根尾昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
根尾 昂
中日ドラゴンズ #7
Akira Neo Chunichi Dragons 20220529.png
中日ドラゴンズでの根尾
(2022年5月29日、京セラドーム大阪にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県吉城郡河合村(現:飛騨市
生年月日 (2000-04-19) 2000年4月19日(22歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手外野手遊撃手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年9月29日
年俸 1300万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

根尾 昂(ねお あきら、2000年4月19日 - )は、岐阜県吉城郡河合村(現:飛騨市河合町)出身[2]プロ野球選手投手外野手内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。主に投手三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜された。飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に所属。投手と遊撃手を務め、中学3年時には最速146km/hを記録したことから「スーパー中学生」として注目される存在だった[3][4]。また中日スポーツはこの当時から根尾の才能に着目、記事として掲載している[5]

大阪桐蔭高等学校進学後は1年夏からベンチ入り[6]。2年春からは主力となり、投手、遊撃手に加えチーム状況によっては外野手もこなしながら[7]、2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場を果たし、そのうち2年春3年春3年夏で全国優勝。同じく下級生から主力として活躍していた同学年の藤原恭大柿木蓮横川凱らとともに「大阪桐蔭最強世代」の一角として史上3校目の春連覇、2012年に次ぐ史上初の2度目の春夏連覇に貢献した[8]

2018年10月25日に行われたドラフト会議では中日ドラゴンズ北海道日本ハムファイターズ読売ジャイアンツ東京ヤクルトスワローズの4球団から1位指名を受け、抽選の結果中日が交渉権を獲得[9]。11月4日に、最高条件となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円で仮契約を結び(金額は推定)、同日の記者会見では「ポジションはショート一本でいかせて下さいとお伝えしました」と遊撃手に専念することを宣言した[10][11]。背番号は7[12]。藤原、柿木、横川もドラフト指名され、同一高校から同時に4人がドラフト指名されたのは、2001年日大三高以来17年ぶり5校目となった[13]

中日時代[編集]

野手時代
2019年6月23日、ナゴヤ球場にて

2019年は、1月に右腓腹筋の肉離れを起こし、春季キャンプは二軍スタートとなった[14]。また、4月16日のウエスタン・リーグ阪神タイガース戦では、守備中に左手人差し指を負傷したが[15]、5月7日のウエスタン・リーグの阪神戦でスタメン復帰した[16]。6月26日には、フレッシュオールスターゲームに選出されたことが発表された[17]。8月18日には右肘付近の張りで再び離脱したが[18]、同21日のプロアマ交流戦で実戦復帰[19]。9月29日の対阪神戦(甲子園球場)では、7回表から遊撃の守備に就き、一軍初出場を果たした[20]。二軍では打率.210、86安打、2本塁打の成績であった[21]。オフにはみやざきフェニックス・リーグに参加し[22]、秋季キャンプでは外野守備の練習にも取り組んだ[23]。10月21日にアジア・ウィンター・リーグに参加することが発表された[24]。ウィンターリーグでは、打撃フォームの改造に取り組んだ[25]。契約更改では、200万円減の推定年俸1300万円でサインした[26]

2020年は、1月に平田良介と共に、ロサンゼルスで合同自主トレーニングを行った[27][28]。春季キャンプは一軍スタートとなったが[29]、開幕一軍は逃した[30]。8月4日の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で、「1番・右翼手」としてプロ初の先発出場を果たしたが、3打数無安打に終わった[31]。同11日の広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)において、プロ17打席目にして初安打を記録した[32]。最終的に、9試合出場、打率.087(23打数2安打)に終わり、遊撃手としての出場もなかった。オフには、200万円減の推定年俸1100万円で契約を更改し、遊撃手にこだわりを見せた[33]

