滝野要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝野 要
K.Takino.jpg
2019年6月23日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県飯南郡飯高町(現:松阪市
生年月日 (1996-07-08) 1996年7月8日(26歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手二塁手三塁手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
初出場 2020年10月17日
年俸 730万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
滝野要
人物
職業 YouTuber
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年 -
登録者数 3.69万人
総再生回数 139万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年11月3日時点。
テンプレートを表示

滝野 要(たきの かなめ、1996年7月8日 - )は、三重県飯南郡飯高町(現:松阪市)出身のプロ野球選手外野手内野手)、YouTuber。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

飯高町立宮前小学校(現:松阪市立)2年時に堂山スポーツ少年団でソフトボールを始め、松阪市立飯高東中学校では松阪ボーイズに所属していた[2]

大垣日大高校進学後、2年時にサードのレギュラーを掴むと、2年夏の岐阜県大会では、準決勝で春の甲子園ベスト8の県岐阜商業高校を破った[3]。決勝では4番打者を務め、市立岐阜商業高校も破って[4]第95回全国高等学校野球選手権大会出場を決めた。開幕戦となった有田工業高校戦は古川侑利から2安打2盗塁を決めるも惜敗した[5]。3年夏は4番レフト兼ピッチャーとして2年連続で第96回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の藤代高校戦では、4-10の5回途中からロングリリーフし、ヒット1本無失点に抑える好投を見せると、打っては2安打2打点を記録。チームの打線も徐々に盛り返し、最大8点差あった差を8回に逆転。12-10で勝利した[6]。8点差の逆転は甲子園タイ記録であった[7]。2回戦の三重高校戦では先発を任されるも、失策絡みもあり、2回途中4失点でマウンドを降り、チームも敗れた[8]。甲子園通算3試合、打率.333(12打数4安打)、2打点3盗塁。高校のチームメイトには橋本侑樹がおり、橋本とは大学とプロでもチームメイトになった。

大阪商業大学進学後、1年からレギュラーを掴むと、4度のベストナインに輝き、8季中6度の関西六大学野球リーグ優勝に貢献した。3学年先輩には岡田明丈吉持亮汰、同期には太田光、1学年後輩に橋本侑樹、大西広樹小野寺暖がいる。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、中日ドラゴンズから6位指名を受け、11月7日に契約金3000万円、年俸720万円で仮契約を結んだ[9]。背番号は51

中日時代[編集]

2019年は、春季キャンプを一軍でスタートしたが、2月19日に友永翔太と共に二軍行きとなった[10]。その後、二軍出場を続けていたが4月に負傷するなど怪我が相次ぎ、一軍出場なしに終わった。10月にはみやざきフェニックス・リーグに参加したが、開幕直後に負傷離脱するなど再び怪我に見舞われ、秋季キャンプもリハビリ組として過ごした。

2020年は、10月16日に初めて一軍登録され、同24日の対東京ヤクルトスワローズ戦で初安打を記録した。その際、同時刻に隣の国立競技場で収録されていたの無観客ライブの収録で使用された花火があがり、あたかも初安打を祝福しているようだと話題になった[11]

2021年は、初めて開幕を一軍で迎えた。3月26日の、広島東洋カープとの開幕戦では代打で出場し、安打と初盗塁を記録した[12]。しかし、その後の打撃は低調で、代走守備固めでの起用が中心となった。6月22日に一軍登録を抹消され、この時点で38試合に出場していたが、打率は1割を切りそうになるほどであった[13]。二軍での調整となるが、7月2日の二軍公式戦以降、試合への出場がなくなる。練習への参加情報すらも出なかったため、様々な臆測を呼んだが[14]、下肢のコンディション不良などの体調不良により、自主練習をしている状況であることが球団より説明された[15]

2022年1月に川﨑宗則との合同トレーニングに参加し、「野球の技術や経験はもちろん、周りを明るくするプレーだったり声出しであったり、全部吸収したい」と語った[16]。8月5日に一軍に今季初昇格。7日の岐阜県可児市協賛「可児市デー」[17]の試合前の円陣で、自身が考案した「カニダンス」を披露し、この様子が球団公式YouTubeチャンネルにも投稿されて注目を集めた。途中出場ながら5打数3安打を記録していたものの、新型コロナウイルス陽性判定を受け、11日に登録を抹消された[18]。28日に一軍に復帰したあとにも、カニを模したパーティーメガネをかけて「カニダンス」をチームメイトの前で披露し、盛り上げ役として存在感を示した[18][19][20]。再昇格後は安打を記録できず、9月8日に登録抹消され、一軍では11試合の出場でシーズンを終えた。二軍では27試合の出場で1本塁打、3盗塁、打率.247の成績だった[21]。10月4日、球団より戦力外通告を受けた。同日に取材を受け、プロ入り後の2019年夏頃から自律神経系の病気を患っていたことを初めて公表し、同様の病気に苦しんだ川﨑にも、1月の合同トレーニングの際に相談していたという[22][23]。野球を続ける気持ちを示しつつも、「社会で、心の病気と闘っている人に、もっと勉強して発信していきたい」という理由でYouTubeを始める展望を示し[23]、同日深夜には第1回の動画を配信した[24]

選手としての特徴[編集]

50m5秒9[25]の俊足が武器。

人物[編集]

幼少期より中日ファンで、ナゴヤドームへ何度も足を運んだという[25]

