荻原満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻原 満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1965-12-19) 1965年12月19日(53歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト外
初出場 1992年8月1日
最終出場 1992年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荻原 満(おぎわら みつる、1965年昭和40年〉12月19日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

来歴・人物[編集]

仙台商業高時代はエースで6番を打ち、1983年(昭和58年)夏の甲子園に出場した[1]。3回戦に進むが宇部商業高秋村謙宏に完封負けを喫する[2]

高校卒業後は、東海大学へ進学し硬式野球部に入部。佐藤真一と同期であった。首都大学リーグでは在学中3回優勝。1985年(昭和60年)秋季リーグでは最高殊勲選手、最優秀投手となる。リーグ通算48試合登板、28勝5敗、防御率1.61、ベストナイン2回受賞[1]

1987年(昭和62年)春に左肘を手術したこともあり、同年オフにドラフト外読売ジャイアンツに入団[1]

1988年(昭和63年)は1A・マイアミ・マーリンズに野球留学した。1992年平成4年)に初登板を果たすが、結果を残せず同年限りで現役を引退した[1]

引退後には打撃投手となり、2004年(平成16年)から一軍サブマネージャー2006年(平成18年)には監督の復帰に伴って監督付広報に就任する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.0 5 0 0 0 0 2 1 0 3 2 9.00 2.50
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.0 5 0 0 0 0 2 1 0 3 2 9.00 2.50

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1988年 - 1992年)
  • 120 (1993年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、125ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]