池田英俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 英俊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県うきは市[注 1]
生年月日 (1937-05-13) 1937年5月13日(83歳)
身長
体重
171 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月8日
最終出場 1969年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

池田 英俊(いけだ ひでとし、1937年5月13日 - )は、福岡県うきは市[注 1]出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

進学校・福岡高校では当初遊撃手であったが、1年次の1953年秋から投手に転向。2年次の1954年には夏の甲子園県予選で準決勝に進み、小倉高畑隆幸と投げ合うが0-1で惜敗。その後も県予選で敗れ、甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は西鉄の誘いを断り、1956年に兄が講師をしていた明治大学へ進学。1年次の同年秋季から投手陣の主軸となり、東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、2年次の1957年秋季に7勝を記録。長嶋茂雄らのいた立大には及ばぬも2位躍進に貢献したが、冬休みのランニング中に肉離れを起こす。腰痛にも苦しんだため、4年次の1959年にはほとんど登板がなかった。リーグ通算60試合登板、15勝15敗、防御率2.10、170奪三振を記録。

大学卒業後は1960年に福岡へ帰郷して八幡製鐵に入社し、同年の産業対抗日本鋼管の補強選手として出場。決勝では日本石油を相手に先発し、高校時代からのライバルで、富士製鐵室蘭から補強された稲川誠との継投で優勝を飾り、最高殊勲選手に選出された[2]。入社2年目の1961年の都市対抗でも日炭高松の補強選手として出場し、1回戦で富士鐵室蘭の稲川と投げ合うが0-1で惜敗[3]

現役時代[編集]

1962年広島カープへ入団し、1年目の同年は「中継ぎタイプで4、5勝できれば」との周囲の評価をよそに57試合に登板して16勝を挙げた。4月14日国鉄戦(広島市民球場)では無四球4安打完封で初勝利し、先発完投型のローテーション入りを果たす[4]巨人ON砲相手に臆せずして頭脳をフル回転し、外角低めのストレートで圧巻の三振に仕留めた[4]。後々には巨人戦に限っては苦手意識に陥り、ローテーションを飛ばされるようになるが[4]、広島で池田の次にこの記録を達成した新人投手は58年後の2020年、明大の後輩である森下暢仁であった[5]。57試合の登板は2020年シーズン終了現在、ルーキーによる登板数の球団記録である。また防御率は2.44を記録したが、広島の新人投手が規定投球回数に到達した上で防御率2.50未満でシーズンを終了した例は2020年終了時点で池田と明大の後輩である野村祐輔(2012年・防御率1.98)[6]、森下(2020年・防御率1.91)[7]の3人のみである。緻密な制球力と投球術、縦に割れるカーブを武器に、2年目の1963年には9完封を含むチーム最多の21勝を挙げてエース格となる。国鉄戦には7勝2敗と滅法強く、エースの大石清と投手陣の勝ち星を競った[4]。大石と共に1960年代のカープ投手陣を支え、入団5年間で2桁勝利の81勝も挙げたが、1965年の終盤には肘痛に苦しむ。1966年には開幕から連続完封勝利を記録して5年連続2桁勝利を達成し、安定した投球でローテーションの中心であったが、1967年の開幕直後に東洋工業グラウンドで二軍の選手と共に調整中に打撃投手が足りないと聞いて買って出る。しばらくして、外野ノックを受けていた衣笠祥雄の送球がそれて右手首に当たり、その影響で成績が極端に低下。思うようにボールが投げられない状態になり、胃痛で内臓も弱くなり、米飯一杯がやっとであった[4]。投球練習もままならないほど筋力も衰え、力一杯に投げてもボールの回転が思うようにいかず、右手首にボールを受けた開幕直後の怪我は投手生命を奪うものであった[4]。池田は常々「僕の目標は100勝」と口にしていたが、1967年以後の3年間で僅か2勝であった[4]1968年からは投手コーチも兼任し、最終登板となった1969年9月7日大洋戦(宮城)は2-8で敗戦している[4]。同年引退。

