後藤駿太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後藤 駿太
中日ドラゴンズ #00
Shunta GOTO DRAGONS 00 20220729.jpg
2022年7月29日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県渋川市
生年月日 (1993-03-05) 1993年3月5日(29歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月12日
年俸 2100万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

後藤 駿太(ごとう しゅんた、1993年3月5日 - )は、群馬県渋川市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。プロ入りした2011年から2017年まで、名前の「駿太」を登録名に用いていた。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

渋川市立豊秋小学校1年時に、豊秋ジュニアホークスで野球を始める。渋川市立渋川中学校3年時には、エースとして、チームを群馬県大会3位に導いた。

前橋商業高等学校への入学を機に外野手へ転向。1年時の秋から1番打者を務めると2年時には第81回選抜高等学校野球大会へ出場(結果は初戦敗退)。3年夏の全国高等学校野球選手権群馬大会では、4割を超える打率でチームを牽引した末に本大会へ出場した。高校通算18本塁打。走攻守三拍子そろったプレースタイルから[2]、「上州のイチロー」[3]、「群馬のイチロー」[4]の異名をとった。

2010年10月28日に行われたドラフト会議では、オリックス・バファローズから1巡目指名を受けた。同球団は、この会議の1巡目で、大石達也伊志嶺翔大山田哲人を相次いで指名したが、いずれも他球団との指名重複による抽選で独占交渉権を逃していた[5]NPBドラフト会議の1巡目指名において、独占交渉権が確定するまでに3度の抽選漏れを経た球団は、この時のオリックスが初めてであった。後藤自身は、上記の経緯による単独指名の後に、「1位指名は信じられなかった。とにかく嬉しい」「オリックスは本当にプレーしたかった球団」とコメントした[6]。交渉の末に、契約金7500万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は8。なお、入団時点で同姓の後藤光尊もオリックスに在籍していたことから、入団を機に名前の「駿太」を登録名に使用した。

オリックス時代[編集]

2011年は、春季キャンプ中に頭角を現すと、高卒の新人野手では球団史上初の開幕一軍登録を勝ち取った。4月12日に、福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(京セラドーム大阪)で「9番・右翼手」としてスタメンで一軍デビュー[7]。NPBの高卒新人外野手では、1959年の張本勲東映フライヤーズ)以来52年ぶりの快挙であった[7]。4月20日の対北海道日本ハムファイターズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、プロ入り後初めて2番打者でスタメンに起用されると、この試合で一軍初安打・初打点を記録[8]。しかし、開幕戦から出場15試合で打率が.074と低迷したことから、5月9日にプロ入り後初めて登録を抹消[9]。抹消後は、ウエスタン・リーグ公式戦で1番打者としての経験を積む[10]かたわら、7月21日のフレッシュオールスターゲーム富山アルペンスタジアム)で優秀選手賞を受賞した[11]。9月16日から一軍に復帰した[9]が、一軍公式戦では、30試合の出場で打率.100に終わった。

2012年は、2年連続で開幕一軍登録を果たすと、3月30日にはソフトバンクとの開幕戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)に「9番・右翼手」としてスタメンで出場[12][13]。高校から直接NPBの球団に入った野手が2年連続で一軍の開幕戦にスタメンで出場した事例は、1961年の矢ノ浦国満内野手近鉄バファローズ)以来51年ぶり、外野手では1960年の張本以来52年ぶりであった[14]。しかし、一軍公式戦全体では、32試合の出場で打率.132と、前年とほぼ同等の成績にとどまった。

2013年は、入団3年目ながら、オリックス選手会の会計に就任[15]。公式戦では、入団以来3年連続の開幕一軍登録[16]を果たしたものの、初めて開幕戦のスタメンを外れた。それでも、シーズンを通じて一軍に帯同するとともに、一軍公式戦117試合に出場。6月30日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で一軍初本塁打を放つ[17]と、7月2日の対埼玉西武ライオンズ戦(いずれも京セラドーム大阪)で2試合連続本塁打を記録する[18]など、打率.199ながら3本塁打、12打点という成績を残した。