2021年は、プロ入り後初めて開幕を一軍で迎え、開幕戦に「8番・左翼手」として先発出場した[34]。3月31日の読売ジャイアンツ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)では、2回裏に高木京介からプロ初打点を記録し[35]、初めてお立ち台に立った。同年5月4日の対DeNA8回戦(バンテリンドーム)で[36]、3回、大貫晋一からプロ初本塁打となる満塁本塁打を放った[37][注 1]。しかし、6月は月間打率が1割を切る不振で二軍落ちし、後半戦はほとんどの期間を二軍で過ごした。最終的には一軍での出場機会が大幅に増えたが、シーズンを通して活躍はできなかった。

2022年は、3月8日のNPB公示で外野手登録への変更が発表された。4月2日の広島戦(バンテリンドーム)は延長戦にもつれ、中日は投手を使い切り、根尾はブルペンで投球練習を行ったが、結局登板は無かった[39]。5月8日、ウエスタン・リーグ対阪神戦(甲子園)では遊撃手で先発出場していたが、10-4で迎えた9回裏から森博人に次ぐ5番目の投手として登板、1人を三ゴロに打ち取った後3連打を打たれ1点を失うが、続く江越大賀から三振を奪い2死となったところで石森大誠と交代、再び遊撃手に戻りそのまま試合終了となった[40]。5月21日の広島戦(マツダスタジアム)では、1-10と9点リードされて迎えた8回裏、谷元圭介に次ぐ6番目の投手として一軍初登板を果たした。先頭打者の坂倉将吾にヒットを打たれたものの、球速は150km/hを記録しその後は3者凡退で無失点に抑えた。なお、2人目の打者であった小園海斗は根尾と同学年であり、2018年のドラフトにおいて「高校ビッグ3」と呼ばれた根尾と小園の対決が実現した[41]。その後、セ・パ交流戦終了後の6月13日、監督の立浪和義との話し合いの結果、この年は投手と野手の二刀流としてプレーし、次年度以降は投手に専念することが明らかとなった[42][43]。6月19日の巨人戦(バンテリンドーム ナゴヤ)で本拠地初登板し、巨人の4番・岡本和真を空振り三振に打ち取った[44]。6月21日付で投手への転向がNPBより公示された[45]。また、投手登録後の7月4日には23歳以下の侍ジャパンに投手として選出されたことが発表された[46]

選手としての特徴[編集]

巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける積極的な打撃と打席での対応力を持ち味とし[47][48]、高校通算32本塁打の長打力や50m走6秒0・三塁到達11.07秒を記録する俊足、遠投115mの強肩を持ち合わせる[49][50][9]

高校時代は遊撃手だけでなく外野手、投手としても最速150km/hを記録する二刀流選手として活躍[9]、春のセンバツ大会では史上初の2年連続優勝投手となった[49]

プロ入り後は遊撃手または外野手として起用されていたが、4年目の2022年シーズン中に投手への転向が決まった[51]。同年はリリーフとして自己最速152km/hを計測[52]。投球フォームはオーバースロー[53]。変化球はスライダー[54]フォーク[55]を投じるほか、2022年の春季キャンプでブルペン入りした際にはカットボールツーシームも投じている[56]

人物[編集]

両親は共に自治医科大学卒で、飛騨市で地域医療に携わる医師。3人きょうだいの末っ子であり、兄は2018年時点では医学部生、姉は看護師[57]。根尾本人も成績優秀であり、高校では体育・芸術コースに所属するが、野球部員ではただ一人成績が最上位のクラスに属するなど、文武両道ぶりも話題となった[58]

小学5年生時に全国小学生陸上競技交流大会の男子100m走に出場し5位になっている[59][60]

2歳でスキーを始め、中学2年時にはスキー男子回転で全国優勝し、イタリアで開かれた国際大会にも出場したが、その年限りで野球に専念することとなった[3]

飛騨市出身、そしてスキー競技経験者ながら寒さが苦手である[61]

2021年元日東海3県で放送された、飛騨市を舞台とする東海テレビの新春エリアドラマ「いってきます!~岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~」[62]で、人生初のナレーターを務めた[63]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 中日 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2020 9 25 23 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 7 0 .087 .160 .087 .247
2021 72 188 169 12 30 4 1 1 39 16 0 3 1 1 15 0 2 53 2 .178 .251 .231 .482
通算:3年 83 215 194 15 32 4 1 1 41 16 0 3 1 1 17 0 2 62 2 .165 .238 .211 .450
  • 2021年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]

