田之上慶三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田之上 慶三郎
福岡ソフトバンクホークス コーチ #82
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県指宿市
生年月日 (1971-09-17) 1971年9月17日(46歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト外
初出場 1996年9月26日
最終出場 2007年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

田之上 慶三郎(たのうえ けいさぶろう[注 1]1971年9月17日 - )は、鹿児島県指宿市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)、コーチ。現在は、福岡ソフトバンクホークス三軍投手コーチ。

来歴・人物[編集]

指宿商業高から、1989年オフにドラフト外福岡ダイエーホークスに入団。

1990年には1Aアドバンス級チームだったサリナス・スパーズ(現存しない)に野球留学した。二軍生活が長かったが、1996年に一軍に昇格し、長らく「未完の大器」と称されていた中[1]1997年にプロ8年目で初勝利。直球の最速は140km/h程度[注 2]であったが、長身によるリリースポイントの高さ、自ら「ベロンチョカーブ」と名付けた緩いカーブを織り交ぜながらの緩急を用いたピッチングを武器とした。

2000年はダイエーがリーグ優勝を決めた試合で先発し無失点で勝利投手になるなど、ローテーションの谷間の先発・ロングリリーフを中心とした仕事をこなし、後半戦には主軸を任され、若田部健一ら4投手に次ぐ8勝[注 3]を挙げた。安定感ではこの年5勝を挙げて一軍に定着した斉藤和巳に勝っていたため、日本シリーズ第4戦(10月26日、福岡ドーム)では先発も経験し、敗戦投手にはなったが読売ジャイアンツ(巨人)打線を52失点に抑えた。

2001年には安定した投球で首脳陣の信頼を勝ち取り、13勝7敗とエース格にのし上がり、最高勝率最優秀バッテリー賞城島健司と共に)のタイトルを獲得。年俸も1億円に跳ね上がり、2002年には開幕投手を務めた。規定投球回はクリアし、防御率は3点台だったが、最高勝率を記録した前年とは対照的に援護に恵まれず、6勝に留まった。

しかし翌年以降は斉藤和巳、杉内俊哉和田毅新垣渚の台頭により登板機会が減り低迷した。2004年は故障のため一軍登板ゼロに終わった。チーム名が「福岡ソフトバンクホークス」に変更された2005年の交流戦中に一軍に復帰、6月5日の巨人戦に先発し好投、実に991日ぶりの先発勝利を挙げた。その後も谷間の先発として9試合に登板し、3勝3敗の成績を残した。2006年も開幕は二軍で迎えたが、6月4日阪神タイガース戦で初登板。326日ぶりの先発勝利を挙げた。

2007年吉田修司の移籍により投手最年長、またチームに復帰した小久保裕紀[注 4]と共にチーム最年長となった。しかし成績が振るわず、10月6日戦力外通告を受け、10月19日に現役引退を発表。同時にコンディショニング担当コーチ補佐に就任した。なお同日付で任意引退選手として公示されている。11月26日福岡Yahoo! JAPANドームで行われた「感謝の集い2007」で、同じく戦力外通告を受けていた倉野信次大野隆治稲嶺誉らと共に別れのセレモニーに参加した。

引退後[編集]

2008年は二軍コンディショニングコーチ補佐、2009年から2010年まで一軍投手コーチ(ブルペン担当)を務め、前年リーグワーストだった救援防御率を2年連続でリーグ1位に押し上げ[3]、2010年のリーグ優勝に貢献した。2011年から2012年まで二軍投手コーチを務めた。

2013年からは北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチを務める。大谷翔平を指導した[4]2014年10月28日に任期満了につき退団[5]。同年11月8日にソフトバンクの二軍投手コーチに就任[6]

2015年11月3日に一軍投手コーチに就任することが発表された[7]2016年10月28日より三軍投手コーチを担当[8]2017年11月25日から台湾で開催されるアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜の投手コーチを務める[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 ダイエー
ソフトバンク
2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 3.0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0.00 0.00
1997 32 14 0 0 0 4 9 0 -- .308 405 93.2 104 3 29 1 2 52 7 0 57 53 5.09 1.42
1998 8 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 88 19.2 24 2 6 1 0 10 1 0 9 9 4.12 1.53
1999 11 5 0 0 0 2 3 0 -- .400 152 35.0 35 4 19 0 0 11 1 1 19 19 4.89 1.54
2000 24 15 0 0 0 8 4 0 -- .667 385 88.2 94 4 34 2 2 56 2 0 38 38 3.86 1.44
2001 29 27 5 1 1 13 7 0 -- .650 661 171.2 172 16 42 2 2 99 2 0 85 72 3.77 1.25
2002 26 24 4 1 0 6 9 0 -- .400 622 148.2 154 19 30 0 3 83 1 0 75 65 3.93 1.24
2003 3 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 35 8.0 7 2 4 0 0 4 0 0 5 5 5.63 1.63
2005 9 9 0 0 0 3 3 0 0 .500 203 48.0 51 6 13 0 0 27 1 0 24 22 4.13 1.33
2006 5 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 96 22.2 35 2 5 1 1 9 0 0 13 13 5.16 1.76
2007 4 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 83 18.0 24 5 7 0 2 11 0 1 13 11 5.50 1.72
通算:11年 153 106 9 2 1 39 42 0 0 .481 2803 657.0 700 63 189 7 12 366 15 2 338 307 4.21 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 94 (1990年 - 1991年、2008年)
  • 64 (1992年 - 2007年)
  • 86 (2009年 - 2012年)
  • 75 (2013年 - 2014年)
  • 82 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「けいぶろう」は誤り。
  2. ^ その後本人の努力もあり球威が徐々に上昇していき、2001年には149km/hまでストレートの球速がアップしている。[2]
  3. ^ 若田部ら4投手の勝利数は9。なお、日本プロ野球でリーグ優勝したチームに10勝以上の投手が不在だったのは、この2000年のダイエーの例のみである。
  4. ^ 2004年から2006年まで巨人、それ以前はダイエーに所属していた。

出典[編集]

  1. ^ 1998年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑
  2. ^ ベンチ裏コネタ「ケッコー効果あった? 父の手作りスープ」- パ・リーグ プレシーズン特集”. 日刊スポーツ. 2017年5月26日閲覧。
  3. ^ ソフトB優勝の原動力…目立たないけどスゴかった『最強ブルペン』
  4. ^ 【日本ハム】田之上2軍コーチ、今季限り退任 大谷の指導も2014年10月28日6時0分 スポーツ報知
  5. ^ ファームコーチ退団のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  6. ^ ソフトB来季コーチングスタッフを発表”. 日刊スポーツ (2014年11月8日). 2014年11月8日閲覧。
  7. ^ 2016年 コーチングスタッフについて”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年11月3日). 2015年11月3日閲覧。
  8. ^ 2016/10/28 プレスリリース コーチ担当変更のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2016年10月28日). 2017年5月9日閲覧。
  9. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]