2014年は、4年続けて開幕を一軍で迎える[19]と、一軍公式戦127試合に出場。規定未到達ながら自己最高の打率.280、5本塁打、30打点を記録するとともに、走攻守にわたる活躍で、6年ぶりのクライマックスシリーズ進出に貢献した。6月11日の対横浜DeNAベイスターズ戦(京セラドーム)では、8回裏一死満塁で代打・竹原直隆の代打として起用されると、シーズン初本塁打を「人生初」という満塁本塁打で飾った[20]。オリックスの選手による代打満塁本塁打は、2010年T-岡田以来4年ぶり。代打の代打による満塁本塁打は、NPB史上9本目、パシフィック・リーグ史上4本目の快挙であった[21][22]

2015年は、春季キャンプ中から体調不良や打撃不振に見舞われながらも、3年ぶりに開幕戦でスタメンに起用。4月8日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)では、プロ入り後初のサヨナラ安打を放つことによって、チームの連敗を4で止めた[23]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦での出場試合(135)、盗塁(8)、打点(31)、犠打(25)で自己最多を記録。その一方で、打率(.234)と本塁打(2本)が前年を下回ったほか、スタメンでの出場は81試合に留まった[24]

2016年は、6年連続で開幕一軍入りを果たした。打率が1割台に低迷していた5月下旬からは、現役選手時代に右打者からスイッチヒッターへの転向経験を持つ高橋慶彦一軍打撃コーチの勧めで、右打ちの練習にも取り組んだ[25]。一軍公式戦全体では105試合に出場。試合では従来どおり左打席へ立ち続けたが、打率.192、0本塁打、9打点に終わった。

2017年は、「今年(春季キャンプから)一番成長した選手」という一軍監督・福良淳一からの評価[26]を背景に、7年連続でレギュラーシーズンを一軍でスタート。5月には、延長戦にまでもつれ込んだ5月7日の日本ハム戦と5月31日の対東京ヤクルトスワローズ戦(いずれも京セラドーム)でサヨナラ安打を放って、赤間謙(7日)・小林慶祐(31日)を一軍公式戦での初勝利に導いた[27][28]。さらに、「1番・右翼手」としてスタメンに起用された6月4日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)では、レギュラーシーズンとしては自身初の先頭打者本塁打を放った[29][30]。一軍公式戦全体では、129試合の出場で、打率.240、2本塁打、27打点、4盗塁を記録。シーズン終了後の12月19日には、翌2018年シーズンから、登録名を本名の「後藤駿太」へ変更することを明らかにした[31]詳細後述)。

2018年は、春季キャンプ中にインフルエンザB型に感染した影響で出遅れたことに加えて、その間に内野手から中堅手へ転向した宗佑磨オープン戦で活躍したため、プロ入り後初めて公式戦の開幕を二軍で迎えた。開幕後に一軍の正中堅手へ定着した宗が、5月中旬に戦線を離脱した[32]ことに伴って、5月18日にシーズン初の出場選手登録[33]。しかし、一軍公式戦への出場はわずか33試合で、7年ぶりに本塁打を放てないままシーズンを終えた。

2019年は、レギュラーシーズンを2年ぶりに一軍でスタート。開幕当初の右翼守備では、塁上に走者がいる状況でゴロを捕球すると、ノーバウンド送球による補殺でチームのピンチを何度も阻止した[34]。打撃面でも、4月13日の対西武戦で、一軍公式戦としては2年ぶり2度目の1試合4安打を記録[35]。6月28日の同カード(いずれもメットライフドーム)では、9回裏の打席で一軍公式戦2年ぶりの本塁打を放った[36]。一軍公式戦への出場は通算91試合と前年を上回ったが、実際には試合途中からの起用が多く[37]、通算打率は.224にとどまった。

2020年は、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期され、120試合制の短縮シーズンとなった。6月19日の楽天との開幕戦では、9番・中堅手で3年ぶりの開幕スタメン入りを果たした[38]。開幕からの19試合中18試合でスタメン起用されたが、打撃で全く結果を残せず7月16日に登録抹消。その後は一軍に再昇格することなく二軍でシーズンを終え、打率.120、OPS.361、キャリアワーストとなる23試合の出場に留まった。オフは減額制限いっぱいの700万円減となる推定年俸2100万円で契約を更改をした[39]

