三瀬幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三瀬 幸司
20130923 kouji Mise, pitcher of the Chunichi Dragons, at Yokohama Stadium.JPG
中日時代
(2013年9月23日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県観音寺市
生年月日 (1976-03-11) 1976年3月11日(42歳)
身長
体重
177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト7巡目
初出場 2004年3月28日
最終出場 2014年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三瀬 幸司(みせ こうじ、1976年3月11日 - )は、香川県観音寺市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

香川県観音寺市出身。香川県立観音寺第一高等学校岡山理科大学卒業。

観音寺第一高校入学時は外野手であったが、当時の監督に勧められ投手に転向。岡山理科大学は二部リーグで、本人曰く「うちの高校のほうが強いんじゃないかというぐらいのチーム」だった。当時は全くの無名選手だったため、高校は一般入試で、大学は野球とは関係ない指定校推薦でそれぞれ入学している[1]

大学卒業後は野球をやめるつもりで就職活動をしていたが、父親の知り合いの紹介で社会人野球NTT四国のテストを受け高評価を得る。しかしこの年のNTT四国は既に新人の枠が一杯だったため、まだ枠に余裕のあったNTT中国を紹介され、1998年NTT西日本に入社[1]。翌1999年に同チームが「NTT西日本中国クラブ」としてクラブチーム化されて以後も活動を続けた。当時NTT中国の本拠地は広島市民球場の隣であったが、広島東洋カープのスカウトが見に行った試合はいつも打たれたため、スカウトの目に留まることは無かった。

2003年、この年限りでの休部が決まっていたNTT西日本中国クラブのエースとして、都市対抗野球大会中国地区第1代表を獲得。1回戦(対大阪ガス戦)に先発し敗戦投手になったが、キレのある変化球に数球団のスカウトが注目した。しかし当時、プロ野球のスカウトの間では「三瀬はNTT西日本に移籍する」と言われていたため、プロからの誘いは(後述のダイエーを除き)来ることはなかったという[1]

本人は「休部を機に社会人野球をやめて草野球でもやろう」というつもりだったというが、本人の意向を知った福岡ダイエーホークスから「辞める前に試しにテストを受けてはどうか」との誘いがあり、入団テストで当時の投手コーチだった尾花高夫らから高評価を受ける[1]。同年秋のドラフト会議で同球団から7巡目指名を受けて入団。28歳でのプロ入りだった。

ダイエー・ソフトバンク時代[編集]

ソフトバンク時代

2004年、新人ながらチーム事情により抑えを任されオールスターゲームに監督推薦で出場。最終的に横山道哉と並び32セーブポイントで最優秀救援投手城島健司と共に最優秀バッテリー賞を獲得。チームはシーズンを勝率1位で通過。プレーオフでは西武ライオンズと対戦。自身は第1戦と第4戦、第5戦に登板。第5戦では延長10回に犬伏稔昌に勝ち越しの犠飛を打たれ、これが決勝点となりチームは敗退。最後に悔しい思いをしたが、新人での最優秀救援投手は与田剛1990年)以来二人目(左腕では初)。新人での最優秀バッテリー賞受賞は史上唯一。新人王にも選出され、28歳7ヶ月での受賞はパ・リーグ最年長受賞者となった。

2005年は開幕から好調で、4月22日西武戦で10セーブ目を挙げた。開幕から24試合目での2桁セーブ到達はプロ野球史上最速記録となった。しかし、5月1日のロッテ戦で調整登板をした際に、ベニーに3点本塁打を浴びてシーズン初失点を喫すると、以後は別人のように投球が乱れるケースが増加。更に6月2日の阪神戦では9回裏に金本知憲に頭部死球を与え危険球退場。7月4日の楽天戦では10球連続ボールを含む3連続四球と大乱調で二軍降格となった。その後は昇格するも、馬原孝浩が抑えに抜擢され、自身は中継ぎとなった。結果的に18セーブをマークしたが防御率は4点台となり、翌年以降は馬原が抑えとなり、自身は中継ぎ専任となった。

2006年も前年途中の配置転換から変わらず、抑えが馬原となったため、自身は中継ぎとなった。この年は40試合に登板したが防御率4.68と安定感を欠いた。

2007年は28試合の登板に終わるなど、2軍で過ごすことが多かったが、防御率は2.45と比較的好投を見せた。

2008年はチーム最多の44試合に登板するも、約4分の3が負け試合での登板だった[2]

再起を期して臨んだ翌2009年も自己最少の17試合登板に終わり、防御率は6点台だった。

中日時代[編集]

2010年の開幕はソフトバンクだったが6試合しか登板できず、6月24日清水将海との交換トレード中日ドラゴンズへ移籍[3]。移籍後に一軍登録され、中継ぎで登板するも結果が出ずにその後は二軍生活であったが、クライマックスシリーズより一軍に合流し、日本シリーズでも有資格者に選ばれて日本シリーズ初登板を果たした。