  • 2021年まで一軍公式戦での登板なし

年度別守備成績[編集]



遊撃 二塁 外野




































2019 中日 2 2 3 0 1 1.000 - -
2020 - 2 0 1 0 0 1.000 7 7 2 0 0 1.000
2021 5 6 18 1 4 .960 - 61 83 4 2 0 .978
通算 7 8 21 1 5 .967 2 0 1 0 0 1.000 68 90 6 2 0 .980
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
打撃記録
投手記録
  • 初登板:2022年5月21日、対広島東洋カープ10回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、8回裏に6番手で救援登板・完了、1回無失点[69][70]
  • 初奪三振:2022年6月19日、対読売ジャイアンツ12回戦(バンテリンドーム ナゴヤ)、9回表に岡本和真から空振り三振[71][72]
  • 初ホールド:2022年7月1日、対阪神タイガース12回戦(バンテリンドーム ナゴヤ)、5回表二死から5番手で救援登板、1/3回無失点[73][74]
その他の記録
  • プロ初本塁打が満塁本塁打:前述の初本塁打時 ※史上87人目、セリーグ史上32人目、球団史上3人目、球団日本人史上2人目[75][76]

背番号[編集]

  • 7(2019年 - )

代表歴[編集]

打席時登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ プロ初本塁打が満塁弾となったのは、2リーグ制以降、球団日本人選手では杉下茂投手以来71年ぶり2人目となった[38]

