高崎健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高崎 健太郎
横浜DeNAベイスターズ #22
120503 Kentaro Takasaki, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2012年5月3日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県上益城郡甲佐町
生年月日 (1985-06-24) 1985年6月24日(32歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 希望入団枠
初出場 2007年4月25日
年俸 2,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高崎 健太郎(たかさき けんたろう、1985年6月24日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

熊本県上益城郡甲佐町出身。小学3年で野球を始め、鎮西高では「九州のドクターK」と呼ばれる。3年夏の熊本大会ではベスト4まで勝ち進む。

2004年日産自動車に入社。2005年アジア選手権、9月のW杯で日本代表に選出。W杯では5試合で14回2/3を投げ防御率0.61を記録した。2006年都市対抗野球大会では日産の2年連続の準優勝に貢献。同年、横浜ベイスターズに大学生・社会人ドラフト希望枠で指名を受け、入団。佐々木主浩の背番号22を引き継ぐ。

プロ入り後[編集]

高崎の投球フォーム
(2012年5月3日、横浜スタジアム)
2007年

二軍で10勝5敗、防御率2.46と好投し、イースタン・リーグ最多勝のタイトルを獲得した。シーズン終盤に一軍昇格し、先発で2勝を記録する。

2008年

二軍で16試合に登板し、防御率2.08と好成績を収めたものの、一軍では11試合に登板し、防御率7.94と結果を残せなかった。

2009年

リリーフに転向し56試合に登板。

2010年

先発2試合を含む7試合に登板、防御率は7.80。2010年度シーズン終了後、結婚。

2011年

開幕カード3戦目の中日ドラゴンズ戦に先発として抜擢されると、7回1失点に抑えシーズン初白星を挙げる。 球団で唯一規定投球回をクリアした。援護に恵まれず、勝ち星は5勝で(三浦大輔と並んでチーム最多勝利)、リーグワーストの15敗を喫した。

2012年

初の開幕投手を務め、7勝10敗とした。シーズン序盤はやや不安定な登板が目立ったが夏場以降は比較的安定した投球を見せた。しかし、この年も前年に引き続き援護に恵まれない試合が多く、自責点0ながら勝ち星がつかない試合が6試合あった。

2013年

二年連続の開幕投手に指名されたがオープン戦で西岡剛の放った打球を足に受け、開幕投手の座を藤井秀悟に譲った。4月5日に神宮球場で7回1失点に抑えシーズン初白星を挙げる。 しかし、5月以降は不振に喘ぎ、セ・パ交流戦中は中継ぎに配置転換された。7月27日阪神タイガース戦を最後に一軍での登板は無く、2勝5敗という成績に終わった。

2014年

開幕は二軍で迎えたが、4月4日に一軍登録されリリーフとして起用された。しかし思うように調子が上がらず、7試合に登板し防御率5.14の成績で同月21日に二軍降格となる。その後2ヶ月は一軍での出番がなかったが、一軍の第6先発の枠が埋まらなかったこともあり、7月23日に先発として一軍に復帰する。復帰戦で6回被安打8、1四球、自責2と粘りのピッチングを見せるも勝敗はつかなかった。枠の兼ね合いで翌日には登録抹消されるも、8月に再び復帰。10試合連続2桁安打を放っている東京ヤクルトスワローズ打線を相手に6回を投げ、自責点2と好投。ヤクルトの連続2桁安打を止め、シーズン初勝利を手にした。最終的に先発では7試合に登板し、2勝3敗、防御率4.01という成績でシーズンを終えた。

2015年

開幕ローテーション入りを果たし、2試合目までは防御率0点台と安定していたが、それ以降は炎上を繰り返し二軍落ち。8月の復帰戦では勝利投手になるなど好投をしたが、次の試合では炎上してしまい、不安定な投球が続いた1年となった。

2016年

キャンプ中に起こした痛風による左足人さし指付け根の炎症に苦しみ、プロ入り後初の登板なしに終わった。

2017年

リリーフに転向し、オープン戦で7試合に登板し防御率0.00と好成績を挙げたため、2年ぶりに開幕一軍入りを果たした。しかし、開幕戦で1回3失点と炎上し、4月3日に二軍落ちした。

選手としての特徴[編集]

平均球速約143km/h[2]、最速152km/hのストレートスライダーカーブチェンジアップを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 横浜
DeNA
9 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 140 30.0 35 3 14 0 2 23 1 0 24 18 5.40 1.63
2008 11 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 90 17.0 30 3 9 0 0 17 1 0 17 15 7.94 2.29
2009 56 0 0 0 0 4 0 1 5 1.000 312 74.0 81 5 16 3 1 59 2 0 36 33 4.01 1.31
2010 7 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 70 15.0 23 3 4 0 0 9 0 0 13 13 7.80 1.80
2011 29 29 0 0 0 5 15 0 0 .250 739 177.1 182 9 36 0 2 127 3 0 71 68 3.45 1.23
2012 24 24 2 0 0 7 10 0 0 .412 643 151.2 155 9 40 0 4 97 2 0 63 54 3.20 1.29
2013 20 9 0 0 0 2 5 0 4 .286 298 66.1 76 10 31 0 0 54 0 0 44 43 5.83 1.61
2014 14 7 0 0 0 2 3 0 2 .400 213 49.2 54 6 14 0 0 30 0 0 26 23 4.17 1.37
2015 7 7 0 0 0 2 3 0 0 .400 149 34.1 46 1 10 0 0 19 1 0 19 19 4.98 1.63
NPB:9年 177 84 2 0 0 25 40 1 11 .385 2654 615.1 682 49 174 3 9 435 10 0 313 286 4.18 1.39
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2007年10月2日、対阪神タイガース24回戦(横浜スタジアム)、2回裏に安藤優也から右前適時打[5]

背番号[編集]

  • 22 (2007年 - )

登場曲[編集]

餓鬼レンジャー/YOKA YOKA BABY

アマチュア時代の戦績・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月22日閲覧。
  2. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、177頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  3. ^ a b 神奈川新聞、2007年4月26日。
  4. ^ 神奈川新聞、2007年7月30日。
  5. ^ a b 神奈川新聞、2007年10月3日。
  6. ^ 神奈川新聞2007年4月31日[要検証 ]
  7. ^ 神奈川新聞、2009年8月23日。
  8. ^ 神奈川新聞、2012年6月30日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]