多和田真三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多和田 真三郎
Tawata.jpg
2018年2月9日 春季キャンプ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県中頭郡中城村
生年月日 (1993-04-13) 1993年4月13日(29歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年5月14日
最終出場 2019年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017 野球

多和田 真三郎(たわた しんさぶろう、1993年4月13日 - )は、沖縄県中頭郡中城村出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

津覇小学校1年生の時に津覇少年野球クラブで野球を始め、4年生から投手になった[2]中城中学校では軟式の野球部に所属した[1]

中部商業高校では1年生の秋にベンチ入りし、2年生の秋にはエースとなったが3年生の全国高等学校野球選手権沖縄大会の決勝戦で糸満高校[3]に敗れ準優勝となったのが最高成績だった[4]

富士大学では、1年生の春季から登板[2]。11月11日、第43回明治神宮野球大会の2回戦・国際武道大学戦で、1年生では史上2人目、大会史上4人目のノーヒットノーランを達成した[5]。3年生時、8月30日のノースアジア大学戦では、これまでのリーグの1試合奪三振記録17を上回る18奪三振を記録した[6]。11月14日、第45回明治神宮野球大会の1回戦に先発登板したが3回2/3を投げて7失点でチームはコールド負けした[7]。4年生の春季リーグの終盤で右肩腱板に炎症を起こし、6月に行われた第64回全日本大学野球選手権大会および秋季リーグには登板しなかった[8]北東北大学野球リーグでは1年生の秋季に最優秀防御率賞と最優秀選手賞、2年生の春季に最優秀選手賞、秋季に優秀選手賞、3年生の秋季と明治神宮野球大会第6回東北地区代表決定戦でそれぞれ最優秀選手賞を受賞し、ベストナイン(投手)には2年生の春季、3年生の秋季、4年生の春季に選ばれている[9][10]。大学通算で46試合に登板、316回1/3を投げ、32勝8敗、防御率1.08だった[11]。また、当時のリーグ新記録の299個の通算奪三振を記録した[8]。なおリーグ通算最多奪三振は後に髙橋優貴により301に更新された。

2015年10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから1巡目で指名を受け[12]、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で合意し、入団[13]。背番号は「18」に決まった[14]。ドラフト前に西武が1位指名を明言し公表したが、1位指名選手を明言したのは2014年の髙橋光成に続き2年連続だった[15]。また、富士大学からドラフトで西武へ入団したのは2013年入団の山川穂高、2014年入団の外崎修汰に続き3年連続となった。

西武時代[編集]

2016年1月に行われた新人合同自主トレの投球練習で大学4年生時に右肩を痛めて以来、247日ぶりに投球を行った[16]。5月14日に出場選手登録され[17]、同日の対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板・初先発し、1回0/3を投げ被安打3、奪三振1、与四球3、自責点4で敗戦投手になった[18]。2回に無死満塁から三者連続押し出し四球を記録したが、新人選手が初登板で三者連続押し出しを記録したのは1940年に小野寺洋が記録して以来2人目のことだった[19]。6月19日、対東京ヤクルトスワローズ戦に8番・投手で先発出場し、5回を投げ5失点でプロ初勝利を挙げた[20][21]。7月14日に行われたフレッシュオールスターゲームイースタン・リーグの選抜メンバーに選ばれ、5回裏に4番手で登板し1回を投げ無失点だった[22][23]。8月11日の日本ハム戦では先発登板して9回を投げ被安打3、奪三振8、与四球1、無失点の成績で初完投・初完封勝利を挙げた。なお、この年の新人選手の中では一番初めの完封勝利だった[24][25]

2017年は右肩違和感の影響もあり、16試合の登板に終わり5勝5敗、防御率3.44だった。オフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[26]

2018年、3,4月は5戦5勝、防御率2.06と活躍し3,4月度の月間MVPを受賞した。5月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、球団タイ記録となる開幕から6戦6連勝を挙げる[27]。7月24日のオリックス・バファローズ戦では、自身初の2桁勝利を挙げた[28]。9月以降は再び調子を上げ、9,10月は5戦4勝、防御率1.54の活躍で同年2度目の月間MVPを受賞。チームで唯一開幕から閉幕まで先発ローテーションを守り続け、26試合に登板。リーグ最多の5完投、16勝を挙げ、自身初のタイトルとなる最多勝利を獲得した。