現役引退後[編集]

引退後は広島(1970年1973年二軍投手コーチ, 1971年 - 1972年1974年一軍投手コーチ)、大洋(1980年 - 1984年一軍投手コーチ)、中日1987年 - 1990年一軍投手コーチ, 1991年 - 1996年中京地区担当スカウト)でコーチ・スカウトを歴任し、コーチ業の合間を縫って中国放送解説者(1975年 - 1979年, 1985年 - 1986年)も務めた。

大洋時代は先発の斉藤明夫と抑えの遠藤一彦の役割を交換して二人を蘇らせた。中日コーチは明大の後輩にあたる星野仙一監督の懇請で就任するが、星野は倉敷商時代、監督から広島所属時の池田の投球フォーム分解写真を「このフォームこそ、君が学んでよいものだ」の一言と共に渡されたことがきっかけで、「投手のことならこの人しかいない」と池田に憧れにも似た尊敬の念を持っていた[8]。複数球団の投手コーチを比較的長期間務めたことからも窺えるように投手コーチとしての能力は高く評価されていたようで、中日コーチ就任時には星野をして「投手出身の自分が、それでも安心して任せられる人」[9]と言わしめている。一方の池田は星野を「決断力があり、後輩ながら素晴らしい監督」と評しており、実際に1988年のリーグ優勝に貢献。中日コーチ時代の映像としては、1988年に起きた古巣・広島との乱闘騒ぎで長嶋清幸岩本好広に飛び蹴りを食らわす等、一方的に蹴りを受ける岩本に池田が駆け寄るものなど、乱闘シーン時のものが多く残っている。

1991年からは打者担当スカウトの新宅洋志に代わり[10]愛工大名電の鈴木一朗(後のイチロー)を担当[10] [11]。池田は当時、投手であったイチローについて「体が出来上がっていないし、プロ野球の投手としてはちょっと物足りない」と評価していた[注 2][10][13]一方、打者としてはイチローを高く評価し、中日球団に対し「1位候補の外野手」とする報告書を複数回にわたり提出していた[14]。しかし球団側のイチローに対する評価は低く、同年のドラフト会議を前にチーム事情から「左打ちの外野手は不要」と判断された[14]。池田はその後も「(イチローは)3年たてば大型遊撃手になれる」と訴えた[14]が、最終的にイチローは意中の球団だった中日からは指名されず[15]オリックス・ブルーウェーブから4位で単独指名された[注 3][17]。イチローは2004年(当時はMLBシアトル・マリナーズに所属)に日米通算2000安打を達成したが、池田はその際に『毎日新聞』の記者からの取材に対し「(イチローの活躍は)うれしかった。自分の目に間違いはなかった」と回顧している[14]

中日退団後の1997年は1年間の充電期間とし、1998年から2005年まで広島工業大学の広報課に勤務していた[注 4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 広島 57 27 12 6 3 16 16 -- -- .500 939 236.0 197 12 63 1 3 152 4 0 73 64 2.44 1.10
1963 45 38 20 9 1 21 13 -- -- .618 1136 286.2 246 20 73 8 3 132 0 0 96 82 2.57 1.11
1964 36 30 11 2 3 15 12 -- -- .556 863 221.0 184 27 45 3 1 89 0 0 78 76 3.10 1.04
1965 38 31 9 3 1 13 17 -- -- .433 801 197.0 171 26 48 4 3 130 2 0 78 69 3.15 1.11
1966 42 34 17 6 4 16 12 -- -- .571 969 244.0 203 20 54 4 4 126 0 0 82 75 2.77 1.05
1967 9 9 1 1 0 1 5 -- -- .167 225 57.2 45 4 14 1 2 38 0 0 18 18 2.79 1.02
1968 11 3 0 0 0 1 5 -- -- .167 164 37.2 46 4 6 1 1 23 2 0 21 20 4.74 1.38
1969 13 0 0 0 0 0 2 -- -- .000 77 20.0 17 1 3 0 1 14 0 0 5 5 2.25 1.00
通算:8年 251 172 70 27 12 83 82 -- -- .503 5174 1300.0 1109 114 306 22 18 704 8 0 451 409 2.83 1.09
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1962年 - 1969年)
  • 61 (1970年 - 1974年)
  • 70 (1980年 - 1984年)
  • 65 (1987年 - 1989年)[19]
  • 79 (1990年)[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 一部福岡市出身としている書籍もある。
  2. ^ 中日やオリックス以外の他球団も、多くはイチローを打者ではなく投手として評価していたが、華奢な体つきから評価は高くなかった[12]
  3. ^ オリックスの指名選手は当時、1位が田口壮関西学院大学[16]、2位が萩原淳東海大付属甲府高校)、3位が本東洋三菱重工長崎)で決まっていた[17]。「3位以下も大学・社会人の即戦力投手を指名すべき」という声が多く、イチローへの評価は5位ないし6位程度だったが、東海地区スカウトだった三輪田勝利が「鈴木(イチロー)は4位までに指名しなければ絶対に取れない」と強硬に主張したことから、最終的にはドラフト会議当日にイチローの4位指名を決定した[18]
  4. ^ プロ野球のコーチから大学職員になったケースとして、新山隆史がいる。

