勝呂壽統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝呂 壽統 (勝呂 博憲)
オリックス・バファローズ コーチ #83
Suguro hironori.jpg
巨人コーチ時代
(2012年5月13日、こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 (1963-09-23) 1963年9月23日(53歳)
身長
体重
179 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1986年 ドラフト5位
初出場 1988年4月23日
最終出場 1999年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

勝呂 壽統(すぐろ ひろのり、1963年9月23日 - )は、千葉県船橋市出身の元プロ野球選手内野手)、指導者。本名及び一時期の登録名は「勝呂 博憲」(読み同じ)。

経歴[編集]

千葉商業高校から日本通運浦和に進む。日通は都市対抗の常連チームであり、1986年大会では、山越吉洋本田技研から補強)と二遊間を組み活躍。1986年ドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名を受けた。一時は入団を保留していたが、1987年都市対抗に出場し、シーズン後に巨人と契約した。

1年目は開幕から一軍に定着。5月28日の広島カープ戦は槙原寛己大野豊の投手戦で、0対0のまま迎えた延長10回にセンターバックスクリーンにプロ初となる決勝ホームランを放つ。この年は89試合に出場し遊撃手のレギュラーを岡崎郁と争った。翌1989年は岡崎の三塁手へのコンバートもあり、遊撃手のレギュラー最有力候補と目され、開幕スタメンを果たすも、打撃面が伸び悩み、守備でも少ない守備機会ながらチームワーストの失策を記録するなどして出番が減っていった。以降、定位置を奪還することが出来ずに二軍生活が続き、1992年には熊野輝光との交換トレードオリックス・ブルーウェーブに移籍した。

1993年序盤から遊撃手に定着。1995年には自己最多の117試合に出場しリーグ優勝に貢献。翌1996年は打撃が不調だったものの、古巣・巨人との日本シリーズで日本一を決めた試合に出場するなど活躍した。1997年近鉄バファローズに金銭トレードで移籍。守備固めとしての出場がほとんどであった。1999年限りで現役を引退

2000年に近鉄の二軍守備走塁コーチに就任。指導者として、2003年から2年間ダイエーの一軍内野守備コーチを務めた。しかし、2004年プレーオフ(対西武ライオンズ戦)においてベースコーチとしての判断が走塁ミスを誘発して敗戦の原因となったため、球団名がソフトバンクに変わった2005年からは二軍内野守備走塁コーチに転任した。2006年シーズン終了後、退団。

2007年北信越BCリーグ信濃グランセローズのコーチに就任。しかし「健康上の理由」で1シーズンで退団した。2008年シーズンは四国・九州アイランドリーグ香川オリーブガイナーズの野手コーチを務めた。

2009年より巨人二軍内野守備走塁コーチに就任。3年ぶりに日本プロ野球の現場へ、また17年ぶりに古巣に復帰した。2011年からは一軍内野守備走塁コーチを務める。 2015年10月22日、来シーズンの契約を結ばず退団することが発表された[1]

2016年より、四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスの野手コーチに就任[2]。アイランドリーグには8年ぶりの復帰となる。シーズン終了後、2017年よりオリックス・バファローズの2軍内野守備走塁コーチに就任することが発表された[3]

人物[編集]

  • いぶし銀で比較的地味な選手ではあったが、一度だけ週刊ベースボールの表紙を飾ったことがある(1988年6月20日号)。
  • コーチとしてはノックが巧く、また真上にボールを打ち上げるという技を得意としている。これはキャッチャーフライの捕球練習の際に行うもので、ボールをトスした後、バットを真上に向かって振り抜く。ボールをキレイに真上に打ち上げるのは非常に難しい。勝呂は一軍コーチ時代、この技で福岡ドームの天井に打球を当てたことが幾度もある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 巨人 89 275 247 37 70 7 3 3 92 11 10 2 11 2 15 0 0 51 3 .283 .322 .372 .694
1989 70 100 81 14 15 2 0 1 20 4 4 1 10 1 8 1 0 32 0 .185 .256 .247 .503
1990 20 25 22 2 3 0 0 0 3 1 0 0 0 1 2 0 0 9 0 .136 .200 .136 .336
1991 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1992 オリックス 22 43 40 3 11 1 0 0 12 4 3 0 0 0 3 0 0 3 0 .275 .326 .300 .626
1993 96 335 299 34 76 12 1 3 99 29 10 1 15 3 16 0 2 53 4 .254 .294 .331 .625
1994 79 257 213 34 54 8 0 3 71 22 2 2 25 1 18 0 0 38 3 .254 .310 .333 .643
1995 117 313 267 28 60 13 0 1 76 21 2 0 27 1 18 2 0 66 4 .225 .273 .285 .558
1996 62 81 67 7 13 3 0 1 19 7 1 0 6 0 8 1 0 18 0 .194 .280 .284 .564
1997 近鉄 72 151 138 19 38 11 2 0 53 8 1 2 2 0 11 0 0 22 5 .275 .329 .284 .613
1998 40 46 40 2 5 1 0 0 5 0 1 0 0 0 6 0 0 6 0 .125 .239 .150 .389
1999 21 14 13 2 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .077 .143 .154 .297
通算:12年 691 1643 1430 182 346 59 6 12 453 107 34 8 96 9 106 4 2 306 19 .242 .293 .317 .610

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1988年 - 1991年)
  • 25 (1992年 - 1994年)
  • 5 (1995年 - 1996年)
  • 0 (1997年 - 1999年)
  • 83 (2000年 - 2002年、2017年 - )
  • 82 (2003年 - 2004年)
  • 72 (2005年 - 2006年、2008年)
  • 62 (2007年)
  • 75 (2009年 - 2015年)
  • 76 (2016年)

登録名[編集]

  • 勝呂 博憲 (すぐろ ひろのり、1988年 - 1992年)
  • 勝呂 壽統 (すぐろ ひろのり、1993年 - )

出典[編集]

  1. ^ コーチ退団について 読売巨人軍公式サイト 2015年10月22日配信
  2. ^ 新コーチに勝呂壽統氏が就任 高知ファイティングドッグス公式サイト 2015年12月22日配信
  3. ^ 勝呂壽統コーチ オリックス・バファローズ2軍内野守備走塁コーチに就任決定 - 高知ファイティングドッグス(2016年10月27日)

関連項目[編集]