瀬戸和則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬戸 和則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県釜石市
生年月日 1950年8月17日
没年月日 (2013-07-25) 2013年7月25日(62歳没)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト3位
初出場 1974年5月30日
最終出場 1976年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

瀬戸 和則(せと かずのり、1950年8月17日 - 2013年7月25日)は、岩手県釜石市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大槌高ではエースとして活躍。在学中、甲子園には出場できなかったが、1968年春の東北大会県予選で黒沢尻工業高に次ぐ準優勝という実績を残す。東北大会では1回戦で小山田健一がいた日大山形高に敗退するが、好投手として注目された。

1968年のプロ野球ドラフト会議西鉄ライオンズから13位指名を受けるも入団を拒否し、社会人野球盛岡鉄道管理局へ入社。泉沢彰がプロ入りした後はチームのエースとなり。ややサイドから内外角をつくシュート、カーブでカウントをとるピッチングを身上に、都市対抗野球の常連として活躍した。1971年都市対抗野球では2回戦に進み、この大会に準優勝した丸善石油門田純良愛媛相互銀行から補強)、久玉清人らと投げ合うが大敗を喫する[1]

1973年プロ野球ドラフト会議広島東洋カープから3位指名を受け入団。

1974年にはウエスタン・リーグで6月半ばまでで4勝1敗、防御率2.57を記録。マウンド度胸の良さを首脳陣に買われ、一軍に引き上げられて2試合に登板する。1976年には主に中継ぎとして17試合に登板、9月には初先発。

同年オフに榎本直樹との交換トレードで、ヤクルトスワローズへ移籍するが、ここでは公式戦での登板機会に恵まれず1977年限りで引退した。

2013年7月25日、逝去。62歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 広島 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 6 1 1 0 0 1 0 0 4 4 12.00 2.33
1976 17 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 111 24.1 31 6 8 2 2 20 0 0 14 14 5.25 1.60
通算:2年 19 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 126 27.1 37 7 9 2 2 21 0 0 18 18 6.00 1.68

記録[編集]

背番号[編集]

  • 17 (1974年 - 1976年)
  • 13 (1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]