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ 大阪桐蔭・根尾君の故郷、飛騨市河合町の私設応援団甲子園へ 球史に残る大舞台見届けに”. みんなの経済新聞ネットワーク (2018年8月21日). 2020年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月7日閲覧。
  3. ^ a b “野球選手の人生は13歳で決まる(1)想像を絶する有力校の争奪戦(赤坂 英一)”. 現代ビジネス. (2017年4月22日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51417?page=3 2018年10月27日閲覧。 
  4. ^ 天才中学生を狙え!激化する甲子園常連校「スーパー青田買い」の実態”. 週刊現代 (2016年5月7日). 2021年5月23日閲覧。
  5. ^ "飛騨の怪童" 根尾 142キロ 中日スポーツ 2015年5月4日付 2019年12月25日閲覧
  6. ^ 過去10年なかった1年生2人のベンチ入り 大阪桐蔭”. スポーツブル (2016年7月15日). 2021年5月23日閲覧。
  7. ^ 【センバツ】大阪桐蔭の“三刀流”根尾 スカウトが見た適性は?”. 東スポweb (2018年4月3日). 2021年5月23日閲覧。
  8. ^ 2度目の春夏連覇。大阪桐蔭、西谷監督が語る「最強世代」の成長過程”. web Sportiva (2018年12月31日). 2021年5月23日閲覧。
  9. ^ a b c 大阪桐蔭・根尾「何か縁が」4球団競合中日が交渉権”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2021年3月25日閲覧。
  10. ^ “中日1位根尾が最高条件で仮契約「ショート一本で」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月4日). オリジナルの2020年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200107153229/https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811040000688.html 2020年1月7日閲覧。 
  11. ^ “「ショート一本」中日D1位・根尾、二刀流に未練なし!年俸1500万円で仮契約”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年11月5日). オリジナルの2020年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200107153356/https://www.sanspo.com/baseball/news/20181105/dra18110505040002-n1.html 2020年1月7日閲覧。 
  12. ^ 中日1位根尾の背番号、歴代主力が背負った「7」に”. 日刊スポーツ (2018年11月8日). 2021年3月25日閲覧。
  13. ^ 大阪桐蔭から高校史上最多タイ4人が指名 01年日大三以来5校目”. スポニチ (2018年10月25日). 2021年3月25日閲覧。
  14. ^ 根尾の肉離れは軽度 「まずは早くしっかり治したい」”. 東京中日スポーツ ドラニュース (2019年1月25日). 2019年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月23日閲覧。
  15. ^ 左手人差し指裂傷の中日・根尾 早期復帰へ別メニューで“動く””. スポニチ (2019年4月17日). 2021年5月23日閲覧。
  16. ^ 中日・根尾がスタメン復帰、1安打1打点(動画)”. BBNews (2019年5月7日). 2021年5月23日閲覧。
  17. ^ 根尾、小園らフレッシュ球宴/ウエスタン選手一覧”. 日刊スポーツ (2019年6月26日). 2021年5月23日閲覧。
  18. ^ “根尾が右ひじ痛で離脱、試合出ず名古屋へ 「話すことは何もない」”. 中日スポーツ. (2019年8月18日). https://www.chunichi.co.jp/article/50845 2022年3月21日閲覧。 
  19. ^ 根尾右肘不安一掃、復帰即3安打”. 東京中日スポーツ (2019年8月22日). 2019年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月23日閲覧。
  20. ^ a b c 中日D1・根尾がプロ初出場 七回から守備に、打席は空振り三振” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). 産業経済新聞社 (2019年9月29日). 2021年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年5月23日閲覧。
  21. ^ 2019年度 ウエスタン・リーグ個人打撃成績(規定打席以上)”. 日本野球機構. 2021年5月23日閲覧。
  22. ^ みやざきフェニックス・リーグ2019 参加選手のお知らせ”. 中日ドラゴンズ公式サイト ドラゴンズニュース (2019年10月4日). 2021年5月23日閲覧。
  23. ^ 根尾が屋外で初の外野守備 不慣れな打球に苦戦も… 英智コーチ絶賛「感覚いい」”. 中日スポーツ (2019年11月5日). 2019年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月5日閲覧。
  24. ^ NPB、「2019アジアウインターベースボールリーグ」の出場選手を発表 中日・根尾昂、巨人・山下航汰ら”. ベースボールチャンネル (2019年10月21日). 2021年5月23日閲覧。
  25. ^ 根尾、フォーク崩されながらも二枚腰でとらえる“進化打””. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年12月13日). 2021年5月23日閲覧。
  26. ^ 中日根尾200万円減で即サイン「ふがいない1年」”. 日刊スポーツ (2019年11月19日). 2021年3月25日閲覧。
  27. ^ 中日平田 根尾をLA自主トレ連れて行く!費用全額負担で大阪桐蔭後輩手助け「西谷監督からも頼む、と」”. 東京中日スポーツ ドラニュース (2019年12月15日). 2021年5月23日閲覧。