2021年は、開幕を二軍で迎えるも5月14日に一軍登録。ライトのレギュラー杉本裕太郎やこの年内野から中堅手に転向したばかりの福田周平への守備固めを中心に代走守備要員として起用された。8月23日に登録を抹消されたが、9月4日に一軍再昇格を果たすと同日の対ソフトバンク戦、死球を受け大事を取ってベンチに退いた福田に代わり途中出場。6回表の第1打席で2019年6月28日以来となる本塁打を放った[40]。しかし腰の張りで9月7日に再び登録抹消となった[41]。この年、チームは優勝し、日本シリーズに進出したが、出場はなかった。オフに、同年に取得した国内FA権[42]を行使せずに残留し、現状維持となる推定年俸2100万円で契約を更改した[43]

2022年は、3月25日の西武との開幕戦(ベルーナドーム)で6番・右翼手として先発出場[44]。4月6日のソフトバンク戦(福岡PayPayドーム)では、同点で迎えた延長10回表二死二塁の場面で決勝適時打を放ち、ソフトバンクの開幕8連勝を止める活躍を見せた[45][注 1]。だが、5月22日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で途中出場[47]した後は一軍出場がなく[48]、5月30日に出場選手登録を抹消された[49]

中日時代[編集]

2022年7月8日、石岡諒太とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍することが発表された[48][50]。翌日に入団会見が行われ、背番号は00となった[51] [52]

7月17日に移籍後初一軍昇格すると、その当日の阪神戦で6番・中堅手として先発出場 [53]。その後は代打や終盤の守備固めの起用が続いたが、8月12日に古巣・京セラドーム大阪での阪神戦で大島洋平新型コロナウイルス感染による穴埋めとして2番・中堅手として先発出場すると [54]、この3連戦で3試合連続安打をあげ、最終日の8月14日では5回表一死一、三塁の場面で移籍後初打点となる2点適時二塁打を放ち、お立ち台に立った [55]

選手としての特徴[編集]

2011年8月25日
阪神鳴尾浜球場にて

50メートル走6秒0の俊足と遠投120メートルの強肩で、投手としても最速147km/hを記録したこともある身体能力の高さが特徴[56]。オリックス入団後の2015年5月19日のソフトバンク戦(北九州市民球場)では、7回表二死の打席で五十嵐亮太から三振を喫しながら、五十嵐の暴投に乗じて一気に三塁へ進んだ(記録は振り逃げ[57]

特に強肩と広い守備範囲を生かした外野守備の評価が高く、守備では1歩目を早く切ることを心がけているという[58][59]

人物[編集]

オリックス時代[編集]

登録名[編集]

オリックスでは2017年シーズンまで「駿太」という登録名を使い続けていたが、入団の際に、「いつかは(苗字の)GOTOHを背中に綴ったユニフォームを着たい」という希望を出していた[60]。同年12月19日には、同月16日に一般女性との結婚式を挙げたことや、この女性が既に第1子を出産したことを公表。さらに、翌2018年から登録名を後藤駿太(ユニフォームやスコアボード上の表記は苗字の後藤)へ変更することを明らかにした。前述した事情を背景に、「これからは後藤家を背負って頑張る」という意識が芽生えたことから、本名での登録に踏み切ったという[31]。ただし、以下のように、2017年以前にも登録名を本名(後藤駿太)に変えることを検討したことがある。

  • 2013年12月に後藤光尊が鉄平との交換トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍したことを機に、オリックスに在籍する後藤姓の選手は駿太だけになった(光尊は2019年シーズンから二軍内野守備走塁コーチとしてオリックスに復帰)。駿太自身は、上記のトレードが発表された直後に開かれたファンとの交流イベントで、「来年(2014年)は(登録名を)駿太で通すが、(オリックスでは)1度もユニフォームに苗字(GOTOH)を背負ったことがないので、来年に結果を残せたら(登録名の変更を)考える」と公言した[60]。ただし、実際には登録名の変更を見送っている。
  • 2015年の秋季キャンプ中には、「(一軍での外野のレギュラー確保に向けて)もっと頑張らないといけないので、(原点に回帰する意味で)登録名を(本名の)後藤にしようか迷っている」という表現で、翌2016年から登録名を変更することを示唆[61]。家族を通じた姓名判断で「(後藤駿太という)フルネームが良い」という結果が出たことから、ユニフォームや球場でのアナウンスに駿太の名を残す代わりに、登録名だけを後藤駿太に変えることも考えていた。しかし、同年の12月末に、「ファンの皆さんの期待に応えられるようになってから、登録名の変更を考えたい」というコメントを出した。自身で熟考したところ、「駿太のグッズを買ってくれた人もいる。駿太を応援してきてくれた人の期待に応えられるだけの結果を、自分はまだ出していない」という結論に至ったことによる[62]

