近藤廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近藤 廉
中日ドラゴンズ #70
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都板橋区
生年月日 (1998-09-22) 1998年9月22日(24歳)
身長
体重
180 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト1位
初出場 2021年5月28日
年俸 510万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

近藤 廉(こんどう れん、1998年9月22日 - )は、東京都板橋区出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。広島東洋カープ投手の高橋昂也は親戚(はとこ)に当たる[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

板橋区立志村第六小学校2年時に蓮根ロータスで野球を始め、板橋区立志村第三中学校時代は志村ボーイズに所属[3]

中学卒業後は豊南高等学校へ進学し、最高成績は3年時春の東京都大会2回戦だった[3]。野球は高校卒業と同時に辞めるつもりであったが、3年時夏の東東京大会初戦で城西大学附属城西高等学校に敗北したことを機に続行を決意し、誘いを受けていた札幌学院大学の練習に参加した結果、環境などが気に入ったため同学の経営学部経営学科へ進学した[4][5]

大学では1年時の春に札幌六大学リーグ二部戦でデビューし、通算3勝9敗の成績を残す。また、トレーニングに励んだ結果、高校時代と比べ体重は73kgから87kgへ、最速は135km/hから148km/hへと大幅にアップした[3]

2020年プロ野球ドラフト会議では、中日ドラゴンズから育成1位指名を受け、11月4日に支度金200万円、年俸300万円で仮契約を結んだ[2]。背番号は202[6]。また、札幌学院大学からドラフト指名された初の選手である[7]

中日時代[編集]

2021年は、春季キャンプより二軍の実戦で無失点投球を続けていることが評価され、シーズン開幕直後である3月30日に支配下選手登録された。背番号は70で、年俸は420万円[8]。5月18日に一軍初昇格し、同月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦で救援として一軍初登板を果たした。先頭打者を出しながらも、1イニングを無失点で抑え、最後の打者を打ち取った球は記念球として福留孝介から直々に手渡された[9]。6月10日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦が2度目の登板となったが、ここでは1イニングで3四球を与えたり、暴投をしたりなど内容が悪く[10]、13日に二軍降格となった[11]

選手としての特徴[編集]

最速148km/hで、1分あたり2700回転するストレートを投げる[3]。その直球はスライダー回転して微妙に変化する「真っスラ」であり、これを武器としている[9]。その他の持ち球はカットボールスライダーカーブフォーク[4]

人物[編集]

目標とする選手は平良海馬リバン・モイネロ[3]

幼少期に初めて観戦したプロ野球の試合で、当時中日に所属していたタイロン・ウッズが特大ホームランを打ったのを見てから中日ファンになった[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 中日 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 10 2.0 1 0 3 0 0 2 1 0 1 1 4.50 2.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 10 2.0 1 0 3 0 0 2 1 0 1 1 4.50 2.00
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2021 中日 2 0 0 0 0 ----
通算 2 0 0 0 0 ----
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録

背番号[編集]

  • 202(2021年 - 同年3月29日)
  • 70(2021年3月30日 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 20212年11月12日閲覧。
  2. ^ a b “中日育成1位近藤廉、大野に「駆け引き学んでみたい」”. 日刊スポーツ. (2020年11月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011040000796.html 2020年12月26日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “プロ注目札幌学院大・近藤「育成でもプロにいく」”. 日刊スポーツ. (2020年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010220000639.html 2020年12月26日閲覧。 
  4. ^ a b “「プロは関係ない世界と思っていた」札幌学院大148キロの無名左腕に6球団から調査書”. Full-Count. (2020年10月14日). https://full-count.jp/2020/10/14/post926979/2/ 2020年12月26日閲覧。 
  5. ^ 〈お知らせ〉2020プロ野球ドラフト会議で本学硬式野球部員が指名されました”. 札幌学院大学公式ホームページ (2020年10月27日). 2020年12月27日閲覧。
  6. ^ “中日が新入団9選手の背番号を発表、1位の高橋宏は『19』、2位の森は『28』、3位の土田は『45』”. 中日スポーツ. (2020年12月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/168493 2020年12月26日閲覧。 
  7. ^ a b “中日育成1位近藤、初観戦のウッズ特大弾で竜党に”. 日刊スポーツ. (2020年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010260001162.html 2020年12月26日閲覧。 
  8. ^ “中日育成1位の近藤廉 支配下契約勝ち取った!2軍では無失点継続中「支配下でも変わらず」背番号は70”. 中日スポーツ. (2021年3月30日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/227409 2021年3月30日閲覧。 
  9. ^ a b 伊東大介 (2021年5月29日). “中日育成1位近藤廉「まっスラ」武器に堂々デビュー、福留の気配り記念球 - プロ野球番記者コラム”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202105290000008.html 2021年9月14日閲覧。 
  10. ^ “【中日】2戦目登板の近藤廉がミスでプロ初失点…2死三塁のピンチに暴投「自分1人でやってしまいました」”. 中日スポーツ. (2021年6月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/270532 2021年9月14日閲覧。 
  11. ^ “【中日】育成出身ルーキー近藤廉が抹消 “真っスラ”武器に支配下登録も交流戦2試合で防御率4.50”. 中日スポーツ. (2021年6月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/271932 2021年9月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]