大野奨太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大野 奨太
中日ドラゴンズ #27
Shota Ohno on March 16, 2012.jpg
2012年3月16日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県大垣市
生年月日 (1987-01-13) 1987年1月13日(30歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト1位
初出場 2009年4月5日
年俸 5,500万円+出来高(2017年)
※2016年から2年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年

大野 奨太(おおの しょうた、1987年1月13日 - )は、岐阜県大垣市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

小学校時代は岐阜県の荒崎野球少年団に所属し、捕手・投手三塁手をこなす。中学時代は西濃ボーイズで三塁手としてプレーし、岐阜県選抜にも選ばれた。中学時代の夢は県内屈指の名門校である県立岐阜商業高校でプレーすることだったが、岐阜県選抜のメンバーの多くが同校に進学を考えるなか、あえて岐阜総合学園高校に進学した。

高校時代は1年生の夏から三塁手のレギュラー。秋にチームの正捕手が肩を壊したため捕手へ転向した[2]。2年生と3年生の夏に2年連続で岐阜大会の決勝に進むが2年連続決勝で敗れ、甲子園の土は踏めなかった。最後の夏の相手は県立岐阜商業高校だった。高校通算29本塁打

高校卒業後、東洋大学へ進学。1年春からベンチ入りするも2学年上に田中大輔が居たため公式戦の出場機会が少なかった。3年春から正捕手となり、チームの4季連続優勝と明治神宮野球大会2連覇に貢献。4年生春には捕手として22年ぶりとなる最高殊勲選手に選ばれ、3年生春から4季連続でベストナインに選ばれた。東都大学リーグ通算55試合出場、166打数43安打打率.259、6本塁打、19打点

2008年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから1巡目で指名。契約金1億円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は28で、日本ハムがドラフト会議の1巡目で捕手を指名したのは、1998年實松一成を指名して以来2人目であった。

日本ハム時代[ソースを編集]

2009年、春季キャンプで一軍に抜擢され、そのまま開幕一軍入り。4月5日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初出場。4月11日福岡ソフトバンクホークス戦で初先発出場。藤井秀悟を好リードし、無失点で切り抜けた。以後も先発投手が藤井の時は大野が先発出場し、鶴岡慎也と相性が良いダルビッシュ有八木智哉を除く先発投手の際も、大野が先発出場する試合があった。8月にインフルエンザによる発熱が原因で数試合を欠場するも、シーズンを通して一度も出場選手登録を抹消されなかった。日本シリーズ第5戦(11月5日、東京ドーム)では、史上初めて新人捕手として先発出場を果たした。

2010年、引き続き鶴岡と併用され正捕手を争った。前年オフに藤井が読売ジャイアンツへ移籍したが、この年にチーム最多の14勝を挙げた武田勝など、主に左投手の先発試合で捕手として先発起用され、前年よりも出場機会を増やした。また、前年にはなかった八木やダルビッシュの先発試合での先発出場を経験した。

2011年、開幕直前に鶴岡が顔面陥没骨折の怪我を負ったため、鶴岡が復帰するまでは全試合に先発出場したが、復帰後は鶴岡の先発出場が次第に増えていき、相対的に大野の先発出場数は減少していった。10月15日に腰痛のためプロ入り後初めて出場選手登録を抹消されるも、パ・リーグクライマックスシリーズ・ファーストステージ第1試合で復帰した。最終的に打率やOPSは前年より下がったものの102試合に出場、盗塁阻止率はリーグ1位の.323を記録した。

2012年、再び鶴岡と併用。武田勝やブライアン・ウルフの先発試合でスタメン出場を続けていたが、打撃不振や鶴岡の打撃が好調ということもあり、球団はしばらく捕手を鶴岡で固定する方針を固めた。そのため、7月4日にプロ入り後初めてとなる故障以外での出場選手登録抹消となった。10日後の7月14日に再び一軍に復帰したが、その後はウルフや谷元圭介登板時のみのスタメン出場となり試合数、打率共に過去最低の成績となった。オフには背番号が、かつて小笠原道大高橋信二らが背負った「2」へ変更されることが球団より発表された。

2013年、鶴岡との併用状態が続いたが、6月に鶴岡が指を故障した影響で後半戦はスタメン起用が増加。打撃面では規定打席不足ながら初めて打率が2割5分を超え、OPSも7割台に乗せるなど軒並みキャリアハイの成績を残した。守備面でも盗塁阻止率で両リーグトップまた12球団で唯一の4割を越える.421をマークするなど成長を見せた。

2014年、鶴岡がFA移籍で福岡ソフトバンクホークスに移籍したこともあり2011年以来の開幕スタメンマスクを勝ち取る。しかし打撃不振から5月に入り読売ジャイアンツから移籍してきた市川友也がスタメンマスクを被る事が多くなったが、5月を過ぎ以降は市川と併用に戻る。5月17日の千葉ロッテマリーンズ戦で、11回裏スコア1-1とお互い決め手を欠く中、松永昂大から自身人生で初のサヨナラをホームランで決めた。シーズンを通しては自己最高の105試合に出場し本塁打も自己最高の6本を記録した。

