井上雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 雄介
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県茂原市
生年月日 (1986-09-05) 1986年9月5日(31歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2010年5月9日
年俸 930万円(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井上 雄介(いのうえ ゆうすけ、1986年9月5日 - )は、千葉県茂原市出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

千葉経大附属高校では、シニア時代からのチームメイトである松本啓二朗と左右の投手の二枚看板を形成し、打線の中軸を担った。3年夏に甲子園に出場。3回戦ではダルビッシュを擁する東北高校を下している。

進学した青山学院大学では野手転向を考えていたが、大学側は投手として評価しており、転向せず投手として活躍した[1]。同期に高島毅久古健太郎がいる。文学部史学科に在籍し、卒業論文のテーマは「承久の乱」だった。東都大学リーグ通算39試合登板、8勝11敗、防御率2.61、159奪三振。

2008年度ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスに4巡目で指名され、入団。

楽天時代[編集]

2009年は、怪我のため二軍での登板もなかった。

2013年10月4日に球団から戦力外通告を受けた[2]

楽天退団後[編集]

12月8日、マネジメント事務所を通じて、翌年1月末からテキサス・ウィンターリーグに参加し、米国球団との契約を目指すことを発表した[3]が、契約に至る球団はなく現役を引退。現在は加圧ジムのトレーナーをしている。

選手としての特徴[編集]

最速148キロのストレートと、スライダーカットボールなどの変化球が持ち味。

大学時代は、スライダーとカットボールのコンビネーションを多用していたが、監督の野村克也が緩急に有効なカーブを重要視していることを聞き、採り入れるという。

タレントの小倉優子と同じ小、中学校に通っていたため、カーブを「こりんボールと名付けます」と笑いながら述べたが、本気で習得予定。転校していて以来会っていないが「いつか球場に見に来てほしい」と熱望している[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 楽天 7 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 38 7.0 14 4 3 0 0 1 0 0 9 9 11.57 2.43
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 17 3.2 6 0 0 0 0 3 2 0 2 2 4.91 1.64
通算:2年 9 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 55 10.2 20 4 3 0 0 4 2 0 11 11 9.28 2.16
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (2009年 - 2013年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大学野球 2008秋季リーグ戦展望号(ベースボール・マガジン社
  2. ^ 来季の選手契約に関して楽天球団公式サイト2013年10月4日配信
  3. ^ 楽天自由契約の井上が米挑戦 1月末からトライアウトリーグ参加 Sponichi Annex 野球 2013年12月8日配信
  4. ^ スポーツニッポン 「井上『こりんボール』で幻惑だ!」2008年12月18日付けの記事より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]