半保護されたページ

木下拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 拓哉
中日ドラゴンズ #35
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (1991-12-18) 1991年12月18日(29歳)
身長
体重
183 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2016年8月3日
年俸 4,800万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木下 拓哉(きのした たくや、1991年12月18日 - )は、高知県高知市出身[2]プロ野球選手捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

プロ入り前

高知高校では2年春から正捕手の座を掴み、2年の夏に第90回全国高等学校野球選手権記念大会、3年の夏に第91回全国高等学校野球選手権大会に出場した。野球部の同期には公文克彦がいた。

法政大学に進学すると、3年春に六大学ベストナインに選出された。大学では三嶋一輝石田健大とバッテリーを組んだ。リーグ通算47試合に出場、121打数23安打、打率.190、2本塁打、14打点を記録。

トヨタ自動車では1年目から正捕手となり、日本選手権優勝に貢献した[3]

2015年プロ野球ドラフト会議において中日ドラゴンズから3位指名を受け[2]、12月4日に契約金6,500万円、年俸1,000万円で契約した[3]。背番号は35に決定した[4]

中日時代

2016年は8月7日の対横浜DeNAベイスターズ戦で初先発を果たし初本塁打を記録した[5]。しかし一軍の捕手は杉山翔大桂依央利でほぼ固定されており、僅か9試合の出場にとどまった。

2017年は6月17日の対西武戦で先制犠飛、適時二塁打で初のお立ち台に上がった[6]。前年より出場機会が増え、51試合に出場した。

2018年は故障と松井雅人FAで加入した大野奨太が台頭したため、16試合の出場にとどまった。

2019年は開幕一軍スタートとなったが、シーズン中に左膝を故障して39試合の出場にとどまった。

2020年は開幕マスクこそ加藤匠馬に譲るものの、前年に続き開幕一軍の切符を掴み、シーズン後半から出場機会を増やし終盤にはレギュラーとして定着した。最終的に規定打席到達こそ逃したものの88試合に出場して打率.267、6本塁打、32打点と打撃においてはキャリアハイの成績を残し、守備でも両リーグトップとなる盗塁阻止率.455を記録し[7]、3度の月間最優秀バッテリー賞および年間最優秀バッテリー賞を受賞するなど[8][7]、攻守において活躍した。

2021年は開幕から正捕手を担い、自己最多の123試合に出場[9]。規定打席には届かなかったものの、打率.270、チーム日本人最多の11本塁打、43打点を記録[9]。また、12球団トップのチーム防御率3.22を記録した投手陣を引っ張った[10]。なお、同年8月に同姓の木下雄介が急逝したことを受け、木下性の選手は自身一人になったが、契約更改で「引退するまで変えるつもりはないです。簡単な言葉では言い表せないけど、雄介の分までという気持ちです」と語り、翌年以降もスコアボードの表記を「木下拓」で貫くことを示唆した[10]

選手としての特徴・人物

遠投120メートルの強肩で、打力も強い[11]。また、フレーミング技術に定評がある。捕球から2塁到達までのタイムは1.83秒を記録している[12]

愛称は木村拓哉の「キムタク」をもじった「キノタク[13][14]

明るい性格でムードメーカーであり、ヒーローインタビューではたびたびファンやチームメイトを湧かせている[15]

2021年4月27日の阪神戦、同点で迎えた7回裏1死一、二塁の場面で自身が決勝点となる左前適時打を放ってチームは勝利。試合後には右肩の故障で離脱していた同姓の木下雄介にエールを込める意味で、雄介の顔がプリントされたTシャツを着用してお立ち台に上がった[16]。同年8月に雄介が急逝。以降は自身のキャッチャーミットにこれからも彼と共に戦い続けるという思いで「雄介」と記している[17]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2016 中日 9 19 18 1 5 2 0 1 10 2 0 0 0 0 1 0 0 6 1 .278 .316 .556 .871
2017 51 94 78 4 15 5 0 0 20 4 0 0 4 1 10 1 1 21 4 .192 .289 .256 .545
2018 16 28 25 4 3 1 0 1 7 2 0 0 0 0 3 1 0 9 0 .120 .214 .280 .494
2019 39 98 88 5 20 6 0 2 32 8 0 0 1 1 5 1 3 22 2 .227 .289 .364 .652
2020 88 269 251 19 67 14 1 6 101 32 0 0 5 0 12 2 1 49 1 .267 .303 .402 .705
2021 123 393 352 33 95 17 0 11 145 43 1 1 3 2 35 4 1 58 11 .270 .336 .412 .748
通算:6年 326 901 812 66 205 45 1 21 315 91 1 1 13 4 36 9 6 165 19 .252 .312 .388 .700
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績



