日本産業対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本産業対抗野球大会
開始年 1951年
終了年 1973年
主催 日本社会人野球協会
加盟国 日本の旗 日本
最多優勝 熊谷組大昭和製紙(3回)
テンプレートを表示

日本産業対抗野球大会(にほんさんぎょうたいこうやきゅうたいかい、通称サンベツ)は、1951年から1973年にかけて後楽園球場で秋季に開催されていた社会人野球のトーナメント大会。

概要[編集]

社会人野球において、夏季に開催される都市対抗野球大会が地域を代表するチームの大会ならば、産業対抗野球大会は業種を代表するチームの大会と位置づけられた。

もともとは、戦前から戦後にかけて行われていた「鉄道野球大会」(全国29チームの鉄道管理局野球部が優勝を争う大会)に追随するように、1947年には日本炭鉱協会が中心となって21チームで炭鉱野球大会がスタート。その後鉄鋼大会、電機大会、自動車大会などといった各職種別の野球コンクールが林立するように開催されるようになり、純粋に「どの業種が一番強いのか」という興味や、日本産業のさらなる発展を後押しするように、全国大会を求める機運が高まり、1951年に第1回大会が開催された。

しかし、高度経済成長時代が終りに近づくとともに同大会の存在意義は薄れていき、1973年を最後に終了し翌1974年からは関西で開催される社会人野球日本選手権大会へと移行した。同大会も都市対抗野球と同様に、補強選手制度を導入していたため[1]、補強なしの単独チームで覇を競う大会を望む声が年を追うごとに強くなったのも、日本選手権への発展的解消を後押ししたとされる。

プロ野球ドラフト制以前は、都市対抗野球が1年の締めくくりの大会とされていた関係上、この大会は新シーズン・新チームで迎える最初の大きな大会と位置づけられていた。

大会に参加する業種は経済情勢の変化に伴って入れ替わりながら徐々に減少し、最後の大会となった第23回大会(1973年)では18業種だった。

歴史[編集]

  • 1951年 - 第1回大会が以下の22業種の代表チームが集まり開催。
    • 国鉄(仙台鉄道管理局
    • 炭鉱(日鉄二瀬)
    • 鉄鋼(八幡製鐵
    • 化学肥料(東洋高圧)
    • 石油(日本石油
    • 電力・ガス(東京ガス
    • 鉄道・運輸(西京貨物)
    • 紙・パルプ・新聞通信(大昭和製紙
    • 綿・紡績(日東紡海南)
    • 化学繊維(川島紡績)
    • 造船(中日本重工業
    • 建設(馬淵建設)
    • 金融(日本生命
    • 醸造(キリンビール)
    • 金属鉱工業(藤倉電線)
    • 電気機械(明電舎)
    • 官業公社(立川AIO)
    • 化学・ゴム工業(鐘淵化学)
    • 映画演劇(明治座)
    • 百貨店(全大丸)
    • 商業(愛知産業)
    • 機械・自動車(トキコ)
  • 1973年 - 第23大会をもって終了。

歴代の優勝チームと最優秀選手[編集]

参加チーム数優勝チーム業種最優秀選手
1195122鐘淵化学化学・ゴム工業河田清(外)
2195222全藤倉金属鉱工業米久保庄(内)
3195322熊谷組建設滝峠英明(内)
4195422大昭和製紙紙・パルプ・新聞通信北川桂太郎(内)
5195522トキコ機械・自動車久保吾一(内)
6195622熊谷組建設吉田嘉直(内)
7195722丸善石油石油堀田一雄(捕)
8195822日鉄二瀬炭鉱大原博志(内)
9195921倉敷レイヨン化学繊維隅三次(内)
10196021日本鋼管鉄鋼池田英俊(投)
11196120熊谷組建設島津四郎(投)
12196221日本生命金融角淳三(外)
13196322熊谷組建設藤津靖雄(投)
14196422大昭和製紙紙・パルプ・新聞通信尾関達三(内)
15196521日本石油石油三浦健二(投)
16196622全鐘紡化学・ゴム工業海老原丘(外)
17196722日産自動車機械・自動車斉藤征夫(投)
18196822全鐘紡化学・ゴム工業藤原真(投)
19196921北海道拓殖銀行金融小弓場保(投)
20197021丸善石油石油渡辺憲彦(外)
21197115全大昭和製紙紙・パルプ・新聞通信小田義人(内)
22197218日本石油石油五月女豊(投)
23197318エアロマスター百貨店・商業平井信司(内)

注釈[編集]

  1. ^ ただし、都市対抗とは異なり、補強選手は同業他社から迎えた

参考文献[編集]

関連項目[編集]