出典[編集]

  1. ^ 中日ドラゴンズ 2016, pp. 219-220.
  2. ^ 『日本社会人野球協会報1960』日本社会人野球協会 1961年
  3. ^ 『都市対抗野球大会60年史』日本野球連盟 毎日新聞社 1990年1月
  4. ^ a b c d e f g h 5年間で81勝。太く短く輝く 池田英俊
  5. ^ 河合洋介「広島・森下 球団新人では58年ぶりの無四球完封 “師匠”柳の闘志に刺激受けた」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2020年8月15日。2021年1月4日閲覧。オリジナルの2021年1月4日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ 河合洋介「広島・森下 白星は先輩の柳に譲るも新人王&防御率の2冠見えた! 達成なら99年上原以来の快挙」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2020年10月18日。2021年1月4日閲覧。オリジナルの2021年1月4日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 広島・森下、8回0封で球団6年ぶりの新人10勝 防御率1.91で1位大野に肉薄!」『BASEBALL KING』フロムワン、2020年11月1日。2021年1月4日閲覧。オリジナルの2021年1月4日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 中日スポーツ』1986年11月5日号(中日新聞社
  9. ^ 『中日スポーツ』 1986年11月7日号(中日新聞社)
  10. ^ a b c 吹上流一郎 1995, p. 145.
  11. ^ 『毎日新聞』1995年5月30日東京朝刊東京地方版「[わたしの生き方]イチロー/47=佐藤健 /東京」(毎日新聞東京本社)
  12. ^ 鈴木宣之 2001, pp. 255-256.
  13. ^ "中部英傑伝(プロ野球選手・イチロー)". 27 September 2000. 東京放送. 中部日本放送ラジオ(CBCラジオ)。 |series=は必須です。 (説明)
  14. ^ a b c d 毎日新聞』2004年6月7日大阪夕刊社会面9頁「[憂楽帳]鈴木君」(毎日新聞大阪本社 記者:大坪康巳)
  15. ^ 鈴木宣之 2001, p. 254.
  16. ^ 石田雄太<イチロー、運命のオリックス入団> ドラフト秘話 「本当は1位指名もあった」(1/2) - プロ野球」『Number Web文藝春秋、2013年10月24日、1面。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  17. ^ a b 石田雄太「<イチロー、運命のオリックス入団> ドラフト秘話 「本当は1位指名もあった」(2/2) - プロ野球」『Number Web文藝春秋、2013年10月24日、2面。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 日刊ゲンダイ』2017年6月15日31面「井箟重慶の球界への遺言 イチローの4位指名と宮内オーナーに二軍選手を見せた経緯」(講談社
  19. ^ 中日ドラゴンズ 2016, p. 219.
  20. ^ 中日ドラゴンズ 2016, p. 220.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]