第51回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第51回都市対抗野球大会(だい51かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1980年11月1日から11月12日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 後楽園球場など4球場で8月22日から14日間、世界アマチュア野球選手権(現・IBAFワールドカップ)が開催されたことから、「真夏の球宴」が「晩秋の球宴」となって都市対抗が開催された。都市対抗が10月以降に開催されたのは初めて[1]で、その代わり第7回日本選手権大会が5月に繰り上げられた。
  • 初出場は札幌市・札幌トヨペット、千葉市川崎製鉄千葉東京都プリンスホテルの3チーム。
  • 前回大会から導入された金属バットの旋風はやむことなく、ホームランが量産される投手泣かせの大会となった。
  • 初出場の札幌トヨペットが接戦を次々に制して決勝進出し、台風の目になった。決勝で対戦したのは富士市大昭和製紙。29回目出場の古豪としての意地を見せつけ、決勝では先制パンチを決め、10年ぶり3度目の黒獅子旗を手にした。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
三菱重工広島 0 0 3 0 0 1 0 2 X 6

勝:一元 敗:根本 本:佐々木(広島)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 0 1 1 0 0 1 0 0 2 5
松下電器 0 0 0 1 1 0 0 0 2 4

勝:竹本 敗:長谷部 本:藤村(松下)

  • 第3試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
東芝府中 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 3
日本鋼管福山 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2

勝:内田 敗:田村

  • 第4試合-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
電電四国 0 0 5 0 5 3 0 13
ヨークベニマル 0 0 1 0 1 0 1 3

勝:滝下 敗:速石 本:金森、松岡2(以上四国)、小野亨(ヨーク)、藤本、楠瀬(以上四国)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電信越 0 0 0 2 0 0 2 0 0 4
九州産交 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3

勝:鈴木 敗:西谷 本:竹沢(信越)、久本、上田(以上産交)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 5 0 0 0 0 0 0 0 0 5
日本生命 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

勝:佐藤守 敗:村上

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 1 1 0 0 2 0 0 0 0 4
新日鐵光 3 0 4 0 0 0 0 0 X 7

勝:児玉 敗:細淵 本:川中子(日立)、江藤(光)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
東京ガス 1 1 0 0 1 2 2 0 X 7

勝:工藤 敗:新 本:寺岡(丸善)

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵名古屋 2 2 0 0 0 0 0 1 0 5
札幌トヨペット 0 0 7 0 0 1 0 0 X 8

勝:樋口 敗:鈴木 本:島田、小坂(以上札幌)

  • 第10試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎重工 2 0 1 0 0 0 0 1 0 4
日本通運 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2

勝:長田 敗:加藤 本:辻(日通)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 1 0 4 0 0 0 0 0 0 5
東芝 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:山内 敗:黒紙

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電近畿 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3
新日鐵釜石 1 0 0 0 4 0 2 0 X 7

勝:佐藤公 敗:高橋 本:早瀬(釜石)

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 2 0 2 0 0 2 2 3 11
本田技研鈴鹿 0 0 0 3 0 1 0 0 0 4

勝:中後 敗:前村 本:中島(千葉)、松田達(鈴鹿)

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
三菱自動車川崎 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2

勝:前田 敗:小笠原 本:垣野、杉山(以上川崎)

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
神戸製鋼 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:住友 敗:西山

  • 第16試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 1 2 0 0 0 1 0 4
大昭和製紙 2 1 0 0 0 1 4 1 X 9

勝:久保 敗:保田 本:中本(大昭和)、泰江(トヨタ)、武居、内山(以上大昭和)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
大昭和製紙北海道 0 1 0 8 0 1 0 0 X 10

勝:竹本 敗:一元 本:高岡(北海道)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 2 0 0 0 5 0 0 1 3 11
電電四国 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3

勝:内田 敗:横松 本:門間2、渡辺雄2(以上府中)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電信越 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
日本鋼管 0 1 0 2 1 0 1 3 X 8

勝:堀江 敗:北川 本:藤森(信越)、高尾、樋野(以上鋼管)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙 5 1 0 0 0 0 0 0 0 6
新日鐵光 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3

勝:杉本 敗:児玉 本:井出、高林(以上大昭和)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
札幌トヨペット 0 2 0 0 0 0 1 0 X 3

勝:樋口 敗:工藤 

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3
川崎重工 0 1 0 4 1 0 0 0 X 6

勝:長田 敗:山内 本:水江、宮嶋(以上川崎重)、小林(九州)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 2 0 2 2 0 0 0 0 0 6
日本新薬 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

勝:中後 敗:矢野 本:青木道2、鬼島(以上千葉)、岩崎(新薬)

  • 第8試合-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
プリンスホテル 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 3
新日鐵釜石 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1x 4

勝:佐藤公 敗:小林秀 本:若槻(釜石)、居郷(プリンス)

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大昭和製紙 0 2 3 1 1 0 0 0 X 7

勝:杉本 敗:佐藤守 本:高林、武居2、杉本(以上大昭和)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎重工 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4
札幌トヨペット 0 2 0 3 3 0 0 0 X 8

勝:樋口 敗:長田 本:沢田(札幌)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
新日鐵釜石 0 0 1 3 0 0 0 0 X 4

勝:斉藤 敗:青木彰

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2
大昭和製紙北海道 0 0 0 1 1 0 0 3 X 5

勝:浜師 敗:野嶋 本:高梨(北海道)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙 1 1 0 0 0 0 1 0 0 3
大昭和製紙北海道 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2

勝:杉本 敗:竹本

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
札幌トヨペット 1 0 0 0 0 4 0 1 0 6
新日鐵釜石 1 0 2 0 0 1 0 1 0 5

勝:樋口 敗:石崎 本:沢田、若槻(以上札幌)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
札幌トヨペット 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
大昭和製紙 0 6 0 0 1 0 1 0 X 8

勝:杉本 敗:山根勝 本:佐々木2、高林(以上大昭和)、辻野(札幌)
(大昭和製紙は10年ぶり3回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 杉本正投手(大昭和製紙)
  • 久慈賞 樋口博美投手(札幌トヨペット(王子製紙苫小牧))
  • 小野賞 札幌市・札幌トヨペットチーム
  • 若獅子賞 辻野聖一一塁手(札幌トヨペット)
  • 10年連続出場表彰選手
内田正美投手(東芝府中(電電東京))
森二郎投手(プリンスホテル(電電東京))
長野顕彦内野手(大昭和製紙)
細川昌俊内野手(新日鐵名古屋(西濃運輸))
野村茂捕手(日本生命)
永野隆雄外野手(川崎重工(新日鐵広畑))
中山拓郎捕手(神戸製鋼(新日鐵広畑))
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 川崎製鉄千葉
    • 優秀賞 新日鐵釜石
    • 敢闘賞 大昭和製紙、札幌トヨペット
    • 特別賞 プリンスホテル

備考・脚注[編集]

  1. ^ 長らく唯一のケースとされていたが、2011年第82回大会が10月22日開幕となり、同大会が史上2例目となった。
  • この年の大会は東京12チャンネル(現・テレビ東京)で夕方の枠を使って注目カードの生中継をした