コンテンツにスキップ

ウンベルト・メヒア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウンベルト・メヒア
Humberto Mejia
中日ドラゴンズ #91
2024年6月1日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 パナマ市
生年月日 (1997-03-03) 1997年3月3日(27歳)
身長
体重
193 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2020年8月7日
NPB / 2023年6月24日
年俸 1億円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム パナマの旗 パナマ
WBC 2023年

ウンベルト・アルベルト・メヒア・ヌニェスHumberto Albert Mejía Nunez[注 1]1997年3月3日 - )は、パナマパナマ市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

[編集]
所属チーム
チーム 階級
2015 MIA FRk
2016 Rk, A-
2018 A-
2019 A, A+
2020 MLB
2020 ARI

プロ入りとマーリンズ時代

[編集]

2013年9月16日にインターナショナル・フリーエージェントマイアミ・マーリンズと契約金5万ドルでプロ入り。

2014年は肩の故障により出場はなかった。

契約から2年後の2015年6月5日にマーリンズ傘下のマイナーチームであるルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・マーリンズ英語版先発しプロデビュー。同シーズン同チームで13試合に先発し、74.2を投げて防御率1.69を記録した。

2016年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズ英語版とA-級バタビア・マックドッグス英語版に2チームに所属。2チーム合計で13試合に登板して防御率2.09を記録した。

2017年は2014年同様、肩の故障により出場はなかった[4]

2018年はA-級バタビアに所属し、15試合に登板して防御率3.30を記録した。

2019年はA級クリントン・ランバーキングス英語版とA+級ジュピター・ハンマーヘッズに2チームに所属。7月と8月は腕に痛みがあったため、3登板のみに留まった。シーズン成績は2チーム合計で18試合に登板、防御率2.09を記録した。シーズンオフにルール・ファイブ・ドラフトから保護するため、メヒアを40人枠に追加した[5]

2020年、7月の開幕はロジャー・ディーン・スタジアムを本拠地とするAlternate Training Siteに配属された。8月7日にアクティブ・ロースターに昇格。チームは当初、メヒアを2022年にメジャーデビューさせる見込みであったが、COVID-19の影響により予定を繰り上げての昇格となった[6]。同日に行われたメッツ戦で先発し、メジャーデビュー。この試合では2.1回を投げ6奪三振1失点であった[7]

ダイヤモンドバックス時代

[編集]
マイアミ・マーリンズ時代
(2020年8月23日 ナショナルズ・パーク

2020年8月31日にスターリング・マルテとのトレードで、ケイレブ・スミス後日発表選手[注 2]と共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[9]

2021年は5試合に先発登板したが勝ち星を挙げることはできず、0勝3敗、防御率7.25に終わった[10]

2022年4月7日にDFAとなり[10]、10日にマイナー契約を結んで残留した[10]。AAA級リノ・エーシズで9試合に登板後の5月23日に自由契約となった[10]

メキシカンリーグ時代

[編集]

2022年6月5日にリーガ・メヒカーナ・デ・ベイスボルオアハカ・ウォーリアーズと契約した[10]。3試合に先発登板したが、0勝2敗、防御率7.71に終わり、6月24日に自由契約となった[10]。6月26日に同リーグのグアダラハラ・マリアッチスと契約した[10]。8月1日に同リーグのティフアナ・ブルズと契約した[11]

メッツ傘下時代

[編集]

2023年1月12日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。また、シーズン開幕前の3月に開催された第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)パナマ代表として出場した[12]

中日時代

[編集]

2023年5月24日、NPB中日ドラゴンズと契約を結んだことが発表された[13]。背番号は91。単年契約で年俸は5000万円[14]。6月24日のヤクルト戦(バンテリンドーム ナゴヤ)でNPB初登板を果たし[15]、3度目の先発登板となった7月8日の広島戦(同)でNPB初勝利を挙げた[16]。しかし8月2日の阪神戦(同)の先発で3回を投げ終えた直後に緊急降板し、翌日名古屋市内の病院で右大胸筋損傷の診断を受け、出場登録を抹消された[17]。約1か月半後の9月20日のヤクルト戦(神宮球場)で一軍復帰し[18]、最終的にシーズン通算で8試合に先発し、3勝1敗、防御率2.23を記録した[19]

選手としての特徴・人物

[編集]

マーリンズ時代は傘下内で最もコントロールが良い投手とされており、落差のある70mph台のカーブと、常時90-93mph、最速95mphの速球を主な球種としている。その他スライダーチェンジアップも使用する[20]

愛称の「チュン」は幼少期に相撲好きの祖父からつけられた[21]。ドミニカ共和国でチュンと呼ばれる力士がいたのと、幼少期のメヒアが少し太っていたことが由来だという[21]