ぐんま観光特使[編集]

オリックス入団後の2014年9月12日には、自身と同じ群馬県出身の中山慎也安達了一小島脩平と共に、同県から「ぐんま観光特使」を委嘱。2016年1月31日まで務めた[63]

駿太秋冬絶好調![編集]

2017年5月31日の対ヤクルト戦からは、一軍の公式戦でヒーローインタビューを受ける際に、「駿太秋冬(しゅんたしゅうとう) 絶好調!」というフレーズの絶叫を始めている。同年4月に「これぞ!Bs魂」(ABCラジオMonday! SPORTS - JAM』内で放送中のオリックス情報・応援コーナー)のインタビュー収録でパーソナリティの和田ちゃん(女と男)と対談した際に、本業が漫才師である和田に対して「ヒーローインタビューでの決め言葉を考えて欲しい」と打診したところ、四字熟語の「春夏秋冬」に登録名の駿太を重ねた「駿太秋冬」という造語の使用を和田から勧められたことによる[64]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 オリックス 30 47 40 4 4 1 0 0 5 1 0 1 6 0 1 0 0 13 0 .100 .122 .125 .247
2012 32 31 29 6 4 0 0 0 4 0 0 0 2 0 0 0 0 9 2 .138 .138 .138 .276
2013 117 221 201 24 40 8 0 3 57 12 4 1 6 1 13 0 0 38 0 .199 .247 .284 .531
2014 127 277 246 30 69 11 3 5 101 30 5 3 12 0 17 1 2 55 3 .280 .332 .411 .743
2015 135 382 334 31 78 8 2 2 96 31 8 9 15 3 24 0 6 69 4 .234 .294 .287 .582
2016 105 239 214 17 41 5 0 1 49 9 3 3 12 0 11 0 2 40 2 .192 .238 .229 .467
2017 129 329 296 29 71 16 7 2 107 27 4 3 13 4 15 1 1 76 3 .240 .275 .361 .637
2018 33 43 37 7 8 0 0 0 8 4 2 1 1 0 3 0 2 12 0 .216 .310 .216 .526
2019 91 194 165 17 37 7 3 1 53 22 4 3 6 1 19 0 3 47 1 .224 .314 .321 .635
2020 23 62 50 4 6 0 0 0 6 1 2 0 4 0 8 0 0 17 0 .120 .241 .120 .361
2021 56 17 16 3 2 0 0 1 5 1 2 1 0 0 1 0 0 6 0 .125 .176 .313 .489
通算:11年 878 1842 1628 172 360 56 15 15 491 138 34 25 77 9 112 2 16 382 15 .221 .276 .302 .578
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2011 オリックス 28 30 1 1 1 .969
2012 29 31 0 0 0 1.000
2013 108 122 4 2 1 .984
2014 120 155 3 1 1 .994
2015 131 188 6 2 0 .990
2016 96 161 5 2 1 .988
2017 115 182 2 1 0 .995
2018 31 26 1 2 0 .931
2019 82 96 4 0 0 1.000
2020 23 31 1 1 1 .970
2021 49 18 0 1 0 .947
通算 813 1040 27 13 5 .988
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 8(2011年 - 2022年7月8日)
  • 00(2022年7月9日 - )

登録名[編集]

  • 駿太(しゅんた、2011年 - 2017年)
  • 後藤 駿太(ごとう しゅんた、2018年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ソフトバンクはこの試合前まで、プロ野球史上7度目、球団としては南海時代の1955年以来67年ぶりとなる開幕8連勝を記録していた[46]

