1990年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1990年の読売ジャイアンツ
成績
日本シリーズ敗退
0勝4敗(対西武
セントラル・リーグ優勝
88勝42敗 勝率.677
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 藤田元司
« 1989
1991 »

1990年の読売ジャイアンツ(1990ねんのよみうりジャイアンツ)では、1990年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、2回目の藤田元司監督体制の2年目(通算5年目)のシーズンである。

概要[編集]

ヤクルトとの開幕戦を篠塚利夫の「疑惑の本塁打」でものにした巨人は翌日も投手の木田優夫のサヨナラ本塁打で連勝しスタートダッシュに成功。序盤は前年まで巨人の二軍監督だった須藤豊率いる大洋と首位争いを展開していたが、5月8日に謹慎明けの桑田真澄が大洋相手に完封して以降は一度も首位の座を明け渡さず、その後は大洋の急降下で首位を独走、9月8日には吉村禎章のサヨナラ本塁打でヤクルトを下し早々とリーグ優勝を決めた。首位独走の最大の要因は盤石の投手陣で、2年連続20勝の斎藤雅樹をはじめ、桑田と宮本和知が14勝、この年台頭した木田が12勝、さらに香田勲男も11勝と2桁勝利5人という充実ぶりだった。最終的に2位広島に22ゲーム差を付けた巨人は宿敵西武との日本シリーズに臨んだが、優勝決定からシリーズまで1ヶ月半空いたのが良くなかったのか、巨人は投打ともに終始西武に圧倒され、終わってみればチーム31年ぶりのスイープを喫し、敢闘賞の岡崎郁が「野球観が変わった」と口にするほどチームが受けたショックは大きく、翌年以降の戦いぶりに大きな影を落とすことになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 川相昌弘
2 篠塚利夫
3 クロマティ
4 原辰徳
5 岡崎郁
6 ブラウン
7 駒田徳広
8 中尾孝義
9 斎藤雅樹
1990年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 2.5 大洋 2.5 大洋 5.5 中日 12.0 広島 16.5 広島 22.0
3位 阪神 4.5 広島 8.0 広島 8.0 大洋 12.5 大洋 18.0 大洋 24.0
4位 ヤクルト 5.5 阪神 9.5 中日 9.0 広島 13.5 中日 18.5 中日 26.0
5位 中日 7.0 ヤクルト 9.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 16.0 ヤクルト 24.0 ヤクルト 30.0
6位 広島 7.5 中日 阪神 12.0 阪神 18.0 阪神 31.0 阪神 36.0
1990年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 88 42 0 .677 -
2位 広島東洋カープ 66 64 2 .508 22.0
3位 横浜大洋ホエールズ 64 66 3 .492 24.0
4位 中日ドラゴンズ 62 68 1 .477 26.0
5位 ヤクルトスワローズ 58 72 0 .446 30.0
6位 阪神タイガース 52 78 0 .400 36.0

日本シリーズ[編集]

1990年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月20日(土) 第1戦 西武ライオンズ 5-0 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月21日(日) 第2戦 西武ライオンズ 9-5 読売ジャイアンツ
10月22日(月) 移動日
10月23日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 0-7 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
10月24日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 3-7 西武ライオンズ
優勝:西武ライオンズ(2年ぶり9回目)

オールスターゲーム1990[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 藤田元司
投手 斎藤雅樹 2
木田優夫
捕手 山倉和博 9
一塁手 駒田徳広
三塁手 岡崎郁 2
遊撃手 川相昌弘
外野手 クロマティ 3
原辰徳 10
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/斎藤雅樹 27 27 19 6 3 20 5 0 876 224.0 177 17 52 2 146 2 0 59 54 2.17 1.02
/宮本和知 28 24 10 0 0 14 6 1 784 190.1 165 18 72 4 166 8 1 83 78 3.69 1.25
/桑田真澄 23 22 17 2 2 14 7 0 748 186.1 161 12 40 1 115 2 1 58 52 2.51 1.08
/木田優夫 32 17 13 1 2 12 8 7 711 182.2 130 21 51 4 182 5 0 56 55 2.71 0.99
/香田勲男 23 19 4 1 0 11 5 0 531 130.1 116 12 37 1 106 5 0 50 42 2.90 1.17
/槙原寛己 17 15 6 0 1 9 5 0 440 102.1 107 7 32 3 87 2 0 48 45 3.96 1.36
/水野雄仁 34 1 0 0 0 2 2 11 263 68.2 46 2 14 2 64 0 0 16 15 1.97 0.87
/吉田修司 21 4 1 0 0 3 3 1 203 46.1 39 3 30 4 37 4 0 19 19 3.69 1.49
/広田浩章 15 1 0 0 0 3 1 2 127 31.1 21 1 14 3 21 1 0 6 6 1.72 1.12
/加藤初 6 0 0 0 0 0 0 1 61 13.2 14 1 5 0 8 0 0 4 4 2.63 1.39