  28. ^ 中日根尾2・1全開キャンプイン LAトレで体作る”. 日刊スポーツ (2019年12月31日). 2021年3月25日閲覧。
  29. ^ 中日1位石川昂弥2軍スタート、2年目根尾は1軍…春季キャンプ振り分け発表”. 東京中日スポーツ ドラニュース (2020年1月19日). 2021年5月23日閲覧。
  30. ^ 高卒2年目“ドラ1組”は開幕2軍スタート 小園、藤原、根尾、吉田輝の巻き返しに期待”. Full-Count (2020年6月18日). 2021年3月25日閲覧。
  31. ^ a b 中日・根尾、プロ初スタメンも3打数無安打…八回に代打送られる” (日本語). サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 (2020年8月4日). 2021年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  32. ^ 中日根尾ついにプロ初安打 17打席目に右前打”. 日刊スポーツ (2020年8月11日). 2021年3月25日閲覧。
  33. ^ 中日根尾200万円減「盗み吸収」大島の下飛躍誓う”. 日刊スポーツ (2020年12月3日). 2021年3月25日閲覧。
  34. ^ 【中日】開幕スタメン 根尾昂は「8番・左翼」 先発投手は9年目の福谷浩司が初の大役”. 中日スポーツ (2021年3月26日). 2021年4月1日閲覧。
  35. ^ a b 中日根尾がプロ初打点「甘いボールを一発で仕留め」” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年3月31日). 2021年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  36. ^ a b 2021年5月4日(火) バンテリンドーム 【JERA セ・リーグ公式戦】 中日ドラゴンズ vs 横浜DeNAベイスターズ 8回戦” (日本語). NPB.jp. 日本野球機構. 2021年5月4日閲覧。
  37. ^ 中日・根尾、ついに出たプロ初本塁打は満塁弾! 本拠地右中間スタンドへ125メートル一撃”. 東京中日スポーツ (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  38. ^ 中日・根尾 プロ初本塁打が満塁弾!球団日本人選手では杉下茂以来71年ぶりの快挙”. スポニチアネックス (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  39. ^ 【中日】根尾昂が試合中に投球練習 投手陣使い切り二刀流デビュー目前から執念サヨナラ勝ち”. 日刊スポーツ (2022年4月2日). 2022年4月3日閲覧。
  40. ^ “中日・根尾が甲子園での二軍戦で二刀流 遊撃→投手→遊撃…149キロで江越斬り”. ベースボールキング. (2022年5月8日). https://baseballking.jp/ns/322887 2022年5月9日閲覧。 
  41. ^ 【中日】ついに二刀流解禁!根尾昂が1軍で投手デビュー「4番・ピッチャー根尾」にマツダ沸く”. 中日スポーツ (2022年5月21日). 2022年5月21日閲覧。
  42. ^ “【中日】根尾昂が投手転向へ「能力が生きる。本人もやってみたいと」立浪監督 今季二刀流も来季は専念”. 日刊スポーツ. (2022年6月14日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202206130000986_m.html 2022年6月14日閲覧。 
  43. ^ 中日・根尾、リーグ戦再開から『投手登録』に変更 立浪監督「投手の方が能力生きる」「将来的には先発」”. 中日スポーツ (2022年6月14日). 2022年6月14日閲覧。
  44. ^ 投手・根尾、本拠地デビューで岡本和真を三振斬り! 最速151キロにスタンド騒然” (日本語). Full-Count (2022年6月19日). 2022年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月19日閲覧。
  45. ^ 投手転向の中日・根尾昂 正式に外野手から投手へ登録変更される NPBが発表” (日本語). 日テレNEWS. 日本テレビ放送網株式会社 (2022年6月21日). 2022年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  46. ^ U―23NPB選抜メンバー発表 中日・根尾、日本ハム・清宮ら選出 8月1日のプロ・アマ記念試合” (日本語). スポニチアネックス. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2022年7月4日). 2022年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  47. ^ 大阪桐蔭・根尾昂は野球の常識の外。片手捕球、ジャンプスロー、スキー。”. Number Web (2017年4月5日). 2021年5月23日閲覧。
  48. ^ 高校野球「日米スカウト」が推す逸材は小園海斗に藤原恭大…”. Smart FLASH (2018年8月9日). 2021年5月23日閲覧。
  49. ^ a b 「野球、がんばります」  根尾昂が父に出した覚悟の手紙”. スポーツナビ (2018年10月30日). 2021年5月23日閲覧。
  50. ^ 根尾昂、プロでも見られない…三塁到達タイムは破格の「11.07秒」”. AERA dot. (2018年8月29日). 2021年5月23日閲覧。
  51. ^ 中日・根尾が投手に挑戦 過去に成功した“転向組”は遠山、萩原、嘉勢ら”. デイリースポーツ online (2022年6月15日). 2022年6月15日閲覧。
  52. ^ 【中日】根尾昂、登録変更後初のマウンド 最速152キロでヤクルト塩見を空振り三振に斬る” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年6月22日). 2022年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  53. ^ https://www.hb-nippon.com/player/11495
  54. ^ https://www.chunichi.co.jp/article/492794
  55. ^ 中日 根尾がフォーク初披露 最速150キロ1イニング無失点 次も「抑えられるよう頑張ります」”. 中日新聞 (2022年5月30日). 2022年6月23日閲覧。
