コンテンツにスキップ

高見昌宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高見 昌宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県南牟婁郡鵜殿村(現:紀宝町[1]
生年月日 (1968-07-11) 1968年7月11日(56歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1986年 ドラフト外
初出場 1996年5月29日
最終出場 1996年9月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高見 昌宏(たかみ まさひろ、1968年7月11日 - )は、三重県出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物

[編集]

木本高校では2年夏の県大会ベスト4、秋は3位で東海地区大会に出場すると享栄高近藤真一の前に敗退し、甲子園には出場できなかった[1]。中学、高校共に4番捕手だった[1]。卒業後は愛知学院大学に進学予定だったが、1986年オフにドラフト外読売ジャイアンツへ入団した[1]

プロ10年目の1996年5月28日、16対2の大差がついた試合に仁志敏久の代打で初出場を果たし、プロ初打席を安打で飾るが、その後出番はなく二軍落ち。再昇格後、9月7日の対広島戦で初めて一軍マスクをかぶるが、木田優夫の球を捕れずサヨナラワイルドピッチを演じた。この投球は、「ワンバウンドもしていない球。すみません」[2]と本人が述べたように「実質的に捕逸」[2]と評され、またこの試合の延長10回表には無死二塁で送りバントを試みるも三塁封殺となる[2]ミスもあり、結局二軍落ちとなった[1]。その後は一軍での出場がなく、これが一軍で守備についた唯一の試合となった。その年は二軍では41試合で.277、7本と好調で、日本シリーズ第1戦で村田真一が負傷したため、急遽黒潮リーグから呼ばれて第2戦のベンチ入りをしている。

1997年限りで現役を引退[1]。引退後は二軍用具係[1]、読売ジャイアンツの一軍マネージャー等を務めるなど裏方としてチームを支え、2022年現在はホームタウン推進部長兼ジャイアンツ球場長を務めている。

詳細情報

[編集]

年度別打撃成績

[編集]
















































O
P
S
1996 巨人 2 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
通算:1年 2 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000

年度別守備成績

[編集]
年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1996 1 0 0 0 .―

記録

[編集]

背番号

[編集]
  • 69 (1987年 - 1993年)
  • 64 (1994年 - 1997年)

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、325ページ
  2. ^ a b c 読売新聞1996年9月8日17面

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]