小坂誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小坂 誠
読売ジャイアンツ コーチ #70
Makoto Kosaka 2008.jpg
巨人選手時代(2008年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県亘理郡山元町
生年月日 (1973-07-02) 1973年7月2日(44歳)
身長
体重
167 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1996年 ドラフト5位
初出場 1997年4月5日
最終出場 2010年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

小坂 誠(こさか まこと、1973年7月2日 - )は、宮城県亘理郡出身の元プロ野球選手内野手、右投左打)、コーチ。現役時代はゴールデングラブ賞を4度受賞した。現在は読売ジャイアンツ二軍の内野守備走塁コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

少年野球時代はチームの後輩に小野淳一山元町立山下中学校卒業。宮城県柴田高等学校では甲子園出場はなく、高校卒業後は社会人野球JR東日本東北硬式野球部に在籍。

ヤクルトスワローズのスカウトを務めていた佐藤孝夫白石市出身で仙台鉄道管理局から国鉄スワローズに入団)がその才能を見出して獲得するよう推薦したが、低身長を理由に却下された。小坂をあきらめきれない佐藤は千葉ロッテマリーンズのGM広岡達朗(元ヤクルト監督)に「ヤクルトは取らないけれど、背は低いが守備範囲の広い選手なんだ」と推薦し、実際に小坂を調査した広岡は即座に獲得を決意。[1]1996年度のドラフト会議で5位指名された。背番号00

ロッテ時代[編集]

1997年(1年目)、ルーキーながら開幕からショートのレギュラーを獲得。3.4月の月間MVPを獲得し、シーズン全試合出場を果たすなど活躍を見せて新人王に選ばれる。盗塁王のタイトルは松井稼頭央が獲得したが、この年に記録した56盗塁はそれまでの新人最多記録である佐藤孝夫の45盗塁を大きく上回る記録であり、現在も破られていない。

1998年から背番号を1に変更。松井稼頭央と並んで43盗塁で盗塁王に輝く(故意のボーク疑惑による盗塁阻止問題も発生。詳しくはそちらの項を参照)。

1999年は31盗塁を記録したが、松井稼頭央に1個及ばず盗塁王を逃した。同年は打率.280、出塁率.358を記録してゴールデングラブ賞も初受賞し、以後2001年まで受賞し続ける。1998年に続き2年連続でリーグ最多犠打も記録し、プロ野球史上初の「40盗塁・40犠打」を達成した。

2000年に33盗塁を残して自身2度目となる盗塁王を獲得したが、打撃面では振るわなかった。

2001年にはプロ野球史上2人目の入団から5年連続30盗塁を記録し、打撃では打率.262、出塁率.350と復調した。

2002年は開幕早々に右足を骨折し長期離脱(後述)。入団から連続30盗塁と連続100安打の記録が5年で止まるが、通算4度目となるリーグ最多三塁打を記録した。

2003年には通算50三塁打を達成する。2年ぶりに100安打以上をマークした。

2004年は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。

2005年1月1日に入籍。4月22日、通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県フルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日、通算250盗塁を達成。以後、西岡剛堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)で活躍し、打率.283、出塁率.353、自己最高となる4本塁打を記録。チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献した。通算4度目となるゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。ロッテで付けていた背番号1が巨人では永久欠番になっていたこともあり、同年に引退した元木大介2を引き継いだ。

巨人時代[編集]

2006年、監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、キャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンドサードの守備に取り組んでいたが、仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年はほとんど二塁で起用された(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日の対北海道日本ハムファイターズ2回戦で、巨人に移籍後初めてのお立ち台に立った。ロッテ時代よりも小技などの進歩を見せるが、打率1割台と極度の不振となり、併用された仁志と共倒れとなってしまったことで後半は守備代走要員に回り、ルーキー脇谷亮太が優先起用された。チーム内にケガ人が続出するなかで李承燁や二岡と共にシーズンを通じて一軍に定着してチームを支え続けたが、シーズン終了後には大幅減俸を受け入れ、10月には若手と共にフェニックスリーグに参加した。10月27日 シーズン中に取得したFA権を行使せずに巨人に残留することを表明[2]

