第58回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第58回都市対抗野球大会(だい58かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1987年7月26日から8月5日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 1988年には後楽園球場の隣に日本初の屋根付き球場である東京ドームが完成し、都市対抗も東京ドームで開催されることが決まっていたため、今大会が後楽園球場最後の大会となった。
  • 国鉄の民営化で各地に点在していた国鉄(鉄道管理局)チームは、本社支援を受けられる7チーム(北海道東日本東北東日本東海西日本四国九州)に整理された。残されたチームは解散するかクラブチームに衣替えすることとなった。しかし、今大会にはJRチームは出場することができなかった。
  • 今大会もホームランが乱れ飛び、前回大会で塗り替えたばかりの大会通算ホームラン記録83本もあっさりと破られ、95本のアーチが31試合で飛び交った。
  • 初出場は野洲町日本IBM野洲熊本市・ニコニコドーの2チーム。昨年の初出場チームは快進撃を見せたが、この2チームはいずれも初戦敗退し、常連組の厚い壁に阻まれた。その一方で、日本生命が予選敗退し、連続出場は21年で途絶えた。
  • 苫小牧市・王子製紙苫小牧は1回戦で川崎市・三菱自動車川崎を破り、創部38年目で初白星を挙げた。
  • その中で優勝したのは浜松市ヤマハ。この年に会社創業90周年を記念して社名を「日本楽器」から「ヤマハ」に変更するのに先立って野球部の登録を「ヤマハ」に変えた年に、川島勝司監督が部長から監督に再就任して川崎市東芝を撃破して15年ぶり2度目の優勝を果たした(川島監督は小野賞を獲得した)。橋戸賞は台湾出身の劉秋農投手。外国籍の選手が橋戸賞を獲得するのは史上初。
  • 東京都プリンスホテルの鈴木政明投手は所属チームの休廃部を移籍により乗り越え、実に20年連続出場を果たし、特別表彰された。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヨークベニマル 2 1 1 1 0 1 3 0 0 9
NTT関東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:郭 敗:山本 本:林、根本2(ヨーク)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3
松下電器 1 6 0 0 1 0 0 0 X 8

勝:北口 敗:涂 本:佐藤(松下)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 0 3 0 0 0 0 1 0 4
日本通運 0 1 2 0 0 0 1 0 1x 5

勝:村木 敗:秋山 本:酒井2(日通)、野口、鈴木(以上富士重)、辻山(日通)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 0 1 0 0 0 1 0 2 4
東芝 3 2 0 0 0 1 0 0 X 6

勝:菊池 敗:高橋 本:高橋、佐藤(以上住金)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 2 0 7 0 0 0 2 0 0 11
西濃運輸 2 0 2 2 0 1 2 0 0 9

勝:藤原誠 敗:塩崎 本:伊東(西濃)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 1 0 4 1 0 1 0 0 0 7
NTT信越 0 1 0 7 0 0 0 0 X 8

勝:高野尚 敗:岡田 本:玉川、若井(以上日石)、佐藤孝(信越)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北陸 2 1 0 0 0 0 2 0 0 5
ヤマハ 0 0 2 0 1 0 1 2 X 6

勝:西村 敗:上原 本:杉山(北陸)、武居(ヤマハ)、佐々木(北陸)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 2 1 0 0 0 2 0 0 0 5
NTT東海 0 0 2 6 0 0 0 0 X 8

勝:樋口 敗:萩原 本:鍋島(大ガス)、松本2(東海)、折原(大ガス)

  • 第9試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本鋼管福山 1 1 1 0 0 0 0 0 2 0 1 6
新日鐵釜石 3 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 5

勝:山本 敗:高島 本:勝部(福山)、寺嶋(釜石)、岩野(福山)

  • 第10試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
王子製紙苫小牧 0 1 1 0 1 0 0 2 3 8
三菱自動車川崎 0 0 0 1 1 0 0 4 1 7

勝:樋口 敗:小笠原 本:長沢、小林彰、佐々木一(以上苫小牧)、鶴見、和田(以上川崎)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本IBM野洲 0 0 0 0 1 2 3 1 0 7
プリンスホテル 0 0 1 4 2 0 0 2 X 9

勝:末木 敗:藤原亨 本:中島2、石井浩(以上プリンス)、藤原亨(野洲)

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 0 0 0 0 2 0 2 0 4
三菱重工神戸 0 5 1 0 2 0 2 1 X 11

勝:岡本 敗:滝下 本:山口(神戸)、武田正(四国)、岡本(神戸)

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ニコニコドー 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
日本鋼管 0 0 0 0 0 1 1 1 X 3

