第80回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第80回都市対抗野球大会(だい80かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、2009年8月21日から9月1日まで東京ドームで行われた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 世界的な景気低迷の影響から、シーズン前から日産自動車日産自動車九州の今季限りでの活動停止、TDK千曲川本社チームへの統合といった規模縮小のニュースが相次ぎ、本大会への波及が懸念されたが、主催者は80回記念の特例と、「大会を通じて社会人野球界を盛り上げたい」として、出場チーム数を4チーム増加させ36チームとした。東海地区からの7チーム出場は、1地区からの出場チーム数としては過去最多。
    • このため、初日から3試合開催となり、2日目・10日目(準々決勝)は4試合が一挙開催された。
  • 予選では、横須賀市・日産自動車が神奈川第3代表として本戦出場を決めたが、苅田町・日産自動車九州は九州予選で敗退した。横浜市三菱重工横浜はクラブ化から企業チームへの再登録を経て13年ぶりに本戦出場を勝ち取った。また、浦添市沖縄電力は九州予選を全勝、2度目の本戦出場を初の九州代表として勝ち取った。ホンダからは、活動中の3チーム(狭山鈴鹿熊本)が初めて勢ぞろいを果たした。
    企業チームが減少する中で出場チームを増やしたことから、補強選手数は大幅に減少。11チームが補強なしで本戦に挑むこととなり、4チームが出場する神奈川・阪和両地区からは全チームが補強なしという事態となった。
  • 本戦では、最後の大会に臨む日産自動車が粘りを見せて4強に食い込む中、強打の狭山市Hondaと堅守の豊田市トヨタ自動車が決勝に進出。大会史上初の自動車メーカー本社チーム同士の対戦となった決勝は、チャンスで打線をつなげたHondaに軍配が上がり、13年ぶり2回目の優勝を果たした。
  • 今大会からタイブレークの導入要件が緩和され、試合時間に関係なく延長11回からタイブレークが適用された。これにより、従来6年間で1試合しか適用されなかったタイブレークが、今大会では4試合で適用された。

予選[編集]

出場チーム[編集]

出場枠 都市 チーム 出場回数
北海道 札幌市 JR北海道 5年連続8回目
東北第1 仙台市 JR東日本東北 3年ぶり22回目
東北第2 仙台市 七十七銀行 3年連続6回目
東北第3 にかほ市 TDK 4年連続12回目
北信越 長野市 NTT信越硬式野球クラブ 2年ぶり19回目
北関東第1 太田市 富士重工業 4年連続22回目
北関東第2 日立市 日立製作所 2年連続30回目
南関東第1 狭山市 Honda 6年連続24回目
南関東第2 さいたま市 日本通運 9年連続36回目
東京第1 東京都 鷺宮製作所 3年連続12回目
東京第2 東京都 NTT東日本 3年ぶり34回目
東京第3 東京都 セガサミー 3年連続3回目
東京第4 東京都 東京ガス 8年ぶり13回目
神奈川第1 横浜市 三菱重工横浜 13年ぶり3回目
神奈川第2 横浜市 新日本石油ENEOS 3年連続44回目
神奈川第3 横須賀市 日産自動車 2年連続29回目
神奈川第4 川崎市 東芝 2年ぶり31回目
東海第1 豊田市 トヨタ自動車 2年ぶり14回目
出場枠 都市 チーム 出場回数
東海第2 名古屋市 東邦ガス 2年連続6回目
東海第3 浜松市 ヤマハ 6年連続33回目
東海第4 岡崎市 三菱自動車岡崎 2年ぶり8回目
東海第5 豊川市 東海理化 2年連続3回目
東海第6 鈴鹿市 Honda鈴鹿 2年ぶり19回目
東海第7 春日井市 王子製紙 3年連続9回目
京滋奈 京都市 日本新薬 9年連続27回目
阪和第1 門真市 パナソニック 4年連続45回目
阪和第2 大阪市 NTT西日本 3年連続21回目
阪和第3 大阪市 日本生命 7年連続51回目
阪和第4 大阪市 大阪ガス 2年ぶり19回目
兵庫 神戸市 三菱重工神戸 3年連続27回目
中国第1 東広島市 伯和ビクトリーズ 2年連続4回目
中国第2 広島市 三菱重工広島 2年ぶり12回目
四国 高知市 四国銀行 2年ぶり14回目
九州第1 浦添市 沖縄電力 9年ぶり2回目
九州第2 大津町 Honda熊本 6年ぶり5回目
九州第3 長崎市 三菱重工長崎 2年ぶり16回目

試合[編集]

組み合わせ抽選[編集]