2011年は、開幕一軍入りを果たす。6月5日の対ロッテ戦(ナゴヤドーム)では移籍後初、2008年以来3年ぶりの勝利を飾るもその後は不調で二軍降格。7月に復帰するとその後は一軍に留まり計44試合に出場、ホールド数は2005年と2006年に記録した11ホールドに次ぐ7ホールドを記録した。

2012年はキャンプ中に左肘に違和感を覚え、3月に関節遊離体除去・肘関節形成の手術を受けた[4]。シーズン終盤の9月25日に一軍復帰した。2013年は20試合の登板に留まり、翌2014年9月25日、球団から引退が発表された。その後の引退会見において落合博満GMからは慰留を受けた[5]ものの、春先から肩の状態が思わしくなかったことが引退の理由であると述べている[6]10月1日の対DeNA戦(ナゴヤドーム)を引退試合として、同じくこの年限りで現役引退する鈴木義広小林正人と共に登板し、7回ニ死から登板し、筒香嘉智から空振り三振を奪った。最終的にこの引退試合が同年唯一の1軍登板だった。試合後のセレモニーでは「本当にいい野球人生だったと思います」とあいさつした[7]

引退後[編集]

2015年より中日球団のスカウトに就任。九州地区の担当として活動している。

人物[編集]

愛称は、名前から三瀬店長(三瀬→店)。また、初のお立ち台で「毎日沢山の皆様にお越し頂きまして、ありがとうございます!」と店長のようなコメントをした事も、愛称の由来の一つである。

プロ入り前は阪神ファンであった(岡山理科大学時代に「三瀬君のページ がんばれ阪神Tigers」という名でホームページを作成していた)。

契約更改は基本的に一発サイン。増額なら感謝を述べ、減俸では自分の成績への反省の弁を述べる。

ダイエー時代にバッテリーを組んだ城島健司とは、城島がメジャーリーグに移籍した後も交友が続いており、現役の頃はオフシーズンの自主トレーニングを合同で行っていた[8](同郷で2010年より同僚である鈴木義広を誘った事もある)。また城島の影響で釣り(特に磯釣り)を趣味とするようになり[9]、2011年には福岡市の釣具メーカー「AURA」の商品カタログに後輩の攝津正とともに登場している[10]

大塚愛のアレンジャーとして知られるIkoman(生駒龍之介)とは、高校時代の同級生である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 ダイエー
ソフトバンク
55 0 0 0 0 4 3 28 -- .571 279 67.2 47 6 19 2 9 71 3 0 28 23 3.06 0.98
2005 54 0 0 0 0 2 2 18 11 .500 191 45.2 30 8 20 1 7 45 0 0 24 24 4.73 1.09
2006 40 0 0 0 0 1 3 1 11 .250 130 32.2 26 2 9 4 2 15 0 0 17 17 4.68 1.07
2007 28 0 0 0 0 0 1 0 4 .000 75 18.1 12 1 5 0 5 17 0 0 6 5 2.45 0.93
2008 44 0 0 0 0 2 1 0 5 .667 145 35.0 28 5 14 0 2 25 3 0 16 16 4.11 1.20
2009 17 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 92 20.0 26 1 8 1 0 19 2 0 14 14 6.30 1.70
2010 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 6 0 3 0 0 2 1 0 5 4 10.80 2.73
中日 6 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 18 3.0 5 0 4 0 0 3 0 0 5 5 15.00 3.00
'10計 12 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 37 6.1 11 0 7 0 0 5 1 0 10 9 12.79 2.84
2011 44 0 0 0 0 1 1 0 7 .500 149 35.1 38 0 7 0 3 25 0 1 17 16 4.08 1.27
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 12 3.0 3 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0.00 1.00
2013 20 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 78 20.1 15 2 5 0 0 14 0 0 4 4 1.77 0.98
2014 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:11年 317 0 0 0 0 11 13 47 45 .458 1189 284.2 236 25 94 8 28 242 9 1 136 128 4.05 1.16
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ダイエー(福岡ダイエーホークス)は2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他記録

背番号[編集]

  • 57 (2004年 - 2010年途中)
  • 39 (2010年途中 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 東京中日スポーツ・2011年5月12日付 3面「旬撃 -竜戦士を直撃-」
  2. ^ ソフトB三瀬“勝利の方程式”復帰目標 nikkansports.com 2008年12月13日
  3. ^ トレードについて
  4. ^ 【中日】三瀬が左肘手術 復帰まで4カ月 nikkansports.com 2012年3月22日
  5. ^ 中日三瀬が引退会見「後悔していません」日刊スポーツ 2014年9月26日
  6. ^ 中日新聞 2014年9月27日
  7. ^ 中日の三瀬、小林、鈴木義が引退登板「本当にいい野球人生だった」スポーツニッポン2014年10月1日配信
  8. ^ 阪神・城島が佐世保での自主トレを公開 - デイリースポーツ・2011年1月9日
  9. ^ 東京中日スポーツ・2011年5月16日付 3面「CD連覇へ」
  10. ^ AURA Catalog 2011 pp.28 - 29

関連項目[編集]

外部リンク[編集]