石井弘寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井 弘寿
東京ヤクルトスワローズ コーチ #98
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市原市
生年月日 (1977-09-14) 1977年9月14日(40歳)
身長
体重
180 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト4位
初出場 1996年7月6日
最終出場 2011年10月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2012 - )
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2004年
WBC 2006年(途中辞退)
オリンピック
男子 野球
2004 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
2006 野球

石井 弘寿(いしい ひろとし、1977年9月14日 - )は、元プロ野球選手投手)。現在は東京ヤクルトスワローズの二軍投手コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

父親が地元アマチュア野球チームに所属していた影響で、市原市立京葉小学校5年の時に野球を始める。五井中時代は地元のポニーリーグで投手兼外野手。石井一久に憧れて東京学館高校に入学した。しかし、その後石井一久は東京学館浦安高校出身であることを知った。

3年夏の県大会のベスト16入りが最高成績で、甲子園出場は果たせなかった。同校の1年先輩で、後に同じチームに所属する相川亮二を見に来たスカウトの目についたことをきっかけに注目を浴び、1995年のドラフト会議ヤクルトから4位指名を受け入団(担当スカウトは小川淳司[1])。背番号は石井一久の背番号16をひっくり返した61となった。

プロ入り後[編集]

1年目の1996年7月16日の対広島東洋カープ戦(神宮球場)でプロ初登板し、同年8月10日の同じく対広島戦で初勝利を挙げる。高卒新人ながら、13試合に登板して1勝0敗防御率3.38の成績。しかし四球が多く不安定な内容だった。その後2年間は故障や制球難の影響もあり1試合の登板にとどまる。

1999年に中継ぎとして25試合に登板したものの0勝1敗防御率6.28に終わり、翌シーズン前に打者転向を示唆される。投手コーチの伊東昭光指導の下、打撃練習と並行して制球難の克服に取り組む転機の年となった。

2000年から中継ぎと谷間の先発で活躍。5月3日対広島戦で先発登板し勝利するがその後の2度の先発では3回持たず、残りシーズンは中継ぎとして起用される。この年は45試合に登板し76回1/3で4勝3敗、防御率3.30。

2001年4月24日の対中日戦で1点差の8回途中から登板し初セーブをあげる。この年は39試合に登板し、防御率3.40の成績を残した。日本シリーズでは第3戦の1試合のみの登板だったが1回を無失点に抑えた。結果的にリーグ優勝と日本一に貢献した。

2002年にファンからの公募により五十嵐亮太と共にロケットボーイズの愛称が付いた。この年は大きく飛躍し、セットアッパーとしてリーグ最多の69試合に登板し、6勝2敗5S、防御率1.51の成績で最優秀中継ぎ投手に輝く。69試合の登板は、金田正一の記録を46年ぶりに超える球団新記録である。また10月11日の対横浜ベイスターズ戦(神宮球場)、自己最速155km/hを計測した[2]

2003年も防御率1.99と安定し、勝ち星でも6勝を挙げたが、故障のため36試合の登板にとどまった。

2004年アテネオリンピック野球日本代表に選出され、銅メダルを獲得した。シーズンではオリンピックによって戦列を離れたこともあり、38試合の登板だったが、防御率は2.05とこの年も安定していた。

2005年は五十嵐の故障と不調によりストッパーに転向し61試合に登板し防御率1.95、自己最多球団セーブ記録タイの37セーブを挙げた。だがこの年が現役生活において最後の活躍となった。

2006年WBC日本代表に選ばれ早めの調整を行っていたが、東京ドームで行われた第一次リーグの韓国戦で左肩痛を発症し、二次リーグに向けて渡米するも肩の悪化で離脱する。一定以上の活躍でメジャー移籍が容認される見込みだったが、一軍では11試合の登板に留まった。オフにスワローズ残留を前提とした手術を受けた。

2007年はリハビリで一軍登板無しに終わった。

2008年は9月27日のイースタン・リーグ最終戦で777日ぶりの実戦登板を果たし、1回を被安打1の無失点に抑えているものの、2年連続で一軍での登板は無かった。

2009年は二軍で13試合に登板したが3年連続で一軍登板は無かった。秋季キャンプに参加し2010年シーズンに本格的に復活する意向をしめした。

しかし2010年は4年ぶりに春季キャンプを一軍で迎えるが、屋内プールでのトレーニング中に右足親指を裂傷し4針縫う怪我を負ってしまい離脱した。ペナント開幕後も二軍では7試合に登板したが防御率11.12と不振で、この年も一軍登板は無かった。