  • 今大会は、80回記念大会の特例として36チームで行われるため、1回戦の試合は4試合(8チーム)のみ。この1回戦は出場枠が増枠になった地域の最下位代表4チームが出場するものとする。
  • それぞれの地区第1代表で出場権を得た14チームは原則2回戦からの出場とするが、特定シードを希望する場合は1回戦からでもよい。
  • 1回戦と2回戦の試合の順番は必ずしもトーナメント表の左側から順番に行うとは限らず、組み合わせ決定後に試合の順番を指定する。
  • 勝ち上がりチームは1回戦から3回戦までは基本的に連戦を認めず、少なくとも中1日以上の休養をとってから次の試合に臨む。

1回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda熊本 0 0 0 3 0 0 0 3 0 6
TDK 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3
  1. : 高峰  : 阿部正  
  2. :  熊本 – 熊丸  TDK – 菅原、福田
  • 第2試合(8月21日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
王子製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
三菱重工長崎 0 0 0 1 1 0 1 1 x 4
  1. : 宇土  : 川口  
  • 第3試合(8月21日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日立製作所 0 0 0 1 6 0 0 0 0 7
三菱自動車岡崎 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
  1. : 比嘉  : 宇田川  
  2. :  三菱岡崎 – 斎藤
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
セガサミー 0 1 0 0 3 1 0 0 0 5
三菱重工広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 上津原  : 酒井  

2回戦[編集]

  • 第1試合(8月22日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JR東日本東北 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
日産自動車 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
  1. : 石田  : 猪原  
  • 第2試合(8月22日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda 3 0 0 0 0 0 1 2 0 6
鷺宮製作所 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3
  1. : 筑川  : 三木  
  2. :  Honda – 川戸、多幡
  • 第3試合(8月22日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
大阪ガス 1 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 2 6
NTT信越硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 4
  1. (延長12回)
  2. : 山田  : 渡辺  
  3. :  大ガス – 田中  NTT信越 – 進藤
  4. ※ 延長11回からタイブレーク
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3
富士重工業 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
  1. (延長11回)
  2. : ナテル  : 平井  
  3. :  ヤマハ – 小粥
  4. ※ 延長11回からタイブレーク


  • 第5試合(8月23日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
四国銀行 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 3 0 x 3
  1. : 大谷  : 東出  
  • 第6試合(8月23日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本生命 0 0 0 1 0 3 1 0 0 5
新日本石油ENEOS 2 2 0 0 0 4 0 0 x 8
  1. : 廣瀬  : 土井  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
NTT西日本 0 2 0 0 1 1 0 0 3 7
三菱重工横浜 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
  1. : 吉元  : 田城、渡部  
  • 第8試合(8月24日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JR北海道 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2
七十七銀行 0 1 0 0 0 0 1 0 1x 3
  1. : 川上  : 福山  
  • 第9試合(8月24日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本通運 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
東京ガス 0 3 0 0 0 0 1 0 x 4
  1. : 榎田  : 阿南  
  2. :  日通 – 鬼崎、南
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三菱重工長崎 0 0 1 0 1 0 1 0 0 3
日本新薬 0 0 0 0 0 0 3 0 1x 4
  1. : 田中  : 幸松  
  2. :  三菱長崎 – 野口  新薬 – 堂前
  • 第11試合(8月25日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda鈴鹿 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3
セガサミー 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
  1. : 藤本瞬  : 上津原  
  2. :  セガサミー – 石川
  • 第12試合(8月25日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
伯和ビクトリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT東日本 0 0 1 0 2 1 0 1 0 5
  1. : 黒田  : 石渡  
  2. :  NTT東 – 上田
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日立製作所 0 2 0 0 0 0 2 0 4 8
沖縄電力 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
  1. : 伊波  : 米藤  
  2. :  沖電 – 池田
  • 第14試合(8月26日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda熊本 0 0 0 0 0 3 0 0 2 5
東海理化 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
  1. : 山中  : 川脇  
  2. :  熊本 – 藤野、西川
  • 第15試合(8月26日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東芝 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2
東邦ガス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
  1. : 増井  : 後藤  
  2. :  東芝 – 三澤
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
三菱重工神戸 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3 4
パナソニック 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
  1. (延長11回)
  2. : 木林  : 山本  
  3. ※ 延長11回からタイブレーク


3回戦[編集]

