日本選手権シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本選手権シリーズ
開催中の大会:
2018年の日本シリーズ
Korakuen Stadium-1.jpg
2008年日本選手権シリーズ
(2008年11月9日撮影)
開始年 1950
主催 日本野球機構(NPB)
参加チーム数 2
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 福岡ソフトバンクホークス(2年ぶり8回目)
最多優勝 読売ジャイアンツ(22回)
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

日本選手権シリーズ(にほんせんしゅけんシリーズ、にっぽんせんしゅけんシリーズ、通称:日本シリーズ)は、日本プロ野球ペナントレース終了後、クライマックスシリーズ優勝チームによって行われるカップ戦である。正式名称はプロ野球日本選手権シリーズ試合

概要[編集]

1949年のプロ野球のリーグ分裂を受けて、翌1950年にセントラル・リーグパシフィック・リーグのそれぞれの当年の優勝者が野球界の「日本一」の座をかけて対戦するシリーズとして創設された。2007年にクライマックスシリーズ制度が導入され、リーグ戦の結果とは無関係に同シリーズの優勝チーム同士によって行われるようになったことで、プロ野球の年間王者を決めるという創設当初の性質は薄くなっている。初年度以降、中止になった年はない。

2005年 - 2013年の間は、本シリーズの優勝者がさらに『アジアシリーズ』・『日韓クラブチャンピオンシップ』に日本代表として参加した。

なお、1リーグ時代に春季優勝チームと秋季優勝チームが対戦して年間チャンピオンを決める試合もあったが、一般にはこの1950年に始まる日本シリーズが一般的であるため、本項においても1950年以降の試合について述べる。

運営概要[編集]

主催[編集]

大会日程[編集]

  • 両リーグのチャンピオンが決定した後、毎年10-11月ごろに行われる。
  • ゲームは7戦4勝制(番勝負参照)。先に4勝したチームが日本一となり終了、以降の試合は行われない。
  • 西暦の奇数年はパ・リーグの出場チーム、西暦の偶数年はセ・リーグの出場チームが第1・2戦と6・7戦をホームで開催、相手方のチームが第3・4・5戦をホームで開催する。第2・3戦の間と第5・6戦の間は、移動日として空白日が挟まれる。
    • 雨天等で中止になった場合は、2006年までは移動日を含め全ての日程が順延となっていたが、2007年からは第5戦までに雨天中止が入った時には、第5戦と第6戦の間の移動日・休養日は原則として設けない事に変更された[注 1](但し、出場2チームの本拠地が離れていて、当日移動が難しいと判断された場合は移動日を設ける場合がある[注 2])。
  • 引き分けなどがあり第8戦にもつれこんだ場合、第8戦は第7戦の翌日に第7戦の球場で行い(過去は1986年の1回のみ)、それでもどちらのチームも4勝に満たない場合は、更に移動日を1日挟んで、第3戦 - 第5戦で使用された球場で、どちらかが4勝を挙げるまで試合を行う。

出場チーム[編集]

2007年以降は、両リーグともに、ペナントレース後に行われるクライマックスシリーズの優勝チームが出場している。

クライマックスシリーズから日本シリーズ進出までの道のり(2007年以後)
CS1st CSファイナル 日本選手権シリーズ
                   
 
(6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
 
 セ・リーグ優勝チーム H
(3戦2勝制)
 1st勝利チーム
 セ・リーグ第2位チーム H
(7戦4勝制)
 セ・リーグ第3位チーム
 セ・リーグCS優勝チーム
 パ・リーグCS優勝チーム
 
(6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
 
 パ・リーグ優勝チーム H
(3戦2勝制)  
 1st勝利チーム
 パ・リーグ第2位チーム H     
 パ・リーグ第3位チーム     
(H)-そのステージのホームチーム
(☆)-隔年でホーム4:ビジター(アウェー)3の配分が異なる。(基本的に第1戦主管球団がホーム4、第3戦主管球団がホーム3の割合)
2004-06年まではパ・リーグのみプレーオフ(優勝決定トーナメント)を実施し、その優勝チームと、レギュラーシーズンのみのセ・リーグの優勝チームが日本シリーズ進出
2006年以前の出場チーム
  • セ・リーグ - 当年のペナントレースの優勝チームが出場。
  • パ・リーグ
    • 1973年-1982年 - 2シーズン制を取っており、両シーズンの優勝チーム同士のプレーオフの勝者が出場。
    • 2004年-2006年 - 上位3チームのプレーオフの勝者が出場。
    • その他の年は、当年のペナントレースの優勝チームが出場。

試合方式[編集]

  • 延長戦は、第7戦までは延長12回まで、第8戦以降は回数無制限(試合時間は一律無制限)が現行のルールである(2018年から)。過去の変遷は以下。
    • 1966年まで - 日没まで(当時は全試合デーゲーム)。
      • 1964年(全試合ナイトゲーム) - 22時30分以降新しいイニングに入らない。
    • 1967年-1981年 - 17時30分以降新しいイニングに入らない。
    • 1982年-1986年 - 試合開始から4時間半を経過した時点で新しいイニングに入らない。
    • 1987年-1993年 - 第7戦までは18回まで、第8戦以降は回数無制限(1986年のシリーズが、第1戦が延長14回引き分けで、第8戦まで行われたことをきっかけに改定)。
    • 1994年-2017年 - 第7戦までは延長15回まで[注 3]に短縮。
      • 1994年 - デーゲーム・ナイトゲーム併用のため、デーゲームの場合は18回まで。
      • 2011年 - レギュラーシーズンで用いられた節電・省エネのための「3時間30分打ち切りルール」は使用しない。2011年の第1試合はデーゲームとなるが、延長は従来通り15回までの打ち切りとする。
  • サスペンデッドゲームは適用しない。
  • 両チームはシリーズ開始日の前々日までに「出場有資格者選手」(最大40人)の名簿を提出する。公示後はこれを変更することはできない。ベンチ入り選手の人数は公式戦と同じく最大25人で、試合ごとに有資格者の中から選ぶ。
  • 指名打者制度は1984年までは採用せず、1985年から隔年による採用(1985年は全試合採用、1986年は全試合採用せず)としていたが、1987年からはパ・リーグの出場チームの本拠地球場でのみ採用されている。
  • 審判は6人制が採用される。審判員は日本野球機構(NPB)審判部から選ばれた合計8人の審判員で運営されていたが、2015年から合計7人の審判員で運営される。

表彰[編集]

賞金・賞品は2017年のもの。

優勝チーム賞
最高殊勲選手賞(MVP)
敢闘選手賞
優秀選手賞(3人)
ホームラン賞
  • 各試合のホームランを打った選手に対して『SMBCデビットホームラン賞』として、SMBCから賞金3万円が贈呈される。
    • なお2015年は『ミドすけホームラン賞(『ミドすけ』とは、冠スポンサー・三井住友銀行(SMBC)のマスコットキャラクターのこと)』として、SMBCから賞金3万円と「ミドすけ」のぬいぐるみが手渡されていた。2014年は、SMBC(2011年から2013年まではコナミ)から賞金(5万円)が贈呈された。
特別協賛賞