勝:高橋 敗:吉田 本:井口(鋼管)

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 3 3 0 0 0 0 0 1 7
三菱重工広島 0 0 3 0 2 0 1 4 X 10

勝:山本 敗:藤高 本:児玉、尾形(以上広畑)、佐々木幸、若松(以上広島)

  • 第15試合-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大昭和製紙 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 4
北海道拓殖銀行 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 3

勝:滝川 敗:米山 本:鈴木(大昭和)、岡田(拓銀)

  • 第16試合-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
本田技研 2 2 1 0 2 2 0 2 11
新日鐵八幡 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:岡本 敗:池田宣 本:朝山、青木2、雨堤、西2(以上本田)

2回戦[編集]

  • 第1試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
NTT信越 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 6
大昭和製紙 0 0 1 1 1 0 0 0 0 0 3

勝:高野正 敗:滝川 本:石田、横井(以上信越)

  • 第2試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
プリンスホテル 2 0 0 0 0 1 1 1 0 0 1 6
本田技研 1 0 2 0 1 1 0 0 0 0 0 5

勝:末木 敗:岡本 本:田辺(プリンス)、飯塚(本田)、小川、初芝(以上プリンス)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 2 0 0 1 0 1 0 0 1 5
NTT東京 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3

勝:三原 敗:鍋島 本:福本(東芝)、真壁、関口(以上東京)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヨークベニマル 2 0 1 0 0 0 2 7 1 13
三菱重工広島 1 0 3 0 0 0 3 0 0 7

勝:小野 敗:山本 本:曲山、山崎(以上ヨーク)、植田(広島)、林(ヨーク)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 2 0 6 0 0 0 2 10
日本鋼管 1 0 0 1 1 0 0 1 0 4

勝:陽 敗:高橋 本:陽、岡田(以上神戸)、島野、羽二生(以上鋼管)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東海 2 1 2 0 0 1 1 0 0 7
日本通運 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:山本賀 敗:玉田 本:井上、松本(以上東海)、岡田(日通)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
王子製紙苫小牧 0 0 0 1 3 0 0 0 1 5
日本鋼管福山 0 2 0 1 0 0 0 0 1 4

勝:中島治 敗:石川 本:小林(福山)、沢田2(苫小牧)

  • 第8試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
松下電器 0 0 1 2 0 3 4 0 0 0 1 11
ヤマハ 8 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2x 12

勝:高久 敗:石田 本:北野、佐藤(以上松下)、中村(ヤマハ)、米崎、島田、沢田(以上松下)

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヨークベニマル 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
東芝 0 0 2 0 2 4 0 0 X 8

勝:菊池 敗:郭 本:鶴岡、葛城、高見、泉水、菊池(以上東芝)、山崎、林(以上ヨーク)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT信越 1 0 0 0 0 0 0 4 0 5
プリンスホテル 0 1 0 0 0 0 2 1 2x 6

勝:高橋 敗:高橋尚 本:石田(信越)、清水(プリンス)、横井(信越)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東海 2 0 1 1 0 0 0 0 1 5
王子製紙苫小牧 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:樋口 敗:小林伸 本:辻(東海)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4
三菱重工神戸 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:劉 敗:岡本 本:山本(ヤマハ)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 1 4 0 0 0 0 0 3 8
プリンスホテル 1 0 4 0 0 0 2 0 0 7

勝:菊池 敗:橋本 本:小川(プリンス)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 2 0 0 1 0 0 1 0 0 4
NTT東海 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:山中 敗:原田 本:金指(ヤマハ)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 1 0 0 0 1 0 0 2 0 4
東芝 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3

勝:劉 敗:菊池 本:清家(東芝)
(ヤマハは15年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 劉秋農投手(ヤマハ)
  • 久慈賞 菊池総投手(東芝)
  • 小野賞 川島勝司監督(ヤマハ)
  • 若獅子賞 葛城弘樹二塁手(東芝)
  • 20年連続出場特別表彰選手
鈴木政明投手(プリンスホテル)
  • 10年連続出場表彰選手
山本文博内野手(北海道拓殖銀行)
柿沼章文内野手(日本通運)
太田健次投手(ヤマハ)
西條明博内野手(NTT信越)
島田行雄外野手(松下電器)
佐藤清内野手(松下電器(日本生命))
渡辺一治内野手(日本鋼管福山)
白石則幸捕手(日本鋼管福山)
石元治三外野手(NTT四国)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 プリンスホテル
    • 優秀賞 東芝
    • 敢闘賞 王子製紙苫小牧、ヤマハ
    • 特別賞 ヨークベニマル