2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表(2017ワールド・ベースボール・クラシックにっぽんだいひょう)は、2017年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第4回大会に出場した日本代表である。通称・小久保ジャパン。最終成績は、準決勝敗退(ベスト4)だった。(2大会連続)

経緯[編集]

2016年
2017年

試合結果[編集]

2017 侍ジャパン オープニングマッチ[編集]

2月25日[編集]

13:06試合開始、試合時間3時間04分、観衆27,003人

日本の旗 日本代表 0 − 2 福岡ソフトバンクホークス
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 4 0
日本の旗 日本代表 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
  1. ソ : 東浜、飯田、スアレス、嘉弥真、笠原、森 - 甲斐、斐紹、張本
  2. 日 : 武田、千賀、藤浪、平野、松井裕、秋吉 - 大野、小林
  3. : 飯田  : 千賀  S: 森  

壮行試合[編集]

2月28日[編集]

19:06試合開始、試合時間3時間29分、観衆22,477人

日本の旗 日本代表 5 - 8 CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 1 0 2 1 3 1 0 0 0 8 17 1
日本の旗 日本代表 1 1 0 0 0 0 3 0 0 5 9 0
  1. C : 王溢正、セゴビア、ダウンズ、林柏佑、頼鴻誠、陳禹勲 - 林泓育、高志綱
  2. 日 : 則本、牧田、増井、宮西、岡田、松井裕 - 大野、小林
  3. : 王溢正  : 則本  S: 陳禹勲  
  4. :  C – 王柏融(3回,2ラン)

3月1日[編集]

19:11試合開始、試合時間3時間21分、観衆25,521人

CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 1 - 9 日本の旗 日本代表
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗 日本代表 1 0 0 0 2 4 2 0 0 9 9 0
CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 7 3
  1. 日 : 菅野、石川、藤浪、千賀 - 小林、大野
  2. C : 鄭凱文、ニコラス、林イー豪、鄭錡鴻、ダウンズ、頼鴻誠 - 劉時豪、高志綱
  3. : 菅野  : 鄭凱文  
  4. :  日 – 山田(1回,ソロ)

公式練習試合[編集]

3月3日[編集]

19:00試合開始、試合時間地球の旗時間地球の旗分、観衆29,380人

阪神タイガース 4 - 2 日本の旗 日本
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗 日本 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 7 0
阪神タイガース 1 2 0 0 0 0 0 1 0 4 8 0
  1. 日 : 武田、牧田、平野、増井、松井、岡田、秋吉 - 小林、大野
  2. 阪 : メッセンジャー、岩貞、メンデス、マテオ、ドリス - 梅野
  3. : メッセンジャー  : 武田  S: ドリス  
  4. :  日 – 中田(1号,7回)

3月5日[編集]

19:00試合開始、試合時間地球の旗時間地球の旗分、観衆地球の旗

オリックス・バファローズ 3 - 5 日本の旗 日本
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗 日本 0 3 0 0 0 0 0 0 2 5 7 1
オリックス・バファローズ 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3 6 0
  1. 日 : 藤浪、平野、岡田、増井、松井裕、千賀、宮西、秋吉
  2. オ : 金子、近藤、沢田、ウエスト
  3. : 宮西  : ウエスト  S: 秋吉  
  4. :  日 – 鈴木(1号)

第1ラウンドB組[編集]

3月7日[編集]

19:00試合開始、試合時間地球の旗時間地球の旗分、観衆地球の旗

日本の旗 日本 11 - 6 キューバの旗 キューバ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバの旗 キューバ 0 0 1 0 0 0 3 2 0 6 11 3
日本の旗 日本 1 0 0 1 5 0 2 2 X 11 14 1
  1. キ : エンテンザ、イエラ、ガルシア、R.マルティネス、J.マルティネス、サンチェス
  2. 日 : 石川、則本、岡田、平野、秋吉、牧田
  3. : 石川  : イエラ  
  4. :  キ – デスパイネ(1号)  日 – 松田(1号)、筒香(1号)

3月8日[編集]

