藤田浩雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤田 浩雅
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県裾野市
生年月日 (1961-10-03) 1961年10月3日(56歳)
身長
体重
175 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1982年 ドラフト3位
初出場 1983年9月2日
最終出場 1994年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1997, 2004 - 2005, 2007 - 2010)

藤田 浩雅(ふじた ひろまさ、1961年10月3日 - )は、静岡県裾野市出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

御殿場西高校1年生の秋から捕手を務める[1]

高校卒業後は、社会人野球関東自動車工業を経て、1982年プロ野球ドラフト会議阪急ブレーブスから3位指名を受け入団。

1年目の1983年から一軍に入り、2年目の1984年には98試合に出場し打率.288、22本塁打の好成績を残し、同年のリーグ優勝に貢献。新人王も獲得した。その後も、正捕手としてチームを支えた。外国人投手とバッテリーを組むことが多く、抑え投手のアニマル・レスリーから(スキンシップとして)パンチを食らうことも頻繁にあった。

1988年6月18日の対南海ホークス戦で、日本プロ野球史上5人目となる代打逆転サヨナラ満塁ホームランを放つ[2]。しかし、球団名がオリックスに変わった1989年は故障もあり、若手の中嶋聡に正捕手を奪われた。ただし、中嶋が正捕手となってからも、ガイ・ホフマンドン・シュルジーが先発する時はスタメンに起用されていた。

年々出場試合が減少し、1991年シーズン終了後に同じポジションの高田誠との交換トレード読売ジャイアンツに移籍。巨人では2番手捕手として期待されたが、大久保博元の加入により二軍生活が続き出場機会に恵まれなかった。しかし、1994年8月13日の阪神タイガース戦(東京ドーム)では、桑田真澄とバッテリーを組みセ・リーグタイ記録の16奪三振(毎回奪三振も記録)で完封試合に最後までマスクを被って貢献した。

1995年以降は一軍に昇格することがなく、1996年に現役引退。

引退後は指導者、フロント、球団職員として巨人一筋で、翌1997年から1年間は二軍バッテリーコーチを務めた。

一度フロント入りしたが、2003年ブルペン捕手として現場復帰。2004年2005年まで再び二軍バッテリーコーチを務めた。2006年はフロントに戻ったが、2007年は育成担当コーチ、2008年2009年は再び二軍バッテリーコーチ、2010年からは二軍育成コーチに配置転換された。

2011年からはコーチ職を離れ、巨人合宿所の寮長に就任。2013年4月現在の役職はファンサービス部課長。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 阪急
オリックス
6 8 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .286 .375 .286 .661
1984 98 326 289 45 83 12 0 22 161 69 3 1 8 3 25 1 1 45 6 .287 .343 .557 .900
1985 118 396 350 40 76 13 0 11 122 53 0 2 13 5 25 0 3 69 12 .217 .272 .349 .620
1986 126 460 419 52 106 16 1 18 178 53 0 0 13 3 22 0 3 69 15 .253 .293 .425 .718
1987 104 281 260 22 61 7 0 9 95 44 0 1 9 3 6 0 3 36 13 .235 .257 .365 .623
1988 83 217 194 15 34 6 0 5 55 25 0 1 9 0 13 1 1 20 7 .175 .231 .284 .514
1989 58 96 90 7 18 4 1 0 24 6 0 0 3 0 3 0 0 10 5 .200 .226 .267 .492
1990 65 176 157 16 39 5 0 6 62 17 1 2 5 0 13 0 1 26 6 .248 .310 .395 .705
1991 27 47 43 3 9 3 0 0 12 5 0 0 1 0 2 0 1 10 0 .209 .261 .279 .540
1992 巨人 26 44 41 3 8 1 0 0 9 4 0 0 0 0 3 0 0 5 1 .195 .250 .220 .470
1993 7 8 8 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .250 .375
1994 7 8 7 1 2 1 0 1 6 3 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .286 .375 .857 1.232
通算:12年 725 2067 1865 204 439 69 2 72 728 279 4 7 61 14 114 2 13 292 65 .235 .282 .390 .673
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1983 6 0 3 0 3 1.000
1984 97 453 42 4 7 3 .992 71 41 30 .423
1985 117 573 48 8 6 4 .987 91 67 24 .264
1986 126 694 62 4 11 4 .995 128 92 36 .281
1987 103 478 57 5 7 3 .991 95 66 29 .305
1988 78 341 28 2 8 2 .995 42 30 12 .286
1989 55 1 32 23 9 .281
1990 62 6 50 33 17 .340
1991 23 2 10 7 3 .300
1992 16 0 10 5 5 .500
1993 6 0 2 2 0 .000
1994 7 0 . 1 0 1 1.000
通算 696 32 535 366 169 .316
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 25 (1983年 - 1991年)
  • 38 (1992年 - 1995年)
  • 68 (1996年)
  • 86 (1997年)
  • 108 (2003年)
  • 85 (2004年 - 2005年)
  • 111 (2007年)
  • 71 (2008年 - 2010年)

関連情報[編集]

出演[編集]

ラジオ番組

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2年先輩の杉本正とバッテリーを組んでいた1年先輩の捕手が投手にコンバートされたため(『武田和歌子のぴたっと。』にて本人談)。
  2. ^ 週刊ベースボール 2011年11月7日号96ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]