  • 第1試合(8月27日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
トヨタ自動車 1 0 4 0 1 1 1 0 9 17
日本新薬 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
  1. : 佐竹  : 村田  
  2. :  トヨタ – 荻野、高阪  新薬 – 森川
  • 第2試合(8月27日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
東京ガス 1 0 0 0 1 0 1 0 x 3
  1. : 榎田  : 安部  
  2. :  NTT西 – 河本  東ガス – 浜田、松田2
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda鈴鹿 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
ヤマハ 0 1 0 0 0 0 0 0 1x 2
  1. : 岡本  : 前橋  
  2. :  ヤマハ – 佐藤2
  • 第4試合(8月28日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
大阪ガス 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 1 3
日産自動車 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2x 4
  1. (延長11回)
  2. : 秋葉  : 坂本  
  3. :  大ガス – 山地
  4. ※ 延長11回からタイブレーク
  • 第5試合(8月28日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
日立製作所 0 1 0 0 1 0 1 0 0 2 5
七十七銀行 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3
  1. (延長10回)
  2. : 比嘉  : 植松  
  3. :  日立 – 大久保
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
NTT東日本 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
新日本石油ENEOS 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 大竹  : 沼尾  
  • 第7試合(8月29日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東芝 2 0 4 1 0 0 0 0 0 7
Honda熊本 1 0 0 0 0 2 0 1 0 4
  1. : 磯村  : 江波戸  
  2. :  東芝 – 藤原、三澤
  • 第8試合(8月29日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三菱重工神戸 0 1 0 0 0 3 0 0 0 4
Honda 1 0 2 0 1 0 1 0 x 5
  1. : 須田  : 梶本  
  2. :  Honda – 西郷

準々決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京ガス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
トヨタ自動車 0 2 0 2 0 0 0 0 x 4
  1. : 佐伯  : 安達  
  • 第2試合(8月30日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日産自動車 0 0 2 1 0 0 0 2 x 5
  1. : 石田  : ナテル  
  2. :  日産 – 小山
  • 第3試合(8月30日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日立製作所 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
NTT東日本 0 0 0 3 0 0 0 1 x 4
  1. : 黒田  : 比嘉  
  • 第4試合(8月30日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東芝 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
Honda 1 1 0 0 0 2 0 0 x 4
  1. : 諏訪部  : 増井  
  2. :  東芝 – 大河原2  Honda – 岡野、長野、田浦


準決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
日産自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 中澤  : 石田  
  2. :  トヨタ – 二葉
  • 第2試合(8月31日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
NTT東日本 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
Honda 0 1 0 0 0 0 2 0 x 3
  1. : 筑川  : 木城  

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda 0 0 3 0 0 0 0 0 1 4
トヨタ自動車 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
  1. : 筑川  : 大谷  
  2. :  Honda – 多幡  トヨタ – 藤原
(Hondaは13年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 筑川利希也投手(Honda)
  • 久慈賞 佐野比呂人内野手(トヨタ自動車)
  • 小野賞 東京ガスチーム
  • 首位打者賞 長野久義外野手(Honda) .579
  • 打撃賞 松田孝仁捕手(東京ガス)
  • 若獅子賞 須田幸太投手(Honda(JFE東日本))、榎田大樹投手(東京ガス)、村尾賢吾内野手(日立製作所)
  • 大会優秀選手
    • 投手
    筑川利希也(Honda)
    須田幸太(Honda(JFE東日本))
    大谷智久(トヨタ自動車)
    石田祐介(日産自動車)
    黒田信広(NTT東日本)
    榎田大樹(東京ガス)
    岡本洋介(ヤマハ)
    比嘉幹貴(日立製作所)
    • 捕手
    佐伯亮(Honda)
    二葉祐貴(トヨタ自動車)
    上田祐介(NTT東日本)
    松田孝仁(東京ガス)
    • 一塁手
    的場寛一(トヨタ自動車)
    三沢慶幸(東芝)
    • 二塁手
    田浦英仙(Honda(JFE東日本))
    佐野比呂人(トヨタ自動車)
    佐藤二朗(ヤマハ)
    • 三塁手
    多幡雄一(Honda)
    田中幸長(トヨタ自動車)
    平野宏(NTT東日本)
    中村良憲(日立製作所)
    • 遊撃手
    薄井康博(ヤマハ)
    村尾賢吾(日立製作所)
    藤原将太(東芝)
    • 外野手
    長野久義(Honda)
    荻野貴司(トヨタ自動車)
    吉浦貴志(日産自動車)
    荒川正志(NTT東日本(明治安田生命))
    • 指名打者
    岡野勝俊(Honda)
    村山修次(日立製作所)
  • 10年連続出場表彰
林尚克外野手(王子製紙(硬式野球クラブ東海レックス))
松本卓内野手(富士重工業(住友金属鹿島))
四之宮洋介内野手(日産自動車)
岩本達也内野手(大阪ガス)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 東京ガス
    • 優秀賞 NTT東日本
    • 敢闘賞 日立製作所
    • 特別賞 Honda

式典[編集]

  • 通常は開幕戦の前に全出場チームを集めた開会式として前回優勝チームからの黒獅子旗(優勝旗)・トロフィーなど持ち回り賞品の返還、選手宣誓などを行うが、今回は初日から3試合開催される都合上全チーム参加の式典は行わず、前回優勝チーム・新日本石油ENEOSから持ち回り賞品の返還、第80回記念功労者表彰など最低限の式典を行うことで開会式に代えた。

外部リンク[編集]