2015年、右肘痛を発症し開幕を二軍で迎えたが4月28日に復帰。5月4日にはスタメン復帰はしたものの、前年の二番手捕手の市川もヘルニアの手術の影響で一軍復帰ができておらず一軍捕手が若手の近藤健介石川亮の二人だった事もあり肘が完全復調するまでは二人をサポートする形での出場が続いた。6月以降は徐々にスタメンマスクも増え7月からは近藤が打撃優先の為指名打者になり市川も復帰したこともあり市川との二枚体制に戻る。シーズンではプロ入り初の本塁打0本に終わる。シーズン終了後、宮西尚生に代わってキャプテンに任命された。また、背番号2を杉谷拳士に譲り、この年引退した中嶋聡が使用していた27に変更されることが球団より発表された。

2016年、二年ぶりに開幕戦を先発出場し、4月23日ソフトバンク戦では千賀滉大から自身2年ぶりとなる本塁打[3]、7月8日のロッテ戦では2打席連続の本塁打を放つ[4]など、打撃成績では安打・打点・犠打数で自己最高を記録。年間を通して正捕手の座を譲ることなく一軍出場数でも自己最高を記録した。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出されたことが発表された[5]11月12日の試合ではサヨナラ安打を放った[6]

2017年オープン戦の期間中に催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の本大会日本代表に選出。しかし、実際の出場は、1次ラウンドの対中国代表戦だけにとどまった。NPBのレギュラーシーズンでは、一軍公式戦83試合に出場。しかし、右肘を故障した影響で、打率.221、3本塁打、13打点、盗塁阻止率.098と低迷した。チームがレギュラーシーズンを5位で終えたことから、シーズン終了後の10月16日には、内視鏡による右肘の手術(右肘関節内遊離体除去術)を受けた。

FA宣言[ソースを編集]

2017年のレギュラーシーズン中に海外FA権の取得条件を満たしたことから、シーズンの終了後には、2014年シーズンから務めてきた日本ハムの選手会長を退任(後任は中島卓也)。2017年11月9日には、海外FA権を行使することを、球団を通じてNPBに申請した。大野自身は、申請の直後に、「ずっと悩んできたが、野球選手である以上挑戦をしてみたい。権利を有意義に使いたい」と述べていた[7]

日本ハム球団では、大野のFA権行使による残留を容認したうえで、大野との残留交渉で複数年契約などの条件を提示した。これに対して、大野の地元・東海地方に本拠地を擁する中日ドラゴンズが、捕手陣を強化すべく大野の獲得交渉に着手。2017年のレギュラーシーズン中から大野の獲得調査を進めてきたことによるもので、最終交渉には、一軍監督の森繁和も同席した。以上2球団による交渉の結果、大野は同年12月9日に、日本ハム球団へ退団の意向を伝えた[8]。日本ハムでは、この年に巨人から戦力外通告を受けたばかりの實松を、同月4日から育成コーチ兼任捕手として12シーズン振りに復帰させている。

ちなみに、大野の2017年の年俸は推定5,100万円で、FA権に関するNPBの規定に沿えばBランク(同年に日本ハムと契約していた選手の上位5位から10位まで)に相当する。この規定では、国内FA権の行使を宣言したBランクの選手をNPBの他球団が獲得した場合に、移籍元球団からの要求に応じて人的(獲得可能選手リストに記載の所属選手から移籍元球団が希望する選手1名を譲渡)または金銭による補償義務が生じる[9]

中日時代[ソースを編集]

2017年12月9日に、中日ドラゴンズが大野の入団を発表した。推定年俸総額2億5,000万円の3年契約[8]で、背番号は日本ハム時代の後期に続いて27。自身と同じくFA権の行使によって移籍した後に、長年にわたって正捕手の座にあった谷繁元信が2016年に退団するまで着用していた背番号を、1年間のブランクを経て付けることになった。なお、チームには2011年から同姓の大野雄大投手が所属するため、スコアボードや報道では大野奨と表記する[10]

選手としての特徴[ソースを編集]

大野のスイング(2009年)

日本ハムのコーチを務める厚澤和幸は、投手に気持ちよく投げてもらうことを重視する鶴岡と対比して、自分の意見を押し通そうとする大野のリードを「かかあ天下」と表現している[11]

打者主体のリードもさることながら、大野の最大の武器は「捕球から送球までの早さ」[12]と浮き上がる球ではなく低く逸れない「捕り易い送球」である[13]。強肩に加え「キャッチング技術が良い」(中嶋聡)ため盗塁阻止率が高い。

人物[ソースを編集]