出典[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月16日閲覧。
  2. ^ オリ駿太 いきなりマルチ 佑世代に負けない!!”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2011年2月12日). 2011年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  3. ^ 岡田監督“上州のイチロー”「2番・右翼手」で使う”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2011年2月24日). 2016年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  4. ^ オリ1位・後藤「群馬のイチロー」/ドラフト”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 (2010年10月28日). 2010年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  5. ^ オリックス・バファローズ 選択選手一覧 | 2010年 プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  6. ^ 1位は“群馬のイチロー”前橋商・後藤「200本打つ」”. スポニチ Sponichi Annex 大阪. スポーツニッポン新聞社 (2010年10月29日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  7. ^ a b c d 駿太が開幕戦先発出場!高卒新人外野手で52年ぶり”. スポーツニッポン. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2011年4月12日). 2016年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  8. ^ a b c オリックス駿太プロ初安打&初打点”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2011年4月21日). 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  9. ^ a b 【オリックス】スンあまりにも打てず…”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2011年5月9日). 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  10. ^ オリックス駿太が4カ月ぶり一軍合流 - 日刊スポーツ 2011年9月16日
  11. ^ フレッシュ球宴 広島福井も優秀選手 - 日刊スポーツ 2011年7月21日
  12. ^ ソフトバンク-オリックス パ開幕スタメン”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2012年3月29日). 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  13. ^ 2012年3月30日 【公式戦】 試合結果 (福岡ソフトバンクvsオリックス)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  14. ^ 駿太 2年連続開幕スタメン 外野手は張本以来52年ぶり”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2012年3月30日). 2021年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  15. ^ オリックス伊藤&駿太 大引会長サポートするぞ - 日刊スポーツ 2012年12月9日
  16. ^ 【オリックス】開幕登録一覧 - 日刊スポーツ 2013年3月27日
  17. ^ a b 【オリックス】駿太「うれしい」プロ1号”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2013年6月30日). 2018年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  18. ^ 【オリックス】駿太2試合連発で喜び爆発 - 日刊スポーツ 2013年7月2日
  19. ^ オリックス2014年開幕登録一覧 - 日刊スポーツ 2014年3月26日
  20. ^ オリックス駿太、代打の代打で人生初の満塁弾 - 日刊スポーツ 2014年6月11日
  21. ^ 代打の代打 オリックス駿太が満塁弾 - 日刊スポーツ 2014年6月12日
  22. ^ 週刊ベースボール 2014年6月30日号 97ページ
  23. ^ 黒髪の駿太でオリサヨナラ、止めた連敗やめた染め髪 - 日刊スポーツ 2015年4月8日
  24. ^ オリックス駿太「今年こそ」レギュラー奪取誓う - 日刊スポーツ 2016年1月13日
  25. ^ 駿太スイッチ挑戦“先輩”高橋コーチ太鼓判「左」打撃向上が目的”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2016年5月28日). 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  26. ^ オリックス駿太サヨナラ打「今年1番成長」福良監督 - 日刊スポーツ 2017年5月7日
  27. ^ オリックス赤間、故郷の福島・楢葉町に捧ぐプロ1勝 - 日刊スポーツ 2017年5月7日
  28. ^ オリックス5位小林プロ1勝、3度目サヨナラ呼んだ - 日刊スポーツ 2017年5月31日
  29. ^ オリックス・駿太、初の先頭打者弾「やっぱり気持ちいい」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 (2017年6月4日). 2019年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  30. ^ 2017年6月4日 【公式戦】 試合結果 (読売vsオリックス)”. NPB.jp 日本野球機構. 2018年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  31. ^ a b オリックス駿太、結婚していた!すでに挙式&第1子 来季登録名「後藤(GOTOH)」に”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2017年12月20日). 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  32. ^ オリックス 全39試合出場の宗を登録抹消 右大腿部に張り - デイリースポーツ 2018年5月17日
  33. ^ オリックス後藤が出場選手登録 インフルで出遅れ - 日刊スポーツ 2018年5月19日
  34. ^ オリックス・後藤が走攻守でスーパープレー 国産打線機能し10点快勝 - スポーツニッポン 2019年4月13日
  35. ^ オリックス後藤守った走った4安打、西村監督も激賞 - 日刊スポーツ 2019年4月13日
  36. ^ オリックス5連勝 山本11K力投でプロ初完封!後藤は2年ぶりアーチ - スポーツニッポン 2019年6月28日
  37. ^ オリックス後藤、来季FA権も「イメージ湧かない」 - 日刊スポーツ 2019年12月1日
  38. ^ 1番はT-岡田、3番吉田正/オリックススタメン”. 日刊スポーツ (2020年6月19日). 2021年9月9日閲覧。