2019年菊池雄星シアトル・マリナーズへの移籍により、自身初となる開幕投手を務めた。しかし、不安定な投球や打線の援護がない試合が続き5月26日に一軍登録を抹消された。その後、多和田は二軍での調整が続き、7月20日の対オリックス・バファローズ戦で一軍に復帰したが、6回3失点で敗戦投手となった。その後、体調の不調を訴えて診察を受けたところ頻脈性不整脈と診断され、通院による治療を受けることとなり、12試合に登板して1勝6敗、防御率5.83と前年を大きく下回る成績で戦線離脱となり、そのままシーズンを終えた。12月23日に球団から不整脈の原因が自律神経失調症によるものであることが公表され、これを受けて、球団側では多和田について契約保留選手(最長2021年1月9日まで)とする措置を執り、多和田の病状回復を待って選手活動に復帰できる目処がついた時点で契約更改を行う方針であることも明らかにされた[29]

2020年1月15日に練習を再開したが、春季キャンプは不参加となった[30]。契約保留のままながら3月24日より三軍練習に合流[31]。その後、7月30日に支配下選手登録された[32]イースタン・リーグの対巨人戦(CAR3219フィールド)で実戦復帰を果たし、先発で6回12被安打5失点という内容だった。なお、前シーズンまでとは違い、髪を伸ばし髭を蓄えた容貌で姿を現した[33]。二軍公式戦には5試合登板し、1勝2敗、防御率3.65という内容だった[34]。11月3日、翌年の契約を結ばない旨が球団より発表された[35]が、西武の渡辺久信ゼネラルマネージャーは多和田について「支配下として重圧がかかると厳しいと感じた。まずは病気をしっかり治すことが大事」と経緯を説明した。加えて「野球を続ける意思があるのでサポートしていきたい」と[36]、12月17日には育成選手として球団と再契約を結んだ[37]

2021年の春季キャンプも不参加となった[38]。開幕後、多和田はブルペンでの投球練習までは行っていたものの実戦復帰までには至らず、イースタン・リーグ公式戦への登板機会はなかった[39]。10月5日、多和田は球団から2度目の戦力外通告を受けた[40]。西武の渡辺ゼネラルマネージャーは多和田との来季契約を結ばなかったことについて、「プロの世界ですから、プロとして、仕事がなかなかできない状況というので、来季の契約に関しては難しいだろうなという判断です」と説明した[41]。多和田は、球団を通じて「今後についてはピッチャーとして野球を続けていければと思っています」と現役続行の意向を示している[41]。12月8日にメットライフドームで行われた12球団合同トライアウトに参加し、打者3人と対戦。1人目の松尾大河には緊張のためストレートの四球を与えたものの、続く片山博視武田健吾も抑え込み、直球は最速146km/hを記録した[42][43]

選手としての特徴[編集]

最速152km/hの直球[44](プロ入り後の最速は151km/h[45])、スライダーフォークを軸に、時折カーブシンカーも混ぜる[1][16]

他には類を見ない程、深く沈み込む投球フォームが特徴。低いリリースポイントから繰り出されるボールは打者から浮き上がるように見え、時に鋭くシュート回転し打者の胸元を抉るという[46]

人物[編集]

2017年10月に一般女性と結婚していたことが12月2日に発表された[47]。翌2018年8月28日に第一子が誕生[48]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 西武 18 18 2 1 0 7 5 0 0 .583 433 98.2 101 6 40 0 8 91 10 0 51 48 4.38 1.43
2017 16 16 2 2 1 5 5 0 0 .500 411 96.2 93 11 26 0 8 74 3 0 39 37 3.44 1.23
2018 26 26 5 2 1 16 5 0 0 .762 730 172.2 173 12 47 0 11 102 5 0 81 73 3.81 1.27
2019 12 12 1 1 0 1 6 0 0 .143 306 66.1 84 8 25 0 6 37 3 0 47 43 5.83 1.64
通算:4年 72 72 10 6 2 29 21 0 0 .580 1880 434.1 451 37 138 0 33 304 21 0 218 201 4.17 1.36
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手(先発)成績所属リーグ内順位[編集]





















2016 23 パ・リーグ - - - - - - -
2017 24 - - - - - - -
2018 25 1位 2位 1位 2位 2位 9位 8位
2019 26 - - - - - - -

年度別守備成績[編集]