捕手






















2016 中日 9 39 4 0 1 1.000 0 6 4 2 .333
2017 44 178 19 0 1 1.000 0 18 15 3 .167
2018 14 57 5 0 1 1.000 0 8 5 3 .375
2019 35 192 20 1 0 .995 0 18 13 5 .278
2020 87 599 58 2 7 .997 4 55 30 25 .455
通算 189 1065 106 3 10 .997 4 105 67 38 .362
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰

記録

初記録
その他の記録

背番号

  • 35(2016年 - )

登場曲

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月11日閲覧。
  2. ^ a b 中日3位アマNO1捕手木下拓哉「成長できる球団」”. 日刊スポーツ (2015年10月22日). 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ a b 中日3位木下正捕手への誓い 球界の松ちゃんになる”. 日刊スポーツ (2015年12月5日). 2021年6月19日閲覧。
  4. ^ 2015年ドラフト指名選手入団発表”. 中日ドラゴンズ 公式サイト (2015年12月11日). 2021年6月19日閲覧。
  5. ^ 中日ドラ3位木下プロ初先発、初安打を本塁打で飾る”. 日刊スポーツ (2016年8月7日). 2021年6月19日閲覧。
  6. ^ アイラブユー!中日木下拓お立ち台からドラ姫へ絶叫”. 日刊スポーツ (2017年6月17日). 2021年6月19日閲覧。
  7. ^ a b 中日・木下拓 初最優秀バッテリー賞!盗塁阻止率.455は両リーグトップ”. スポニチアネックス (2020年11月19日). 2021年6月19日閲覧。
  8. ^ 「プロ野球月間最優秀バッテリー賞」10月度受賞バッテリーが決定”. BASEBALL KING (2020年11月10日). 2021年6月19日閲覧。
  9. ^ a b 中日・木下拓 倍増で一発サイン 来季はチームの順位で示したい - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年11月15日閲覧。
  10. ^ a b 昨年保留第1号の中日・木下拓は納得の一発更改 来季以降も「木下拓」表記貫く – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb. 2021年11月15日閲覧。
  11. ^ “中日3位アマNO1捕手木下拓哉「成長できる球団」”. 日刊スポーツ. (2015年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1556103.html 2021年6月19日閲覧。 
  12. ^ 「データ視点の守備のベストナイン」…岡本和真がアナリストから満点評価” (日本語). スポーツ報知 (2020年12月17日). 2020年12月21日閲覧。
  13. ^ キノタクが『炎の体育会100秒チャレンジ』中日最多18枚抜きで来年主将に!? トレンド入りし「これで全国区」の声” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  14. ^ 中日Aクラス入りの立役者は『キノタク』「振れる球を振りにいっている」木下拓、自身初の1試合5打点” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年10月3日). 2020年12月12日閲覧。
  15. ^ 中日積年の〝ポスト谷繁問題〟ついに終止符か 木下拓が攻守に成長” (日本語). 東京スポーツ (2020年10月3日). 2020年12月20日閲覧。
  16. ^ 【中日】V打木下拓哉が木下雄介Tシャツを着てお立ち台に‼キノシタ同士熱いエール「恥ずかしくないプレーを」:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年8月10日閲覧。
  17. ^ ミットに書かれた“雄介” 中日・木下拓はこれからも亡き友とともに戦う”. www-daily-co-jp.cdn.ampproject.org. 2021年9月20日閲覧。

関連項目

外部リンク