2015年の東京ヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2015年の東京ヤクルトスワローズ
成績
日本シリーズ敗退
日本S:1勝4敗(対ソフトバンク[1]
CS Final:4勝1敗(対巨人
セントラル・リーグ優勝
76勝65敗2分 勝率.539[2]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 堀澄也
経営母体 ヤクルト本社
監督 真中満
« 2014
2016 »

2015年の東京ヤクルトスワローズでは、2015年の東京ヤクルトスワローズにおける動向をまとめる。

この年の東京ヤクルトスワローズは、真中満監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 山田哲人
2 川端慎吾
3 ミレッジ
4 雄平
5 畠山和洋
6 ユウイチ
7 大引啓次
8 中村悠平
9 小川泰弘
2015年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- DeNA -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 ヤクルト 1.0 巨人 1.0 巨人 1.0 巨人 0.5 ヤクルト 1.0 巨人 1.5
3位 DeNA 1.0 阪神 5.0 ヤクルト 2.0 ヤクルト 1.5 巨人 1.0 阪神 6.0
4位 中日 2.0 中日 6.0 DeNA 2.0 広島 4.5 広島 4.5 広島 6.5
5位 阪神 2.5 ヤクルト 6.0 広島 3.5 DeNA 5.0 DeNA 8.5 中日 13.0
6位 広島 5.5 広島 6.5 中日 6.0 中日 9.0 中日 8.5 DeNA 14.5
期間
成績
15勝13敗
勝率.536
9勝15敗1分
勝率.375
11勝9敗
勝率.550
12勝9敗
勝率.571
14勝12敗
勝率.538
15勝7敗1分
勝率.682

[注 1]


2015年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東京ヤクルトスワローズ 76 65 2 .539 ---
2位 読売ジャイアンツ 75 67 1 .528 1.5
3位 阪神タイガース 70 71 2 .496 6.0
4位 広島東洋カープ 69 71 3 .493 6.5
5位 中日ドラゴンズ 62 77 4 .446 13.0
6位 横浜DeNAベイスターズ 62 80 1 .437 14.5

[2]

対戦成績[編集]

セントラル・リーグ
チーム ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ヤクルト - 12-13-0 12-13-0 14-11-0 13-11-1 17-8-0
巨人 13-12-0 - 16-9-0 10-15-0 14-10-1 15-10-0
阪神 13-12-0 9-16-0 - 8-15-2 16-9-0 14-11-0
広島 11-14-0 15-10-0 15-8-2 - 9-15-1 10-15-0
中日 11-13-1 10-14-1 9-16-0 15-9-1 - 10-15-0
DeNA 8-17-0 10-15-0 11-14-0 15-10-0 15-10-0 -

セ・パ交流戦[編集]

順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 12 6 0 .667 -
2位 北海道日本ハムファイターズ 11 6 1 .647 0.5
3位 埼玉西武ライオンズ 10 6 2 .625 1.0
4位 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 6 2 .625 2.0
4位 千葉ロッテマリーンズ 10 8 0 .556 2.0
4位 阪神タイガース 10 8 0 .556 2.0
7位 広島東洋カープ 9 9 0 .500 3.0
8位 東京ヤクルトスワローズ 8 9 1 .471 3.5
9位 オリックス・バファローズ 8 10 0 .444 4.0
10位 中日ドラゴンズ 7 10 1 .412 4.5
11位 読売ジャイアンツ 7 11 0 .389 5.0
12位 横浜DeNAベイスターズ 3 14 1 .176 8.5

クライマックスシリーズ[編集]

2015 マイナビ クライマックスシリーズ・セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 読売ジャイアンツ 東京ヤクルトスワローズ
10月14日(水) 第1戦 読売ジャイアンツ 4-1 東京ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月15日(木) 第2戦 読売ジャイアンツ 0-4 東京ヤクルトスワローズ
10月16日(金) 第3戦 読売ジャイアンツ 0-2 東京ヤクルトスワローズ
10月17日(土) 第4戦 読売ジャイアンツ 2-3 東京ヤクルトスワローズ
勝者:東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ[編集]

SMBC日本シリーズ2015
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月24日(土) 第1戦 東京ヤクルトスワローズ 2 - 4 福岡ソフトバンクホークス 福岡ヤフオク!ドーム
10月25日(日) 第2戦 東京ヤクルトスワローズ 0 - 4 福岡ソフトバンクホークス
10月26日(月) 移動日
10月27日(火) 第3戦 福岡ソフトバンクホークス 4 - 8 東京ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月28日(水) 第4戦 福岡ソフトバンクホークス 6 - 4 東京ヤクルトスワローズ
10月29日(木) 第5戦 福岡ソフトバンクホークス 5 - 0 東京ヤクルトスワローズ
優勝:福岡ソフトバンクホークス(2年連続7回目)

[1]

選手・スタッフ[編集]

2015 WBSCプレミア12選出選手[編集]

日本代表 オランダ代表
小川泰弘 バレンティン
中村悠平
川端慎吾
山田哲人

オールスターゲーム2015[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 バーネット 2
捕手 中村悠平 2
三塁手 川端慎吾
内野手 山田哲人 2
外野手 雄平 2
  • 太字はファン投票による選出、※印は選手間投票による出場、他は監督推薦による出場。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手





































小川泰弘 27 1 1 11 8 0 0 .579 168.0 152 18 48 128 66 58 3.11
石川雅規 25 1 1 13 9 0 0 591 146.2 150 16 28 90 59 50 3.39
石山泰稚 21 0 0 5 5 0 0 .500 111.1 118 7 38 78 50 45 3.64
成瀬善久 14 0 0 3 8 0 0 .273 79.1 83 16 21 46 46 42 4.76
新垣渚 15 0 0 3 10 0 0 .231 83.1 89 13 36 48 43 4.64

野手成績[編集]

色付きは規定打席(447打席)以上の選手



































川端慎吾 143 632 581 87 195 34 1 8 57 4 2 2 43 72 .336 .383
山田哲人 143 646 557 119 183 39 2 38 100 34 0 3 81 111 .329 .416
雄平 141 585 551 57 149 33 4 8 60 7 1 3 27 82 .270 .307
畠山和洋 137 584 512 64 137 26 0 26 105 0 0 8 62 92 .268 .344
中村悠平 136 502 442 36 102 14 0 2 33 3 14 2 40 80 .231 .299
  • 太字はリーグ最高。

タイトル・表彰[編集]

  • 中村悠平
    • ゴールデングラブ賞(捕手)
    • ベストナイン

その他の記録[編集]

  • 山田哲人
    • トリプルスリー(史上9人目)
    • 盗塁王と本塁打王の同時獲得(史上初)
    • 日本シリーズでの三打席連続本塁打(1試合3本塁打は史上初)

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 原樹理 投手 東洋大学 入団
2位 廣岡大志 内野手 智辯学園高 入団
3位 高橋奎二 投手 龍谷大学付属平安高 入団
4位 日隈ジュリアス 投手 高知中央高 入団
5位 山崎晃大朗 外野手 日本大学 入団
6位 渡邉大樹 内野手 専修大学松戸高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該球団間の対戦勝率(3)前年度順位で順位が決定される

出典[編集]

  1. ^ a b 2015年度日本シリーズ”. 2015年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 2015年 セントラル・リーグ”. 2016年6月15日閲覧。
  3. ^ スタメン2015年3月27日(金) vs. 広島 セ・リーグ 公式戦 マツダスタジアム”. 東京ヤクルトスワローズ. 2018年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]