投手












2016 西武 18 5 21 0 2 1.000
2017 16 4 9 0 0 1.000
2018 26 15 22 1 2 .974
2019 12 5 13 0 0 1.000
通算 72 29 65 1 4 .989
  • 2021年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 18(2016年 - 2020年)
  • 118(2021年)

代表歴[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 多和田、快挙に「驚いてます」/神宮大会”. 日刊スポーツ (2012年11月12日). 2021年10月10日閲覧。
  2. ^ a b Vol.6 多和田真三郎 (富士大・投手)将来性抜群の逸材”. 週刊ベースボールONLINE (2014年12月12日). 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ 第93回全国高等学校野球選手権大会地区大会 沖縄県大会の結果”. スポニチ Sponichi Annex. 2011年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月10日閲覧。
  4. ^ 富士大 創部48年初神宮/大学野球”. 日刊スポーツ (2012年10月29日). 2021年10月10日閲覧。
  5. ^ 1年生では史上2人目!富士大・多和田がノーヒッター”. スポニチ Sponichi Annex (2012年11月12日). 2021年10月10日閲覧。
  6. ^ 富士大・多和田7年ぶりリーグ新18K”. 日刊スポーツ (2014年8月31日). 2021年10月10日閲覧。
  7. ^ 富士大・多和田乱調 初戦コールド敗退”. 日刊スポーツ (2014年11月15日). 2021年10月10日閲覧。
  8. ^ a b 富士大・多和田 我慢の秋「投げられない悔しさ」”. 日刊スポーツ (2015年9月30日). 2021年10月10日閲覧。
  9. ^ 新着情報一覧 2012/9/24(月) 2012年度 北東北大学野球秋季リーグ戦、2012/9/29(土) 優勝決定戦の結果について、2013/6/4(火) 2013年度北東北大学野球 春季リーグ戦 結果について、2013/9/29(日) 2013年度北東北大学野球秋季1部リーグ戦 個人賞およびベストナイン、2014/9/21(日) 2014年度 北東北大学野球秋季1部リーグ戦 個人表彰選手、ベストナイン、2014/10/27(月) 明治神宮野球大会第6回東北地区代表決定戦 富士大学が2年ぶり2回目の優勝”. 北東北大学野球連盟. 2021年10月10日閲覧。
  10. ^ 選手・大会記録”. 北東北大学野球連盟. 2021年10月10日閲覧。
  11. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2016 宝島社発行 61頁
  12. ^ 2015年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2015年10月22日). 2021年10月10日閲覧。
  13. ^ 西武ドラ1多和田 契約合意 松坂背番号「18」に決定”. スポニチ Sponichi Annex (2015年11月12日). 2021年10月10日閲覧。
  14. ^ 本日12/11「2015ドラフト新入団選手発表会」を実施!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2015年12月11日). 2021年10月10日閲覧。
  15. ^ 西武ドラ1は富士大・多和田真三郎 2年連続の公表”. 日刊スポーツ (2015年10月21日). 2021年10月10日閲覧。
  16. ^ a b 西武ドラ1多和田 火の玉ボーイだ!球児ほうふつ 絶賛の嵐”. スポニチ Sponichi Annex (2016年1月26日). 2021年10月10日閲覧。
  17. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年5月”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年10月10日閲覧。
  18. ^ 2016年5月14日 北海道日本ハム 対 埼玉西武 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2016年5月14日). 2021年10月10日閲覧。
  19. ^ まさかの3連続押し出し…西武ドラ1多和田 76年ぶり悪夢デビュー”. スポニチ Sponichi Annex (2016年5月15日). 2021年10月10日閲覧。
  20. ^ 西武ドラ1多和田5回5失点もプロ1勝「感謝しか」”. 日刊スポーツ (2016年6月20日). 2021年10月10日閲覧。
  21. ^ 2016年6月19日 東京ヤクルト 対 埼玉西武 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2016年6月19日). 2021年10月10日閲覧。
  22. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016 出場者”. 日本野球機構. 2021年10月10日閲覧。
  23. ^ 試合結果”. 日本野球機構. 2021年10月10日閲覧。
  24. ^ 西武ドラ1多和田 新人完封一番乗り!76年ぶり屈辱の地でリベンジ”. スポニチ Sponichi Annex (2016年8月12日). 2021年10月10日閲覧。
  25. ^ 2016年8月11日 北海道日本ハム 対 埼玉西武 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2016年8月11日). 2021年10月10日閲覧。
  26. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日). 2017年10月22日閲覧。
