第10回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第10回都市対抗野球大会(だい10かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1936年8月1日から8月10日まで明治神宮野球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 大会が10回を迎えた記念として、出場枠をこの年に限り4チーム分増やし、20チームによる大会となった。
  • この年の3月23日、都市対抗生みの親と言われた橋戸信(頑鉄)が死去。これを受け、最優秀選手に贈られる賞を「橋戸賞」と呼ぶこととなった。また、大会後橋戸頑鉄追悼試合が2試合行われた。日本で特定の人物の死を悼み試合が行われるのは史上初。
  • また、10回連続出場を果たした東京倶楽部名古屋鉄道局、全大阪の3チームと、功労チームとして満州倶楽部、大連実業団、全神戸、仙台鉄道局、全横浜、函館太洋倶楽部の各チームが表彰された。
  • 過去最多のチームによるトーナメントを制したのは、常に八幡製鉄との激しい代表争いを演じてきた門司市門司鉄道局。大会10回目にして企業チームが初めて黒獅子旗を手にした。
  • また、2回戦の東京倶楽部-仙台鉄道局戦は10-10で引き分け、大会史上初の再試合となった。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新京電電 0 0 0 0 4 0 0 1 1 6
東京倶楽部 0 0 2 3 0 0 0 4 X 9

勝:土井 敗:鈴木

  • 第2試合(8月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全横浜 0 0 2 0 0 1 3 0 0 6
仙台鉄道局 0 1 0 6 0 0 1 1 X 9

勝:鈴木重 敗:宮崎

1 2 3 4 5 6 7 8 9
神戸鷹取 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
台南州団 4 0 0 1 0 0 6 0 X 11

勝:児玉 敗:飯代

  • 第4試合(8月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 1 0 6 0 0 1 0 0 0 8
全京城 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:鈴木 敗:李

2回戦[編集]

  • 第1試合(8月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全名古屋 0 1 0 1 0 0 0 0 1 3
門司鉄道局 0 0 0 3 0 0 2 2 X 7

勝:土谷 敗:佐藤

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
徳島鉄道 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
名古屋鉄道局 0 0 0 0 0 2 1 0 0 1x 4

勝:森 敗:滝

  • 第3試合(8月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大宮 0 0 0 0 0 0 1 0 7 8
函館太洋倶楽部 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

勝:南 敗:植田

  • 第4試合(8月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪鉄道局吹田 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
満州倶楽部 0 0 5 0 0 0 0 0 X 5

勝:阿部 敗:成川

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全長野 0 0 0 2 0 0 0 2 0 4
太田雄飛 0 0 0 5 0 4 1 0 X 10

勝:松尾 敗:水島

  • 第6試合(8月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
米子鉄道局 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
全大阪 4 0 0 2 0 2 1 0 X 9

勝:伊達 敗:中村

  • 第7試合(8月5日)-延長12回日没引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
仙台鉄道局 0 0 0 4 0 5 0 1 0 0 0 0 10
東京倶楽部 3 0 2 1 1 3 0 0 0 0 0 0 10

本:菊谷(東京)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
台南州団 0 2 0 0 0 0 0 1 1 4
コロムビア 0 0 0 2 0 0 0 3 X 5

勝:鈴木 敗:児玉

  • 第7試合再試合(8月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
仙台鉄道局 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
東京倶楽部 0 0 0 0 3 0 0 0 X 3

勝:菊谷 敗:成田

準々決勝[編集]

  • 第1試合(8月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大宮 3 0 0 1 1 1 0 0 3 9
名古屋鉄道局 3 3 0 0 0 0 0 0 0 6

勝:南 敗:森

1 2 3 4 5 6 7 8 9
門司鉄道局 2 0 0 0 4 0 1 0 0 7
東京倶楽部 1 0 1 0 0 0 0 1 0 3

勝:岡本 敗:上野

1 2 3 4 5 6 7 8 9
満州倶楽部 1 5 2 3 0 0 0 0 1 12
太田雄飛 1 0 0 0 0 0 4 0 X 5

勝:五十嵐 敗:篠原

  • 第4試合(8月8日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 0 0 0 0 0 4 0 0 4
全大阪 2 0 1 0 0 0 0 0 0 3

勝:鈴木 敗:伊達

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大宮 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
門司鉄道局 0 1 0 0 0 3 2 0 X 6

勝:岡本 敗:南

  • 第2試合(8月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
満州倶楽部 0 0 0 2 0 0 0 0 4 6
コロムビア 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:五十嵐 敗:鈴木

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
満州倶楽部 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
門司鉄道局 2 0 2 0 0 0 0 1 X 5

勝:岡本 敗:五十嵐
(門司鉄道局は初優勝)

追悼試合[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3
門司鉄道局 1 0 2 0 1 0 0 2 X 6
  • 第2試合(8月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
満州倶楽部 0 2 0 0 2 0 1 0 0 5
全大宮 0 0 0 1 0 1 0 0 1 3

表彰選手[編集]