  56. ^ 【ドデスカ!2/24放送】立浪監督が発案!根尾昂・石川昂弥がピッチングを披露!! 根尾は144キロをマーク 【ドラゴンズ沖縄キャンプ】”. メ~テレ (2022年2月24日). 2022年6月23日閲覧。
  57. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部 (2018年10月26日). “根尾 文武両道の秘密は読書 父から毎月届く20冊「気になるタイトルは読みあさる」”. スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/26/kiji/20181026s00001173024000c.html 2018年10月27日閲覧。 
  58. ^ “ドラ1候補、大阪桐蔭・根尾選手は見事すぎる優等生 西谷監督もベタ褒め「遠征帰りのバスで寝ているとホッとするくらい」 甲子園”. zakzak. (2018年8月21日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180821/spo1808210007-n1.html 2018年10月27日閲覧。 
  59. ^ 編集部コラム「他競技で活躍する陸上競技経験者」”. 月刊陸上競技 (2019年8月23日). 2021年5月23日閲覧。
  60. ^ 2011全国小学生陸上大会5年男100m”. YouTube (2011年8月30日). 2021年5月23日閲覧。
  61. ^ 【中日】名スキーヤー根尾も寒さは苦手「得意じゃないので厚着でしのぐ」”. スポーツ報知 (2019年1月10日). 2019年1月14日閲覧。
  62. ^ いってきます 東海テレビ”. 東海テレビ放送. 2022年6月28日閲覧。
  63. ^ 地元舞台で縁…中日・根尾が人生初のナレーターに「古川の力になれて光栄」元日放送ドラマ『いってきます』”. 東海テレビ放送. 2022年6月28日閲覧。
  64. ^ a b 2019年9月29日 【公式戦】 試合結果 (阪神vs中日)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  65. ^ 中日・根尾をプロ初安打に導いたドリカムの「大阪LOVER」” (日本語). 東京スポーツ. 東京スポーツ新聞社 (2020年8月12日). 2022年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  66. ^ 2020年8月11日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs中日)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  67. ^ 2021年3月31日 【公式戦】 試合結果 (中日vs読売) | NPB.jp 日本野球機構” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  68. ^ “中日・根尾、ついに出たプロ初本塁打は満塁弾! 本拠地右中間スタンドへ125メートル一撃”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2021年5月4日). オリジナルの2021年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210504063146/https://www.chunichi.co.jp/article/248113 2021年5月4日閲覧。 
  69. ^ “【中日】根尾昂が1軍でプロ初登板、1安打無失点に大きな拍手 打席にも立ち「二刀流」デビュー”. 日刊スポーツ. (2022年5月21日). オリジナルの2022年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220521095010/https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205210000685.html 2022年5月21日閲覧。 
  70. ^ 2022年5月21日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs中日)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  71. ^ “中日根尾昂が初奪三振「まだまだ初心者 レベルアップしたい」 打席は「先発になった時へ いい経験」”. 中日スポーツ. (2022年6月19日). オリジナルの2022年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220619090042/https://www.chunichi.co.jp/article/492389 2022年6月19日閲覧。 
  72. ^ 2022年6月19日 【公式戦】 試合結果 (中日vs読売)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  73. ^ “中日・根尾昂がプロ初ホールド 初の『リード場面』登板で見事な火消し チームは阪神に競り勝つ:中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp)”. 中日スポーツ. (2022年7月1日). オリジナルの2022年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220701123049/https://www.chunichi.co.jp/article/500022 2022年7月1日閲覧。 
  74. ^ 2022年7月1日 【公式戦】 試合結果 (中日vs阪神)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  75. ^ “中日・根尾 プロ初本塁打が満塁弾!球団日本人選手では杉下茂以来71年ぶりの快挙”. スポーツニッポン. (2021年5月4日). オリジナルの2021年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210512172950/https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/04/kiji/20210504s00001173394000c.html 2021年6月13日閲覧。 
  76. ^ 2021年シーズンの記録の回顧(打撃記録)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]