山本泰寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 泰寛
読売ジャイアンツ #56
Giants yamamoto56.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都荒川区
生年月日 (1993-10-10) 1993年10月10日(25歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2016年5月1日
年俸 1,850万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 泰寛(やまもと やすひろ、1993年10月10日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

台東区立根岸小学校時代から荒川ジャンプで軟式野球を始め、荒川区立諏訪台中学校では世田谷西シニアに所属していた。

慶應義塾高等学校では投手から遊撃手へ転向。全国大会出場歴はなし。同期に谷田成吾、一学年下に矢崎拓也がいた。

慶應義塾大学では1年春からリーグ戦出場。2年春から遊撃手のレギュラーとして定着し、3年春には優勝を経験する。副将を務めた4年秋には3本塁打を放ち、立教大学大城滉二を抑えて、遊撃手として自身初のベストナインを受賞する。大学リーグ通算78試合出場、打率.261、280打数73安打、7本塁打18打点、6盗塁。大学時代の同期に横尾俊建、谷田がいる。

2015年10月22日に行われたドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名を受けた。11月13日に契約金4000万円、年俸800万円で契約した[2]。背番号は56。同期の横尾は北海道日本ハムファイターズに6位指名され入団した[3]

巨人時代[編集]

2016年は、出場27試合中18試合で先発出場した。

2017年は、10月3日に東京ヤクルトスワローズとのシーズン最終戦で秋吉亮からプロ初本塁打となる満塁本塁打を放った[4]。初本塁打が満塁本塁打となったのは、球団では2008年坂本勇人以来である[5]

2018年は、開幕を一軍で迎えるもすぐ二軍に降格した。夏場に坂本と吉川尚輝が相次いで故障で離脱すると、「代代役」の二塁手や遊撃手としてスタメン出場する機会が増え、打席数は3年目で初めて100を超えた[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 巨人 27 86 78 8 20 5 1 0 27 2 0 1 6 0 2 0 0 20 2 .256 .275 .346 .621
2017 29 83 66 8 12 2 0 1 17 7 1 0 7 0 9 0 1 18 1 .182 .289 .258 .547
2018 38 120 102 15 26 4 1 0 32 3 2 0 3 0 13 0 2 19 2 .255 .350 .314 .664
NPB:3年 94 289 246 31 58 11 2 1 76 12 3 1 16 0 24 0 3 57 5 .236 .311 .309 .620
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2016 巨人 22 30 53 2 6 .976 - -
2017 22 30 58 1 6 .989 1 0 1 0 0 1.000 -
2018 12 29 32 2 9 .968 - 20 34 67 5 10 .953
通算 56 89 143 5 21 .979 1 0 1 0 0 1.000 20 34 67 5 10 .953
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (2016年 - )

登場曲[編集]

▪︎「明日へ」Little Green Monster(2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]