19:00試合開始、試合時間地球の旗時間地球の旗分、観衆地球の旗

日本の旗 日本 4 - 1 オーストラリアの旗 オーストラリア
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗 日本 0 0 0 0 1 0 1 2 0 4 8 1
オーストラリアの旗 オーストラリア 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
  1. オ : アサートン、ウェルズ、ウィリアムズ、ケネディ、サール、ローランドスミス、デサンミゲル
  2. : 菅野、岡田、千賀、宮西、牧田
  3. : 千賀  : ウィリアムズ  S: 牧田  
  4. :  オ – デサンミゲル(1号)   – 中田(1号)、筒香(2号)

3月10日[編集]

19:00試合開始、試合時間2時間41分、観衆40,053人

日本の旗 日本 7 - 1 中華人民共和国の旗 中国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中華人民共和国の旗 中国 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 3
日本の旗 日本 1 2 2 0 0 0 2 0 × 7 8 0
  1. 中 : ガン・チュエン、モン・ウェイチャン、クゥン・ハイチョン、チェン・クン
  2. 日 : 武田、藤浪、増井、松井、平野、秋吉
  3. : 武田(1勝)  : ガン・チュエン(1敗)  
  4. :  日 – 小林(1号)、中田(2号)

2次ラウンドE組[編集]

3月12日[編集]

19:00試合開始、試合時間4時間46分、観衆44,326人

日本の旗 日本 8 - 6 オランダの旗 オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
日本の旗 日本 0 1 4 0 1 0 0 0 0 0 2 8 15 0
オランダの旗 オランダ 0 1 4 0 0 0 0 0 1 0 0 6 12 0
  1. 日 : 石川、平野、千賀、松井、秋吉、宮西、増井、則本、牧田
  2. オ : バンデンハーク、マルクウェル、マルティス、ボクセンブルク、デフロク、ファンミル、ストフベルゲン
  3. : 牧田(1勝1セーブ)  : ストフベルゲン(1敗)  
  4. :  日 – 中田(3号)  オ – J・スクープ(1号)、バレンティン(1号)

3月14日[編集]

19:00試合開始、試合時間3時間25分、観衆32,717人

日本の旗 日本 8 - 5 キューバの旗 キューバ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバの旗 キューバ 0 2 0 2 0 1 0 0 0 5 10 1
日本の旗 日本 1 0 1 0 2 1 0 3 × 8 9 0
  1. キ : バノス、イエラ、ラエラ
  2. 日 : 菅野、平野、増井、松井、秋吉、牧田
  3. : 秋吉(1勝)  : アエラ(1敗1セーブ)  S: 牧田(1勝2セーブ)  
  4. :  キ – グラシアル(1号)  日 – 山田(1号,2号)

3月15日[編集]

19:00試合開始、試合時間3時間28分、観衆43,179人

イスラエルの旗 イスラエル 3 - 8 日本の旗 日本
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
イスラエルの旗 イスラエル 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 5 0
日本の旗 日本 0 0 0 0 0 5 0 3 X 8 13 1
  1. イ : ゼイド、アクセルロッド、ソーントン、カッツ、ゴールドバーグ、ヘロン、レーキンド
  2. 日 : 千賀、平野、宮西、秋吉、牧田
  3. : 平野(1勝)  : アクセルロッド(1敗)  
  4. :  日 – 筒香(3号)

決勝トーナメント[編集]

3月21日 (準決勝)[編集]

18:10試合開始、試合時間3時間12分、観衆33,462人[35]

日本の旗 日本 1 - 2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 6 0
日本の旗 日本 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 1
  1. ア : ロアークN.ジョーンズミラーダイソンマランソンネシェックグレガーソン
  2. 日 : 菅野、千賀
  3. : ダイソン  : 千賀  S: グレガーソン  
  4. :  日 – 菊池(1号)
  5. 審判:球審…ドレイク、塁審…クーパー、グリーブ、エスティビジョン、外審…キム、バークスデール

代表選手[編集]

