ウェイバー方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェーバー方式から転送)
移動先: 案内検索

ウェイバー方式(-ほうしき)とは、主に日本アメリカ合衆国におけるプロスポーツチームによるドラフトの際に用いられる、選手の指名要領を規定するものである。

概要[編集]

  1. 直前シーズン終了時のチーム順位を基準とし、どの指名巡目でも常に、最下位のチームから順に選手を指名する
  2. 指名は即ち独占交渉権獲得を意味し、他チームとの競合(抽選など)は起こらない

以上が完全なウェイバー方式だが、日米および各スポーツで採用度合が異なる。

ウェイバー方式という呼称は日本プロ野球独特のもので、野球協約によるとシーズン中に支配下選手との契約を解除して自由契約にする際にいったん「ウェイバー公示」(waiver:権利放棄)して契約譲渡先の球団を募集しなければならないが、このとき現在のウェイバー方式と同様の手順で下位球団が優先されることに由来する。

日本[編集]

日本プロ野球[編集]

日本プロ野球のドラフト会議は11月に実施され、ウェイバー方式を部分的に採用している[1]

  • 1965年1966年は第2位以下の指名の際、あらかじめ提出された氏名リストの中から偶数順位の時はその年のペナントレースの下位のチーム(日本シリーズ敗戦チーム所属のリーグ最下位チーム)から、奇数順位の場合は上位のチーム(日本シリーズ優勝チーム)から選手を指名できる仕組みだった(以下順序同じ)。その後、重複指名選手については抽選で交渉権を獲得する球団を決めたためこの制度は一旦中断するが、1991年以降部分的に復活した。
  • 1991年、1992年は5位以下の指名について、奇数順位ではウェイバー方式、偶数順位では「逆ウェイバー方式」(ウェイバー方式の逆で、成績上位チームから順に選手を指名)を採用した。
  • 1993年2000年は1、2位が逆指名制度(大学生、社会人選手限定)になった関係で、3位以下指名の際に奇数順位ではウェイバー方式、偶数順位では逆ウェイバー方式による選手指名となった。
  • 2001年以降、これまでの順位付けではなく「○巡目」に表現を変更し、1〜3巡目は自由獲得枠の適用人数に応じて指名入札できるチームが決まる(1巡目のみ重複指名の場合抽選、2巡目と3巡目はウェイバー方式)が、4巡目からは偶数巡目が逆ウェイバー方式、奇数巡目がウェイバー方式での指名となった。
  • 2005年2007年はドラフトが10月の高校生対象のものと11月の大学・社会人(四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグなど独立リーグの所属選手含む)対象のものの2回にわたって開催されているが、高校生対象のドラフトの場合はシーズンの途中に行われるので、奇数巡の場合はオールスターで勝ち越したリーグに所属する最下位チーム→オールスターで負け越したリーグに所属する最下位チーム→オールスター勝ち越しリーグの5位チーム…というウェイバー方式、偶数巡の時はその逆でオールスターで負け越したリーグ所属の1位チーム→オールスター勝ち越しリーグの1位チーム→オールスター負け越しリーグの2位チーム…という逆ウェイバー方式で行われた。チーム順位はドラフト開催1週間前時点の順位を対象とする。
  • 2008年以降は高校生選択会議と大学・社会人選択会議が再び統合され、1巡目は入札抽選制度、以降は偶数巡目でウェイバー方式、奇数巡目で逆ウェイバー方式による選手指名となった。

bjリーグ(プロバスケットボール)[編集]

bjリーグドラフト会議5月または6月に実施され、ウェイバー方式を採用している。

  • 2005年は、初年度につき抽選で指名順を決め、奇数巡目は大分、埼玉、仙台、新潟、大阪、東京、偶数巡目はその逆の指名順となった。
  • 2006年以降は前年度の順位によって決定され、2006年は奇数巡目の場合はウェイバー方式、偶数の場合は逆ウェイバー方式による指名となる。新規参入チームは2006年は希望する順番で参加することができた。エクスパンション・ドラフトで既存チームが3名より多くプロテクトを行うと、超過した人数分だけドラフト会議での指名巡目が後になる。
  • 2007年以降は完全ウェイバー方式に移行。新規参入より指名を開始。新規参入はエクスパンション・ドラフトでの人数が少ない方が先となる(同数の場合は抽選)。エクスパンション・ドラフトで既存チームが基準値(プレイオフ出場回数に応じて決められる)より多くプロテクトを行うと、超過した人数分だけドラフト会議での指名巡目が後になる。
  • 2012年以降はプロ野球と同様の入札抽選制度を導入。1巡目で採用される。2巡目以降は従来通りウェーバーとなる。

アメリカ[編集]

米国NFLMLBでは日本のような指名順位による特定規定・抽選・逆ウェーバー方式などは無く、ウェーバー方式を完全実施している。

NBAは、1巡目上位3位までは例外を設けプレイオフに進出できなかった14チームによる抽選(ロッタリー)で指名順位が決まる方式を採っているが、他は完全なウェーバー方式で行う。

ただし上記3つのプロリーグとも、トレードFA移籍に伴ってドラフト指名権や優先交渉権の譲渡・移動が行われる場合もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本プロフェッショナル野球協約2010”. jpbpa.net (2010年). 2015年7月20日閲覧。

関連項目[編集]