2011年から2013年までは特別協賛(冠スポンサー)のコナミより、上記賞とは別に以下の賞が追加された。

  • 「みんなで選ぶコナミ賞」(賞金400万円・2011年は賞金300万円)
  • 「ドリームナイン賞」(賞金100万円・2011年は賞金200万円)
  • BASEBALL HEROES賞」(賞金100万円・2011年は賞金200万円)
  • パワフルプロ野球賞」(賞金100万円・2012年より)
  • プロ野球スピリッツ賞」(賞金100万円・2012年より)

「みんなで選ぶコナミ賞」は大会期間中に、コナミの大会特別公式サイト・コナミが携帯電話サイトで展開するソーシャルネットワークゲームサイト『プロ野球ドリームナイン』・アーケードゲーム『BASEBALL HEROES』の成績閲覧ページやゲーム機からのファン投票によって行い、大会終了時の表彰式で表彰選手を発表するものである(2011年は各ゲームからの投票で「ドリームナイン賞」・「BASEBALL HEROES」賞を選んだ)。

出場資格者[編集]

  • 出場有資格者は、原則として8月31日までに出場球団(すなわち、両リーグクライマックスシリーズ優勝球団)の支配下登録されている選手のうち、その中から40人までを選ぶ。
  • ベンチ入りメンバーは以下を原則とする。
    • 監督1名
    • 監督以外のコーチ8名以内
    • 選手25名以内
    • マネジャー、トレーナー、スコアラー、通訳、広報、用具担当者各1名
    以上の名簿を第1戦開催前々日正午までに主催団体の日本野球機構コミッショナーに書類を提出しなければならない。この提出した名簿をコミッショナーが公示した後は原則として変更することができないものとする。
    ただし、監督・コーチと選手兼任である人については、選手の数に含まれるものとみなす。
    また通訳が2か国語以上必要な場合、通訳を2名登録することができる。
  • ブルペン捕手の登録は1試合2名までとして、各試合ごとの出場選手名簿に記載する。ただしベンチ入りは不可。[3]

各年の日本シリーズ[編集]