2007年から背番号を6に変更[注 1]3月30日セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。セ・リーグに合わせて打球を上げる打撃スタイルなどを修正し、シーズン当初は開幕スタメンショートで押し出し四球を記録するなど活躍したが、チームの貧打により二岡が1軍昇格するとスタメンは二岡で固定され、仁志が移籍したセカンドも木村拓也脇谷亮太が起用されることが多かった。出場機会は二岡と交代での守備固め、もしくは代走に限られ、1シーズンを通したヒット数はわずか3安打となった。下半身に不安を抱える二岡のバックアップ要員としてチーム優勝に貢献したものの、肩を痛めて8月3日の出場を最後に1軍登録を抹消された。

2008年はそれまで一度しか守ったことがなかった三塁を守ることも多くなった。故障の後遺症もなく、その三塁でも堅実な守備を見せた。若いが荒削りな坂本勇人が遊撃手として台頭し、二岡の本格三塁コンバートが決定。ひきつづき守備と走塁のスペシャリストとしての役割が期待されていたが、若手と中堅選手の台頭や、打撃不振もあり出場試合数は自己最少。プロ入り後初めて一軍で無安打に終わった。11月、金銭トレードでの東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍を発表。背番号は32。巨人からは二軍コーチへの就任を打診されていたが、現役にこだわりたいとの思いから自分で移籍を願い出たという。

楽天時代[編集]

2009年、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節が入るなど地元ファンからの期待は大きかったが、シーズン当初は巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだった。5月に内野のレギュラーであった渡辺直人高須洋介が相次いで故障すると、次第にスタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦では、8回1死二三塁の場面で三塁走者・草野大輔の代走として出場すると、中村紀洋の二塁ゴロの間に内野の前進守備をかいくぐる好走塁で決勝点のホームを踏み、初となる地元でのお立ち台に登った。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦では、延長12回1死満塁の場面で荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりとなるサヨナラ安打を打った。

2010年は1月の自主トレ中に腰を痛め、椎間板ヘルニア(全治3週間)と診断され、春季キャンプへの合流が大幅に遅れた。シーズンに入っても怪我の影響は深刻で、わずか7試合の出場にとどまり、それも全て代走と守備固めでのもので、打席に立つことは一度もなかった。10月1日付で球団から戦力外通告を受けたのを機に、現役引退を表明した。

コーチ時代[編集]

2011年、楽天育成コーチ(野手担当)に就任。2011年5月15日、二軍内野守備走塁コーチへと異動。2012年は育成コーチ(野手担当)に復帰予定だったが、後任の種田仁が1月に退団したため、引き続き二軍内野守備走塁コーチを務める[1]2013年11月5日、辞任を申し入れ退団[2]

2014年より2016年まで、北海道日本ハムファイターズの二軍内野守備コーチを務める。[3][4]

2017年シーズンからは、読売ジャイアンツで二軍内野守備走塁コーチを担当する。[5]

選手としての特徴[編集]

その超人的な守備力から「平成の牛若丸」「小坂ゾーン」などと称された[6]。当時小坂と同一リーグに所属していた城島健司は「小坂さんがいると、毎試合ヒットを1本損する」と語っている[6]ゴールデングラブ賞は遊撃手として4度受賞している。

千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている[7]

セイバーメトリクスの見地から[編集]

RCAAは100以上のマイナスを記録している一方、守備得点は200を超えており、合計ではプラスとなっている[8]

守備Win Sharesではロッテの遊撃手としては歴代No.1の数値を記録(2010年終了時点)[9]

レンジファクターは遊撃手として1997年から7年連続で両リーグ1位を記録しており、うち1998年から2003年までは6年連続で数値が5を超えている[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 ロッテ 135 595 499 66 130 14 7 1 161 30 56 16 38 5 49 0 4 49 4 .261 .329 .323 .651
1998 124 527 430 51 100 12 8 3 137 33 43 11 48 6 40 2 3 48 3 .233 .299 .319 .617
1999 130 586 482 64 135 18 10 3 182 40 31 15 42 2 57 4 3 59 2 .280 .358 .378 .736
2000 135 559 462 57 110 17 4 1 138 30 33 11 23 5 69 2 0 69 4 .238 .334 .299 .633
2001 140 657 550 79 144 16 8 1 179 35 32 9 22 7 77 0 1 70 8 .262 .350 .325 .675
2002 93 380 334 35 82 13 6 1 110 15 11 3 18 0 26 0 1 54 2 .246 .302 .329 .631
2003 134 592 516 67 133 21 7 3 177 40 27 7 19 3 53 1 1 84 5 .258 .326 .343 .669
2004 89 300 242 33 61 9 3 1 79 26 6 8 21 3 31 0 1 37 1 .252 .336 .326 .662
2005 118 367 321 64 91 14 6 4 129 31 26 11 10 1 29 0 6 47 3 .283 .353 .402 .755
2006 巨人 92 255 218 24 40 5 2 0 49 12 4 4 8 2 22 2 5 41 3 .183 .271 .225 .496
2007 56 31 24 13 3 1 1 0 6 3 2 0 1 1 4 0 1 8 0 .125 .267 .250 .517
2008 13 7 7 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2009 楽天 105 213 176 19 40 3 1 1 48 8 7 4 17 1 18 0 0 31 1 .227 .297 .273 .570
2010 7 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:14年 1371 5069 4261 574 1069 143 63 19 1395 303 279 99 267 36 475 11 26 599 36 .251 .327 .327 .655
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































