熊野輝光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
熊野 輝光
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県木田郡三木町
生年月日 (1957-08-28) 1957年8月28日(60歳)
身長
体重
171 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年4月6日
最終出場 1993年4月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・ブルーウェーブ (1995 - 1996)
オリンピック
男子 野球
1984 野球

熊野 輝光(くまの てるみつ、1957年8月28日 - )は、香川県木田郡三木町出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

志度商業高校では、遊撃手として1975年春の選抜に出場[1]。志度商としては34年ぶりの選抜出場(甲子園出場は28年ぶり)であり大きな話題となるが、1回戦でエース小林誠二を擁する広島工に敗退。同年夏は北四国大会準決勝で続木敏之片岡大蔵のいた新居浜商に敗れた。

卒業後は中央大学に進学。東都大学リーグでは1979年春季リーグに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝。リーグ通算103試合に出場し、390打数90安打、打率.231、5本塁打、31打点。在学中は全試合に出場した。1979年には第8回日米大学野球選手権日本代表に選出される。大学同期に小川淳司香坂英典がいる。

1979年のドラフト会議ヤクルトスワローズに3位指名されたが入団を拒否し、社会人野球の日本楽器(現:ヤマハ)に進んだ。1980年から都市対抗野球大会に4年連続出場。社会人野球日本選手権大会で優秀選手に2度選出される。1981年インターコンチネンタルカップ日本代表。1984年ロサンゼルスオリンピック野球日本代表ではチームの主将を務め金メダル獲得に貢献した。同年の日本・キューバ国際野球大会でも日本代表となり、社会人ベストナインに外野手として選出される。

同年のドラフト会議では阪急ブレーブスから3位で指名され入団した。入団1年目の1985年からレギュラーに定着し、118試合に出場。本塁打を14本記録し、新人王に選出[2]されるなど、晩年の阪急を支えた。

1989年に阪急が身売りし、球団名がオリックスとなってからは若手の台頭もあり出場機会が年々減少していき、1992年には勝呂博憲とのトレードで読売ジャイアンツに移籍。当初は1番打者を任せられたが、主に守備固めや代打での出場が多くなり、目立った成績を残すことができず、1993年オフに戦力外通告を受けた。翌1994年にはテスト入団でオリックスに復帰した。一軍に昇格することはできなかったが、二軍ではコーチ的な存在で若手選手を積極的に指導し、同年限りで現役を引退した。

引退後はオリックスの打撃コーチに就任し、チームの2連覇と1996年の日本一に貢献。1997年からスカウトとしてチームの編成に携わった。2005年近鉄とオリックスが合併し誕生した新生オリックス・バファローズでスカウトグループ副部長となり、2009年には編成部長補佐兼国内グループ副部長(スカウトグループ部長)に就任し2010年まで務めた[3]2012年読売ジャイアンツ大阪駐在スカウトに就任。2013年から阪神タイガースのスカウトに就任した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 阪急
オリックス
118 440 386 74 114 21 4 14 185 60 13 3 5 2 44 0 2 46 6 .295 .369 .479 .848
1986 116 322 278 30 66 7 0 11 106 33 7 2 2 3 38 3 1 53 6 .237 .328 .381 .709
1987 111 383 327 51 95 16 0 11 144 40 10 2 7 1 46 0 2 42 5 .291 .380 .440 .821
1988 95 231 194 22 42 3 0 6 63 19 5 1 3 2 30 3 2 35 4 .216 .325 .325 .649
1989 71 147 123 15 29 1 0 2 36 9 4 0 4 0 20 1 0 21 2 .236 .343 .293 .635
1990 102 275 240 34 59 12 1 6 91 27 12 1 13 2 20 0 0 43 4 .246 .302 .379 .681
1991 45 91 82 6 17 3 0 0 20 1 2 2 0 0 9 0 0 20 1 .207 .286 .244 .530
1992 巨人 74 90 74 8 12 4 2 0 20 6 1 0 1 2 12 0 1 17 1 .162 .281 .270 .551
1993 8 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
通算:9年 740 1984 1709 240 434 67 7 50 665 195 54 11 35 12 219 7 8 277 30 .254 .339 .389 .728
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6(1985年 - 1991年)
  • 2(1992年 - 1993年)
  • 5(1994年)
  • 75(1995年 - 1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 『シリーズにっぽんの高校野球 vol.6 四国編』(ベースボール・マガジン社) 51頁。ISBN 978-4583615448
  2. ^ 年度別成績 1985年 パシフィック・リーグ - NPB.jp 日本野球機構
  3. ^ 古屋、赤堀氏が復帰=プロ野球・オリックス
  4. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20

関連項目[編集]

外部リンク[編集]