セントラル・リーグ所属チーム パシフィック・リーグ所属チーム
成績 星取表
開催年 勝利チーム 優勝回数 1 2 3 4 5 6 7 8 相手チーム 勝利監督 最高殊勲選手 敢闘賞 決定球場
(MVP)
1 1950年 パ-ロ/毎日 01/初優勝 4 2 セ-横/松竹 ゆあさ/湯浅禎夫 へつとう/別当薫 --- 大阪球場
2 1951年 セ-巨人 01/初優勝 4 1 パ-ソフトバ/南海 みすはら/水原茂 みなみむら/南村不可止 --- 後楽園球場
3 1952年 セ-巨人 連続/02年連続 02回目 4 2 パ-ソフトバ/南海 みすはら/水原茂 へつしよ/別所毅彦 --- 後楽園球場
4 1953年 セ-巨人 連続/03年連続 03回目 4 1 2 パ-ソフトバ/南海 みすはら/水原茂 かわかみ/川上哲治 みのはら/簑原宏 大阪球場
5 1954年 セ-中日 01/初優勝 4 3 パ-西/西鉄 あまち/天知俊一 すきした/杉下茂 おおした/大下弘 中日スタヂアム
6 1955年 セ-巨人 ぶり/02年ぶり 04回目 4 3 パ-ソフトバ/南海 みすはら/水原円裕 へつしよ/別所毅彦 とかわ/戸川一郎 大阪球場
7 1956年 パ-西/西鉄 01/初優勝 4 2 セ-巨人 みはら/三原脩 とよた/豊田泰光 いなお/稲尾和久 後楽園球場
8 1957年 パ-西/西鉄 連続/02年連続 02回目 4 1 0 セ-巨人 みはら/三原脩 おおした/大下弘 みやもと/宮本敏雄 後楽園球場
9 1958年 パ-西/西鉄 連続/03年連続 03回目 4 3 セ-巨人 みはら/三原脩 いなお/稲尾和久 ふした/藤田元司 後楽園球場
10 1959年 パ-ソフトバ/南海 01/初優勝 4 0 セ-巨人 つるおか/鶴岡一人 すきうら/杉浦忠 つちや/土屋正孝 後楽園球場
11 1960年 セ-横/大洋 01/初優勝 4 0 パ-ロッ/大毎 みはら/三原脩 こんとう/近藤昭仁 たみや/田宮謙次郎 後楽園球場
12 1961年 セ-巨人 ぶり/06年ぶり 05回目 4 2 パ-ソフトバ/南海 かわかみ/川上哲治 みやもと/宮本敏雄 スタンカ/J・スタンカ 大阪球場
13 1962年 パ-日本ハ/東映 01/初優勝 4 1 2 セ-阪神 みすはら/水原茂 とはし/土橋正幸
種茂雅之
よした/吉田義男 甲子園球場
14 1963年 セ-巨人 ぶり/02年ぶり 06回目 4 3 パ-西/西鉄 かわかみ/川上哲治 なかしま/長島茂雄 いなお/稲尾和久 平和台球場
15 1964年 パ-ソフトバ/南海 ぶり/05年ぶり 02回目 4 3 セ-阪神 つるおか/鶴岡一人 スタンカ/J・スタンカ やまうち/山内一弘 甲子園球場
16 1965年 セ-巨人 ぶり/02年ぶり 07回目 4 1 パ-ソフトバ/南海 かわかみ/川上哲治 なかしま/長島茂雄 もりした/森下整鎮 後楽園球場
17 1966年 セ-巨人 連続/02年連続 08回目 4 2 パ-ソフトバ/南海 かわかみ/川上哲治 しはた/柴田勲 わたなへ/渡辺泰輔 後楽園球場
18 1967年 セ-巨人 連続/03年連続 09回目 4 2 パ-オリック/阪急 かわかみ/川上哲治 もり/森昌彦 あたち/足立光宏 西宮球場
19 1968年 セ-巨人 連続/04年連続 10回目 4 2 パ-オリック/阪急 かわかみ/川上哲治 たかた/高田繁 なかいけ/長池徳二 後楽園球場
20 1969年 セ-巨人 連続/05年連続 11回目 4 2 パ-オリック/阪急 かわかみ/川上哲治 なかしま/長島茂雄 なかいけ/長池徳二 西宮球場
21 1970年 セ-巨人 連続/06年連続 12回目 4 1 パ-ロッテ かわかみ/川上哲治 なかしま/長島茂雄 いいし/井石礼司 東京スタジアム
22 1971年 セ-巨人 連続/07年連続 13回目 4 1 パ-オリック/阪急 かわかみ/川上哲治 すえつく/末次民夫 やまた/山田久志 後楽園球場
23 1972年 セ-巨人 連続/08年連続 14回目 4 1 パ-オリック/阪急 かわかみ/川上哲治 ほりうち/堀内恒夫 あたち/足立光宏 西宮球場
24 1973年 セ-巨人 連続/09年連続 15回目 4 1 パ-ソフトバ/南海 かわかみ/川上哲治 ほりうち/堀内恒夫 のむら/野村克也 後楽園球場
25 1974年 パ-ロッテ ぶり/24年ぶり 02回目 4 2 セ-中日 かねた/金田正一 ひろた/弘田澄男 たかき/高木守道 中日スタヂアム
26 1975年 パ-オリック/阪急 01/初優勝 4 2 0 セ-広島 うえた/上田利治 やまくち/山口高志 やまもと/山本浩二 西宮球場
27 1976年 パ-オリック/阪急 連続/02年連続 02回目 4 3 セ-巨人 うえた/上田利治 ふくもと/福本豊 しはた/柴田勲 後楽園球場
28 1977年 パ-オリック/阪急 連続/03年連続 03回目 4 1 セ-巨人 うえた/上田利治 やまた/山田久志 こうの/河埜和正 後楽園球場
29 1978年 セ-ヤクルト 01/初優勝 4 3 パ-オリック/阪急 ひろおか/広岡達朗 おおすき/大杉勝男 あたち/足立光宏 後楽園球場
30 1979年 セ-広島 01/初優勝 4 3 パ-オリッ/近鉄 こは/古葉竹識 たかはし/高橋慶彦 いもと/井本隆 大阪球場
31 1980年 セ-広島 連続/02年連続 02回目 4 3 パ-オリッ/近鉄 こは/古葉竹識 ライトル/J・ライトル おかわ/小川亨 広島市民球場
32 1981年 セ-巨人 ぶり/08年ぶり 16回目 4 2 パ-日本ハム ふした/藤田元司 にしもと/西本聖 いのうえ/井上弘昭 後楽園球場
33 1982年 パ-西武 ぶり/24年ぶり 04回目 4 2 セ-中日 ひろおか/広岡達朗 ひかしお/東尾修 かみかわ/上川誠二 ナゴヤ球場
34 1983年 パ-西武 連続/02年連続 05回目 4 3 セ-巨人 ひろおか/広岡達朗 おおた/大田卓司 にしもと/西本聖 西武ライオンズ球場
35 1984年 セ-広島 ぶり/04年ぶり 03回目 4 3 パ-オリック/阪急 こは/古葉竹識 なかしま きよゆき/長嶋清幸 やまおき/山沖之彦 広島市民球場
36 1985年 セ-阪神 01/初優勝 4 2 パ-西武 よした/吉田義男 ハアス/R・バース いしけ/石毛宏典 西武ライオンズ球場
37 1986年 パ-西武 ぶり/03年ぶり 06回目 4 1 3 セ-広島 もり/森祇晶 くとう/工藤公康 たつかわ/達川光男 広島市民球場
38 1987年 パ-西武 連続/02年連続 07回目 4 2 セ-巨人 もり/森祇晶 くとう/工藤公康 しのつか/篠塚利夫 西武ライオンズ球場
39 1988年 パ-西武 連続/03年連続 08回目 4 1 セ-中日 もり/森祇晶 いしけ/石毛宏典 うの/宇野勝 西武ライオンズ球場
40 1989年 セ-巨人 ぶり/08年ぶり 17回目 4 3 パ-オリッ/近鉄 ふした/藤田元司 こまた/駒田徳広 あらい/新井宏昌 藤井寺球場
41 1990年 パ-西武 ぶり/02年ぶり 09回目 4 0 セ-巨人 もり/森祇晶 テストラアテ/O・デストラーデ おかさき/岡崎郁 西武ライオンズ球場
42 1991年 パ-西武 連続/02年連続 10回目 4 3 セ-広島 もり/森祇晶 あきやま/秋山幸二 かわくち/川口和久 西武ライオンズ球場
43 1992年 パ-西武 連続/03年連続 11回目 4 3 セ-ヤクルト もり/森祇晶 いしい/石井丈裕 おかはやし/岡林洋一 神宮球場
44 1993年 セ-ヤクルト ぶり/15年ぶり 02回目 4 3 パ-西武 のむら/野村克也 かわさき/川崎憲次郎 きよはら/清原和博 西武ライオンズ球場
45 1994年 セ-巨人 ぶり/05年ぶり 18回目 4 2 パ-西武 なかしま/長嶋茂雄 まきはら/槙原寛己 きよはら/清原和博 東京ドーム
46 1995年 セ-ヤクルト ぶり/02年ぶり 03回目 4 1 パ-オリックス のむら/野村克也 オマリイ/T・オマリー こはやし/小林宏 神宮球場
47 1996年 パ-オリックス ぶり/19年ぶり 04回目 4 1 セ-巨人 おおき/仰木彬 ニイル/T・ニール にし/仁志敏久 グリーンスタジアム神戸
48 1997年 セ-ヤクルト ぶり/02年ぶり 04回目 4 1 パ-西武 のむら/野村克也 ふるた/古田敦也 まつい かすお/松井稼頭央 神宮球場
49 1998年 セ-横浜 ぶり/38年ぶり 02回目 4 2 パ-西武 こんとう/権藤博 すすき/鈴木尚典 おおつか/大塚光二 横浜スタジアム
50 1999年 パ-ソフトバン/ダイエー ぶり/35年ぶり 03回目 4 1 セ-中日 おう/王貞治 あきやま/秋山幸二 かわかみ/川上憲伸 ナゴヤドーム
51 2000年 セ-巨人 ぶり/06年ぶり 19回目 4 2 パ-ソフトバン/ダイエー なかしま/長嶋茂雄 まつい/松井秀喜 しようしま/城島健司 東京ドーム
52 2001年 セ-ヤクルト ぶり/04年ぶり 05回目 4 1 パ-オリッ/近鉄 わかまつ/若松勉 ふるた/古田敦也 ロオス/T・ローズ 神宮球場
53 2002年 セ-巨人 ぶり/02年ぶり 20回目 4 0 パ-西武 はら/原辰徳 におか/二岡智宏 カフレラ/A・カブレラ 西武ドーム
54 2003年 パ-ソフトバン/ダイエー ぶり/04年ぶり 04回目 4 3 セ-阪神 おう/王貞治 すきうち/杉内俊哉 かねもと/金本知憲 福岡ドーム
55 2004年 パ-西武 ぶり/12年ぶり 12回目 4 3 セ-中日 いとう/伊東勤 いしい/石井貴 いのうえ/井上一樹 ナゴヤドーム
56 2005年 パ-ロッテ ぶり/31年ぶり 03回目 4 0 セ-阪神 ハレンタイン/B・バレンタイン いまえ/今江敏晃 やの/矢野輝弘 甲子園球場
57 2006年 パ-日本ハム ぶり/44年ぶり 02回目 4 1 セ-中日 ヒルマン/T・ヒルマン いなは/稲葉篤紀 かわかみ/川上憲伸 札幌ドーム
58 2007年 セ-中日 ぶり/53年ぶり 02回目 4 1 パ-日本ハム おちあい/落合博満 なかむら/中村紀洋 たるひつしゆ/ダルビッシュ有 ナゴヤドーム
59 2008年 パ-西武 ぶり/04年ぶり 13回目 4 3 セ-巨人 わたなへ/渡辺久信 きし/岸孝之 ラミレス/A・ラミレス 東京ドーム
60 2009年 セ-巨人 ぶり/07年ぶり 21回目 4 2 パ-日本ハム はら/原辰徳 あへ/阿部慎之助 たかはし/高橋信二 札幌ドーム
61 2010年 パ-ロッテ ぶり/05年ぶり 04回目 4 1 2 セ-中日 にしむら/西村徳文 いまえ/今江敏晃 わた/和田一浩 ナゴヤドーム
62 2011年 パ-ソフトバンク ぶり/08年ぶり 05回目 4 3 セ-中日 あきやま/秋山幸二 こくほ/小久保裕紀 よしみ/吉見一起 福岡Yahoo!JAPANドーム
63 2012年 セ-巨人 ぶり/03年ぶり 22回目 4 2 パ-日本ハム はら/原辰徳 うつみ/内海哲也 いなは/稲葉篤紀 東京ドーム
64 2013年 パ-楽天 01/初優勝 4 3 セ-巨人 ほしの/星野仙一 みま/美馬学 ちようの/長野久義 Kスタ宮城
65 2014年 パ-ソフトバンク ぶり/03年ぶり 06回目 4 1     セ-阪神 あきやま/秋山幸二 /うちかわ内川聖一 /メツセンシヤアR・メッセンジャー 福岡ヤフオク!ドーム
66 2015年 パ-ソフトバンク 連続/02年連続 07回目 4 1   セ-ヤクルト くどう/工藤公康 /イ李大浩 /やまだ山田哲人 神宮球場
67 2016年 パ-日本ハム ぶり/10年ぶり 03回目 4 2   セ-広島 くりやま/栗山英樹 レアアト/B・レアード エルトレツト/B・エルドレッド マツダスタジアム
68 2017年 パ-ソフトバンク ぶり/2年ぶり 08回目 4 2 セ-DeNA くどう/工藤公康 サフアテ/D・サファテ みやざき/宮崎敏郎 福岡ヤフオク!ドーム
69 2018年                              
  • 対戦成績はセ・リーグの35勝、パ・リーグの33勝(2017年まで)。
  • 原則として最高殊勲選手(MVP)は優勝球団から、敢闘賞は敗退球団から表彰するが、例外として1956年の敢闘賞は優勝した西鉄から選出された。

