福元悠真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福元 悠真
中日ドラゴンズ #23
Yuma FUKUMOTO DRAGONS 23 20220617.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県高市郡明日香村
生年月日 (1999-12-01) 1999年12月1日(22歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2021年 ドラフト6位
初出場 2022年7月7日
年俸 720万円(2022年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福元 悠真(ふくもと ゆうま、1999年12月1日 - )は、奈良県高市郡明日香村出身[1]プロ野球選手外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年時より野球を始める。U-12日本代表にも選ばれ世界大会に出場した。中学時は奈良葛城ボーイズでプレーし、全国大会4強[2]

智辯学園高等学校では高校通算45本塁打[3]。2年春の第88回選抜高等学校野球大会では全試合で4番打者を任される。2回戦の鹿児島実業高校戦では2点本塁打を放つなど活躍し[4]、チームの初優勝に貢献した。2年夏3年春の甲子園にも出場。3年夏は県大会準決勝で天理高校に敗れ、出場はならなかった。1学年上に村上頌樹、同学年に松本竜也がいる。

高校卒業後は大阪商業大学に進学。1年春からベンチ入りするも、1年秋から怪我に悩まされ万全な状態でプレーできない日々が続いた[5]。4年生時には主将を務めるも怪我の状況はなかなか改善せず、ドラフト指名がなければ野球をやめることも考えていたという[3][6]。2学年上に大西広樹小野寺暖、プロでも同チームとなる橋本侑樹がいる。

2021年10月11日に行われたドラフト会議にて、中日ドラゴンズから6巡目で指名を受けた。11月12日、契約金3000万円、年俸720万円で契約した(金額は推定)[5]。背番号は23

中日時代[編集]

2022年は、7月5日に2度目の一軍合流を果たすと[7]、7月7日の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で3番・左翼手としてプロ初出場・初先発出場[8]。同試合の4打席目となる9回表に山﨑康晃からプロ初安打を記録した[9]

選手としての特徴・人物[編集]

豪快なフルスイングから広角に強い打球が撃てる類い稀な長打力が魅力[10][11][12][13]

大学時代は長い間右肩や右足太ももの故障に悩まされ、「(当時は)正直、自分はもうプロは厳しいと思っていました。(指名されない)覚悟もしていたので、当日はドキドキというよりも“早く始まって欲しいけれど来てほしくない”という複雑な気持ちでした。ドラフトの1週間くらい前から、眠れなかったり食欲もなくなったり。会見場も本当は(設定する)予定がなかったんですけれど、急きょ設けられて。ただ、当日までと、当日、あの場で待っている間は苦しかったですね。(ドラフトで)指名されたことは嬉しかったです。でも、指名されて終わりではなくて、むしろここからが本当の戦いだと、逆に気合いが入りました」と語っている[14]。なお、ドラフトで指名されなかった場合は海外留学や経営者を目指すことを考えていたという[15]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 23(2022年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「開幕一軍」と意気込み 中日6位指名の福元”. 奈良新聞. (2021年10月12日). https://www.nara-np.co.jp/news/20211012214106.html 2022年2月18日閲覧。 
  2. ^ 福元悠真(中日ドラゴンズ)- 週刊ベースボールONLINE”. 週刊ベースボールONLINE. 2022年2月13日閲覧。
  3. ^ a b 《ドラフト》「語学留学しようと」野球をやめる覚悟のスラッガーは、なぜ<中日6位>に指名された? スカウトが明かす決断の理由”. Number Web (2021年10月22日). 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ センバツ スコア速報 鹿児島実 対 智弁学園”. 日刊スポーツ (2016年3月25日). 2022年2月13日閲覧。
  5. ^ a b 【中日】6位指名された大商大の福元悠真 出世頭のレギュラー獲りへ第6の男が気合”. 中日スポーツ (2021年11月13日). 2022年2月13日閲覧。
  6. ^ 打棒魅力のドラフト候補、大商大主将・福元悠真にスカウト熱視線「パワーヒッターながら柔軟性も」”. 中日スポーツ (2021年9月23日). 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ 【中日】ドラ6福元悠真が1軍合流 2軍で3本塁打「少ないチャンスをものにしたい」”. 中日スポーツ (2022年7月4日). 2022年7月8日閲覧。
  8. ^ a b 【中日スタメン】ドラ6ルーキー福元悠真が3番左翼 プロ初スタメン初出場で主軸抜てき” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2022年7月7日). 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月7日閲覧。
  9. ^ a b 【中日】初スタメンのルーキー福元、DeNA守護神・山﨑撃ちでプロ初安打!” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2022年7月7日). 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月7日閲覧。
  10. ^ 福元悠真 | 中日ドラゴンズ | 選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2022年7月9日閲覧。
  11. ^ 【中日】6位ルーキー福元悠真フリー打撃で広角に鋭い打球連発:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2022年7月9日閲覧。
  12. ^ 【中日2軍】福元、鵜飼が2者連続本塁打!ともに左翼へ放り込み持ち味の長打力を発揮:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2022年7月9日閲覧。
  13. ^ 《ドラフト》「語学留学しようと」野球をやめる覚悟のスラッガーは、なぜ<中日6位>に指名された? スカウトが明かす決断の理由(沢井史)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年7月9日閲覧。
  14. ^ 《ドラフト》「語学留学しようと」野球をやめる覚悟のスラッガーは、なぜ<中日6位>に指名された? スカウトが明かす決断の理由(沢井史)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年7月9日閲覧。
  15. ^ 《ドラフト》「語学留学しようと」野球をやめる覚悟のスラッガーは、なぜ<中日6位>に指名された? スカウトが明かす決断の理由(沢井史)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年7月9日閲覧。
  16. ^ 中日・ルーキー福元悠真 プロ初打席はセカンドゴロ SNSでは「これからがめちゃくちゃ楽しみね」の声” (日本語). 日テレNEWS(ntv.co.jp). 日本テレビ放送網株式会社 (2022年7月7日). 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]