理想の選手に、同じく中日ドラゴンズ所属の大島洋平を挙げている[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 中日 10 8 7 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .286 .375 .286 .661
2021 38 30 29 6 3 0 1 0 5 0 3 0 0 0 1 0 0 4 0 .103 .133 .172 .306
2022 11 10 10 1 3 0 0 0 3 0 1 1 0 0 0 0 0 3 0 .300 .300 .300 .600
通算:3年 59 48 46 9 8 0 1 0 10 0 4 1 0 0 2 0 0 8 0 .174 .208 .217 .426
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 外野
















































2020 中日 - - - 5 4 0 0 0 1.000
2021 7 18 1 0 2 1.000 - - 14 6 0 0 0 1.000
2022 - 2 3 2 0 2 1.000 1 0 0 0 0 ---- 2 0 0 0 0 ----
通算 7 18 1 0 2 1.000 2 3 2 0 2 1.000 1 0 0 0 0 ---- 21 10 0 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 51(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年1月27日閲覧。
  2. ^ 「開幕から1軍目指す」 旧飯高東中出身 滝野選手が中日から6位指名 夕刊三重新聞社 2018年10月26日配信
  3. ^ 大垣日大 5-1 県岐阜商 スポーツブル
  4. ^ 大垣日大 7-4 市岐阜商 スポーツブル
  5. ^ 有田工 対 大垣日大 日刊スポーツ
  6. ^ 藤代 対 大垣日大 日刊スポーツ
  7. ^ 鬼の名将も泣いた!大垣日大の奇跡 甲子園史上最大8点差大逆転 スポニチアネックス 2014年8月13日配信
  8. ^ 大垣日大 対 三重
  9. ^ 中日6位滝野仮契約 契約金3000万年俸720万”. 日刊スポーツ (2018年11月7日). 2022年1月27日閲覧。
  10. ^ 中日 大島と平田が21日から1軍合流へ 滝野と友永が2軍の読谷組に - デイリースポーツ(2019年2月19日)
  11. ^ “中日・滝野プロ初安打を花火が祝福!? 煙と風船飛来で試合2度中断、嵐の無観客ライブだった”. 中日スポーツ. (2020年10月24日). https://www.chunichi.co.jp/article/142875 2020年11月14日閲覧。 
  12. ^ “中日・滝野要外野手 打撃と走塁で一軍定着を目指す/第一歩を踏み出した | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE. (2021年5月4日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20210504-12&rf=kmlp 2021年9月7日閲覧。 
  13. ^ “【中日】滝野要が登録抹消 代わって郡司裕也が今季初登録”. 中日スポーツ. (2021年6月22日). https://www.chunichi.co.jp/article/277224 2021年9月7日閲覧。 
  14. ^ “中日が木下さん追悼試合 ワクチン接種の副反応疑うファンから“消息不明”同僚2選手に心配の声 憶測呼ぶ真相とは”. zakzak. (2021年9月6日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/210906/bas2109060004-n1.html 2021年9月7日閲覧。 
  15. ^ “中日「一部報道にある謹慎・規律違反はありません」谷元、滝野の現状を発表”. デイリースポーツ online. (2021年9月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/09/06/0014656882.shtml 2021年9月7日閲覧。 
  16. ^ “【中日】4年目・滝野要が“ムネリン塾”入門「全部吸収したい」 鹿児島で14日まで川崎宗則の自主トレに参加”. スポーツ報知. (2022年1月5日). https://hochi.news/articles/20220104-OHT1T51147.html?page=1 2022年10月4日閲覧。 
  17. ^ 8月7日(日) 横浜DeNA戦「岐阜県可児市」が、 『祝40周年!! 住みごこち一番・可児市デー』を開催!”. 中日ドラゴンズ (2022年8月1日). 2022年10月4日閲覧。
  18. ^ a b “【中日】大逆転CS進出のキーマン? 〝勝利のカニダンス男〟滝野要の恐るべき度胸”. 東スポWeb. (2022年8月29日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/234081 2022年10月4日閲覧。 
  19. ^ “【写真】カニダンス滝野要に中日ナイン爆笑”. 中日スポーツ. (2022年8月31日). https://www.chunichi.co.jp/article/536413 2022年10月4日閲覧。 
  20. ^ “【中日】“元気印”滝野要が試合前の円陣で新作!?「カニダンス」披露 DeNAに反撃へ気合注入!”. スポーツ報知. (2022年8月31日). https://hochi.news/articles/20220831-OHT1T51142.html?page=1 2022年10月4日閲覧。 
  21. ^ 2022年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年10月4日閲覧。
  22. ^ “【中日】戦力外通告の滝野要、自律神経の病気を患っていた「病気と向き合っての4年間だった」”. 日刊スポーツ. (2022年10月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210040000654.html 2022年10月4日閲覧。 
  23. ^ a b “【中日】自律神経系の病気を告白 戦力外の滝野要 今後はYouTuberも視野に”. スポーツ報知. (2022年10月4日). https://hochi.news/articles/20221004-OHT1T51154.html?page=1 2022年10月4日閲覧。 
  24. ^ “戦力外通告の中日・滝野 “クビ”の日に早速YouTube動画配信「ありのままの今を伝えたい」”. Sponichi Annex. (2022年10月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/04/kiji/20221005s00001173039000c.html 2022年10月5日閲覧。 
  25. ^ a b c 中日6位大商大・滝野「育成でも行くつもりだった」”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2019年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]