半保護されたページ

福谷浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福谷 浩司
中日ドラゴンズ #24
20140429 Kouji Hukutani, pitcher of the Chunichi Dragons, at Yokohama Stadium.JPG
2014年4月29日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県知多市
生年月日 (1991-01-09) 1991年1月9日(30歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト1位
初出場 2013年6月8日
年俸 2,900万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福谷 浩司(ふくたに こうじ、1991年1月9日 - )は、愛知県知多市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

ニックネームは「福やん」「教授」[3]

経歴

プロ入り前

知多市立新田小学校1年から少年野球チーム「北巽ユニオンズ」で投手として野球を始める。知多市立東部中学校時代は名古屋緑シャークスボーイズに所属。3年時は主将で主に遊撃手として活躍した。地元の強豪私学からの誘いもあったが、文武両道を目標とする本人の意向で地元の横須賀高校に進学。1年春からベンチ入りし、4番エースであった。

2年冬に愛知県選抜で日米親善高校野球中川大志小川泰弘らと共に参加し、副主将を務めた。初戦に先発するも3回6失点、2試合9失点の結果に終わる。3年夏の大会、愛知県予選初戦桜丘戦にはプロ8球団のスカウトマンが集結、中川との4番エース対決が注目を集めたが、0-6で敗戦する。打者としての中川を1安打に抑えるも、投手中川には3三振を喫し3安打完封負け。高校通算20本塁打超、投げては最速145km/hを記録し、プロ志望届を提出したが指名漏れとなった[4]。最高成績は2年夏の県大会4回戦で甲子園出場経験は無し。学年トップクラスの学力を持ち、AO入試慶應義塾大学理工学部現役合格を果たす[5]

慶應義塾体育会野球部時代(2012年)

大学進学・野球部入部後は、1年秋から東京六大学リーグ戦に出場し、対立教大学2回戦でデビュー。2回打者6人に無安打2奪三振。2年春に先発、救援で10試合に登板し優勝に貢献した。リーグ戦後、第59回全日本大学野球選手権大会に出場し、桐蔭横浜大学東明大貴との投手戦を制し、4安打11奪三振1失点完投で初戦突破。同大会では4強入りを果たした。秋は防御率1.32(2位)で5勝を挙げベストナインを受賞するも[6]早稲田大学とのプレーオフで敗れ優勝はならず。3年春に最優秀防御率0.59で絶対的守護神として活躍、対早大戦では155km/hを記録し、勝ち点5での完全優勝を達成。この活躍が評価され、慶應義塾大学理工学部生の範となる活躍をした学生に贈られる「藤原賞」を受賞した[注 1][7]第60回全日本大学野球選手権記念大会にも出場し、決勝で東洋大学藤岡貴裕と投手戦を繰り広げ、福谷は9回までに10安打1失点の力投を見せたが、延長10回裏一死一塁からサヨナラ2ランを打たれ優勝を逃した[8]。3年夏には日米大学野球に参加し、2試合3回2/3を4安打1失点。3年秋は武器である真っすぐが走らず1勝2敗、防御率2.60と不振に終わる。4年春は右内転筋痛により出遅れ、主に救援起用。対立大戦で初先発も自責点2、続く対早大1回戦も自責点3も延長逆転勝利。勝ち星はなし。4年秋は10試合すべて救援登板で、自責点3、防御率1.04で勝敗なし。規定投球回に到達し防御率2位。東京六大学リーグでの成績は通算63試合に登板し、225回1/3、10先発5完投、41救援、9勝5敗、182奪三振、防御率1.80[9]

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズより1巡目指名を受け、契約金推定1億円プラス出来高5,000万円、年俸推定1,500万円で契約した[10]。背番号は前年まで英智が着用した「24」に決定した。

中日時代

2013年は2月に大学時代の古傷でもある右内転筋を痛め、キャンプを離脱[11]。4月には左脇腹を痛め[12]リハビリの影響により、開幕から長期離脱を余儀なくされる。怪我が回復した6月8日に一軍登録され[13]、6月9日に一軍初登板を果たし、1イニングを三者凡退に抑えた。6月16日の対千葉ロッテマリーンズ戦で2/3回を投げて4失点、敗戦投手になるなど7月7日に一軍登録を抹消。

2014年は開幕より一軍ベンチ入りを果たし、主に試合終盤におけるセットアッパーとして起用されていた。8月6日の対広島東洋カープ戦では、9回に負傷で緊急降板した岩瀬仁紀に代わってマウンドに上がり、プロ初セーブを挙げた[14]。これ以降はクローザーを任され、9月21日には2イニングを投げプロ入り初勝利を挙げるなど[15]、前年のルーキーイヤーを大幅に上回る成績を収めた。

2015年7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出されたことが発表された[16]。同年オフ(11月30日)に行われた選手納会にて、翌年より選手会副会長を務めることが発表された[17]

2018年は29試合の登板に留まった[18]

