ベニー・アグバヤニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベニー・アグバヤニ
Benny Agbayani
Benny Agbayani.jpg
メッツ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ州オアフ島ホノルル
生年月日 (1971-12-28) 1971年12月28日(45歳)
身長
体重
183 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1993年 MLBドラフト30巡目
初出場 MLB / 1998年6月17日
NPB / 2004年3月27日
最終出場 MLB / 2002年9月29日
NPB / 2009年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ベンジャミン・ピーター・“ベニー”・アグバヤニBenjamin Peter "Benny" Agbayani , 1971年12月28日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズでの登録名は「ベニー」。

来歴[編集]

MLB時代[編集]

1993年MLBドラフト30巡目でニューヨーク・メッツに指名され契約。

1994年8月から1995年4月にかけてMLB史上最長のストライキが実施された影響で、1995年のスプリングトレーニングにはオーナー側の命令で代替選手として参加。そのため、スト破りを行った報復措置としてメジャー昇格後も選手会への加入を認められなかった。

1996年ハワイ・ウィンターリーグに参加。所属したヒロ・スターズ英語版の当時の監督トレイ・ヒルマンであり、同僚として後にニューヨーク・メッツで再び同僚となる新庄剛志が在籍していた。[1][2]

1998年、メジャー初昇格。

2000年東京ドームで行われたシカゴ・カブスとの試合では代打満塁本塁打を記録している。

2004年千葉ロッテマリーンズに入団することが決まる。

ロッテ時代[編集]

来日1年目の2004年の開幕前の注目は韓国の主砲・李承燁に集まっていたが、3割を上回る好調な打撃を見せ、5月には不調の李から4番の座を奪取。日替わり打線の中でベニーだけはシーズン終了まで不動の4番として定着し、最終的にチーム三冠となる打率.315、35本塁打、100打点の成績を残した[注 1]。また守備・走塁の面でも外国人としては期待以上の動きを見せ、8月からは中堅手のレギュラーとして活躍し、チームトップの8盗塁を記録した。右投手にはあまり強くないという前評判があったが、この年は左右関係なく打ち、三振が少なく勝負強い面も見せた。

2005年は満塁本塁打2本など活躍するが、故障が目立ち夏場に離脱。ベニーと同じく外国人で外野を守れる選手がマット・フランコヴァル・パスクチ、李承燁と3人もいたこともあり、シーズン終盤はレギュラーを再獲得するまでには至らなかった。最終的に98試合の出場に終わり、規定打席にも到達せず前年を下回る成績に終わった。しかし、プレーオフ日本シリーズアジアシリーズではほとんどの試合に6番でスタメン出場し、アジアシリーズでは9打点と活躍しMVPを獲得した。

2006年は7月まで4番の座を守ったが、またこの年も夏場に離脱。里崎智也に4番を譲る形となった。足の故障から半分以上が指名打者としての出場だった。だが2年ぶりに規定打席に到達し、17本塁打、打率.281を記録した。

2007年交流戦では首位打者を獲得した。しかし、故障の影響もあってか前年を下回る成績(13本塁打、打率.272)に終わった。

2008年も故障や不振の影響で97試合の出場に終わり、本塁打も5本にとどまり、規定打席に到達することなくシーズンを終えた。

2009年も前年と同様の起用法がなされ、ボビー・バレンタイン監督の退任が決まると同時にベニーも来季の構想から外れた。バレンタインの計らいで9月27日の対オリックス・バファローズ戦が「引退試合」となり、2回裏に山本省吾から勝ち越しのソロ本塁打を打った直後の3回、早川大輔と交代。場内アナウンスで、「ベニー選手、ただ今の打席がマリーンズでの最終打席となりました」と、ファンに向けて唐突に退団が明かされた[注 2][3]。結局95試合の出場に終わった。10月7日、チェイス・ランビンゲイリー・バーナム・ジュニアとともに退団が発表され、引退した。

ロッテ退団後[編集]

現在は、故郷のオアフ島で高等学校の教育アシスタントをしている[4]2016年9月25日の元同僚、サブローの引退試合にビデオメッセージを送り、ファンに健在をアピールした。