  39. ^ オリックス後藤駿太700万減「何もできなかった」”. 日刊スポーツ (2020年12月10日). 2021年9月9日閲覧。
  40. ^ 【6回表】バファローズ・後藤 今季第1号ホームランは一軍昇格直後の反撃弾!! 2021/9/4 H-B”. パ・リーグ.com (2021年9月4日). 2021年9月9日閲覧。
  41. ^ 【オリックス】ジョーンズがワクチン副反応で登録抹消 後藤駿太も腰の張り”. 日刊スポーツ (2021年9月7日). 2021年9月9日閲覧。
  42. ^ 【オリックス】後藤駿太が国内FA権取得「本当にやっと取れた権利なので、しっかり考えたい」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年9月25日). 2021年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月31日閲覧。
  43. ^ 後藤駿太FA権行使せず残留「もう1回オリックスで活躍」現状維持”. 日刊スポーツ (2021年12月15日). 2021年12月31日閲覧。
  44. ^ 2022年3月25日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vsオリックス)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  45. ^ 後藤駿太の決勝打でオリックスが延長戦に勝利。福岡ソフトバンクは今季初黒星”. プロ野球 (pacificleague.com). パ・リーグ.com (2022年4月6日). 2022年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  46. ^ 【ソフトバンク】止まらない破竹の開幕8連勝 球団では南海時代10連勝の55年以来67年ぶり快挙”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2022年4月5日). 2022年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  47. ^ 2022年5月22日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vsオリックス)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  48. ^ a b プロ野球 オリックス 後藤駿太と中日 石岡諒太 トレード成立”. スポーツニュース一覧|NHK NEWS WEB. NHK (2022年7月8日). 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  49. ^ 2022年5月30日の出場選手登録、登録抹消”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  50. ^ トレード成立のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト. オリックス・バファローズ (2022年7月8日). 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  51. ^ 中日・後藤駿太が入団会見 石岡とのトレードで移籍、背番号は00「守備、肩、足をアピールしたい」― スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex 野球. スポーツニッポン新聞社 (2022年7月9日). 2022年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  52. ^ 後藤駿太選手が入団” (日本語). 中日ドラゴンズ公式サイト (2022年7月9日). 2022年7月9日閲覧。
  53. ^ 【中日】支配下契約のルーク・ワカマツ、昇格即スタメン出場 後藤駿太も登録即スタメン”. 日刊スポーツ (2022年7月17日). 2022年8月14日閲覧。
  54. ^ 【中日スタメン】大島、コロナで離脱…後藤駿太が1カ月ぶり「2番・中堅」でスタメン 先発は大野雄”. 中日スポーツ (2022年8月12日). 2022年8月15日閲覧。
  55. ^ 中日・後藤駿太が3戦連続安打 移籍後初打点も記録「気持ちよく走りました」”. BASEBALL KING (2022年8月14日). 2022年8月15日閲覧。
  56. ^ オリ1位“上州のイチロー”後藤大感激”. デイリースポーツオンライン (2010年10月29日). 2010年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  57. ^ 珍事続く…「白くま」看板の上にボール消えた”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年5月20日). 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  58. ^ 運命の日を前に ドラフト候補インタビュー『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、82-83頁。
  59. ^ 注目の候補たち(1)前橋商・後藤駿太~スカウトを唸らせる守備範囲の広さと強肩”. web Sportiva. 集英社 (2010年10月4日). 2016年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  60. ^ a b “オリに「後藤」復帰!?駿太改名プラン浮上”. 日刊スポーツ. (2013年12月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131221-1234207.html 2016年2月7日閲覧。 
  61. ^ “オリックス駿太改名プラン 「後藤」で定位置獲り”. 日刊スポーツ. (2015年11月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562110.html 2016年2月7日閲覧。 
  62. ^ “オリックス駿太 活躍してないから改名やめる”. 日刊スポーツ. (2015年12月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1583175.html 2016年2月7日閲覧。 
  63. ^ “オリックス安達ら4選手をぐんま観光特使に”. 日刊スポーツ. (2014年9月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140912-1365650.html 2015年11月10日閲覧。 
  64. ^ “オリックス「駿太秋冬!」魔の5月にサヨナラ打”. 日刊スポーツ. (2017年6月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1833137.html 2017年6月6日閲覧。 
  65. ^ a b 2011年4月12日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs福岡ソフトバンク)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  66. ^ 2011年4月20日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  67. ^ 2013年6月30日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs東北楽天)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]