上田洸太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼中日ドラゴンズ時代の画像提供をお願いします。2022年10月
上田 洸太朗
中日ドラゴンズ #67
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県西礪波郡福岡町(現:高岡市
生年月日 (2002-09-06) 2002年9月6日(20歳)
身長
体重
184 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト2位
初出場 2022年5月12日
年俸 810万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上田 洸太朗(うえだ こうたろう、2002年9月6日 - )は、富山県西礪波郡福岡町(現:高岡市)出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高岡市立福岡小学校3年時に福岡ヤングホークスで野球を始める[2]高岡市立福岡中学校時代は高岡ボーイズに所属し[2]、2017年の世界少年野球大会では日本代表に選出され世界一を経験した[3][4]

プロに行きたい一心で[5]、地元を離れ愛知県享栄高等学校へ進学すると、1年時の夏からベンチ入りし2年時の秋よりエースとして活躍[6]。冬には愛知県高校野球選抜チームの台湾遠征メンバーに選出され[7]3年時の夏季愛知県高校野球大会では、初戦の名古屋大谷高等学校戦で先発し7回4安打1失点(自責0)11奪三振の活躍を見せるも[8]、3回戦の愛知産業大学工業高等学校戦では6回に投球が崩れてしまい敗退した[9]。8月に開催されたプロ志望高校生合同練習会では、後にドラフト会議で共に指名される福島章太らを相手に投げ、打者5人に対し1被安打2奪三振無四球の結果を残した[10]

2020年プロ野球ドラフト会議では、中日ドラゴンズから育成2位指名を受け、12月4日に支度金200万円、年俸300万円で仮契約を結んだ[11]。背番号は203[12]

中日時代[編集]

2022年5月7日に支配下選手になることが発表され、9日に登録された。背番号は67[13][14]。同月12日の東京ヤクルトスワローズ戦で一軍デビュー戦を先発投手として登板。5回3失点で切り抜けるも、1-3で敗れ敗戦投手に終わった[15]。その後は好投を続けても打線の援護や巡り合わせに恵まれず4つの黒星を喫したが、9月8日の対広島東洋カープ戦を6回無失点に抑え初勝利を記録した[16][注 1]。しかし、同月29日にチームの規律違反のため、謹慎処分になった[17]。その後、秋季全体練習にチーム復帰が許された[18]

選手としての特徴[編集]

最速143km/hのストレートスライダーが武器で、その他にはカットボールカーブチェンジアップを投げる[6]。クロスファイアのストレートは、球速のわりに打者からは速く感じられる[19]

五十嵐亮太は上田について「緩急をうまく使えて、腕の振りがムチのようにしなやか」「打者はまっすぐに差し込まれ、変化球は前に出てしまうという感じでタイミングが取りづらい」と評した[20]

人物[編集]

目標とする選手は大野雄大で、菊池雄星を尊敬している[6]

高校2年時の台湾遠征では、自身と同じく2020年のドラフト会議で指名された髙橋宏斗中山礼都中川拓真と共にプレーした[7]

 マイペースで自信家であると一部の選手は、言っている。[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2022 中日 8 8 0 0 0 1 5 0 0 .167 169 41.1 34 2 17 1 3 33 1 0 15 13 2.83 1.23
通算:1年 8 8 0 0 0 1 5 0 0 .167 169 41.1 34 2 17 1 3 33 1 0 15 13 2.83 1.23
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2022 中日 8 1 2 1 0 .750
通算 8 1 2 1 0 .750
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2022年5月12日、対東京ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、2回表に高梨裕稔から見逃し三振

背番号[編集]

  • 203(2021年 - 2022年5月8日)
  • 67(2022年5月9日 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 球団の育成ドラフト出身選手が先発投手として勝利を記録したのは上田が初めて。

