祖父江大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
祖父江 大輔
中日ドラゴンズ #33
Sobuedaisuke20140219.jpg
2014年2月19日 北谷公園野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中川区
生年月日 (1987-08-11) 1987年8月11日(30歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト5位
初出場 2014年4月4日
年俸 2,900万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

祖父江 大輔(そぶえ だいすけ、1987年8月11日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

名古屋市立富田中学校時代には硬式野球クラブチームに一時期所属していたが、体力不足を理由に退部。以降は父親との練習で基礎力を培った。

愛知高校では主に二塁手遊撃手としてプレーしたが甲子園出場は無し。この頃はリリーフ投手としての登板にとどまっていた。愛知大学に進学後は本格的に投手に転向し、1年時からリーグ戦に出場。転向してすぐに最速140km/hを記録し、2年春に愛知大学野球リーグ1部で2勝を記録。3年秋は6勝無敗(6完投4完封)の活躍で2部リーグで優勝に貢献したが、入れ替え戦となる名城大学戦では乱調で2部残留。4年春には6勝(3完封)、防御率0.19の成績を残し、チームの完全優勝に貢献。入れ替え戦では名城大学と再戦し、1回戦は1失点完投勝利、3回戦では延長14回22奪三振完封勝利を収めて1部昇格に貢献した。この入れ替え戦では最速152km/hを記録している。リーグ終了後には大学日本代表候補に選ばれた。4年秋にはチーム5季ぶりとなる1部リーグでリーグ最多の6勝、ベストナイン・MVPを受賞する活躍ぶりで昇格即優勝を果たす。大学時にはプロ10球団から注目され、2009年にプロ指名届を提出したがドラフトでは指名漏れとなった。大学時代は先に中日に進んだ赤田龍一郎と同期である。

大学卒業後の2010年にトヨタ自動車に入社して同社硬式野球部に所属、1年目春から公式戦に出場。主に中継ぎ・抑えとして起用され、都市対抗野球・日本選手権で登板した。プロ解禁年の2年目には都市対抗2次予選で好投するもののチームは敗れ、東海理化の補強選手として出場したが、またも指名漏れとなった。
3年目の都市対抗野球では2試合に先発し、初戦の対JR北海道戦で6回2失点と好投。2試合目の対NTT東日本戦では1回持たず3失点と打ち込まれた。日本選手権では2試合にリリーフ登板したが、準決勝の対JX-ENEOS戦では延長10回に救援登板したものの押し出しで決勝点を与えてしまい、コントロールに課題を残す結果となった。4年目の都市対抗野球は王子製紙の補強選手に選ばれたが登板の機会なく初戦敗退。秋の日本選手権では代表決定戦の2試合に登板して好投し本戦出場に貢献。10月には中日2軍との試合に先発し6回無失点の好投を見せ、プロからの評価を高めたが、日本選手権本戦では三菱重工神戸を相手に6回途中9奪三振2失点の力投及ばず初戦敗退となった。

2013年プロ野球ドラフト会議で中日から5位指名を受け、入団。背番号は33に決まった。

プロ入り後[編集]

開幕は二軍で迎えたが、4月4日に一軍登録されると、同日の読売ジャイアンツ戦でプロ初登板。1回を無失点に抑えた。その後も中継ぎとして登板。最終的に54試合に登板し、勝ち星こそ挙げられなかったものの防御率3.53の成績を残した。

初登板から2017年4月19日まで未勝利が続いたが、4月20日の対阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で0-1の状況から7回に登板し、三者凡退に抑え、その裏にチームは逆転。142試合目の登板でプロ初勝利を手にした[2]

選手としての特徴・人物[編集]

最速152km/hの直球、縦のスライダーを投じる[3]

親類、家族は名古屋市内で「日邦製菓」というお菓子メーカーを営んでいる。同社の主力製品はキャラメルであることから、日刊スポーツで「キャラメル王子」と呼ばれた。同社のキャラメルは地元では有名で、祖父江自身は大学、社会人時代にはグラウンドに差し入れ、古巣を訪れた先輩投手の吉見一起も食べたことがあるという[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 中日 54 0 0 0 0 0 3 0 11 .000 240 58.2 52 6 19 1 1 36 3 0 25 23 3.53 1.21
2015 33 0 0 0 0 0 2 1 2 .000 144 33.1 32 1 7 0 2 28 2 0 10 10 2.70 1.17
2016 46 0 0 0 0 0 4 0 12 .000 177 43.0 32 3 18 0 2 31 1 0 18 15 3.14 1.16
2017 35 0 0 0 0 2 2 1 9 .500 173 42.0 38 1 17 0 0 26 0 0 12 12 2.57 1.31
NPB:4年 168 0 0 0 0 2 11 2 34 .154 734 177.0 154 11 61 1 5 121 6 0 65 60 3.05 1.22
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2014年5月1日、対横浜DeNAベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、6回表に長田秀一郎から三塁内野安打

背番号[編集]

  • 33 (2014年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2017年11月17日閲覧。
  2. ^ 中日祖父江142戦目のプロ初勝利「うれしい」 日刊スポーツ 2017年4月20日
  3. ^ 中日祖父江 27歳長身美人と結婚していた日刊スポーツ 2014年11月29日付
  4. ^ 中日ドラ5祖父江、キャラメル王子だった日刊スポーツ 2013年12月4日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]