以下が代表選手であり、所属は同大会期間中のものとする。

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
監督 90 小久保裕紀 Hiroki Kokubo
コーチ 73 奈良原浩 Hiroshi Narahara 日本の旗 中日ドラゴンズ ヘッドコーチ
72 権藤博 Hiroshi Gondo 投手コーチ
84 村田善則 Yoshinori Murata 日本の旗 読売ジャイアンツ バッテリーコーチ
80 稲葉篤紀 Atsunori Inaba 打撃コーチ
87 仁志敏久 Toshihisa Nishi 内野守備・走塁コーチ
79 大西崇之 Takayuki Onishi 日本の旗 読売ジャイアンツ 外野守備・走塁コーチ
投手 10 松井裕樹 Yuki Matsui 日本の旗 東北楽天ゴールデンイーグルス
11 菅野智之 Tomoyuki Sugano 日本の旗 読売ジャイアンツ
12 秋吉亮 Ryo Akiyoshi 日本の旗 東京ヤクルトスワローズ
14 則本昂大 Takahiro Norimoto 日本の旗 東北楽天ゴールデンイーグルス
15 宮西尚生 Naoki Miyanishi 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
17 藤浪晋太郎 Shintaro Fujinami 日本の旗 阪神タイガース
19 増井浩俊 Hirotoshi Masui 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
20 石川歩 Ayumu Ishikawa 日本の旗 千葉ロッテマリーンズ
30 武田翔太 Shota Takeda 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス 大谷の代替[29]
34 岡田俊哉 Toshiya Okada 日本の旗 中日ドラゴンズ
35 牧田和久 Kazuhisa Makita 日本の旗 埼玉西武ライオンズ
41 千賀滉大 Kodai Senga 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
66 平野佳寿 Yoshihisa Hirano 日本の旗 オリックス・バファローズ
捕手 9 炭谷銀仁朗 Ginjiro Sumitani 日本の旗 埼玉西武ライオンズ 嶋の代替[32]
22 小林誠司 Seiji Kobayashi 日本の旗 読売ジャイアンツ
27 大野奨太 Shota Ohno 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
内野手 2 田中広輔 Kosuke Tanaka 日本の旗 広島東洋カープ
3 松田宣浩 Nobuhiro Matsuda 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
4 菊池涼介 Ryosuke Kikuchi 日本の旗 広島東洋カープ
6 坂本勇人 Hayato Sakamoto 日本の旗 読売ジャイアンツ
13 中田翔 Sho Nakata 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
23 山田哲人 Tetsuto Yamada 日本の旗 東京ヤクルトスワローズ
外野手 1 内川聖一 Seiichi Uchikawa 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
7 青木宣親 Norichika Aoki アメリカ合衆国の旗 ヒューストン・アストロズ
8 平田良介 Ryosuke Hirata 日本の旗 中日ドラゴンズ
25 筒香嘉智 Yoshitomo Tsutsugoh 日本の旗 横浜DeNAベイスターズ
51 鈴木誠也 Seiya Suzuki 日本の旗 広島東洋カープ
55 秋山翔吾 Shogo Akiyama 日本の旗 埼玉西武ライオンズ

指名投手枠(入れ替え可能投手)[編集]

背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
18 澤村拓一 Hirokazu Sawamura 日本の旗 読売ジャイアンツ
21 森福允彦 Masahiko Morifuku 日本の旗 読売ジャイアンツ
24 山崎康晃 Yasuaki Yamasaki 日本の旗 横浜DeNAベイスターズ
26 石田健大 Kenta Ishida 日本の旗 横浜DeNAベイスターズ
28 野村祐輔 Yusuke Nomura 日本の旗 広島東洋カープ
29 大瀬良大地 Daichi Ohsera 日本の旗 広島東洋カープ
47 岩貞祐太 Yuta Iwasada 日本の旗 阪神タイガース
48 増田達至 Tatsushi Masuda 日本の旗 埼玉西武ライオンズ

不参加選手[編集]

選出されたが辞退した選手[編集]

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
投手 16 大谷翔平 Shohei Ohtani 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ 負傷[29]
捕手 37 嶋基宏 Motohiro Shima 日本の旗 東北楽天ゴールデンイーグルス 負傷[31]

選出される以前に不参加を表明した主な選手[編集]