2011年9月29日に現役引退を表明[3]。引退試合は10月25日のレギュラーシーズン最終戦の対広島24回戦(神宮球場)で7回表に入団時のスカウト担当だった小川淳司監督からボールを手渡されてリリーフ登板し、先頭打者の松本高明から3球三振を奪い現役生活を終える。リハビリ中は、2009年に横浜からFA移籍してきた高校時代の女房役、相川亮二と再びバッテリーを組み1軍のマウンドに上がることを目標としてきたが[4]、相川とプロ公式戦でもバッテリーを組んだのはこの引退登板が最初で最後となった。試合後の引退セレモニーの後には、チームメイトからも胴上げされ、プロ野球人生を終えた。

引退後[編集]

2012年シーズンからは、ヤクルトの二軍育成コーチ(ストレングス担当)に就任する。 2013年10月23日2014年シーズンより二軍投手コーチに就任することが発表された[5]

人物[編集]

ニックネームは「ゴリ」[6]

MLB行きを熱望しており、何度かポスティングによる移籍を志願するものの拒否されていた。2004年オフ、球団側は条件を満たした上での移籍を容認したが、翌2005年オフ、古田敦也新監督の就任により事情が変わったとして認めない方針に転じる。2006年1月、球団が約束反故について謝罪し、同年オフの移籍を容認したことでヤクルト残留を決める[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 ヤクルト 13 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 41 8.0 6 0 13 0 0 9 1 0 3 3 3.38 2.38
1997 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2.0 2 1 6 0 0 2 0 0 2 2 9.00 4.00
1999 25 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 141 28.2 32 6 27 0 0 21 2 0 21 20 6.28 2.06
2000 45 3 0 0 0 4 3 0 -- .571 318 76.1 66 7 36 3 0 68 5 0 29 28 3.30 1.34
2001 39 0 0 0 0 2 3 1 -- .400 175 39.2 31 6 23 1 2 40 4 0 23 15 3.40 1.36
2002 69 0 0 0 0 6 2 5 -- .750 341 89.2 63 7 12 2 1 109 3 0 15 15 1.51 0.84
2003 36 0 0 0 0 6 1 1 -- .857 182 45.1 37 4 10 4 2 61 2 0 10 10 1.99 1.04
2004 38 0 0 0 0 4 2 5 -- .667 201 52.2 38 5 10 1 0 69 2 0 12 12 2.05 0.91
2005 61 0 0 0 0 4 3 37 10 .571 286 73.2 51 6 15 2 2 91 0 0 16 16 1.95 0.90
2006 11 0 0 0 0 0 0 6 1 ---- 42 10.1 8 2 4 0 0 14 0 0 5 5 4.35 1.16
2011 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:11年 339 4 0 0 0 27 15 55 11 .643 1741 426.2 334 44 156 13 7 485 19 0 136 126 2.66 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 千葉県知事賞 - 2004年(アテネ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて)

記録[編集]

投手記録
  • 初登板:1996年7月6日、対広島東洋カープ12回戦(明治神宮野球場)、9回表に4番手として救援登板、2/3回無失点
  • 初奪三振:同上、9回表に佐々岡真司から
  • 初勝利:1996年8月10日、対広島東洋カープ20回戦(明治神宮野球場)、8回表に5番手として救援登板、1回1失点
  • 初先発:1996年8月16日、対読売ジャイアンツ17回戦(東京ドーム)、1回1/3を1失点
  • 初先発勝利:2000年5月3日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、5回3失点
  • 初セーブ:2001年4月24日、対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤドーム)、8回裏1死に3番手として救援登板・完了、1回2/3無失点
  • 初ホールド:2005年4月6日、対中日ドラゴンズ2回戦(明治神宮野球場)、7回表2死に2番手として救援登板、1回1/3無失点
打撃記録

背番号[編集]

  • 61 (1996年 - 2011年)
  • 98 (2012年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト・石井 引退登板で万感の3球”. スポーツニッポン (2011年10月25日). 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球偉人伝 vol.14 2000→2005編』 ベースボール・マガジン社、2014年、88頁。ISBN 978-4-583-62118-0
  3. ^ 「ヤクルトの石井が引退=速球派左腕、肩痛に勝てず - プロ野球」(2011年9月29日、asahi.com)[リンク切れ]
  4. ^ 石井 再起へ相川とのバッテリー復活を熱望(2010年01月05日、スポーツニッポン)
  5. ^ 2014年コーチングスタッフについて
  6. ^ ヤクルト・石井弘寿 今季限り引退 1軍登板なしで決断(2011年9月29日、スポーツニッポン)2015年12月19日閲覧
  7. ^ 「石井弘はヤクルト残留 今季の大リーグ移籍断念」(2006年1月29日、47NEWS)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]