選手としての特徴・人物[編集]

2004年にはリーグ最多四球を記録。また、同年には8盗塁を記録し、西岡剛と並んでチーム最多盗塁を記録した。

2006年以降は左翼手指名打者での起用がほとんどであった。

性格は温厚で、頭部付近に危険球が来ても基本的には何事もなかったかのようにやり過ごしていた。ただし、以下のように数少ない例外もある。

  • 2006年に本柳和也から死球を受けた際には、ベニーがヘルメットを地面に叩きつけあわや乱闘という状況になった。だが本柳の降板後、ベニーが相手ベンチ裏へ謝罪に向かい、握手を交わしたとのこと[5]
  • 2008年9月24日の埼玉西武ライオンズ戦の4回表の攻撃では、里崎智也フリオ・ズレータが死球を受け、さらにベニーがこのイニング3つ目の死球を受けた。これにはベニーも怒り、相手捕手の細川亨首投げしたことから、両チーム総出の大乱闘に発展。ベニーは暴力行為で退場処分を受けた[6]。なおベニーは試合後に細川に謝罪し、和解している。

出身地にちなみ、「ハワイアン・パンチ」の愛称で親しまれていた。ロッテでの応援歌はハワイ民謡の『アロハ・オエ』が原曲。

メッツ時代、2001年のシーズンにチームメイトだった新庄剛志と共に「チームの注目選手」として抜擢され、球団テレビCMで共演している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 NYM 11 16 15 1 2 0 0 0 2 0 0 2 0 0 1 0 0 5 1 .133 .188 .133 .321
1999 101 314 276 42 79 18 3 14 145 42 6 4 0 3 32 4 3 60 8 .286 .363 .525 .888
2000 119 414 350 59 101 20 1 15 168 60 5 5 0 3 54 2 7 68 6 .289 .391 .480 .871
2001 91 339 296 28 82 14 2 6 118 27 4 5 1 1 36 0 5 73 11 .277 .364 .399 .763
2002 COL 48 128 117 10 24 5 0 4 41 19 0 0 0 1 10 0 0 35 4 .205 .266 .350 .616
BOS 13 43 37 5 11 1 0 0 12 8 1 0 0 0 6 1 0 5 1 .297 .395 .324 .720
'02計 61 171 154 15 35 6 0 4 53 27 1 0 0 1 16 1 0 40 5 .227 .298 .344 .642
2004 ロッテ 130 552 457 89 144 31 1 35 282 100 8 1 0 4 86 12 5 77 10 .315 .426 .617 1.043
2005 98 389 351 49 95 22 0 13 156 71 1 1 0 3 34 0 1 51 15 .271 .334 .444 .779
2006 118 473 417 59 117 18 1 17 188 65 4 3 0 4 49 0 3 72 17 .281 .357 .451 .808
2007 122 454 390 45 106 21 0 13 166 51 7 4 0 3 53 1 8 86 12 .272 .368 .426 .793
2008 97 323 279 35 79 12 3 5 112 42 3 1 0 1 42 0 1 51 8 .283 .378 .401 .779
2009 95 320 272 23 72 14 1 7 109 31 0 3 0 3 44 1 1 59 8 .265 .366 .401 .767
MLB:5年 383 1254 1091 145 299 58 6 39 486 156 16 16 1 8 139 7 15 246 31 .274 .362 .445 .807
NPB:6年 660 2511 2166 300 613 118 6 90 1013 360 23 13 0 18 308 14 19 396 70 .283 .374 .468 .842
  • 2003年は選手契約を締結していなかったため、試合出場歴はない。

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録

背番号[編集]

  • 39 (1998年)
  • 50 (1999年 - 2002年、2004年 - 2009年)[注 3]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、この年放った35本塁打は千葉移転後ではチーム史上最多であった。
  2. ^ この日が最後の出場になることは、結局バレンタイン以外に明かすことはなかったと語っている。
  3. ^ 出身地であるハワイがアメリカ合衆国50番目の州になったことに由来して、愛着をもっている。ロッテ入団時には本人の希望もあり、当時背番号が50番であった浅間敬太から譲ってもらう。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]