チーム別成績[編集]

  • 太字の項目は最多数を表す。球団の列のソートボタンで元の順序に戻る。
  • 松竹は大洋(現・DeNA)に、近鉄はオリックスにそれぞれ吸収合併されたため記録としては※特記事項となる。
球団 出場 優勝 敗退 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 最新出場年度 最新優勝年度 決定球場
(対戦相手) (対戦相手) (当時球場名)
01/巨人 34 22 12 198 109 87 2 .556 2013年(楽天) 2012年(日本ハム) 東京ドーム
02/西武(西鉄) 21 13 8 130 68 60 2 .531 2008年(巨人) 2008年(巨人) 東京ドーム
03/ソフトバンク (南海・ダイエー) 17 8 9 99 48 50 1 .490 2017年(DeNA) 2017年(DeNA) 福岡ヤフオク!ドーム
04/ヤクルト 7 5 2 41 24 17 0 .585 2015年(ソフトバンク) 2001年(近鉄) 明治神宮野球場
05/オリックス (阪急) 12 4 8 70 31 37 2 .456 1996年(巨人) 1996年(巨人) グリーンスタジアム神戸
06/ロッテ (毎日・大毎) 6 4 2 32 17 14 1 .548 2010年(中日) 2010年(中日) ナゴヤドーム
07/日本ハム(東映) 7 3 4 41 19 21 1 .475 2016年(広島) 2016年(広島) MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
08/広島 7 3 4 48 20 25 3 .444 2016年(日本ハム) 1984年(阪急) 広島市民球場
09/中日 10 2 8 60 23 36 1 .390 2011年(ソフトバンク) 2007年(日本ハム) ナゴヤドーム
10/DeNA (大洋・横浜) 3 2 1 16 10 6 0 .625 2017年(ソフトバンク) 1998年(西武) 横浜スタジアム
11阪神 6 1 5 36 13 22 1 .361 2014年(ソフトバンク) 1985年(西武) 西武ライオンズ球場
12楽天 1 1 0 7 4 3 0 .571 2013年(巨人) 2013年(巨人) 日本製紙クリネックススタジアム宮城
13/近鉄 4 0 4 26 10 16 0 .385 2001年(ヤクルト) 02/日本一経験なし / 現存しない球団
14/松竹 1 0 1 6 2 4 0 .333 1950年(毎日) 01/日本一経験なし / 現存しない球団

ギャラリー[編集]

エピソード[編集]

名称[編集]

第1回(1950年)から第4回(1953年)については、メジャーリーグベースボールを参考にした『日本ワールドシリーズ』という名称だった。

日本シリーズ」の読み方については以前は「にほん-」が主流だった。2000年頃から各報道機関ではなるべく「日本シリーズ」を「にっぽん-」と読むように通達が出ている。また、英文名称は「Nippon Series」とされている。

スポンサー[編集]

これまで日本シリーズでは大会協賛スポンサーとなる企業・団体がなかったが、2011年から2013年までゲームソフト大手のコナミ株式会社(後のコナミホールディングス株式会社)[注 4]が大会特別協賛スポンサーとなり、大会名も『KONAMI日本シリーズ(西暦年度)(コナミ・にっぽんシリーズ)』として開催された。なお、コナミは過去に2005年-2007年に『アジアシリーズ』に「KONAMI CUP」として特別協賛したことがある。

2014年-2018年三井住友銀行が冠スポンサーとなり、「SMBC日本シリーズ」として開催される[4][5]。なお、SMBCは本大会特別協賛を機に、2014年10月1日より本大会を主催する日本野球機構の協賛スポンサー「NPBパートナー」の締結を結んだ[6]

試合開始時刻[編集]