2019年の春季キャンプから再び先発転向を目指していたものの右肩痛のため出遅れた。その後5月6日の広島東洋カープ戦で先発として登板し6回を本塁打による1失点に抑え試合を作ったものの勝敗はつかなかった。試合後、左腰椎の椎間板ヘルニアを発症し、シーズンの残りをリハビリで過ごしたため、1試合の先発登板に留まった。

2020年も前年に続き春季キャンプから先発として練習を行い7月28日の広島東洋カープ戦で1年ぶりに一軍で先発登板し、6回を投げ、10奪三振、無失点の好投を見せたものの勝ち負けはつかなかった。その後3試合目となった8月11日の広島東洋カープ戦で5回2/3を投げ1失点の好投を見せ2017年5月26日の東京ヤクルトスワローズ戦以来となる1173日ぶりの勝利を挙げ、9月3日の広島東洋カープ戦ではプロ初安打、初打点を記録し、それ以降もシーズン終盤まで先発ローテーションの座を守り抜いた。規定投球回には届かなかったものの、最終的に14試合に先発登板して、チーム内では大野雄大に次ぐ8勝を挙げ、防御率は2.64を記録。さらに与四球率1.27、K/BB5.54を記録するなど抜群の制球力を見せた。

2021年は春季キャンプ終了後の3月5日に、与田剛監督から自身初となる開幕投手に指名されたことが発表された[19]

選手としての特徴

ピッチング

オーバースローから最速157km/h[20]速球スライダーチェンジアップを投げる[21]。先発に転向した2019年シーズン以降は、ストレートの最速は150km/h前後に落ち着いているものの、ツーシームカーブなど多彩な球種を織り交ぜる投球スタイルとなった。

バッティング

高校進学時には野手として、強豪私立高から誘いもあるなど、高校生の頃からバッティングが良かった。慶應義塾大学野球部時代、東京六大学野球のリーグ戦で、神宮球場で本塁打を打っている[22]

人物

非常に研究熱心な性格としても知られている。ホーム球場のナゴヤドームにトラックマンが本格導入される前年の2017年オフには一足先にトラックマンの会社を自ら訪問し、自身の投げるボールを解析。それまで投げていたストレートの質を磨き直したことで、それまで課題として挙げられていた制球面も大幅に改善されるなど、2019年以降の先発転向で復活を果たすきっかけとなった[23]

慶応義塾大学時代の監督・江藤省三(中日球団の先輩でもある)からは「勉強が7、野球が3と言っていた。学者が野球をやっているイメージ」と評されており、履修科目の成績は全て「A」だったという[24]。画像工学の研究室に所属、卒業論文のテーマは自身の投球フォームを解析した「投球動作における球の出所の見づらさの定量化」(「野球の中に混在するあいまいさの定量化」より変更)であった[25][26]。内容は球の出所の見づらさの画像研究で、リリースの瞬間が見づらい投手として成瀬善久を“研究対象”とし、モニター上で肩・肘・手首の位置をマーキングしてフォームを解析、「体の回転幅を抑えることが“見づらさ”につながる」と結論づけた[27]

2016年3月3日に一般女性と婚姻届を提出したと発表した[28]

また試合後にはnoteを使い試合での課題などを復習し、次の登板に備えるなどの熱心な面もある。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2013 中日 9 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 36 7.1 8 1 7 1 0 4 0 0 6 6 7.36 2.05
2014 72 0 0 0 0 2 4 11 32 .333 298 74.2 54 2 26 0 1 72 4 2 15 15 1.81 1.08
2015 42 0 0 0 0 3 4 19 4 .429 176 40.0 38 3 20 0 3 25 3 0 19 18 4.05 1.45
2016 41 0 0 0 0 1 2 8 8 .333 171 40.0 45 6 9 0 2 23 5 0 18 18 4.05 1.35
2017 25 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 122 26.2 35 5 9 0 1 26 5 0 17 17 5.74 1.65
2018 29 0 0 0 0 0 1 0 4 .000 114 27.0 31 5 7 0 0 28 0 0 16 15 5.00 1.41
2019 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 6.0 6 1 2 0 0 6 0 0 1 1 1.50 1.33
2020 14 14 0 0 0 8 2 0 0 .800 359 92.0 81 7 13 0 1 72 2 0 27 27 2.64 1.02
通算:8年 233 15 0 0 0 15 15 38 53 .500 1302 313.2 298 30 93 1 8 256 19 2 119 117 3.36 1.25
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績



投手












2013 中日 9 2 0 0 0 1.000
2014 72 1 10 1 1 .917
2015 42 7 9 0 0 1.000
2016 41 7 12 0 2 1.000
2017 25 1 5 0 0 1.000
2018 29 1 3 1 0 .800
2019 1 0 0 0 0 ----
2020 14 9 11 1 2 .952
通算 233 28 50 3 5 .963
  • 2020年度シーズン終了時

記録

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2020年9月3日、対広島東洋カープ15回戦(ナゴヤドーム)、3回裏にK.ジョンソンから左前安打
  • 初打点:同上、6回裏に薮田和樹から右前適時打
その他の記録