ポジション 氏名 英語表記 所属球団 備考
投手 上原浩治 Koji Uehara アメリカ合衆国の旗 シカゴ・カブス チームが許可せず[14]
前田健太 Kenta Maeda アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ドジャース チームが許可せず[15]
ダルビッシュ有 Yu Darvish アメリカ合衆国の旗 テキサス・レンジャーズ チームが許可せず
田中将大 Masahiro Tanaka アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・ヤンキース チームを優先[18]
田澤純一 Junichi Tazawa アメリカ合衆国の旗 マイアミ・マーリンズ チームを優先[21]
内野手 今宮健太 Kenta Imamiya 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス 手術明け[22]
中島卓也 Takuya Nakashima 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ 疲労[23]

個人成績[編集]

投手成績[編集]
































松井裕樹 3 0 0 0 9 2.2 0 0 1 5 0 0 0 0.00
菅野智之 3 0 0 0 58 14.1 14 2 1 16 0 6 5 3.14
秋吉亮 6 1 0 0 15 4.1 2 0 1 7 0 2 2 0.00
則本昂大 2 0 0 0 18 3.2 7 1 1 3 0 4 4 9.82
宮西尚生 4 0 0 0 10 2.0 3 0 1 4 0 0 0 0.00
藤浪晋太郎 1 0 0 0 8 2.0 0 0 1 4 0 0 0 0.00
増井浩俊 3 0 0 0 11 2.2 3 0 0 1 0 1 1 3.38
石川歩 2 1 0 0 30 7.0 7 2 2 2 0 6 6 7.71
武田翔太 1 1 0 0 13 3.0 4 0 1 3 0 1 1 3.00
岡田俊哉 2 0 0 0 3 1.0 0 0 1 1 1 0 0 0.00
牧田和久 5 1 0 2 26 6.0 5 0 2 6 0 3 2 3.00
千賀滉大 4 1 1 0 41 11.0 7 0 1 16 0 1 1 0.82
平野佳寿 6 1 0 0 19 5.1 2 0 1 7 0 2 2 3.38

野手成績[編集]



































内川聖一 6 10 8 1 3 2 0 0 3 0 0 1 2 1 .375 .455
田中広輔 3 9 8 2 2 0 0 0 0 2 0 0 1 1 .250 .333
松田宣浩 7 25 24 8 8 1 0 1 7 1 0 1 0 6 .333 .320
菊池涼介 7 34 30 4 8 1 0 1 4 1 2 0 2 7 .267 .313
坂本勇人 6 28 24 6 10 3 0 0 1 1 1 0 3 1 .417 .481
青木宣親 6 29 22 5 4 3 0 0 2 0 0 0 6 3 .182 .379
平田良介 2 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .250
炭谷銀仁朗 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .---
中田翔 6 25 21 5 5 1 0 3 8 1 0 0 4 2 .238 .360
小林誠司 7 25 20 4 9 0 0 1 6 0 3 1 1 4 .450 .455
山田哲人 7 34 27 4 8 2 0 2 5 3 1 1 5 4 .296 .412
筒香嘉智 7 30 25 5 8 0 0 3 8 0 0 0 5 6 .320 .433
鈴木誠也 5 18 14 2 3 0 0 0 0 1 2 0 2 4 .214 .313
秋山翔吾 4 13 10 1 3 0 0 0 2 1 0 1 2 0 .300 .385

脚注[編集]

