三好大倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三好 大倫
中日ドラゴンズ #30
Hironori MIYOSHI DRAGONS 30 20220817.jpg
中日ドラゴンズでの三好
(2022年8月17日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県大川郡白鳥町(現・東かがわ市
生年月日 (1997-09-28) 1997年9月28日(25歳)
身長
体重
179 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2020年 ドラフト6位
初出場 2022年3月30日
年俸 740万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三好 大倫(みよし ひろのり、1997年9月28日 - )は、香川県大川郡白鳥町(現・東かがわ市)出身[2]プロ野球選手外野手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。兄はJR四国に所属する社会人野球選手の三好大輝[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東かがわ市立白鳥小学校2年時に「白鳥ジュニアファイターズ」で野球を始め、東かがわ市立白鳥中学校時代までは軟式野球をプレーする[4]

香川県立三本松高等学校へ進学すると、投げては最速144km/h、打っては高校通算26本塁打を記録し、二刀流の投手としてプロから注目される[5]。しかし、甲子園出場は無かった[4]

JFE西日本時代
(2020年10月4日、東広島アクアスタジアムにて)

高校卒業後はJFEスチールに入社し、同社の社会人野球チームであるJFE西日本でプレーをする。入社3年目まで投手としてプレーし、4年目からは外野手に転向した[6]。また、チームで共にプレーした後輩に河野竜生がいる。

2020年プロ野球ドラフト会議では、入社5年目にして中日ドラゴンズから6位指名を受け、11月20日に契約金3500万円、年俸840万円で仮契約を結んだ[7]。背番号は30[8]。担当スカウトは野本圭[6]

中日時代[編集]

2021年の春季キャンプでは、ルーキーの中で唯一、一軍キャンプメンバーに抜擢された[9]。フレッシュオールスターに選出された際には、「目立ってなんぼ、ホームラン打ちたい!」とコメントした[10]。一軍出場は無かった。

2022年は開幕は二軍で迎えたが、3月29日に初めて一軍に昇格し[11]、翌日の試合途中に守備で初出場を果たした。6月19日の対読売ジャイアンツ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)では、「2番・右翼」でプロ初のスタメン出場を果たし、6回裏にはマット・シューメーカーからプロ初安打となる右翼フェンス直撃の二塁打を放った[12]。8月20日の対東京ヤクルトスワローズ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)では、原樹理から右翼席へソロ本塁打を放ち、プロ初打点及び初本塁打を記録した[13]

選手としての特徴[編集]

50メートル5秒8の俊足と遠投110メートルの強肩、積極的な打撃が持ち味[6][14]

人物[編集]

目標とする選手は大島洋平[15]

趣味は読書で、好物は豚骨ラーメン。好きな有名人はゆきぽよ[4]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30(2021年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ “三好、走攻守そろう プロ野球ドラフト”. 四国新聞. (2020年10月27日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20201027000133 2020年12月14日閲覧。 
  3. ^ “中日6位・三好大倫(JFE西日本・外野手) 野球人生の危機を脱したコンバート”. 週刊ベースボールONLINE. (2020年12月8日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=055-20201214-01&from=amp_column 2020年12月20日閲覧。 
  4. ^ a b c “「落合さんの著書に学びました」中日6位指名のJFE西日本・三好大倫外野手、趣味は読書「新人王取りたい」”. 中日スポーツ. (2020年10月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/143849 2020年12月14日閲覧。 
  5. ^ “三本松・三好 香川にもいた“二刀流””. デイリースポーツ. (2015年7月2日). https://www.daily.co.jp/baseball/2015/07/02/0008172355.shtml 2020年12月14日閲覧。 
  6. ^ a b c “中日6位・三好大倫に野本スカウトも太鼓判「クリーンアップの後も打てる」野手転向2年目の即戦力候補”. 中日スポーツ. (2020年11月9日). https://www.chunichi.co.jp/article/151335 2020年12月14日閲覧。 
  7. ^ “中日ドラフト6位三好大倫 契約金3500万円、年俸840万円 走攻守そろった即戦力候補「新人王」が目標”. 中日スポーツ. (2020年11月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/157671 2020年12月14日閲覧。 
  8. ^ “中日が新入団9選手の背番号を発表、1位の高橋宏は『19』、2位の森は『28』、3位の土田は『45』”. 中日スポーツ. (2020年12月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/168493 2020年12月14日閲覧。 
  9. ^ “【中日】ドラフト6位・三好が1軍キャンプに大抜擢 与田監督が高評価 福留は2軍スタート”. 中日スポーツ. (2021年1月14日). https://www.chunichi.co.jp/article/185426 2021年2月21日閲覧。 
  10. ^ 中日6位三好大倫「目立ってなんぼ ホームラン打ちたい!」フレッシュオールスターへ意気込む” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年7月14日). 2021年7月14日閲覧。
  11. ^ 【中日】プロ初1軍昇格の三好大倫「自分のやれることを、しっかりやりたい」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2022年3月29日). 2022年6月22日閲覧。
  12. ^ 【中日】三好大倫プロ初安打「ようやくスタートラインにつけた」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2022年6月20日). 2022年8月20日閲覧。
  13. ^ 【中日】三好大倫がプロ初本塁打!ヤクルト・原の変化球とらえ右翼席へ「素直にうれしいです」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2022年8月20日). 2022年8月20日閲覧。
  14. ^ “中日ドラフト6位・三好 即戦力の自覚「一番の持ち味は積極的なスイング」”. 中日スポーツ. (2020年12月12日). https://www.chunichi.co.jp/article/168941 2020年12月14日閲覧。 
  15. ^ “【中日】ドラ6三好大倫が仮契約 昨年投手から転向したばかりの天才打者 即戦力の期待に「新人王を取れるように」”. スポーツ報知. (2020年11月20日). https://hochi.news/articles/20201120-OHT1T50133.html?page=1 2020年12月14日閲覧。 
  16. ^ “【中日】三好大倫「2番・右翼」でプロ初スタメン!郡司が「「3番・左翼」巨人に3連勝なるか”. 中日スポーツ. (2022年6月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/492281 2022年6月19日閲覧。 
  17. ^ “【中日】三好大倫のプロ初安打は右翼フェンス直撃の二塁打!初スタメン起用に見事に応える”. 中日スポーツ. (2022年6月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/492341 2022年6月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]