かつて日本シリーズは開催される10月頃は冬に向かう時期で寒くなることから、平日であってもデーゲームで試合が開始されていた。

日本シリーズが史上初めてナイトゲームで開かれたのは1964年(第15回)の阪神タイガース南海ホークスだった。これは東京オリンピックの開催の妨げにならないようにとの配慮で、開会式が予定された10月10日までに全ての日程を消化させることにしていた。本来は第1戦が9月29日、第7戦は10月7日であったが、セントラル・リーグの優勝決定がずれ込んだ上に雨天順延が入り、10月10日に最終戦を開催せざるを得なかった。これが影響してか、シリーズの平均観客動員は歴代最低を記録したため、翌1965年からは元のデーゲーム開催に戻すことにした。

だが平日開催ともなると会社や学校を休まない限り試合の観戦が困難となったり、テレビの視聴率の問題にも関わることから1994年(第45回、読売ジャイアンツ対西武ライオンズ)では試験的に平日開催の第3-5戦(西武ライオンズ球場)に限りナイトゲームで実施。その評判が高かったこともあって、1995年(第46回、オリックス・ブルーウェーブヤクルトスワローズ)以後は全試合に拡大した。

2011年の第1戦は17年ぶりにデーゲームで行われた[7]。これは中継権を獲得したフジテレビで同日のゴールデンタイムに『ワールドカップバレー2011』を放送したためである。

コールドゲーム[編集]

2005年(第56回)の千葉ロッテマリーンズ対阪神タイガース第1戦(10月22日 千葉マリンスタジアム)7回裏1アウト、濃霧のため試合が中断し天気が回復しなかったためそのままコールドゲームとなった。天候災害でのコールドは1953年(第4回)の読売ジャイアンツ対南海ホークス第3戦の8回終了時点で降雨コールドゲームになって以来52年ぶりであるが、濃霧による中断からそのまま試合打ち切りとなったのはシリーズ史上初。

なお、コールドゲームで優勝決定となった試合はこれまで一度もない。

変則的な開催日程[編集]

開催日程および開催会場が変則的な形となった例は以下の通り。

  1. 1950年は開催会場を試合ごとに変えて行った。第1戦から明治神宮野球場後楽園球場阪神甲子園球場阪急西宮球場中日球場大阪球場の各球場である。この年は4勝2敗で毎日オリオンズが初代王者に輝いたが、第6戦で松竹ロビンスが勝って3勝3敗になった時は第7戦は後楽園球場で行われる予定だった(連戦か、移動日を挟むかの詳細不明)。
  2. 1953年は第4戦までは通常通りだったが第5戦から第7戦は大阪球場、阪神甲子園球場[注 5]、後楽園球場の順で開かれた。これは当時の規定に「第1、第3、第5、第7試合と第2、第4、第6試合の使用球場は毎年両リーグが交互にこれを指定する。ただし、第1、第2試合と第3、第4試合と第5、第6試合の使用球場はそれぞれ連続して同一地域にある球場を指定する」とあったため。この年の偶数試合の球場指定権はセ・リーグにあり「大阪よりも収容能力の大きい甲子園ならば収益力が高い」との思惑を持っていたが、その思惑は外れ、入場者数は6346人であった。なおこの年は日米野球が2大会組まれた[注 6]影響もあり、本来設けられるべき移動・休養日がなく、2試合ごとに試合当日移動をこなすという強行軍だった。
  3. 1962年東映フライヤーズ主催による第5戦と1978年ヤクルトスワローズ主催の4試合全ては、神宮球場の学生野球開催の都合で、後楽園球場で代替開催した。
  4. 1974年ロッテオリオンズ主催の第3戦 - 第5戦は施設上の問題もあり県営宮城球場ではなく後楽園球場を使用した[注 5]
  5. 1979年1980年近鉄バファローズ主催全ゲームは日本生命球場の収容人数が日本シリーズ開催基準の3万人に満たなかったこと[注 7]藤井寺球場も照明設備が設置されていなかったことにより当時南海ホークスの本拠地であった大阪球場で代替開催した。
  6. 1981年は両リーグの出場チームが、本拠地がともに後楽園球場である読売ジャイアンツ日本ハムファイターズだったため、全6戦が同球場で開催された(後楽園シリーズ)。
  7. 1986年は第1戦は引き分けで始り広島東洋カープが3連勝したが、西武ライオンズも3連勝し第7戦終了時点で3勝3敗1分になってしまったため、急遽第7戦で使用した広島市民球場で初の第8戦以降を行って勝敗を決することとなった。結果は第8戦で西武が勝利し決着がついたが、当時のルールでは第8戦以降も回数無制限ではなく、仮に引き分けならば1日の移動日を設けて西武ライオンズ球場で第9戦以降も行うことになっていた。
  8. 2000年は読売ジャイアンツと福岡ダイエーホークスで対戦することとなったが、この3年前の1997年に大規模な国際学術集会の会場を探していた日本脳神経外科学会から貸し出し依頼を受けた福岡ドームが日本シリーズの日程と重なる2000年10月24日から27日までを球団の許可なく貸し出してしまっていた。これは1997年当時ホークスは南海時代から続く20年連続のBクラスであったため、リーグ優勝の可能性が低いと見越してのものである。ところが翌1998年にAクラス入りを果たし、日本シリーズの開催可能性が高まったため球団が日本脳神経外科学会に日程変更を求めたが、各国から2万人以上の人員が集結する大規模な総会であり、すでに様々な関連の手配が終わっていることもあり断られた。そこで中内正球団オーナー代行(当時)がシリーズ開催地のセ・パ入れ替え、シリーズ日程そのものの変更、他のパ・リーグチームの本拠地球場での開催、九州内の他球場での開催等を検討・要請したが、いずれも不可能となった。日本脳神経外科学会側からも一部日程を短縮して時間帯を空けるなどの協力を得られたこともあり、「東京ド・東京ド・福岡ド・休み・休み・福岡ド・福岡ド・東京ド・東京ド」と言う移動日なしの9日間変則日程で行うことが8月21日に発表された。なおシリーズ終了後、球団は開催日程確保を怠ったとして日本プロ野球機構から制裁金3000万円(球団または個人への制裁金として最高額)を科された。
  9. 2010年台風14号が接近する恐れがあり、もし10月30日10月31日のナゴヤドームでの試合が中止となった場合は、本来なら第2・3戦の間の移動日はそのままとし、第5・6戦の移動日を割愛して実質最大5連戦とする日程になるところを、テレビの全国中継が4試合しかない(第1・2・5戦は衛星放送のみ。地上波は県域放送だけ)ことを配慮する形で、第2・3戦の移動日を割愛して最大5連戦として、第5・6戦の移動日はそのままとする日程が設定されたが、台風の影響がなくなったため、この事例はなくなった。

ビデオ判定[編集]

