JR東日本東北硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
JR東日本東北硬式野球部
チーム名(通称) JR東北
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1919年
チーム名の遍歴 仙台鉄道管理局(1919年)→
仙台鉄道局(1920年~1949年)→
仙台鉄道管理局(1950年~1987年)→
JR東日本東北(1987年~)
本拠地自治体 宮城県仙台市
練習グラウンド JR東日本東北グラウンド(宮城県利府町
チームカラー 黄緑色
監督 藤井省二
都市対抗野球大会
出場回数 24回
最近の出場 2014年
最高成績 4強
社会人野球日本選手権大会
出場回数 15回
最近の出場 2010年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

JR東日本東北硬式野球部(ジェイアールひがしにほん とうほくこうしきやきゅうぶ)は、宮城県仙台市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(合宿所・練習グラウンドは宮城県宮城郡利府町に所在する)。

概要[編集]

チームの歴史は古く、1919年大正8年)に創部した時代までさかのぼり、都市対抗野球の歴史よりも長い。戦前の同大会では、16回のうち12回に出場するなど輝かしい実績を誇ったが、戦後は低迷が続いた。 1987年昭和62年)に国鉄が民営化されると盛岡秋田の各鉄道管理局チームを統合して「JR東日本東北」として再スタートを切った。1995年平成7年)に都市対抗野球大会への出場を決めたが、実に53年ぶりの出場であった。盛岡・秋田は一度クラブチームとして活動したが、改めて支社直属の野球部として再編されている。なお、旧盛岡鉄道管理局が母体だった「盛岡倶楽部」は、旧岩手銀行硬式野球部の廃部後の後継でもあったため、支社野球部再発足後も存続して活動している。

近年では七十七銀行とともに東北勢の核となる活躍を見せている。2011年(平成23年)の東日本大震災を受け、一時活動を休止して本業に専念した。これを乗り越えて出場した第82回都市対抗野球大会ではチーム史上初のベスト4に進出した。これに敬意を表して、特別に「がんばろう!!日本特別賞」が大会本部より授与された。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な在籍選手[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]