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2022年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c “1軍可能性ある 本気の覚悟持て 中日育成2位指名 高岡出身・上田投手”. 中日新聞. (2020年10月28日). https://www.chunichi.co.jp/article/144413 2021年1月2日閲覧。 
  3. ^ “プロ注目最速143キロ左腕、享栄・上田 甲子園中止も些細な出来事「それが僕の価値観」”. Full-Count. (2020年7月7日). https://full-count.jp/2020/07/07/post821031/ 2020年12月26日閲覧。 
  4. ^ 2017世界少年野球大会 ジャパンチーム優勝!”. 高岡ボーイズ公式サイト (2017年8月13日). 2020年12月26日閲覧。
  5. ^ a b 中日・上田洸太朗 育成ドラフト球団初の先発勝利 広島・森下相手でも「ゼロ並べれば負けない」” (日本語). 中日スポーツ (2022年9月9日). 2022年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c “中日育成2位・上田洸太朗投手「恩返ししないと…」富山から愛知・享栄に野球留学「お世話になった」”. 中日スポーツ. (2020年10月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/143845 2020年12月26日閲覧。 
  7. ^ a b “愛知県選抜は2勝1敗で台湾遠征を終える。18名の選手名鑑もチェック!”. 高校野球ドットコム. (2020年1月15日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/39992-bsinfo20191117004 2020年12月26日閲覧。 
  8. ^ “大先輩の“ダメ出し”にプロ注目左腕の享栄・上田洸太朗は11奪三振も反省「ふがいない立ち上がり」5球団スカウトが視察”. 中日スポーツ. (2020年7月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/91379 2020年12月26日閲覧。 
  9. ^ “2020年 夏季愛知県高校野球大会 3回戦 愛知産大工vs享栄”. 高校野球ドットコム愛知版. (2020年7月24日). https://www.hb-nippon.com/aichi/report/2122-hb-aichi-game2020/20574-20200724001 2020年12月26日閲覧。 
  10. ^ “プロ志望高校生合同練習会/シート打撃詳細”. 日刊スポーツ. (2020年8月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202008280000338.html 2020年12月27日閲覧。 
  11. ^ “中日育成2位上田が仮契約 大野雄を目標に「何か吸収できるようにしたい」”. 中日スポーツ. (2020年12月4日). https://www.chunichi.co.jp/article/165172/ 2020年12月26日閲覧。 
  12. ^ “中日が新入団9選手の背番号を発表、1位の高橋宏は『19』、2位の森は『28』、3位の土田は『45』”. 中日スポーツ. (2020年12月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/168493 2020年12月26日閲覧。 
  13. ^ 上田洸太朗投手が支配下登録に” (日本語). 中日ドラゴンズ (2022年5月7日). 2022年5月11日閲覧。
  14. ^ “【中日】上田洸太朗が支配下登録、憧れ大野雄大に「負けない投手を目指したい」背番67”. 日刊スポーツ. (2022年5月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205070000370.html 2022年5月7日閲覧。 
  15. ^ 中日・立浪監督「楽しみな投手が出てきた」5回3失点の19歳上田を評価「この球場で十分責任を果たした」”. 中日スポーツ (2022年5月12日). 2022年5月13日閲覧。
  16. ^ 【中日】上田洸太朗、7度目挑戦で待望のプロ初勝利 先発での育成出身勝利は球団初” (日本語). 日刊スポーツ. 2022年9月8日閲覧。
  17. ^ 【中日】高卒2年目・上田洸太朗を謹慎処分と発表 チームの規律に違反したため” (日本語). スポーツ報知 (2022年9月29日). 2022年9月29日閲覧。
  18. ^ 【中日】規律違反で謹慎処分の上田洸太朗が練習に復帰”. 中日スポーツ (2022年10月10日). 2022年11月16日閲覧。
  19. ^ 若狭敬一 (2021年6月9日). “高橋宏、森、田島…ドラゴンズの二軍投手24人の“今”を浅尾コーチに聞いてみた”. 文春オンライン: p. 2. https://bunshun.jp/articles/-/45311?page=2 2021年9月10日閲覧。 
  20. ^ 中日の19歳・上田、“4度目の正直”ならず…遠い白星も解説陣は期待「良い投球」” (日本語). BASEBALL KING (2021年6月9日). 2022年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]