第39回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第39回都市対抗野球大会(だい39かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1968年7月27日から8月6日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 前年優勝の横浜市日本石油を含め31チームが出場、うち2チーム(倉敷市三菱重工水島高知市・高知相互銀行)が初出場。
  • この年から3位決定戦が廃止され、準決勝で敗退した2チーム両方に黄獅子旗が授与されることとなった。
  • 準決勝の日本石油-河合楽器戦で、ホームランを打った選手がベース空過とのアピールが認められ、打者走者アウトの判定に抗議した日本石油の北崎健二監督が選手を球場正面のバスまで引き揚げさせ、あわや大会史上初の没収試合かと思われたが、山本英一郎審判部長をはじめとする大会本部の必死の説得が実り、中断56分を挟み試合は無事に行われた。
  • この大会も2試合が引き分け再試合となり、計32試合中14試合が1点差という実力接近のトーナメントを制したのは姫路市富士製鐵広畑。翌年に八幡製鐵との合併を控えた富士製鐵(富士鉄)は室蘭、釜石、広畑と3チームを送り込んだが、広畑が堅守を見せ、5試合で失点わずかに2という堅実な試合ぶりで初の黒獅子旗を手にした。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 2 6 0 0 0 0 0 1 0 9
クラレ岡山 0 0 0 0 0 0 0 0 X 0

勝:三浦 敗:外山 本:杉村(日石)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2

勝:三輪田 敗:神吉 本:今村(大昭和)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電東海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日産自動車 1 0 1 0 0 1 0 0 X 3

勝:小沢 敗:青山 本:太田(日産)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
高知相互銀行 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
電電東京 1 1 0 0 0 1 2 0 X 5

勝:伊藤 敗:前田 本:富永(東京)

  • 第5試合-延長14回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河合楽器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鉱業日立 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
日本新薬 2 0 4 0 0 1 0 0 X 7

勝:藤崎 敗:和田 本:古山、松浦(以上日立)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
いすゞ自動車 0 0 0 0 2 1 0 1 0 4
東洋レーヨン 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:佐伯 敗:南山

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本熱学 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
リッカーミシン 0 0 0 3 0 0 0 1 X 4

勝:佐田 敗:佐藤

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄釜石 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
八幡製鉄 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3

勝:後藤 敗:山田 本:有田(八幡)

  • 第10試合-延長16回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
電気化学 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
鐘淵化学 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2

本:宮地(鐘淵)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工水島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本鋼管 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1

勝:高橋 敗:松岡

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:藤津 敗:柴田

  • 第5試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:松井 敗:小弓場

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
盛岡鉄道管理局 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:泉沢 敗:伊達

  • 第14試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
富士鉄広畑 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
日本通運 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:岡田 敗:田中 本:福本(広畑)

  • 第10試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 0 0 3 0 4 0 7
電気化学 0 2 0 0 2 0 0 0 1 5

勝:柏木 敗:望月 本:藤木(電気)

  • 第15試合-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
小西酒造 0 2 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 5
北海道拓殖銀行 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 4

勝:南 敗:渡辺 本:岡山(小西)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄室蘭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本石油 1 0 1 0 0 0 0 0 X 2

勝:三浦 敗:財前純

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
大昭和製紙 0 2 0 0 1 0 0 0 X 3

勝:三田 敗:斎藤

  • 第3試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
電電東京 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3
河合楽器 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1x 4

勝:松井 敗:大原

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
いすゞ自動車 1 0 0 1 0 1 0 0 0 3
日本新薬 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2

勝:矢野 敗:藤崎 本:田中(新薬)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
リッカーミシン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
八幡製鉄 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:後藤 敗:佐田

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 1 0 1 2 1 0 5
日本鋼管 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:中村征 敗:高橋

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
熊谷組 0 0 3 0 0 4 2 1 X 10

勝:大櫃 敗:若林 本:川崎、山本(以上熊谷組)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄広畑 0 0 0 0 1 1 0 0 3 5
盛岡鉄道管理局 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:神部 敗:泉沢

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 4 0 0 1 0 0 0 0 0 5
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3

勝:三浦 敗:三輪田 本:渡辺(日石)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
いすゞ自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河合楽器 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2

勝:近藤重 敗:広畑

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
八幡製鉄 0 0 0 1 0 0 0 0 1x 2

勝:後藤 敗:中村 本:民谷(八幡)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄広畑 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:神部 敗:藤津

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 1 0 0 1 0 1 0 3
日本石油 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

勝:横山 敗:三浦 本:堀内(河合)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄広畑 0 0 0 1 0 0 1 3 0 5
八幡製鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:岡田 敗:後藤

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄広畑 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
河合楽器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:神部 敗:松井
(富士鉄広畑は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 神部年男投手(富士鉄広畑)
  • 久慈賞 堀内嗣郎一塁手(河合楽器)
  • 小野賞 後藤晃吾投手(八幡製鉄)
  • 10年連続出場表彰選手
西村博司内野手(北海道拓殖銀行)
宮地昭雄(鐘淵化学(住友金属))
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 河合楽器
    • 優秀賞 日本石油
    • 敢闘賞 富士鉄広畑
    • 特別賞 該当なし