チーム内では選手としての力量や人物面について高い評価を得ている。日本ハム応援番組『FFFFF』(北海道テレビ放送)において、日本ハムの選手を対象に実施された「チーム内で恋愛相談をするなら」[14]というアンケートでは大差で1位に輝いた。また、2009年のオフに同じFFFFFの「稲葉篤紀金子誠[15]が考える日本代表」と題した企画では、2人とも正捕手に大野を指名している。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
2009 日本ハム 77 169 154 19 32 9 0 3 50 15 0 0 5 0 6 0 4 43 2 .208 .256 .325 .581
2010 87 216 183 20 42 8 0 4 62 16 1 0 13 0 19 0 1 36 5 .230 .305 .339 .644
2011 102 272 242 25 55 11 1 3 77 17 0 1 8 0 14 0 8 44 4 .227 .292 .318 .610
2012 70 159 140 7 24 4 0 2 34 11 0 0 9 0 8 0 2 30 2 .171 .227 .243 .470
2013 87 244 201 20 52 13 0 3 74 19 0 0 15 0 25 2 3 35 3 .259 .349 .368 .718
2014 105 304 259 16 45 10 0 6 73 19 0 0 19 2 19 0 5 52 6 .174 .242 .282 .524
2015 74 184 155 10 30 8 0 0 38 10 1 0 8 0 16 0 1 29 6 .194 .273 .245 .518
2016 109 351 282 26 69 13 0 5 97 35 1 0 31 0 25 0 13 63 6 .245 .334 .344 .678
NPB:8年 711 1895 1616 143 349 76 1 26 505 142 3 1 108 2 132 2 37 332 34 .216 .290 .313 .602
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[ソースを編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2009 75 304 27 2 3 1 .994 37 27 10 .270
2010 87 400 27 1 2 1 .998 30 20 10 .333
2011 101 528 53 2 6 5 .997 62 40 22 .323
2012 67 282 37 2 6 3 .994 46 31 15 .326
2013 84 370 67 2 13 4 .995 57 33 24 .421
2014 104 654 77 3 14 4 .996 61 40 21 .344
2015 72 402 41 2 2 1 .996 29 21 8 .276
2016 108 714 63 2 7 4 .997 42 29 13 .310
通算 698 3654 392 16 53 23 .996 364 241 123 .338
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[ソースを編集]

記録[ソースを編集]

その他の記録

背番号[ソースを編集]

  • 28 (2009年 - 2012年)
  • 2 (2013年 - 2015年)
  • 27 (2016年 - )

代表歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日本ハム 大野 1000万円アップ「チームとしても、個々も今年以上の成績を」”. スポニチ Sponichi Annex 野球 (2016年12月5日). 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ 「現役の皆さんに聞きました キャッチャーの魅力を教えてください」 『週刊ベースボール』2009年6月1日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20441-6/1、20-21頁。
  3. ^ “日本ハム大野2年ぶり一発「当たりは良かったね」”. 日刊スポーツ. (2016年4月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1636477.html 2016年12月3日閲覧。 
  4. ^ “日ハム大野が今季初の2打席連続弾 栗山監督も空いた口がふさがらず!?”. Full-count. (2016年7月8日). http://full-count.jp/2016/07/08/post37598/ 2016年12月3日閲覧。 
  5. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  6. ^ “侍大野サヨナラ打に興奮「やりがい感じてやってる」”. 日刊スポーツ. (2016年11月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1737407.html 2016年12月3日閲覧。 
  7. ^ “日本ハム・大野、FA権行使を発表。捕手強化を目指す中日などが興味”. サンケイスポーツ. (2017年11月10日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171110/fig17111005020002-n1.html 2017年12月13日閲覧。 
  8. ^ a b “竜が2016年日本一捕手・大野奨を獲得 3年総額2億5000万円提示”. 中日スポーツ. (2017年12月10日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201712/CK2017121002000102.html 2017年12月13日閲覧。 
  9. ^ “【中日】最大の補強ポイント、日本ハム・大野捕手の獲得に全力”. スポーツ報知. (2017年11月3日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171103-OHT1T50274.html 2017年12月13日閲覧。 
  10. ^ “大野奨太が中日移籍会見 背番号27に「光栄」”. 日刊スポーツ. (2017年12月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712130000382.html 2017年12月13日閲覧。 
  11. ^ ダルビッシュとの“お見合い”が破談。大野に求められる理想の女房役とは? - Number Web プロ野球コラム
  12. ^ “日本ハム大野の強肩がピンチ救った 1死三塁で刺殺”. 日刊スポーツ. (2016年4月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1634412.html 2016年12月3日閲覧。 
  13. ^ “ただ一人盗塁阻止率4割超 ハム大野 縦スローで野手“安心””. スポーツニッポン. (2014年2月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/18/kiji/K20140218007610310.html 2016年12月3日閲覧。 
  14. ^ [1]第180回 2010年11月27日放送
  15. ^ ともに日本代表経験者である。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]