  1. ^ 侍ジャパンが11月に強化試合開催! メキシコ代表、オランダ代表と“本番モード”4試合 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年7月17日) 2016年8月20日閲覧
  2. ^ Asian venues, pools for 2017 WBC announced The official site of World Baseball Classic (英語) (2016年8月2日) 2016年11月1日閲覧
  3. ^ いよいよ始まる世界一奪還への道!来年3月のWBC1次ラウンドは、東京ドームでキューバ、中国、オーストラリアと対戦! 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年8月2日) 2016年11月1日閲覧
  4. ^ 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」1次・2次ラウンド 東京プール開催について 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年8月2日) 2016年11月1日閲覧
  5. ^ WBC、ソウルで開幕に変更 来年3月6日から、日本はB組に SANSPO.COM (2016年11月12日) 2016年11月13日閲覧
  6. ^ 侍ジャパンの強化合宿、壮行試合を2月に実施 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年11月15日) 2016年11月15日閲覧
  7. ^ “【WBC】侍メジャー全員予備登録…2月最終登録28選手に絞る”. スポーツ報知. (2016年12月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161202-OHT1T50042.html 2017年1月10日閲覧。 
  8. ^ 侍ジャパン 2月に福岡ソフトバンクホークスとの練習試合を実施 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年12月17日) 2016年12月27日閲覧
  9. ^ ムネリン「準備はしています」WBC出場へ意欲 日刊スポーツ (2016年12月16日) 2016年12月27日閲覧
  10. ^ 上原、WBC「出る方向で」TBS『S1』で発言 スポニチアネックス (2016年12月19日) 2016年12月27日閲覧
  11. ^ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™出場一部メンバー18名を発表野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2016年12月20日
  12. ^ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™出場選手に青木宣親を追加野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2016年12月21日
  13. ^ MLB所属の青木宣親が侍ジャパン選出 2大会ぶり3度目の出場で世界一奪還へ 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年12月21日) 2016年12月27日閲覧
  14. ^ a b 上原浩治、来春WBC出場断る「申し訳ない気持ちでいっぱい」 Full-Count (2016年12月21日) 2016年12月27日閲覧
  15. ^ a b ドジャース幹部 マエケンWBC出場辞退認めた 故障リスク避けたい スポニチアネックス (2017年1月13日) 2017年1月13日閲覧
  16. ^ 世界一を目指す「侍ジャパン」と世界征服を目指す「秘密結社 鷹の爪」のタイアップが決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月12日) 2017年1月13日閲覧
  17. ^ 「侍ジャパン」×「キン肉マン」がタイアップ 「侍ジャパン超人代表」を結成 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月12日) 2017年1月13日閲覧
  18. ^ a b [1] 田中将大/MASAHIRO TANAKA (@t_masahiro18) - Twitter (2017年1月23日) 2017年3月5日閲覧
  19. ^ 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」侍ジャパン 出場選手について 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月24日) 2017年3月5日閲覧
  20. ^ WBC侍 新たに藤浪ら8人 残る1人は後日発表 "日刊スポーツ" (2017年1月24日) 2017年2月4日閲覧
  21. ^ a b マーリンズ田澤へWBC参加要請 地元紙が「日本球界との関係改善」に注目 Full-Count (2017年1月25日) 2017年3月5日閲覧
  22. ^ a b ソフトバンク今宮が辞退、ラスト侍は広島田中が候補 日刊スポーツ (2017年1月25日) 2017年3月5日閲覧
  23. ^ a b 日本ハム中島WBC辞退「体の状態が良くなかった」 日刊スポーツ (2017年1月26日) 2017年3月5日閲覧
  24. ^ マエケン「辞退させて頂くことになりました」WBC不参加を初めて明言 スポーツ報知 (2017年1月26日) 2017年3月5日閲覧
  25. ^ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™出場選手に田中広輔を追加 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月28日) 2017年3月5日閲覧
  26. ^ 【一問一答】大谷「投げたいなと思っていたので残念です」WBC投手辞退 デイリースポーツ (2017年2月1日) 2017年3月5日閲覧
  27. ^ 大谷の投手辞退、小久保監督は戸惑い「突然の発表」 デイリースポーツ (2017年2月1日) 2017年3月5日閲覧
  28. ^ 大谷 WBC出場見送り 他の先発投手を招集へ 日刊スポーツ (2017年2月3日) 2017年3月5日閲覧
  29. ^ a b c 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™侍ジャパンメンバー変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年2月4日) 2017年3月5日閲覧
  30. ^ 侍ジャパンに青木宣親が合流 出場メンバー28人全員が揃って京セラドーム大阪で調整 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年3月2日) 2017年3月5日閲覧
  31. ^ a b 嶋がWBC出場を断念…、代役に炭谷を緊急招集! 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年3月4日) 2017年3月5日閲覧
  32. ^ a b 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 日本代表メンバー変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年3月4日) 2017年3月5日閲覧
  33. ^ USA ousts Japan, in case you mist it! World Baseball Classic (英語) (2017年3月21日) 2017年3月24日閲覧
  34. ^ 【WBC】小久保監督、退任の意向表明「これで契約は満了ということです」 スポーツ報知 (2017年3月22日) 2017年3月22日閲覧
  35. ^ United States vs. Japan Live”. World Baseball Classic (2017年3月21日). 2017年3月22日閲覧。

関連項目[編集]