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2020 MIA 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 49 10.0 13 3 6 0 1 11 0 0 8 6 5.40 1.90
2021 ARI 5 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 105 22.1 32 5 9 1 0 20 0 0 19 18 7.25 1.84
2023 中日 8 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 179 44.1 31 3 18 0 2 20 1 0 11 11 2.23 1.11
MLB:2年 8 8 0 0 0 0 5 0 0 .000 154 32.1 45 8 15 1 1 31 0 0 27 24 6.68 1.86
NPB:1年 8 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 179 44.1 31 3 18 0 2 20 1 0 11 11 2.23 1.11
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手(P)












2020 MIA 3 0 0 0 0 ----
2021 ARI 5 1 0 0 0 1.000
MLB 8 1 0 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録

[編集]

NPB

[編集]
初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2023年6月24日、対東京ヤクルトスワローズ10回戦(バンテリンドーム ナゴヤ)、2回裏に小川泰弘から二ゴロ
  • 初安打・初打点:2023年8月2日、対阪神タイガース17回戦(バンテリンドーム ナゴヤ)、2回裏に秋山拓巳から左越適時二塁打

背番号

[編集]
  • 77(2020年)
  • 62(2021年)
  • 91(2023年6月2日 - )

代表歴

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ スペイン語発音: [ũm.ˈbɛɾ.to me.ˈxi.a][2]英語発音:\oom-BAIR-toh meh-HEE-uh\, 英語発音: /ˌumˈbɛrˌtoʊ mɛˈhiə/[3]
  2. ^ 2020年9月19日にフリオ・フリアスと発表されている[8]

出典

[編集]
  1. ^ 【中日】2024年 年俸一覧」『スポーツ報知』。2024年2月25日閲覧
  2. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ Kevin Kraczkowski (2019年5月21日). “Miami Marlins Depth:Jordan Yamamoto & Humberto Mejia Untouchable”. Marlins Maniac. SB Nation. 2019年11月21日閲覧。
  5. ^ Wells Dusenbury (2019年11月21日). “Marlins cut ties with Wei-Yin Chen; add six prospects to 40-man roster”. Sun-Sentinel. 2019年11月21日閲覧。
  6. ^ Humberto Mejia, RP, Miami Marlins, MLB Baseball”. cbssports.com. CBSスポーツ (2020年8月7日). 2020年8月8日閲覧。
  7. ^ Jordan McPherson (2020年8月7日). “Behind Mejia’s debut, first-place Marlins keep rolling with series-opening win over Mets”. miamiherald.com. マイアミ・ヘラルド. 2020年8月8日閲覧。
  8. ^ D-backs acquire Julio Frias from Marlins to complete trade” (英語). MLB.com (2020年9月19日). 2020年9月20日閲覧。
  9. ^ Marlins Acquire Starling Marte For Caleb Smith, Humberto Mejia” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月31日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g MLB公式プロフィール参照。2023年5月21日閲覧。
  11. ^ AGREGA TOROS PITCHEO EN ÚLTIMO DÍA”. Toros de Tijuana (2022年8月1日). 2023年5月21日閲覧。
  12. ^ World Baseball Classic Rosters / Panama Roster & Staff”. MLB.com. 2023年5月21日閲覧。
  13. ^ 中日がウンベルト・メヒア投手の獲得を発表 WBCパナマ代表の193センチ大型右腕「勝利に貢献できるよう頑張ります」」中日スポーツWeb、2023年5月24日。2023年5月24日閲覧
  14. ^ 【中日】新外国人ウンベルト・メヒア獲得発表 WBCパナマ代表の右腕に加藤代表「強いボールを投げる人が欲しかった」」スポーツ報知、2023年5月24日。2023年6月24日閲覧
  15. ^ a b 【中日】新外国人メヒア4回1失点デビュー 制球に苦しみながら要所で粘る」『日刊スポーツ』2023年6月24日。2023年6月24日閲覧
  16. ^ a b 【中日】初登板から“3度目の正直”でメヒアが来日初勝利&3か月ぶり4番復帰のビシエドが決勝打」『スポーツ報知』2023年7月8日。2023年7月8日閲覧
  17. ^ 中日、メヒアの登録を抹消 2日阪神戦で3イニング緊急降板、右大胸筋損傷と診断」中日スポーツ、2023年8月3日。2024年3月18日閲覧
  18. ^ 復帰登板のメヒア「5回まで投げれて点差を守れた」気にした左脚は「大丈夫」【中日】」中日スポーツ、2023年9月20日。2024年3月18日閲覧
  19. ^ 中日・カリステら3選手が残留へ 外国人去就、アキーノらは退団」『中日新聞Web』2023年10月3日。2024年2月25日閲覧
  20. ^ Humberto Mejia Statcast Visuals & Advanced Metrics”. baseballsavant.mlb.com. MLB.com (2020年8月8日). 2020年8月8日閲覧。
  21. ^ a b 来日初白星の中日・メヒアは名古屋場所に興味津々「見に行きたいね」 愛称「チュン」は相撲由来?」『スポニチ Sponichi Annex』2023年7月9日。2023年7月26日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]