1月27日に着任した[7][8]。選挙期間中にトランプを支持しなかった人物がトランプ政権入りするのは珍しいが、ヘイリーの後任知事となるヘンリー・マクマスター英語版副知事はトランプ支持者であり、知事昇格により国政への挑戦権を得たとも指摘される[6]

国連大使[編集]

米上院本会議は2017年1月24日、ニッキー・ヘイリーの国連大使就任を承認した[9]。 2017年1月27日、アントニオ・グテーレス国際連合事務総長に信任状を提出し、正式着任した[10]。2018年10月9日、国連大使を年末に辞任すると発表[11]

脚注[編集]

  1. ^ http://theslot.jezebel.com/south-carolina-governor-nikki-haley-signs...
  2. ^ Sarah Palin Endorses Nikki Haley nikkihaley2010(2010年5月15日)
  3. ^ Election 2010: South Carolina Republican Primary for Governor ラスムッセン・リポート(2010年5月20日)
  4. ^ Nikki Haley On Direction Of Runoff Campaign wyfftv(2010年6月9日)
  5. ^ “ヘイリー米国連大使が突然の辞任表明 20年大統領選出馬は否定”. BBC News. BBC. (2018年10月10日). https://www.bbc.com/japanese/45806694 2018年10月10日閲覧。 
  6. ^ a b “「トランプ政治」の方向性は? 固まりつつある政権顔ぶれ”. THE PAGE. (2016年12月11日). https://thepage.jp/detail/20161211-00000002-wordleaf 2016年12月11日閲覧。 
  7. ^ Costa, Robert (2016年11月23日). “Gov. Nikki Haley tapped to be Trump’s U.N. ambassador”. The Washington Post. 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ “ヘイリー米新国連大使”. 時事通信. (2017年1月28日). http://www.jiji.com/jc/p?id=20170128091039-0023187085 2017年1月28日閲覧。 
  9. ^ “米上院、ヘイリー国連大使を承認 トランプ政権閣僚人事で4人目”. Reuters. (2017年1月25日). http://jp.reuters.com/article/usa-congress-haley-idJPKBN159095 2017年2月3日閲覧。 
  10. ^ “米新大使、国連に「新鮮な視点」=予算拠出で駆け引き本格化”. AFP. (2017年1月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/3115746 2017年2月3日閲覧。 
  11. ^ “ヘイリー米国連大使が辞任=関係筋”. Return. (2018年10月9日). https://jp.reuters.com/article/usa-trump-haley-idJPKCN1MJ1ST 2018年10月9日閲覧。 

外部リンク[編集]

外交職
先代:
サマンサ・パワー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国国際連合大使
2017 -
次代:
(現職)
議会
先代:
ラリー・クーン
Flag of South Carolina.svg サウスカロライナ州選出下院議員
2005 - 2010
次代:
トッド・アトウォーター
公職
先代:
マーク・サンフォード
Flag of South Carolina.svg サウスカロライナ州知事
2011 - 2017
次代:
ヘンリ-・マクマスター英語版