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/駒田徳広 130 528 470 70 135 27 3 22 234 83 7 3 0 5 51 6 2 70 11 .287 .356 .498 .854
/クロマティ 117 495 450 68 132 23 1 14 199 55 2 2 0 1 43 2 1 52 5 .293 .356 .442 .798
/緒方耕一 119 448 401 70 104 20 6 3 145 27 33 12 12 2 28 2 4 72 2 .259 .313 .362 .674
/原辰徳 103 425 366 58 111 17 1 20 190 68 6 4 0 4 52 3 3 64 4 .303 .391 .519 .910
/川相昌弘 94 406 309 53 89 19 2 9 139 32 9 5 58 4 32 0 3 34 4 .288 .356 .450 .806
/岡崎郁 102 403 356 52 103 24 6 6 157 49 2 1 1 4 41 1 1 50 10 .289 .361 .441 .802
/篠塚利夫 71 253 232 31 66 11 1 5 94 29 1 0 4 1 15 1 1 27 5 .284 .329 .405 .734
/村田真一 84 243 209 23 57 15 1 13 113 44 0 1 0 4 29 5 1 63 5 .273 .358 .541 .899
/ブラウン 70 242 227 26 64 13 0 7 98 29 0 1 0 1 12 1 2 43 6 .282 .322 .432 .754
/吉村禎章 84 241 208 26 68 11 0 14 121 45 0 0 0 1 29 6 3 25 4 .327 .415 .582 .997
/西岡良洋 94 192 169 21 42 8 2 4 66 23 2 1 7 3 11 0 2 20 7 .249 .297 .391 .688
/中尾孝義 56 135 114 17 29 2 0 7 52 18 0 0 2 4 14 4 0 20 3 .254 .326 .456 .782
/上田和明 59 130 110 21 23 5 1 2 36 7 4 4 10 0 8 0 2 21 3 .209 .275 .327 .602
/山倉和博 44 101 85 6 18 3 0 2 27 14 0 0 1 1 14 1 0 13 2 .212 .320 .318 .638
/井上真二 53 93 85 10 23 5 1 3 39 12 0 1 1 1 4 0 2 18 2 .271 .315 .459 .774
/大森剛 38 55 48 4 7 2 1 1 14 6 0 0 0 0 7 0 0 14 0 .146 .255 .292 .546
/福王昭仁 32 55 47 3 10 1 0 0 11 0 0 0 1 0 7 0 0 8 2 .213 .315 .234 .549
/勝呂博憲 20 25 22 2 3 0 0 0 3 1 0 0 0 1 2 0 0 9 0 .136 .200 .136 .336
/簑田浩二 17 24 20 3 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 4 0 0 5 1 .150 .292 .350 .642
/四條稔 15 23 22 1 6 1 1 0 9 3 0 0 0 0 1 1 0 7 1 .273 .304 .409 .713
/津末英明 18 18 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 5 1 .000 .333 .000 .333
/呂明賜 7 14 13 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .308 .357 .308 .665
/白幡隆宗 7 7 7 1 2 1 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .286 .286 .429 .714
/藤岡寛生 4 5 5 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
/佐藤洋 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
/石井雅博 5 2 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
/杉山直樹 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
/鴻野淳基 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

斎藤雅樹(投手、2年連続2度目)
村田真一(捕手、初受賞)
原辰徳(外野手、2年ぶり4度目)
斎藤雅樹(投手、初受賞)
駒田徳広(一塁手、2年連続2度目)
岡崎郁(三塁手、初受賞)
川相昌弘(遊撃手、2年連続2度目)

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 元木大介 内野手 上宮高 入団
2位 吉原孝介 捕手 川崎製鉄水島 入団
3位 藤崎靖彦 外野手 新日本製鐵八幡 入団
4位 阿部茂樹 捕手 秋田高 入団
5位 原正俊 投手 日本大学第二高 入団
6位 内田大孝 内野手 佐賀学園高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月5日閲覧。