  • 2015年・第5戦、福岡ソフトバンクホークス・李大浩の打球は左翼ポールの上を通過し、左翼線審はポールを巻いたとして本塁打と判定したが、東京ヤクルトスワローズ・真中満監督から「ファウルではないのか」と物言いがつき、審判団による7分にも及ぶビデオ判定を経て、判定は覆らず本塁打となった。なお、NPBにおいて2010年にホームランを巡るビデオ判定が導入されて以来、シリーズでのビデオ判定は史上初[注 8][8][9]
  • 2016年・第2戦では同年より導入された本塁クロスプレーでのビデオ判定が行われた。6回裏、無死二塁の場面で広島東洋カープ・菊池涼介がバントの構えからバスターに切り替えて打った打球はレフト前へ抜ける。これを見た二塁走者の田中広輔は本塁へ向かった。日本ハム左翼手・西川遥輝から捕手・大野奨太へ際どいタイミングで返球され、球審の白井一行はアウトと宣告した。これに広島・緒方孝市監督がビデオ判定を要求、審判団の協議によりビデオ判定が行われた。その結果、「大野のタッチより先に田中の手が本塁に触れていた」として、判定を覆して田中の生還を認めた[10]
    • 同年では2016年・第5戦にも、2回表、無死一塁の場面で広島の下水流昂札幌ドームフェンス上で跳ね上がる打球を放つ。審判はインプレーと判定し、一塁走者小窪哲也・打者下水流はそれぞれ三塁・二塁上で止まったが、緒方監督が本塁打ではないかとビデオ判定を要求した。審判団はビデオ判定の結果、打球はフェンストップで跳ね返ったものと判断し、判定は覆らず、無死二・三塁で試合は再開された。

全試合同一都道府県内での開催[編集]

1970年の開催は両リーグの出場チームが、文京区の後楽園球場に当時本拠地を置いていた巨人と、荒川区の東京スタジアムを当時本拠地としていたロッテであり、全試合が東京都での開催となったため、史上初めて同一都道府県内のみでの開催となった(東京シリーズ)。同一都道府県での日本シリーズはこの1970年と上述の1981年(後楽園シリーズ)の2例のみ。2015年現在は、2008年にオリックスが大阪府をフランチャイズ[注 9]とし、セ・パ両リーグの球団がともに本拠地を置く都道府県がないため、通常のフランチャイズ制度下では同一都道府県で開催されることはない。

テレビ放送[編集]

地上波系列の全国放送[編集]

2010年までは基本的にホームゲームの球団が推薦した放送局と直接交渉し、その放送局の属するネットワークにより全国生中継された(通常レギュラーシーズンの放送を頻繁に行う局が推薦され、生放送される)。しかし2010年の日本シリーズで地上波全国中継が実施されない試合が3試合あったことを受けて、2011年は進出球団が放送局を推薦したうえで、テレビ中継協賛スポンサーの広告代理店にその放送局への中継交渉を行う方式をとった[11](それでも、通常レギュラーシーズンの放送を頻繁に行う局が優先的に推薦されることに変わりはない)。これ以降の中継では放送局の番組編成の都合から、試合開始時間が繰り上がる事例が発生している(2011年の第1戦、2016年の第5戦)。

  • セントラル・リーグの一部の球団では、読売ジャイアンツ(日本テレビ)、中日ドラゴンズ(CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知、三重テレビ)、東京ヤクルトスワローズ(フジテレビ)、横浜DeNAベイスターズ(TBS)、といったように特定の放送局に本拠地主催試合の放映権が与えられている。これらの球団が日本シリーズに出場した場合、レギュラーシーズン同様に放映権もこれらの放送局の属するネットワークの系列局が必ず推薦される。特に前2者の球団の場合は新聞社系列故に系列外局に対する締め出しが非常に強く、放映権が与えられていない放送局には日本シリーズの放映権も推薦させないほどの徹底ぶりである。
  • 阪神タイガース広島東洋カープについては各局に放映権がほぼ均等に分配されているが、阪神タイガースの場合は朝日放送テレビに水曜日と日曜日の試合の放映権を優先させており、阪神タイガースが日本シリーズに出場した場合の放映権もそれを踏襲している。従って、セ・リーグ球団の開催試合においては、テレビ朝日・ANNネットワークの系列局が推薦されるのは、阪神タイガースが日本シリーズに出場した場合の水曜日と日曜日の試合、広島東洋カープが出場した場合、東京ヤクルトスワローズが出場し、かつフジテレビが独占しなかった場合の本拠地開催の一部の試合にほぼ限定される。
  • 千葉ロッテマリーンズなどパシフィック・リーグの一部の球団が進出した場合、テレビ東京TXNネットワークの系列局が推薦される場合があり、その場合は系列局が少ないため地上波で生中継を見られる地域は他系列に比べ大幅に少なくなる(セ・リーグ側はこれまで中日ドラゴンズが進出した場合のみに放送権を得ている)。そのため、衛星放送NHK BS1(以前はBShiも)での放送で補完することになる(テレビ東京系列のBSジャパンでの放送は現状未実施)。
  • 1970年と1974年は日中の開催で、一部の局ではローカルセールスの時間帯であったことから、特に東京12チャンネルとの結びつきが強い地方局への番組販売(中京圏は本来なら日経資本の中京テレビで中継されるものだったが、UHFの視聴世帯がまだ少なかったため、名古屋テレビで中継。近畿地方は1970年の第3戦と1974年の第5戦は当時クロスネット局の関係にあった毎日放送(MBS)で、1970年の第4戦は当時から東京12チャンネルの準キー局扱いであった近畿放送サンテレビで中継)にて同時放送が行われた。
  • しかし、ナイトゲーム開催以後の6回(試合自体がなかった回は除く 以下同文)の中継は系列局の編成の都合から生放送はTXN系列5局と中京・近畿の独立県域局を視聴できる地域に限られており、2003年は地方局には90分に編集した録画中継版を販売して当日深夜(翌日未明)に放送した局もあったが、2005年以降はそれも行われず、系列のない大多数の県ではTXNの実況を見られない状態となっている(BSジャパン・TX系列のCS(AT-X日経CNBC)でも中継されていないため)[注 10]。また系列局はあっても中継局がないなどの理由で視聴できない地域や(特にテレビ北海道)、ケーブルテレビ区域外再放送でも視聴できない地域があることから(技術の問題、地元系列局の反対等)、「全域で放送できなければ放送権を取るな!」という苦情もある。特に2003年や2007年のように、中継権を得た試合が優勝決定戦になるとその傾向が強まる。
  • 1999年・ダイエー対中日も一度第7試合をテレビ東京系列(制作・TXN九州)で放送することが決まっていたが、系列局が少ないのと、衛星放送の普及が進んでいない(デジタル放送の開局は2000年12月1日)という理由でANN九州朝日放送)に移譲したことがあった。しかし、ダイエーが4勝1敗で優勝し、第7戦そのものが開催されなかった。
  • また、1998年に日本ハム[注 11]2001年にダイエーがそれぞれ進出した場合、1998年は第4戦、2001年は第7戦の放送が検討されていたが、優勝を逃したため実現に至らなかった。
  • なおANN(NET→ANB→EX)系は1970年代後半のUHF局開局以後1990年代平成新局の開局ラッシュ時まで、基幹都市から段階を追い、最終的に基幹都市以外の地方系列を増やしているが、系列局が少なかった時代はその推薦をなかなか受けられなかったため中継ができた試合は限られた。特に南海ホークスと結びつきの強い毎日放送が1975年3月30日腸捻転ネットチェンジが解消するまではANN(NET)の系列だったことから毎日放送発の南海戦の日本シリーズの放送は1959年の対巨人戦の第1・2戦[注 12]、南海戦以外では1962年・阪神対東映の第1・6・7試合の3試合のみで、合計5試合に留まった[注 13]
  • また、NHKでも1991年までは主に最速で優勝が決まる第4試合を中心に(例外あり)NHK総合テレビで生中継されていたが、衛星放送の普及による番組編成の見直しから地上波での放送は91年以降行われていない。独占放送は前述・1974年の中日対ロッテ第6戦(ロッテが優勝を決めた試合)を最後に途絶えている。

