日産自動車硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産自動車硬式野球部
チーム名(通称) 日産自動車、日産
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1959年
廃部2010年から休部)
チーム名の遍歴 日産自動車 (1959 - 2009)
本拠地自治体 神奈川県横須賀市
練習グラウンド 日産市沢グラウンド(横浜市旭区市沢町)
チームカラー 赤色
都市対抗野球大会
出場回数 29回
最近の出場 2009年
最高成績 優勝
日本産業対抗野球大会
出場回数 5回
最近の出場 1969年
最高成績 優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 16回
最近の出場 2009年
最高成績 優勝
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

日産自動車硬式野球部(にっさんじどうしゃこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県横須賀市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟している社会人野球の企業チームである。2010年から休部中。

ユニフォームは、2003年まで青色を基調としたものだったが、2004年からコーポレートカラーである赤色を基調としたものに変わった。しかし、日産のシンボル「ブルーバード」(青い鳥)は健在で、右肩に描かれている青い鳥の下には2度の都市対抗野球大会優勝を表す2つの赤い星があしらわれていた。

概要[編集]

歴戦の猛者揃いの神奈川地区において、的確なチーム作りを続けて都市対抗野球大会で優勝2回、社会人野球日本選手権大会で優勝1回など輝かしい戦績を誇る、関東を代表するチームの1つである。

1959年に日産自動車の硬式野球部『日産自動車硬式野球部』として創部。

1965年都市対抗野球に初出場し、1984年都市対抗野球で初優勝、1998年都市対抗野球で2度目の優勝を果たしている。

1978年日本選手権に初出場し、1993年1994年は準優勝に終わっていたが2003年日本選手権で初優勝を果たした。

1999年、本社の社長に「コストカッター」ことカルロス・ゴーンが就任し、硬式野球部の存続が不安視されたが、ゴーンは都市対抗野球での社員の応援に感銘を受け、硬式野球部を存続させることを決心したとされる(後に、ゴーンは「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴だ」とも断言した)。

2001年8月15日、当時の横浜ベイスターズの二軍組織である湘南シーレックスとプロアマ交流試合が行なわれた。これは、柳川事件以後初めてのプロアマ交流試合である。日産自動車追浜工場に隣接する横須賀スタジアムを湘南シーレックスが本拠地としていることから、以前より親交があったため実現した。また、毎年8月半ばにはシーレックスとの交流戦が行われていた。

2009年2月9日経済・金融危機の影響のため、卓球部や陸上部、九州の硬式野球部共に年内をもって休部することが発表された。同年は、都市対抗野球日本選手権で共にベスト4の成績を残し、同年12月19日の現役選手とOB選手による親善試合(3対1で現役が勝利)でを行ない、活動の歴史に幕を下ろした[1][2]

2010年から、OB選手たちによる小学生を対象とした野球教室を毎年冬季に開催しており、2回目の2011年からは現在プロ野球選手のOB選手も参加している[3]

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

かつて在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “半世紀の歴史に幕、日産野球部がOBと親善試合”. カナロコ (神奈川新聞社). (2009年12月20日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912200006/ 2009年12月20日閲覧。 
  2. ^ チーム情報 登録・変更情報 2010年”. 日本野球連盟. 2016年12月6日閲覧。
  3. ^ 梵らプロも初参加 日産OB野球教室”. スポニチ (2011年12月11日). 2016年12月6日閲覧。

関連項目[編集]