背番号

  • 24(2013年 - )

登場曲

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「藤原賞」は王子製紙の初代社長で米内内閣で商工大臣などを務めた貴族院議員・藤原銀次郎が慶應義塾大学理工学部の前身となる藤原工業大学を創設し、藤原科学財団に1億円を寄贈し、設けられた賞である。

出典

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月12日閲覧。
  2. ^ 福谷 目標は同郷・知多市出身の浅尾”. Sponichi Annex (2012年10月26日). 2013年2月13日閲覧。
  3. ^ 中日福谷 ニックネーム「ふくやん」に決定”. 日刊スポーツ (2013年12月1日). 2021年7月25日閲覧。
  4. ^ 【中日1位】福谷浩司 慶大理工学部の155キロ右腕は即戦力守護神の期待大”. sponichi Annex (2012年10月25日). 2013年2月13日閲覧。
  5. ^ ◆合格体験記 福谷浩司(横須賀高校出身)理工学部 2009年度入学 AO入試 現役”. Keio baseball 慶應義塾体育会野球部. 2013年2月14日閲覧。
  6. ^ 2010年 秋季リーグ戦ベストナイン”. 東京六大学野球連盟. 2013年2月14日閲覧。
  7. ^ 義塾の豪腕、地元に錦! 福谷浩司投手(理4)中日ドラゴンズから1位指名!!”. SFC.CLIP (2012年10月26日). 2013年2月13日閲覧。
  8. ^ 2011年 全日本大学野球選手権 東洋大学優勝”. YouTube (2011年6月28日). 2013年2月13日閲覧。
  9. ^ 福谷浩司 リーグ戦・選手個人通算成績 - 東京六大学野球連盟
  10. ^ 中日1位・福谷 “学者引退”宣言「これからは野球だけ」”. sponichi Annex (2012年11月20日). 2013年2月13日閲覧。
  11. ^ 中日ドラ1福谷が離脱 古傷の右内転筋痛”. 日刊スポーツ (2013年2月22日). 2021年7月25日閲覧。
  12. ^ 福谷よバカになれ!?今中コーチが闘魂注入”. 日刊スポーツ (2013年6月8日). 2021年7月25日閲覧。
  13. ^ 中日ドラ1福谷 1軍初合流!中継ぎデビューへ”. sponichi Annex (2013年6月8日). 2013年12月9日閲覧。
  14. ^ a b 中日福谷、緊急登板プロ初S「複雑です」”. 日刊スポーツ (2014年8月7日). 2021年7月25日閲覧。
  15. ^ a b 中日福谷プロ初勝利 魂の39球”. 日刊スポーツ (2014年9月22日). 2021年7月25日閲覧。
  16. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日). 2015年8月4日閲覧。
  17. ^ 中日大野が新選手会長「明るく、強いチームを作る」”. 日刊スポーツ (2015年11月30日). 2021年7月25日閲覧。
  18. ^ 中日・福谷 500万円減で更改 イップス克服し「まだまだできる」”. 日刊スポーツ (2018年11月25日). 2021年7月25日閲覧。
  19. ^ 中日の開幕投手は福谷浩司に決定!与田監督「仕上がり具合が一番の決め手です」”. 中日新聞Web (2021年3月5日). 2021年7月25日閲覧。
  20. ^ 福谷、中日最速157キロでプロ初星”. デイリースポーツ online (2014年9月22日). 2015年8月15日閲覧。
  21. ^ “MAX155キロの「投げる研究者」”. 週刊ベースボールONLINE. (2012年11月6日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20121112-04 2015年8月15日閲覧。 
  22. ^ 【野球】投打がかみ合い逆大手!勝負の行方は50年ぶりの早慶優勝決定戦へ”. 慶應スポーツ新聞 (2010年11月2日). 2021年5月25日閲覧。
  23. ^ 中日・福谷浩司投手 戦力外覚悟からの再スタート/復活を遂げた男たち”. 週刊ベースボールONLINE (2020年10月13日). 2021年7月25日閲覧。
  24. ^ 中日1位・福谷は成績オールAの理系右腕”. サンケイスポーツ (2012年10月25日). 2012年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月13日閲覧。
  25. ^ 【プロ野球】何時間でも野球の話ができるインテリジェンスな剛腕、中日・福谷浩司”. Web Sportiva (2012年12月14日). 2013年2月13日閲覧。
  26. ^ 慶大・福谷、学会ドキドキ指名にワクワク”. 日刊スポーツ (2012年10月23日). 2017年2月15日閲覧。
  27. ^ 〝IQ豪腕〟福谷浩司(慶大理工→中日ドラ1)の卒論は「球の見づらさ研究」だって”. フライデー (2013年1月3日). 2013年2月13日閲覧。
  28. ^ 中日・福谷結婚!お相手は幼稚園の先生「精神的にサポートしてくれた」”. スポニチ (2016年3月12日). 2016年3月12日閲覧。

関連項目

外部リンク