県域独立局[編集]

  • 1985年・阪神対西武の第3・5試合が兵庫県域局のサンテレビ兵庫県ローカル)で放送された。独立県域局ではネット受け以外で史上初の放送権となったが、この時は第3戦が朝日放送、第5戦はよみうりテレビとの並列放送だったので、独占放送ではなかった。なおこの後2003年・阪神対ダイエー2005年・阪神対ロッテの2回はサンテレビが主管試合の放映権を得ることはなかったが、兵庫県内では隣府県のTXN系県域局のテレビ大阪テレビせとうち[注 14]が受信できない地域への配慮としてテレビ東京製作のそれぞれパ・リーグ側主管試合(2003年第7試合、2005年第2試合)をネットしている。
  • 2010年は第1・2・5試合は全国で地上波の中継が行われなかった。中部日本放送(CBC)が系列局であるTBS系列に優先権があったが、時間帯が『世界バレー』中継と重なったことからTBSは放送権を獲得しなかった。但し、第1戦はナゴヤドームがある愛知県ローカル局のテレビ愛知[注 15]、第2戦は中京広域圏の東海テレビで、第5戦は千葉マリンスタジアムがある千葉県の県域独立局の千葉テレビでは千葉県ローカルで放送された。前述・阪神対西武の試合が広域放送(準キー局)との並列だったが、この試合の地上波放送は千葉テレビだけであるため、当初は史上初の「県域独立局独占中継」となる可能性があった。その後、第5戦の中継に関しては、11月3日に中部日本放送が急遽自社制作を実施し東海地方ローカルでの放送を受け持つことになり、千葉テレビ制作の中継が三重テレビにも同時ネットされることとなった[12]が、それでも関東地方では千葉テレビだけでの放送であり、キー局を含め「関東地方テレビ局独占中継」の形となった。

衛星放送[編集]

系列局ごとによって対応が異なる。プロ野球中継放送実績の無い放送局は原則として省略する。

CS放送[編集]

日本テレビ系列

テレビ朝日系列

TBS系列

  • TBSチャンネル2で地上波と同じ内容で完全録画中継。2013年までは編成の特殊性の関係で放送実績がなかった。(なお、2013年まではTBSニュースバードで同趣旨を行っていた<過去中日・ソフトバンク主催試合で実績あり。但し2011年の一部の試合は地上波での放送は実況を差し替えてあった>が、ニュースバードでの放送は同年度[注 18]をもって終了となっている)。なお、同じJNN系列の毎日放送(MBS)傘下のGAORAでは放送実績なし。

テレビ東京系列

  • CSでの放送実績なし(直轄の日経CNBCAT-Xはそれぞれ編成の特殊性の関係上、放送できない。)。

フジテレビ系列

その他 2010年は地上波全国放送が行われない試合があったため、J SPORTSで第1・2・5試合を自主制作(うち、第1戦はテレビ愛知の映像提供を受けて)で放送した。

FOX SPORTS ジャパンは放送実績なし。

BS放送[編集]

NHK

  • NHK-BSでは1998年・2002年を除いて放送実績がある。特に地上波でテレビ東京系の中継を行う場合は未放送地域へのカバーとして必ず行われる。2009年以降、BSではNHK BS1のみでの放送となり、他BS局では2012年のBS日テレでの録画ダイジェストを除いて放送されなくなった[注 19]
    • BS1 1989年 - 1993年(全試合中継録画)、1994年(第4・6戦。第1・2・3・5戦は中継録画)、1995年(第4戦)、1996年(第3戦)、1997年(第4戦)、1999年(第1・2戦)、2000年(第4・5戦)、2007年(第2・5戦)、2009年(第1・2・3・6戦)、2010年(第1・2・3・4・5戦)、2011年(第2・5・6・7戦)、2012年(第2・3・4戦)、2013年(第2・3・6・7戦)、2014年(第2・3・4・5戦)、2015年(第1・2・3戦)
    • BShi 2008年(第1・6・7戦)
    • BS1・BShi同時放送 2001年(第2戦)、2003年(第1・2・4・5・7戦)、2004年(第2・7戦)、2005年(第2戦)、2006年(第2・4戦)

日本テレビ系列

  • BS日テレでの放送実績なし(ただし2003年(第2戦、第5戦)、2012年(第1戦、第6戦)、2013年(第4戦、第5戦)は1時間のダイジェスト版として放送)。

テレビ朝日系列

  • BS朝日で2001年(第1・4戦。後者録画)、2002年(第3戦)、2003年(第3・6戦。後者録画)は完全中継で、また2006年(第3・5戦)、2007年(第1戦)、2008年(第2-5戦)はそれぞれ1時間のダイジェスト版を放送した。

TBS系列

  • BS-TBSでBS-i時代の2002年(第4戦)、2004年(第5戦)に放送実績がある。

テレビ東京系列

  • BSテレ東ではBSジャパン時代から放送実績なし。

フジテレビ系列

  • BSフジで2001年(第3・5戦)、2004年(第6戦)の放送実績がある。

その他 BS11TwellVFOXスポーツ&エンターテイメント・J SPORTS[注 20]での放送実績なし。

ラジオ放送[編集]

日本シリーズはNPB主催のため、レギュラーシーズンの放送権の有無に関わらず平等に中継することができる。2012年現在はJRN系列における東京ヤクルトスワローズのホームゲームが該当する。放送権は原則としてシリーズ全試合が対象。