  27. ^ “西武多和田、球団タイ開幕から6戦6勝も4失点反省”. 日刊スポーツ. (2018年5月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805060000109.html 2018年10月5日閲覧。 
  28. ^ “西武多和田が完投で自身初2ケタ到達「見事」辻監督”. 日刊スポーツ. (2018年7月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807240000979.html 2018年10月5日閲覧。 
  29. ^ "西武の多和田が自律神経失調症球団が公表、復帰の見通し立たず". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 23 December 2019. 2019年12月23日閲覧
  30. ^ “西武が多和田の春季キャンプ不参加を発表”. 西日本スポーツ. (2020年1月28日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/579318/ 2021年10月5日閲覧。 
  31. ^ “西武、契約保留中の多和田真三郎がチーム合流 3軍練習に参加し調整進める”. ベースボールチャンネル. (2020年3月22日). https://www.baseballchannel.jp/npb/78468/ 2020年7月30日閲覧。 
  32. ^ “西武多和田と支配下契約 自律神経失調症から復帰へ”. 日刊スポーツ. (2020年7月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007300000367.html 2020年7月30日閲覧。 
  33. ^ “西武・多和田がファームで復帰登板! 6回・107球を投げて12安打5失点”. BASEBALL KING. (2020年8月23日). https://baseballking.jp/ns/243985 2020年9月15日閲覧。 
  34. ^ 2020年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年11月14日閲覧。
  35. ^ "埼玉西武ライオンズ選手来季契約について". 公式サイト. 埼玉西武ライオンズ. 3 November 2020. 2020年11月3日閲覧
  36. ^ “西武多和田を戦力外の理由 渡辺GMが経緯を説明”. 西日本スポーツ. (2020年11月3日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/660834/ 2020年11月14日閲覧。 
  37. ^ “西武、多和田と育成選手契約 年俸1000万円”. サンスポ.com. (2020年12月18日). https://www.sanspo.com/article/20201218-QTF4EYDNKNLVDHLES7AQHD2SXM/ 2021年1月31日閲覧。 
  38. ^ “西武、キャンプ組み分け発表 育成・多和田は不参加”. 西日本スポーツ. (2021年1月23日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/684079/ 2021年10月5日閲覧。 
  39. ^ “戦力外通告受けた西武多和田「ピッチャーとして野球続けていければ」”. 西日本スポーツ. (2021年10月5日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/811260/ 2021年10月5日閲覧。 
  40. ^ “西武、15年ドラ1多和田真三郎と大窪士夢に戦力外通告”. 日刊スポーツ. (2021年10月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110050000210.html 2021年10月5日閲覧。 
  41. ^ a b “西武渡辺GM 戦力外多和田「プロとして仕事がなかなかできない状況」”. 日刊スポーツ. (2021年10月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110050000328.html 2021年10月5日閲覧。 
  42. ^ “【トライアウト】元西武背番18・多和田真三郎が山川穂高の前で最速146キロ、無安打投球”. スポーツ報知. (2021年12月8日). https://hochi.news/articles/20211208-OHT1T51089.html?page=1 2021年12月8日閲覧。 
  43. ^ “【トライアウト】西武多和田146キロ「できることやれた」/全投球詳細”. 日刊スポーツ. (2021年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112080000465.html 2021年12月8日閲覧。 
  44. ^ 富士大・多和田 西武1位に歓喜「ストレートを見てもらいたい」”. スポニチ Sponichi Annex (2015年10月22日). 2021年10月10日閲覧。
  45. ^ 【西武】多和田、今季初勝利「慎二さんの分まで頑張ろう、と思った」”. スポーツ報知 (2017年7月11日). 2017年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月10日閲覧。
  46. ^ 市川忍 (2018年6月1日). “高校、大学の先輩、山川穂高も驚き。西武・多和田真三郎が絶好調な理由。”. Number Web. 文藝春秋. 2019年12月18日閲覧。
  47. ^ 西武多和田が結婚 1歳上、北海道出身の山口もえ似”. 日刊スポーツ (2017年12月2日). 2021年9月24日閲覧。
  48. ^ 西武多和田に第1子長男「よりいっそう頑張りたい」”. 日刊スポーツ (2018年8月30日). 2021年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]