1997 ロッテ - - 135 197 459 14 86 .979
1998 - - 123 236 417 16 106 .976
1999 - - 130 230 421 13 84 .980
2000 - - 135 226 489 11 98 .985
2001 - - 140 252 492 16 99 .979
2002 - - 93 175 298 3 57 .994
2003 - - 134 226 483 8 86 .989
2004 - 1 1 0 0 0 1.000 88 148 275 8 65 .981
2005 - - 112 142 290 3 64 .993
2006 巨人 76 114 196 4 34 .987 - 27 14 21 0 5 1.000
2007 2 0 2 0 0 1.000 - 51 22 41 1 10 .984
2008 7 1 2 0 0 1.000 5 1 2 0 0 1.000 -
2009 楽天 63 77 113 2 23 .990 12 2 4 0 1 1.000 34 33 69 0 15 1.000
2010 - 3 2 1 0 1 1.000 2 0 1 0 0 1.000
通算:14年 148 192 313 6 57 .988 21 6 7 0 2 1.000 1204 1901 3756 93 775 .984

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • シーズン守備率:パ・リーグ遊撃手記録:.994(2002年)
  • シーズン補殺:パ・リーグ遊撃手記録:492(2001年)
  • 通算三塁打:63三塁打 ※歴代17位タイ(2011年終了時点)
  • 通算犠打:267犠打 ※歴代10位(同上)
  • オールスターゲーム出場:5回 (1997年、1999年 - 2001年、2003年)

背番号[編集]

  • 00 (1997年)
  • 1 (1998年 - 2005年)
  • 2 (2006年)
  • 6 (2007年 - 2008年)
  • 32 (2009年 - 2010年)
  • 86 (2011年 - 2013年)
  • 85 (2014年 - 2016年)

登場曲[編集]

関連情報[編集]

テレビ出演[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道日本ハムファイターズからFA権を行使して移籍してきた小笠原道大が日本ハム時代と同じ背番号2を着けるため。

出典[編集]

  1. ^ コーチ契約・チームスタッフに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年1月31日). 2012年1月31日閲覧。
  2. ^ 来季のコーチ契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年11月5日). 2013年11月5日閲覧。
  3. ^ 2014コーチングスタッフについて”. 北海道日本ハムファイターズ (2013年11月13日). 2013年11月13日閲覧。
  4. ^ 日本ハム、小坂誠コーチの退任を発表 14年から2軍内野守備コーチ”. Full-count (2016年11月14日). 2016年11月14日閲覧。
  5. ^ 【巨人】小谷氏、6年ぶり復帰!巡回投手コーチで未来のエース育成へ
  6. ^ a b 田端到“守備の華”遊撃手で最高の選手は?20年間の数字から見えた、ある真実。(3ページ目)」『ベースボール・ダンディ~数字の向こう側へ~』、Number Web(2010年1月22日)、2014年2月26日閲覧。
  7. ^ 日刊スポーツ、野村監督の連載より
  8. ^ 岡田友輔、鳥越規央、道作、三宅博人、蛭川皓平、森嶋俊行、高多薪吾、Student 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』 水曜社、2012年、167頁。ISBN 978-4-88065-286-3
  9. ^ 歴代ロッテ遊撃手と比べた小坂誠 - Baseball LAB「Archives」 2014年11月11日閲覧。
  10. ^ 田端到 「“守備の華”遊撃手で最高の選手は?20年間の数字から見えた、ある真実。(2ページ目)」『ベースボール・ダンディ~数字の向こう側へ~』、Number Web(2010年1月22日)、2014年2月26日閲覧。
  11. ^ a b c 小坂誠 ORICON STYLE」 ORICON STYLE 2014年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]