NHKラジオ第1放送[13]TBSラジオ文化放送ニッポン放送は毎年生中継を実施、そのうちニッポン放送は開催球場問わず全試合自社制作となる。

なお、シリーズ期間中はナイターオフ編成のため、レギュラーシーズンとネットワーク編成が異なる上、ネット受けの放送を行わない局も出てくる。また、地元球団がある局では当該球団が出場した場合のみ放送する局もある。

ラジオ大阪は2006年以降、放送は行っていない[注 21]RFラジオ日本は2013年以降読売ジャイアンツのホームゲームのみ放送[注 22]。また、2017年を以ってTBSラジオがプロ野球中継から撤退したため、レギュラーシーズンでは文化放送・ニッポン放送がJRN系列局への裏送り放送を実施しているが、日本シリーズの対応については現時点では不明。

FMについては、埼玉西武ライオンズが進出した場合のみ、NACK5で放送する。

その他備考[編集]

  • 第2次戦力外通告は原則クライマックスシリーズ終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までだが、日本シリーズ出場チームは期限が4日間延長される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 変更当初は、アジアシリーズの日程が迫っていた事が移動日を省く理由とされていたが、同シリーズが開催されなくなった以降の年も、引き続き継続されている。
  2. ^ 具体例として、2016年では広島対日本ハムとなり、広島・札幌間の当日移動が不可能であるため、移動日を含めすべて1日順延とするとしている。[2]
  3. ^ 1994年はデーゲーム・ナイトゲーム併用のため、デーゲームの場合は18回まで。
  4. ^ 同グループではコナミデジタルエンタテインメントがNPBパートナー(オフィシャルスポンサー)を務めている。
  5. ^ a b 本来の保護地域以外での越県開催はこの2例のみ
  6. ^ 読売新聞社が招待したニューヨーク(現サンフランシスコ)・ジャイアンツの単独チームと、毎日新聞社が招待したアメリカ大リーグ選抜チームによる大会
  7. ^ 1975年のセ・リーグ代表・広島東洋カープの本拠地・旧広島市民球場は当時実勢収容人員が24,500人、2013年のパ・リーグ代表・東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・Kスタ宮城も28,120人(常設23,451人)で、規定の3万人を下回っていたが、いずれも開催されている
  8. ^ 同年9月12日の広島 - 阪神戦(甲子園)において、広島・田中広輔の打球をビデオ判定でボールインプレー(三塁打)としたが、後にNPBがホームランだったと誤審を認めて謝罪した経緯があり、CSならびに日本シリーズではセ・パ両リーグの統括が映像の検証に加わることとなった。
  9. ^ 近鉄との合併から3年間(2005年-2007年)は特例措置として阪神(フランチャイズ制度導入後はこの3年間を除き兵庫県のみ)とオリックスが大阪府・兵庫県をダブルフランチャイズとしていた。
  10. ^ もっとも、これはテレビ東京系列に限らない。2005年の場合非開催分も含め3試合分をテレビ朝日系列が獲得し(第1・3・6試合)、一方でBS朝日による中継もなかったため、テレビ朝日系列のない県では第1・3戦が見られないという事態が生じた。
  11. ^ 日本ハムについてはこれまでテレビ朝日(ANN)系がほぼ独占的に放送(1981年の日本ハム主管3試合はテレ朝独占)していたが、1990年代中盤以後は主に週末のデーゲームを中心にした試合放送が強化されたことを受けて推薦されることが検討されたためである。
  12. ^ 読売テレビ、日本テレビ、NETとの4社共同制作・同時放送。そのうち第1戦が毎日放送主導、第2戦はよみうりテレビ主導での制作だった。なお後楽園に移ってからの第3・4戦もこの形態だったが日本テレビ主導での放送であった
  13. ^ また毎日放送は先に述べた1970年・ロッテ対巨人第3戦と1974年・ロッテ対中日第5戦の2試合において東京12チャンネルとのネット受けによる中継を行った。
  14. ^ いずれも兵庫県を放送対象地域とはしておらず、兵庫県内に中継局が設置できないため(ケーブルテレビ局の区域外再配信実施地域はある)
  15. ^ 放送時間は18:30 - 20:56。ただし、最大21:00まで延長あり。同じTXNネット局のテレビ大阪にもネットされた(19:00 - 20:54。「土曜スペシャル」を差し替えて放送。延長なし)。なおテレビ愛知では、「出没!アド街ック天国」放送中も、試合終了まで2画面放送を行っていた。
  16. ^ 2014年は第7戦に持ち越された場合に、地上波で放送されることになっていたが、日テレジータス・日テレプラスでの放送については未定となっていた(第5戦で終了したため放送もなし)。また2014年をもって野球中継が終了の為、放送は終了となった。
  17. ^ なお、2014年第1回戦はスカイ・エーにて放送
  18. ^ 実際は2014年5月までTBSチャンネル・ニュースバード並列で放送
  19. ^ 一部試合はNHKワールド・プレミアムでも海外向けに同時放送された実績もある。
  20. ^ 2010年にJ SPORTSで放送した当時BS放送は開始されていなかった。
  21. ^ 2008年以降、プロ野球レギュラーシーズンの放送も行われていない。
  22. ^ 2012年も出場したが放送はなかった。

出典[編集]

  1. ^ 巨人過去最高1億円余り 日本シリーズ分配金(47NEWS、2009年11月11日) Archived 2011年12月19日, at the Wayback Machine.
  2. ^ SMBC日本シリーズ2016・NPB公式サイトの開催概要より
  3. ^ 2015SMBC日本シリーズ開催概要より抜粋
  4. ^ “今年は「SMBC日本シリーズ2014」に、10・25開幕”. スポーツニッポン. (2014年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/01/kiji/K20140901008855310.html 2014年9月2日閲覧。 
  5. ^ 「日本シリーズ2014」特別協賛社に三井住友銀行(日本野球機構リリース 2014年10月3日閲覧)
  6. ^ NPBパートナーに「三井住友銀行」(日本野球機構NPBニュース 2014年10月1日 10月3日閲覧)
  7. ^ コナミ日本シリーズ2011 試合開始時間 - 日本野球機構オフィシャルサイト 2011年11月1日
  8. ^ 李大浩の2ラン、ビデオ判定 日本シリーズで初
  9. ^ 日本シリーズで初ビデオ判定 協議7分も判定覆らず
  10. ^ 【日本シリーズ】広島が連勝、勝負を分けたシリーズ史上初リプレー検証…ハムは4安打 スポーツ報知、2016年10月25日閲覧。
  11. ^ 日本シリーズ、今年は全試合を地上波で全国中継 産経新聞(2011年11月9日、2011年11月14日閲覧)
  12. ^ 「日本S第五戦をCBCが中継へ」(小見出しで「三重テレビも」と記載あり) 2010年11月3日付中日新聞朝刊。
  13. ^ 1963年から。1950年~1962年はNHKラジオ第2放送で放送された

関連項目[編集]

外部リンク[編集]